Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
Aston Ungasan Hotel & Convention Center / #210
e0201926_15021726.jpg
バリ旅行の最終日は、ウルワツのアストンウンガサンにデイユースしました。(料金は1泊分支払いました)
最終日はいくつかプランがあるのですが、今回は混雑するかも知れないウブドを早めに出て、空港まで20分ぐらいのこの場所で体を休めようと思ったのと、最後にワルン吉田さんで食堂エスカルゴを楽しもうっていう作戦です。


場所は以前泊まったハリスホテルブキットジンバランのほぼ斜め前。チャンプルチャンプルのワルンがある所から坂を上がった途中の左にあります。
到着してみたら意外と大きなホテルにびっくり。ホテルロビーの一段下がった土地にパーキングがあるので、レンタルバイクやレンタカーを持っている人にも便利です。
フロントのスタッフもきびきびした対応だったのも好印象。大きな滝にも癒されます。
e0201926_15022135.jpg
e0201926_15022856.jpg

私達が泊まったのはフロントがある棟の2階にある部屋でした。滝の上にもホテル棟があって、そちらにレストランやプールもあります。もちろん、こちらの棟にもプールあり。
遠くの景色が見たいなら、滝の上にあるホテル棟の方が見晴らしがいいですが、フロント棟の方が出入りは楽ちん。

部屋は思っていたより広くてきれい。ハリスよりも部屋の雰囲気は私好み。フロント棟の2階でもかなり明るいし、景観も下にあるプールと庭なので悪くないです。
部屋のデザインもモダンで、スイッチやライトの位置も使いやすく、TVの映りもバッチリでした。
パスワードを入力して使うWiFiもフリーで、旅行中でいちばんサクサク繋がりました。
e0201926_15023899.jpg
e0201926_15025780.jpg
e0201926_15030126.jpg
e0201926_15030584.jpg

クローゼットはややコンパクト。冷蔵庫・ミニバー・セイフティボックス・スリッパはこちらにまとまってます。
e0201926_15031521.jpg
e0201926_15031800.jpg
e0201926_15190500.jpg

e0201926_15032189.jpg



使う時間がなかったけどバスタブもあります。部屋との間はガラスになっていますが、ロールスクリーンで目隠しができるので問題なし。
e0201926_15182633.jpg

e0201926_15181952.jpg


洗面台もお洒落。物を置くスタンドが両サイドにあるので意外と使いやすかったです。
e0201926_15183005.jpg

e0201926_15183310.jpg


同じバスルーム内にあるトイレ。トイレのドアはすりガラスなんだけど、シャワーブースとの間はクリアのガラスなのでびっくりしました。
トイレのすりガラスのドアは反対方向に閉めるとバスルームのドアにもなる両用タイプ。
e0201926_15183555.jpg


湯量も温度も排水も問題がなかったシャワー。ゆとりがある広さだったので使いやすかったです。
レインシャワーとハンディシャワーを切り替えして使えます。ハンディシャワーがお洒落なデザインなんだけど少し使いにくかったかな。
シャンプーやコンディショナーは持参した方がいいかな?石鹸はいいい香りでした。
e0201926_15183935.jpg


気持ちがいいのは広めのバルコニー。ここでのんびりビンタンでも飲みたくなるようなスペースです。
下に庭とプールがあるので見える景色も悪くない。1階はそのままプールに行けるので、プール三昧したかったら1階が便利そうでした。
e0201926_15185391.jpg

e0201926_15184288.jpg

e0201926_15184653.jpg


1泊したくなるような部屋と施設の充実っぷりに後ろ髪をひかれながらチェックアウトしたのですが、カードキーを紛失してしまって、チェックアウトする時に違約金がけっこうな金額だったので失くさないように要注意です。結局見つかったので支払せずに済んで良かった~。

ここを拠点にしてウルワツエリアのビーチホッピング・買い物・SPAなどで日中お出かけしている時に便利なホテルです。特にレンタルバイクで移動する人にいいと思いました。
私達は最終日にここでゆっくり体を休めて夕食を食べ、最後にシャワーを浴びて帰れたのが良かったです。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-16 00:10 | Aston Ungasan Hotel
Belmond Jimbaran Puri Bali / サンセットとヌラヤン・レストラン
e0201926_21465317.jpg

ベルモンドジンバランプリバリ前のビーチから見るサンセットは、他のエリアよりも静かです。
シーフードBBQのお店が集まっている場所から離れているし、
民家がまわりにないのでローカルの人達も余り来ません。
サンセットの時間になるとホテルゲストがビーチに集まってきて、
日が落ちるまでじっと夕日を眺めているのが印象的でした。

e0201926_21470823.jpg
e0201926_21471230.jpg
e0201926_21471600.jpg



チェックインの時にディナーフリークーポンをプレゼントしてくれたので、
滞在中に食事をしました。
飲み物は別途、メニューの中からいくつかはアディショナルチャージがかかるので
結局USD130ぐらいかかっちゃったけど。
昼間プールやビーチで見た顔ばかりだったので、ほとんどホテルゲストだったようですが、
そんなに広くないレストランに8組くらい埋まってました。

ラムコークに入れるバカルディはデキャンタで好きな分量を注いでくれました。
私のモヒートと一緒に乾杯。

e0201926_22051379.jpg
e0201926_22053579.jpg



この時期は風が強い日があるので、ヌラヤン・レストランのビーチ側には
砂が舞ってこないように自然素材の壁がついていました。
前菜はアジアンな香りの生春巻き。横にある丸いものはベリーです。

e0201926_22110021.jpg



パンが美味しいので食べ過ぎないように要注意。ハーブたっぷりのグリッシーニが美味でした。

e0201926_22110887.jpg



来るだろうな~って思ってたら、やっぱり来たw 
バイオリンのチューニングがずれていて
「○ーたんがいたら気持ち悪いって直すと思うよ」っていう会話をここに覚書き。
でもね、「心の歌」は私も好きだからいい歌だなぁ~ってうっとり聞いていました。

e0201926_22112488.jpg



タコとポテトのサラダ。盛り盛りです。ポテトが想定外のボリュームにちょっとビビりました。

e0201926_22113294.jpg



ツナとホタテのタルタル。レモンをたっぷり絞って食べます。とっても美味しかった。

e0201926_22113532.jpg



ローストチキンとマッシュポテト。

e0201926_22114548.jpg



ラムラック。うしろのとうもろこしが美味しかった記憶が。。。
ラムはちょっと火を入れ過ぎたのかも知れません。

e0201926_22115438.jpg



ポーション少なめって聞いていたので、サイドディッシュもオーダーしてました。
日本人にはけっこうな量だったのですが、メインより美味しかったハッシュブラウン。

e0201926_22120157.jpg



ローズマリー風味のフライドポテト。美味しいんだけどもう食べれません。。。

e0201926_22120399.jpg



デザートはチョコレートのケーキ(旦那様)一緒にエスプレッソもオーダー。

e0201926_22305942.jpg



私は上品なエスブア。ホテルで作るエスブアの安心感とクオリティの高さにはまりそうです。

e0201926_22310165.jpg



この時は量がわからずオーダーし過ぎました。
日によって違うのかも知れないけど、シーフードの方が美味しかったな。
隣のバーで軽くつまみながら、ゆっくりお酒を飲んでみてもいいな~と思いました。
波の音を聞きながらの雰囲気は最高です。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-15 00:10 | Belmond Puri Bali
Belmond Jimbaran Puri Bali / 朝食いろいろ
e0201926_00032520.jpg
ベルモンドジンバランプリバリの朝食はとても美味しいので気に入ってます。ウン十年前はそんなに美味しいとは思わなかったので、シェフが変わってうまくコントロールしているのだと思います。
蓮池やプール越しのビーチを眺めながらの朝食はとても贅沢な時間。
メニューブックからメインを好きなだけ選んで、フルーツ・ジュース・ホットミール・コールドミール・ヨーグルト・シリアル・スイーツ・パンはブッフェ台から好きなものを自分で取りに行きます。
ジュースはフレッシュと市販品があり、コーヒー・紅茶はテーブルからオーダーします。
特に美味しいのがパン。たくさんの種類のパンが置いてあるのですが、私がバリで泊まったホテルの中でもトップクラスに美味しいパンが用意されていました。(2015年1月滞在時)


シリアルとドライフルーツは微妙に日替わりでいろいろブッフェ台に用意されています。ヨーグルトはプレーンとフルーツフレイバーのものがあります。はちみつも日によって違う種類のものが並んでいるので、好みのものがなかったら言えば奥から持ってきてくれます。この日のジュースはフレッシュのピンクドラゴンフルーツ。
e0201926_00032885.jpg

これは日替わりの卵料理のメニュー。卵料理は曜日によって違うものが用意されてました。
e0201926_00033673.jpg

このホテルのパンケーキが大好きなんです。この日はバナナパンケーキ・メイプルシロップとホイップクリーム添え。パンのコーナーからバターを取ってきてバターで食べました。
e0201926_00035040.jpg

レストラン内にあるカキリマ(バリの屋台)では、日替わりのインドネシア料理が出されます。この日はブブル(お粥)です。トッピングはアヤム(鶏肉)やスパイス類。すごくおいしいブブルアヤムでした。
e0201926_00035248.jpg

この日もドライミューズリーとヨーグルト。この日はスイカジュース。はちみつがなかったので、奥からはちみつを持ってきてもらいました。
e0201926_00183873.jpg

フルーツはバナナとマンゴスチンとランブータン。この日のフルーツは皮付きのものばっかり。
e0201926_00184497.jpg

ポーチドエッグをひとつだけ頼んで、あとはブッフェからチーズやハムやトマトを。クロワッサンがパリパリで美味しかったのでこのあと追加。
e0201926_00184874.jpg

この日の朝は少しだけ薄曇り。このあとピーカンの晴れになりましたが。
e0201926_00242168.jpg

やっとマンゴーの登場。スイカも甘くて美味しかった。ジュースもマンゴージュース。今日はヨーグルトとはちみつだけ。
e0201926_00243269.jpg

日替わりの卵料理からエッグベネディクトを1個だけ。いつもフランジパニのお花で飾ってあります。
e0201926_00244250.jpg

今日もブブルがありました。シンプルなブブルが好きなので、このホテルのブブルは私好みです。
e0201926_00244603.jpg

最後の朝食だったので、美味しかったクロワッサンとフィナンシェも食べました。フィナンシェが外側がカリッと中がしっとりの理想的な美味しさ。もっと早くに気づけば良かった~。今度泊まったらフィナンシェを忘れずに食べなくっちゃ。
e0201926_00245013.jpg

ルームサービスでも朝食が食べれますが、レストランの方がメニューが充実しているのでおすすめです。大好きなホテルなので、いつまでもこの朝食のクオリティがずっと続きますように。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-14 00:39 | Belmond Puri Bali
Belmond Jimbaran Puri Bali / Garden view cottage suite #32
e0201926_11411023.jpg
去年と同じベルモンドジンバランプリバリに宿泊しました。現地では今でも旧ホテル名の「パンシー」の方が通じる印象なので、タクシーの運転手が「ジンバランプリバリ」で通じなかったら、「パンシー」と言えばわかってくれると思います。

今回泊まったのはガーデンビューコテージの32号室。特に部屋のリクエストはしませんでした。
ビーチコテージの後ろにある列のコテージですが、夜から朝までの静かな時間帯には波の音が聞こえ、リラックスした睡眠を得られました。人によってはそれが耳障りな音になると思うので、波の音が苦手な方は敷地奥の静かな部屋をリクエストした方がいいと思います。


10年以上前に泊まった時からリノベーションがあり、コテージの室内はだいぶ広くなりました。
ベッドのマットもその時に変えたのかな?以前よりずっと快適に寝れました。
ターンダウンの時には天蓋を下してくれるので、虫を気にせず寝ることができます。
e0201926_11420561.jpg
e0201926_11420806.jpg
e0201926_11425517.jpg
e0201926_11425854.jpg

以前はなかったリビングスペース。あるとないのとではコテージの快適度は全然違います。ソファは寝転がれる大きさなので、クッションは外して使ってました。
一番下の写真で、引き戸が空いている真ん中はコテージの入り口で、その右横はクローゼットになります。(画像なし)大きいのですがハンガーのみ。引き出しはベッド足元にあるチェストを使いました。両方使えば収納量も使い勝手も悪くないです。スーツケースをクローゼットの中に収納できるのがいいな。綿のガウンもクローゼットの中にありました。
e0201926_11421137.jpg
e0201926_11423036.jpg
e0201926_11423530.jpg
e0201926_11423992.jpg

TV・DVDデッキ・セイフティボックス・ミニバーはこちらに。コテージ入口の引き戸と入れ違いになっています。
e0201926_11430905.jpg

コーヒーの粉と紅茶。スナック類。冷蔵庫の中の牛乳(コーヒー用)だけコンプリメンタリーです。ペットボトルのフレッシュテとミニッツメイドは私物です。
e0201926_12042175.jpg
e0201926_12041783.jpg
e0201926_12041440.jpg

バスルームのデザインは以前のまま。でも古さは感じられなかったので、リノベーションの時に新しくしたのでしょうか?昔のバリのホテルに多かったサンケンバスも懐かしい。
湯量はある程度使ったら温度が少し下がったような気がしましたが、困ることはありませんでした。シャワーを使うと以前と同様でまわりが水浸しになってしまうけど、ここではティダアパアパ(気にしない~気にしない~)。床が滑るのだけ要注意です。
e0201926_12084123.jpg
e0201926_12085338.jpg

トイレはちゃんと扉がついています。その横にダブルシンクの洗面台。アメニティはシャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディミルク。
e0201926_12085700.jpg
e0201926_12090079.jpg
e0201926_12091014.jpg

外にもシャワーがありますが、ここは水シャワーです。うー残念。ここでシャワーしたら気持ちよさそうなのに。
e0201926_12092342.jpg

アウトサイドにもテーブル席があります。ここも気持ちがいいスペース。喫煙はここで。
e0201926_12092955.jpg
e0201926_12094544.jpg
e0201926_12093850.jpg

誕生日に泊まったのでホテルからギフトが届いてました。他にもエントランスの所に大きなペンジョールもありました。写真を撮ろうと思ってたら片づけられちゃったので残念。
e0201926_12100068.jpg

ターンダウンの時に用意される日替わりのハーブティー。レモングラスティーとかジンジャーティーとかパンダンリーフティーなどがありました。
e0201926_12211604.jpg

朝起きたら部屋でコーヒーを飲みます。フレンチプレスで淹れるコーヒーが好きなのでうれしい。
e0201926_12211330.jpg

このスリッパが意外と履きやすいんです。次に泊まるホテルにスリッパがなさそうだったらもらっちゃいます。
e0201926_12213574.jpg

敷地内のプールやビーチに行く時にはこの籠に本とiPhoneと携帯電話とサロンを入れて持って行きます。部屋にこういうのが置いてあるとすごく便利。
e0201926_12213777.jpg

前回泊まったヴィラにあって、今回のコテージになかったもの。
プライベートプール、アフタヌーンティー、ナイトスイーツ、庭のブランコ、庭のバレ、バトラーサービス、室内にダイニング、エスプレッソマシン、

プライベートプールよりも、大きなプールで泳いだりビーチで寝ころんだりしたいって人はガーデンビューコテージがいいかも知れません。
ただ、ヴィラの値段が他のホテルのプール付きヴィラと比べたら金額が安いので、コストパフォーマンスはかなりいいので迷うところ。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-13 08:00 | Belmond Puri Bali
ロイヤルパーク ホテル ザ 羽田 / ハイウッドツイン
e0201926_11475957.jpg
この時はまだあった羽田空港11:45発GA887に乗るために、前回と同じ国際線ターミナル内にあるロイヤルパークホテル・ザ・羽田に前泊しました。
今回泊まった部屋はハリウッドツイン。夜遅く22時過ぎにチェックインして寝るだけで、部屋にいる時間は10時間位だったから狭い部屋でも問題なし。


黄緑の色が明るい雰囲気の部屋でした。お風呂からあがってベッドに入ったら1分もしないうちに夢の中だったので朝までぐっすり眠れました。
e0201926_11483961.jpg

ベッドとバスルーム側の空いたスペースにあるスツールはトランクの形。旦那様はここでビールを飲んでいたようです。
e0201926_11484514.jpg

スタンダードなナイトウエア。前回のプレミアムフロアのものよりも、こちらの方が着やすかったです。旅行前に荷物を増やしたくないので、あると助かります。
e0201926_11484781.jpg

スーツケースラックとオープンのクローゼット。防臭スプレーもあるので、着てきたアウターはここで一晩置けばだいぶすっきりすると思います。
e0201926_11485334.jpg

加湿機能付空気清浄機もあるのもいいですね。チェックインしたらすぐにスイッチをONにしました。
e0201926_11491350.jpg

テーブルの機能として使えるのはこのスペースだけなので、この部屋で仕事をするのは厳しいかも知れません。
e0201926_11491025.jpg
この下にあるミニバーとセイフティボックス。前回の部屋は水色だったけどこの部屋は黄色です。インスタントのコーヒーとお茶がありました。
e0201926_11494306.jpg

バスルームもコンパクトですが、普通のユニットタイプよりはゆとりがあります。右側にトイレがあり・・・
e0201926_11495904.jpg

左側にシャワー&バスタブがあります。アメニティはミキモトのもの。こだわりがある方はお気に入りのものを持参した方がいいかも知れません。
e0201926_12130433.jpg
e0201926_12131063.jpg

中央に洗面台があります。かなり小さいので顔を洗う時は少し大変でした。でも清潔だし安定したお湯もたっぷり出るから不満ではありません。
基本的なアメニティも揃っています。(歯ブラシセット・ブラシ・髭剃り・シャワーキャップ・綿棒)
e0201926_12131342.jpg

ちょっと薄いので履きにくいスリッパですが、使い捨てタイプなので安心して履けます。
e0201926_12131678.jpg

今回も朝食なしプランでの宿泊でしたが、空港内にたくさん飲食店があるので何も困りませんでした。
フロントと同じ4階のフロアだと、エレベーターを使わずにチェックイン・チェックアウトができて便利でした。4階の廊下の途中に喫煙ルームがあるので、喫煙される方に便利だと思います。





[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-12 08:00 | ロイヤルパークホテル ザ 羽田
より道+++ジンバラン
e0201926_10554328.jpg

タマングリアの坂をしばらく上った右側にある和食レストラン「より道」
リーズナブルな和食を食べたくなったらここに来ます。
上の写真はきゅうりのにんにくあえ
以下ずらずら~っとメニューの紹介


ツナサラダ
ニンジンをおろしたのが美味しい

e0201926_10554738.jpg



焼きギョーザ

e0201926_10554935.jpg



とんかつ

e0201926_10555241.jpg



鴨南そば
出汁がうまし!おすすめ!

e0201926_10555788.jpg



鉄火巻き&ネギトロ巻き

e0201926_10560195.jpg



天ざるそば

e0201926_10560429.jpg



ネギトロ丼

e0201926_10561077.jpg



オマケww

e0201926_10561427.jpg




より道 / Yorimichi
Jl. Danau batur Raya No.27
Taman Griya, Jimbaran
Tel 087 862 698 733



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-11 11:05 | バリ旅行記
ワルンヨシダ+++食堂エスカルゴ
e0201926_15022800.jpg
ワルンヨシダさんのおまかせ料理「食堂エスカルゴ」とはなんぞや?
本や映画化にもなっている「食堂かたつむり」を読んだり観たりしていないと、その世界観がうまく伝わらないのですが、簡単に言うと、料理人吉田さんがゲストの為だけに考案したスペシャルメニューのコース料理がワルンヨシダさん流「食堂エスカルゴ」です。

今回は、旅行中の暴飲暴食(えへへ)になっているだろう私達の疲れた内臓に優しい野菜たっぷりの料理。そして大好物のパクチーや千切りキャベツもちゃんとメニューに組み込まれてました。


まずはワルンヨシダ風カルパッチョ。えーーっとこのお魚は何でしたっけ❓(^^;シコシコとした歯ごたえと新鮮なお刺身の甘さが印象的な味でした。下にしいてあるのは白滝です。
e0201926_15024532.jpg


これがまた美味しくて美味しくて。いいお酒のつまみになりました。詳しく説明しちゃうともったいないので、特別な下処理をしたお豆腐料理とだけ書いておきます。
e0201926_15024827.jpg


大好きな千切りキャベツ(吉田さんの千切りキャベツは絶品なんです)をふわふわの卵と一緒に食べます。これ、日本に帰って来てからも作ってますよ~。
e0201926_15025918.jpg


いつものアヤムゴレンとは違う味わいの鳥から揚げ。初期によく作っていたレシピとの事。この味を今でもはっきりと覚えてます。とっても好きな味!横にあるお皿の中には葉っぱを切り抜いた骨が・・・(笑)この中に食べ終わった鶏の骨をいれてね、だそうです。
e0201926_15031207.jpg


いろいろな薬味がたっぷりと運ばれてきました。各々好きなものを好きなだけ入れちゃってください。
e0201926_15032457.jpg


そして今回の野菜鍋の主役たちの登場です。バリで採れた新鮮な野菜をしゃぶしゃぶしていただきます。
e0201926_15034119.jpg
e0201926_15035791.jpg
e0201926_15035911.jpg


お鍋の中に特製スープと豚肉や煮込んだ野菜がたっぷり入っているので、さっと火を通した野菜と一緒に食べます。すごく丁寧にだしを取っているので、この特製スープが私にはマネできない味なんだと思いました。

その特製スープは最後のシメに手打ちうどんと一緒に食べます。強い歯ごたえの手打ちうどんとよく合う~。
e0201926_15300573.jpg
e0201926_15300988.jpg
e0201926_15301901.jpg

ダメ押しの最後の最後の本当のシメに、このあと雑炊も作ってもらっちゃったのも、この特製スープの危険な誘惑だったのかも?(笑)

デザートもちゃんとあります~。冷たいぜんざいはお砂糖控えめで美味しかったです。
e0201926_15302362.jpg

「食堂エスカルゴ」については吉田さんへ直接依頼して相談した方がいいと思います。
連絡先を下に書いておきますね。

Warung YOSHIDA / ワルン ヨシダ

住所 : Jl.Uluwatu, 100xx, Jimbaran
電話番号 : 081-353-200-802
H.P http://warungyoshida.blog.fc2.com/%E3%80%80
Face Book https://ja-jp.facebook.com/WarungYoshida



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-10 15:42 | バリ旅行記
ワルンヨシダ+++お誕生会
e0201926_14495303.jpg
今年のお誕生日もワルンヨシダさんでお祝いをしていただきました。今年もこうやって大好きな人達に囲まれて過ごせる事と、吉田さんの愛がいっぱいこもった美味しいお祝い料理に感謝したバリの夜。


久しぶりに訪れたお店も相変わらずHappyな空気でいっぱい。バリハイはドラフトビールです。ヨシダさんのドラフトビールは毎日ちゃんとお店で洗浄しているから安心して飲めます。(そうじゃないお店が多いと聞いてから、ドラフトビールを飲む時はお店を選んで飲む事にしてます)
e0201926_14500185.jpg
e0201926_14500718.jpg
e0201926_14501905.jpg

千切りキャベツのサラダ、パクチーサラダ、おしんこからスタート。もちろんドラフトビールも!
e0201926_14503008.jpg

ヨシダ特製のアヤムゴレン。骨のまわりが美味しいのよ。サンバルマタも一緒に食べます。
e0201926_14504584.jpg



黒板に書いてあったのが気になって、さきいかの天ぷらもオーダーしました。美味しかったから日本に帰ってから作ろう!と思った一品。ビールがガンガン飲めちゃうよ。

e0201926_14505587.jpg

美味しいラインナップに盛り上がっていたところに、今年の創作バースデー料理が登場です!
このキャンドルの切り絵がたまらない~。わくわく。
e0201926_14511168.jpg

「トトロの世界みたーい」って声があがりました。この葉っぱが蓋になっている料理はいったい・・・?
e0201926_14511513.jpg

せっかくの料理なのにピンボケですみません。。。
優しい味の茶わん蒸しに、バリのハーブ(葉っぱの名前を忘れたっ)(後日修正)モリンガの餡かけと香ばしい煎り米がのってます。煎り米のサクサクとプルプルの茶わん蒸しが、口の中で楽しい食感に。
e0201926_14513272.jpg

飲んでいる途中であったかい汁物系が入ると、またビールが飲めちゃうのよね~。
バリの天然塩で食べるトマトは甘くて美味しい。天然塩もトマトもこれが一番美味しい食べ方だと思う(私基準だけどね~)。
e0201926_15131493.jpg

最後のシメは、激辛ラーメン(ハーフサイズ)。辛ーいけどコクがある辛さなので大好きです。
e0201926_15132866.jpg



オマケw

e0201926_15134103.jpg

ホテルの部屋に戻ってきたらピンポーンと音が。ホテルスタッフが「ハッピーバースデー♪」と歌いながらケーキを届けてくださいました。濃厚なチョコレートケーキは少しだけ食べて、残りは冷蔵庫に入れて翌日のおやつに。すごく遅い時間に帰ってきたから、帰って来るまでスタンバイしてたスタッフの皆さんありがとうございました。
e0201926_15135796.jpg



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-09 15:30 | バリ旅行記
天空のバー / Les Sols Calcaires
e0201926_14510621.jpg
ここを訪れるなら満月の夜に…と思い焦がれて数年。。。
オーナーさんからこのお店のプランニングを伺った時からオープンの日を心待ちにしてました。


崖の上からインド洋を眺めるロケーションではないけれど、まだ開発がされていないバリのジャングルの遠くにインド洋を180度見渡すことができます。
e0201926_14572621.jpg

広い敷地には寛ぐスペースが点在していて、バリの棚田のような美しい芝生やプールもあります。
e0201926_15000595.jpg
e0201926_15001025.jpg
e0201926_15001555.jpg
e0201926_15002609.jpg
e0201926_15001882.jpg
e0201926_15005014.jpg

階段で上に上がると私達が過ごしたバーがあります。屋根はないので雨が降ってたら上階のバーには座れないので、雨が降らないように念じていました(笑)。
お天気が悪くなった場合でも、屋根がある広いスペースがあるので大丈夫。
バーにある大きくアーチを描いた真っ白いカウンターでは、是非サンセットの時間を過ごしてください。
言葉を忘れてしまうくらい美しいサンセットショーでした。
e0201926_15063234.jpg
e0201926_15064404.jpg
e0201926_15065744.jpg

きちんと管理されているワインセラーがあるので、こちらでは是非ワインを!酒税が高いバリなのですが、このお店のワインはとても安い。(オーナーもそれをこだわっているとの事)しかも、すごく美味しかった。素晴らしい!
ちょろっと写っている紫のおしぼり入れがゲッコーなのがお洒落。
e0201926_15105846.jpg
e0201926_15111212.jpg
e0201926_15220303.jpg



もちろん、料理もとても美味しかった。フレンチがベースですが、ランチコースにはアジアンなメニューもあったので、今度はランチに行ってみたいな。
このグジェールはオーダーしてから焼くので少し時間がかかりますが熱々でおいしい。もっと食べたいくらい。
e0201926_15184264.jpg

アロマティック・ストロベリーというネーミングだったはず?(間違えていたら訂正します)
詳しく書いちゃうとつまらないので、ぜひここに食べに行ってください。ワインによく合う美味しいイチゴの食べ方、しかも初めての味。
e0201926_15194310.jpg

オーナーおすすめのダックブレスト。皮がカリッ身はジューシー、ソースもいい味、付け合わせのポテトもダックの脂の香りがついていて美味。これはみんなでシェアしました。オーナー自ら切り分けてくれました。
e0201926_15220133.jpg
e0201926_15280986.jpg

空の色もだんだんと色っぽくなってきました。写真にうまく撮れなかったけど、満月のパワーをいっぱい浴びながら心地良い時間を過ごしました。
e0201926_15310357.jpg
e0201926_15310713.jpg

夕方から夜にかけての時間もいいけど、敷地内がライトアップされた夜もいい雰囲気でした。
ここのトイレもすっごくお洒落なので必見です。
広いスペースなのでここでパーティーしてもいいかも。
ウルワツ寺院に行く前や行った後にもおすすめのロケーションです。


場所がわかりにくいのですが、Raya Ulwatu通りをウルワツ寺院方面にずっと進み、パダンパダンビーチに向かうLabuan Sait通りを右折して(位置はアリラウルワツの看板より先でブルガリホテルの看板よりも手前・アクアの垂れ幕がある小さなワルンがある角)そのまま進むと、右手にエルカブロンに行く看板があり、さらにもう少し先に進んで、ゆるい下り坂になった左側にお店の看板があります。


Les Sols Calcaires
Jalan Labuan Sait No. 66, Pecatu
Pecatu, Bali, Indonesia
パーキングあり
TEL +62 361 8957577



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-06 15:59 | バリ旅行記
今年もバリから
e0201926_23501737.jpg
2015年のお正月は恒例のバリへ旅立ちました。からからに乾いた寒い日本から、しっとりと湿度が重い雨期のバリ島に到着した時のトキメキがたまらなく好き。
しかし今年のバリは雨が少なくてお天気続きだったのでしっとりした湿度をあまり感じず、予想外にがっつりと日焼けをした旅になりました。

東名高速道の大・大・大渋滞の中を羽田空港まで進み、いつものパーキングに車を止めて、パーキングのバスで羽田空港国際線ターミナルへ。前泊は前回と同じロイヤルパークホテル ザ 羽田
年末年始は忙しくて睡眠時間2時間くらいが続いていたので、部屋でビール飲んでシャワー浴びたら速攻夢の中。
e0201926_00352220.jpg
翌朝は朝食なしプランだったので、空港内で朝ご飯を食べてからチェックイン。満席との事でチェックインカウンターも混雑していました。
今回は羽田空港出発のGA887便です。短い期間の旅行の時はガルーダインドネシア航空の直行便は時間のロスがないし体も楽。
免税店で買い物していたら、あっという間に搭乗時間。
機内では、映画でも見ようと思っていたけど、よっぽど疲れていたのか?ほとんどの時間は寝てました。だから余計にあっという間にバリ島に到着。


最初のドリンクサービスはトマトジュースと袋入りミックスナッツ。搭乗当時に話題だったブツなので、機内に軽くざわめきあり。(笑)
e0201926_00414717.jpg
機内食は和食(チキン)にしました。もみじまんじゅうを見て一瞬「もみじまんじゅう!」って思い出して旦那様の方を見たらアイコンタクトで「もみじまんじゅう!」ってやってたw さすが!お味噌汁が美味しかったよ。
e0201926_00445276.jpg


最初のホテルは前回と同じジンバランにあるベルモンドジンバランです。今回は前回とは違うガーデンビューコテージ。日中ほとんどの時間をビーチで過ごすならアリな部屋です。10数年前よりもリノベーションしたおかげで広くなって過ごしやすい部屋になっていました。ハイシーズン価格も1泊分だけで済んだし、ミニマムステイのしばりもなくて年始に泊まりやすいホテルだと思います。
e0201926_00492357.jpg

後日詳しく書きますが、バリに行ったら絶対はずせないワルン吉田さんでは、通常バージョンの宴と、ラストにもう一回食堂かたつむりならぬ食堂エスカルゴを美味しく楽しみました。溢れるくらいたっぷりの愛情料理に舌も心も大満足。
e0201926_00531848.jpg



ジンバランビーチに沈むサンセットを眺めたり

e0201926_00555847.jpg



ビーチサイドのレストランで美味しいお酒と料理を味わったり

e0201926_00560690.jpg



満月の日にここに来るのを、何年も前からずっと楽しみにしていたお洒落なレストラン&バーに行ったり

e0201926_00564146.jpg
e0201926_01021112.jpg


今回は荷物が少ないので、バトゥブランでストーンカービングをお買い上げ。ここには欲しいものがいっぱい。でも持ち帰れる重さのものの中からお気に入りを探しました。
e0201926_01064584.jpg
e0201926_01070852.jpg
e0201926_01071493.jpg

次のホテルはウブドのピタマハです。今から10年以上前はなかなか予約が取れないホテルで有名でした。そしてここは大切な思い出がいっぱいつまったホテル。リピーターでこんなに大歓迎してくれたホテルは今までなかったかも。「ピタマハにまた来て良かったね」って何度も口に出してしまうくらい、再訪して本当に良かったです。
e0201926_01105886.jpg
e0201926_01113806.jpg
e0201926_01120710.jpg
e0201926_01123217.jpg



ウブドにもお気に入りの美味しいものがたくさん。食べたいもの>食べられる胃の法則。

e0201926_01194280.jpg
e0201926_01202068.jpg
e0201926_01194730.jpg
e0201926_01195207.jpg
e0201926_01195666.jpg


最後のデイユースはウルワツ通りの長い坂の途中にある、アストンウンガサンへ。
以前泊まったハリスホテルブキットジンバランの手前にある新しいホテルです。
工事中から気になっていたのですが、ハリス...よりも部屋やホテル内の設備が整っているホテルでした。
e0201926_01242460.jpg
e0201926_01242828.jpg
e0201926_01243729.jpg


ラストはワルン吉田さん。吉田さんの熱い想いが込められた料理の数々に感動しっぱなしの夜。
食堂エスカルゴについては後日また詳しく!お腹いっぱいになって後ろ髪をひかれながら日本に帰国しました。
e0201926_00550053.jpg


復路のGA886はもうお正月休みも終わっている時期だったのでガラガラ。シートの手すりを倒して横になってぐっすり寝れたので、朝食もヤクルトだけ飲んで(前夜のエスカルゴでまだお腹いっぱいw)ひたすら寝る!
この便は帰国して間もなく減便の対象になってしまったので、この便に乗れたのも最後となってしまいました。(祈!復活!)


今回の旅行ではバリで一生懸命頑張っている方々のいい笑顔をたくさん見ることができました。
思い通りにならなくて私が想像している以上にご苦労があることと存じます。それでも笑顔を絶やさず自分が決めた道をまっすぐに進んでいる姿に、とてもいい刺激をいただけた数日間でした。
この平和な島がいつまでも平穏な日々で未来につながっていけますようにと、今まで以上に強く願った今回の旅です。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-02-03 02:03 | バリ旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin