Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
タンジュンサリのガラディナー
e0201926_13530672.jpg
久しぶりにバリ島ネタです。それもかなり前の話なので、個人的な思い出の記録としてご覧ください。
2010年12月31日はサヌールにあるタンジュンサリに宿泊していました。大晦日のその夜はホテル主催のガラディナーがあります。
その年はギリギリまで催行するか否かホテル側からの案内がはっきりしない年でした。キッチン&レストランのリノベーション中だったので、通常のガラディナーができるかどうかを検討していたと聞きました。
結局この年は予約制のコース料理になっていて、財団でバリ舞踊を習っている子供たちによるダンス鑑賞&生ガムラン演奏を楽しみながらのディナー。
ダンスの後半から激しい土砂降りになり途中で中止になってしまって、一生懸命練習してきた子供たちがかわいそうでした。

各テーブルには予約したゲストの名前が書いてあるカードが置いてあります。タンジュンサリのオーナーのコレクションのオールド・バティックが贅沢に使われたテーブルウエアは圧巻。
e0201926_13533006.jpg
e0201926_13533900.jpg

e0201926_14123041.jpg
e0201926_13533643.jpg

いつもプールサイドで練習している子供たちの晴れ舞台が見れたのはとってもいい思い出になりました。
e0201926_13535793.jpg
e0201926_13540653.jpg
e0201926_13542613.jpg
e0201926_13543533.jpg

もう食べたものの記憶がはっきりしていないのですが、ゆっくり時間をかけてディナーを楽しんだことだけは確か。
e0201926_14134401.jpg
e0201926_14135027.jpg
e0201926_14135823.jpg
e0201926_14135497.jpg
e0201926_14140288.jpg
e0201926_14140621.jpg

カウントダウンまでここで楽しみたかったけど、大雨がすごくてバンガローに行く道がふくらはぎ位まで水がたまってしまったので、お気に入りのサンダルを脱いで裸足で部屋に戻りました。

部屋に戻ったらすぐにバスタブに熱いお湯をはって、しばらくはソファでごろごろしながらおしゃべり。
大雨でWiFiの電波が拾えません。お風呂に入ったら眠くなっちゃって、約束していたカウントダウンを待たずに夢の中。。。
e0201926_14190571.jpg

12時になったら大きな花火がドンドンあがっていた音が聞こえていたけど起きれなくて・・・
花火もけっこう遅くまで何度もあがっていました。道路を渡ったところにあるパブからもライブの演奏がずっと聞こえているので、大晦日の夜は覚悟して泊まった方がいいかも知れません。(笑)



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-27 14:26 | バリ旅行記
CRYSTAL BAY RESORT でランチ sanpo
e0201926_12412698.jpg
トンサイベイのプライベートビーチの波が荒れててシュノーケリングができなかったので、バイクを40分ぐらい走らせてサムイ島でいちばん穏やかな海らしいクリスタルベイに行きました。(バイクはトンサイベイで直接レンタル)
行ってみたらごらんの通り・・・・・・
これだったらトンサイベイのビーチの方がマシだったかも。
「4月ぐらいから8月頃までがいちばんコンディションがいいんだよ~」ってローカルのおっちゃんが話してました。
e0201926_12413561.jpg

ま、ま、ここに来たのはもうひとつ気になるものがありまして・・・

泊まろうかな~どうしようかな~と迷っていたホテルがここのビーチにあるんです。
CRYSTAL BAY RESORT & RESTAURANT
このサイト↑↑↑に超きれーなビーチの画像があるので、イメージ画像はそちらでどうぞ~。
ちょっと見ないうちに、こんな立派なサイトができてることに驚き。
以前ブックマークした時にはありませんでした。

この写真にあるてっぺんのお部屋がいい感じでしたよ。ちいっと階段を上るけどね。トンサイベイのバンガローに続く階段と比べたらよゆーw
e0201926_12414513.jpg

目の前に素晴らしいビーチがあるにもかかわらず、プールまである!素晴らしい!左のテーブルにいるお洒落カップルはフランスから来たんだってー。「ここのホテルは最高だぜ!」って言ってました。
海からあがったら、シャワー浴びてこのプールにドボンしたら気持ちよさそう。もしくは暑い夜にここでプカプカ浮いてみるのもいいよね。
e0201926_12421958.jpg
e0201926_12422274.jpg
e0201926_12422510.jpg

プール目の前のお部屋も便利かも。ゲスト数が多くないから人目もそれほど気にならないんじゃないかな?
e0201926_12423332.jpg

高低差のある敷地をうまく使っていろんなタイプの部屋がありました。すぐ外に大きな道路があるので、道路に近い部屋だとちょっとうるさいかも知れません。
e0201926_12423640.jpg

せっかくなのでここでランチを食べました。今流行ってるジャンク・スタイルの家具がこのホテルの雰囲気によく合ってます。居心地もすごく良かったですよ。スタッフも明るくてすごく感じがいい人達でした。
e0201926_12424432.jpg

甘ーいアイスコーヒーと、ソーダ。ソーダにはマナオが一切れ。暑かったから一気飲みです。
e0201926_12430318.jpg

自称バーガーキングの旦那様はビーフハンバーガー。私はシーフード・パッタイを。タマリンドとマナオの香りと味がはっきりとしている好きな味。アローイ!
e0201926_13144637.jpg
e0201926_13150331.jpg

このあとホテルスタッフに予約の取り方とか空いている部屋とか見せてもらいました。水回りは南の島仕様だったけど、必要なものは揃ってていい感じ。
何しろここにはあのビーチ(サイト参照)がある!ベストシーズンにここでシュノーケリング三昧したら最高だな~って思いました。

お店がある町からは少し離れてるけど、バイクでちょっと走ればいろいろあります。目の前にはランドリーもあったし、昼間は海で遊んで、夜は近くにある美味しいシーフードレストランに行って、夜のプールにプカプカ浮かんで星を眺める・・・うーん最高!





[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-24 13:33 | サムイ旅行記
Ad Lib Bangkok / Extra plush rooms / アドリブバンコク<2>
e0201926_09090539.jpg
アドリブバンコクのホテルフロントは小さなカウンターだけで、レストランのキャッシャーと兼用になっています。室内には大きなソファが並んでいて、テーブル席で食事ができました。
ホテルのラウンジ的な要素とビジターゲストが利用できるレストランが同じ空間の中に共存しているのですが、ゆったりとした配置やグリーンを多用したデザインのおかげでじゅうぶんリラックスできます。



特にエクストラブラッシュルームのゲストには宿泊特典のコーヒー&ティーフリーサービスがあるので、ここでゆっくりPCを使ったり、書きものをしたり、お友達と待ち合わせしたり、読書したりと、ラウンジとして活用できます。
e0201926_09093628.jpg
e0201926_09093465.jpg
e0201926_09094405.jpg
e0201926_09094220.jpg


毎日遊びに来てた猫ちゃん。人に近づいては来ないけど、遠くからこっちの様子を伺って見てるところがかわいい。カメラを構えたら逃げちゃいました。
e0201926_09095451.jpg

ここでお店の調べものをiPhoneでしてて、画面を見せながらホテルから予約をお願いしてる時に「これiPhone6プラスじゃね?」ってスタッフ達がどわっと集まってきて、一瞬警戒しちゃったけど、単なるガジェット好きが大勢いただけで、宿泊当時に発売したばかりのiPhone6が珍しかったみたい。
スペックが日本と違うのを教えてもらって(持っている私より詳しい)、満席だったレストランの予約もGMの顔で(さすが!)するっと完了。なかなかやります、ここ。



朝食もここのレストランで食べます。いくつかのモーニング・セットメニューと、パン・フルーツ・野菜・ハム・チーズ・ヨーグルトなどはブッフェテーブルから好きなだけ自分で取りに行くタイプの朝食。
ブッフェは日替わりになっていて、生ハムとチーズが美味しかったな。
e0201926_09384713.jpg
e0201926_09384433.jpg

セットメニューも、メインに好きなものつけ合わせを2つ選べます。
2種類でもいいし、好きなのを2つでもOK。
バラエティに何でもあるわけじゃないけど、クオリティは高い。とても美味しい朝食でした。大満足。特にパンケーキが気に入りました。
e0201926_09390285.jpg
e0201926_09390572.jpg
e0201926_09393540.jpg
e0201926_09391261.jpg
e0201926_09395327.jpg
e0201926_09401160.jpg

最終日にはここで食事をしてから空港に向かいました。バーガーのバンズはベリー系のフレーバーだったけど意外とパテと合っていて美味しかったです。
パスタとズッパフンギは本日のメニューから。パスタはタイ風のアレンジをしたペスカトーレ。ズッパはおかわりしたいくらいの美味しさ。
e0201926_09594955.jpg
e0201926_09595258.jpg
e0201926_09595954.jpg
e0201926_10000672.jpg


コの字型の建物の真ん中にある最上階にプールがあります。
ケミカルな香りがしない塩水プールでした。何度か水質チェックをやっていて、水の中で目を開けてもきれいだったプールです。
部屋からはすぐにプールに行けるので便利でした。
夜帰ってきた時はまずはプールに飛び込んでクールダウン。
大きなホテルだとプールにたどり着くまでにいろんな人に会ってしまうのがイヤなんだけど、ここのホテルなら安心。ライトアップされた夜もきれいです。
e0201926_10004457.jpg
e0201926_10010572.jpg
e0201926_10012373.jpg
e0201926_10011503.jpg

プールサイドの雰囲気もおしゃれ。くつろぐ場所がいっぱいあります。ここは喫煙可でした。部屋のパスワードのままWiFiも使えます。ここお気に入りの場所でした。
e0201926_10005562.jpg
e0201926_10021733.jpg
e0201926_10021083.jpg
e0201926_10015907.jpg

病院を下から眺めるようになっていますが、病院なので夜は電気がほとんどついてません。まわりの建物や視線とかは気にならなかった印象。
e0201926_10014342.jpg
e0201926_10014576.jpg


同じフロアにジムもあります。こじんまりとしたホテルですが、パブリックエリアがわりと充実しているので、意外とのんびりと過ごすこともできそう。
OPENしたばかりと言うのもあるけれど、頻繁に清掃している姿を見かけるので、ホテル内はいつもきれいでした。
e0201926_10022595.jpg


最終日は追加料金なしで16:00まで利用できるプランだったけど、現地で追加料金を支払って19:00まで部屋を利用できるようにお願いしました。
この時に空港までのタクシーの手配もお願いしたのですが、ちゃんとドライバーに航空会社と便名を伝えて、高速料込みの金額をドライバーと私達に確認してからナンバーと控えて送り出してくれたのも安心。

プルンチット駅の手前までホテル専用のトゥクトゥクで送迎してくれるサービスもあります。この時は8:00~20:00迄のサービスでしたが、暑い時間帯に出かける時に便利なサービスです。
降りる時に「帰りも駅から電話して」って言われたけど、帰りはsoi1の様子を見ながら歩いて帰ってました。マッサージ屋さんと屋台がある通りで、怪しいお店とかないから平気。コンビニも数件あるし、ホテル近くのイタリアンレストランが何となく美味しそうな気がして気になっていたんだけど、食べる機会がなかったのが残念。次回は是非行ってみなくちゃ。

出掛けて帰ってきても、大きなドアを開けてお迎えしてくれるし、挨拶もきちんとしている。
時にはフレンドリーな対応もできる。短い滞在だったし、出掛けてばかりだったのに、ここのホテルのスタッフの顔は今でもちゃんと記憶に残っているくらい。サービス面も大満足でした。
安いプランで泊まれたのはラッキーだったけど、もう少し価格が上がっても許せるくらいのハード面とソフト面両方とも優れているホテルだと思います。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-22 11:03 | Ad Lib Bangkok
Ad Lib Bangkok / Extra plush rooms / アドリブバンコク<1>
e0201926_15274748.jpg
Ad Lib Bangkok(アドリブバンコク)は、BTSプルンチット駅から徒歩10分程のホテルです。
スクンビットsoi1をバムルンラート病院方向に進んで行き、途中を右折した奥にあるこじんまりとしたホテルでした。
ナナ駅からも行けるけど、プルンチット駅の方が近いかな。こっちの方が治安的にもいいと思います。

大きなバンヤンツリーの木があって、その奥がパーキング、階段を数段上がるとホテルフロントとレストラン&バーがあります。ちょっとお洒落してレストランに来るタイ人で毎晩賑わってました。
e0201926_15353355.jpg
e0201926_15353883.jpg
e0201926_15354353.jpg
ウエルカムドリンクを飲みながらチェックイン。直前にメールで空港送迎をホテルにお願いしていましたが、ちゃんと手配が通っていてスムーズに空港からホテルまで来れました。
e0201926_15433548.jpg

泊まったのはExtra plush rooms (エクストラブラッシュルーム)。
Plush rooms と同じ広さですが、いくつかの特典がついています。
オープニングプロモーションで50%OFFのプランがあった時期なのでお得に宿泊できました。

<エクストラブラッシュルームの特典内容>
・インターネット無料WiFiアクセス
・ランドリー1室3枚(毎日)
・ミニバー無料(毎日)
・BTS1日パス券(1室1枚)、
・バーからフレッシュコーヒー&紅茶サービス(部屋でもお店でも利用可能)
・DVDプレーヤー、液晶テレビ、ケーブルチャンネル
・無料ボトル飲料水
・モバイルフォン貸し出し(データ付、1日100バーツ)
・モーニングコールサービス
・空き室状況によってアーリーチェックイン&レイトチェックアウト無料
 (宿泊当時のプランだと16:00までレイトチェックアウト無料でした)

フリーWiFiの速度はノーストレスでいつでもインターネットが使えました。
ランドリーは毎朝9時くらいにお願いすれば夜までには出来上がります。
BTSの1Dayパス券は一室1枚だけなので、もうひとりはいつものラビットカードにチャージして利用。
部屋の冷蔵庫のフリーの飲み物よりも、バーから美味しいillyのコーヒーやアイスティーをルームサービスやプールサイドで飲めるのが嬉しいサービス。
モバイルフォンは外出先でネット検索したい時や、部屋で動画を見る時に便利でした。


部屋はプールが見える最上階をメールでリクエストしておきました。シンプルな内装かつ機能的なデザイン、明るくて風通しのいい部屋です。このホテルは窓が開くのも高ポイント。低層階だからだと思うけど、バンコクで窓が開くホテルは少ないので貴重だと思います。
e0201926_16101953.jpg
e0201926_16102792.jpg
e0201926_16104220.jpg
e0201926_16105304.jpg
e0201926_01360497.jpg

もうひとつ気に入ったのは床がフローリングなところ。バンコクの高級ホテルでさえ床の絨毯にシミはあります。
清掃の時間に部屋に戻ってきたら、ちゃんとモップで床をきれいに拭いているところでした。
特別上質な材料を使っていないのに、部屋の設えがしっかりしていて、かなり清潔だったのが予想以上に気に入ったところです。ベッドのマットやリネンの質感も良かったです。
コンパクトなスペースにソファやテーブルがあるのも居心地がいいところ。
バスルームの収納は少ないけれど、窓側のところに引き出しがあるので、両方使ってなんとか収納できるかな。収納はちょっと工夫が必要でした。
e0201926_16105816.jpg
e0201926_16105649.jpg

ミニバーとか冷蔵庫はここにまとまっています。お水はアドリブホテルオリジナルのもの。
コンセントや電源もここにまとめてあるので、荷物が散らばらずに充電ができるのが使いやすかったです。
e0201926_16143342.jpg
e0201926_16144058.jpg
e0201926_16143771.jpg

部屋を入ってすぐ横にあるバスルーム。セイフティボックスが大きいのはうれしいけど、ここの収納力はあまりありません。ハンガーを追加で持ってきてもらって、必要な衣類は吊るしちゃいました。
スーツケースラックがあるけれど、サイズが大きいスーツケースは置けません。
バスローブは南国で着やすいワッフル地のもの。
ホテルの名前が入っている傘が、よくある重くて大きなものではなく、軽くてコンパクトなものなのが逆に使いやすいと思いました。
e0201926_00532420.jpg

コンパクトなシンクまわりだけど、意外と使いやすかったです。私物をカウンターの上に置いて使ってました。歯ブラシ・ブラシ・コットン・シャワーキャプ・サニタリーバック・MALIN+GOETZのソープとボディクリームがありました。
e0201926_00532967.jpg
e0201926_00533615.jpg
e0201926_00534379.jpg


アメニティはNYのMALIN+GOETZのもの。おっしゃれー。こういうところが安っぽくない理由です。
もしかしたら、エクストラブラッシュルームだけかも知れません。
e0201926_00534654.jpg

シャワーは湯量も排水も申し分なし。排水口からの臭いとかもありません。ガラス戸なので水はねの心配もなし。
安いホテルは水回りにアラがあるのですが、ここはそういう問題を感じませんでした。
e0201926_00534866.jpg

意外としっかりとした造りの部屋にいい意味で予想を裏切られました。仲良しのふたりだったら同室でも大丈夫なんじゃないかな?シャワールームのすりガラスの反対側はベッドですが、人影がぼんやり写る程度なので気にならないと思います。
すべての部屋は禁煙ですが、レストラン&バーのアウトサイド席・プールサイドのラウンジ・喫煙フロア廊下にある灰皿のところ・・・などは喫煙OKでした。


続きます。。。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-22 01:23 | Ad Lib Bangkok
The Tongsai Bay / Dinner
e0201926_01521011.jpg
トンサイベイ滞在中、記念日にプライベートビーチでプライベート・ディナーをいただきました。
ホテル直サイトで予約をした際に問い合わせをして、いくつかのメニューの中から好きなものを事前にオーダーします。1日1組限定なので、日にちを指定したい時は事前に予約した方がいいと思います。

泊まっていた部屋のテラスからビーチで準備をしている様子が見えていたのですが、ビーチサイドにあるPo-Lad Beach Bistro & Barのスタッフが夕方16時頃からひとりで丁寧に準備をしていました。
予約した18:30少し前にビーチに行ってみると、砂浜の上にたくさんのキャンドルが置かれています。
雨が降ったら、ビーチサイドのPo-Lad Beach Bistro & Barにあるプライベートルームでディナーという話を聞いていたので、雨が止んでいて本当に良かった。
e0201926_01524912.jpg
e0201926_01530241.jpg

すぐ横に仮設の調理台があって、Po-Lad Beach Bistro & Barのシェフがここで調理し、出来立てをサーブしてくれます。
e0201926_01531707.jpg

おすすめのオーストラリア産のスパークリングワインで乾杯しました。聞こえてくるのは波の音と、少し離れた場所にあるビーチサイドのレストランからの音楽。風も程よくてとっても素敵な夜です。
e0201926_01532554.jpg

彼が専属のスタッフでした。気配り上手・話し上手だったので、ゆっくり時間をかけてリラックスした時間を過ごせたのだと思います。料理をしてくれたシェフともサムイ島のおすすめレストランの話を聞けたのも良かったです。
e0201926_01540309.jpg

トンサイベイのおすすめ前菜を盛り付けたプレートです。辛さは普通で大丈夫と伝えておいたので、スパイシーなもの、さっぱりしたもの、甘いものがうまく組み合わせてました。特にチキンのパンダンリーフ包みが私の好みの味で美味しかったです。
e0201926_01541614.jpg

トンサイベイで食べたものの中で一番おいしかったトンサイベイ・サラダ。すぐ横で調理をしなければならない理由がこれを食べて納得。タイ料理の辛い・甘い・酸っぱいが絶妙なバランスで、お皿の中の食材の食感や味もぴったりとはまった味でした。ただのサラダと思ったら大間違いな一品です。
e0201926_01542755.jpg

カニのコーンスープとアスパラガスのスープ。事前にオーダーしたのはアスパラガスとホタテのスープだったのですが、ホタテが入荷できなかったようです。カニのコーンスープの方が美味しかったかな?
e0201926_01543502.jpg

メインのラムラックのロースト。すぐ横で焼いている時からいい香りが漂っていました。ポーションが多いと聞いていたので、メインは肉料理と魚料理をシェアしています。
e0201926_01543885.jpg

もうひとつのメインはロブスターのグリル。プリプリでエビの甘味がしっかり感じて美味しかったです。
e0201926_02353072.jpg

デザートはココナッツのアイスクリーム。若いヤシの実の中にココナッツのアイスクリームとナッツが上にのっています。バンコクのウィークエンドマーケットで食べるのとだいぶ違うゴージャスバージョン。ヤシの実の内側にある白いプルプルのココナッツをスプーンで削り落としながらいただきます。
e0201926_02355162.jpg

ホテルからプレゼントのケーキがサプライズで届きました。小さい頃に食べたような懐かしいバターケーキ。(バタークリームケーキの事ね)ドレンチェリーがのっているのが泣けるくらい懐かしさいっぱい。これにアンゼリカとアラザンがのっていたら完璧な昭和のケーキなんだけどなー。ケーキの上のろうそくうもいい感じです。
ふたり分カットした残りは、ビーチサイドのレストランにいる他のゲストに差し上げました。
e0201926_02374031.jpg
好きなものを自分で選んだせいもあるけれど、このプライベート・ディナーがいちばん美味しかったので大満足でした。カップル料金で9,416THB(2014年10月滞在時/ドリンク・税・サービス料別)です。
トンサイベイではサインをする時にチップの記入欄があるのですが、いい気分になっていたせいか?かなり多めの金額を書いていたのを翌朝思い出して冷や汗をかいてしまったのでした。でも、美味しかったし楽しかったので、このプライベート・ディナーはいい思い出です。

この時に聞いた話だと、波が穏やかな時期には岩の上でプライベート・ディナーができるそうです。さらにプライベート感があっておすすめとの事。


・・・・・・・・・・・・・・・・


ホテルに直予約したパッケージに2回ディナーがついていたので、朝食と同じChef Chom's Thai Restaurantでセットメニューのディナーをいただきました。
時々変わるようですが、私達が滞在した時は3種類のセットの中から選択するようになっていて、タイでよく見かけるホーローのお弁当箱の中に入ってサーブされます。

1日目>>>>>
トンサイベイでもLEOビールが飲めます。持ってきたスタッフが「私もこれが一番好きです」って話してました。
e0201926_02573774.jpg

いろいろな味のタイ料理が乗っています。トムヤムクンが美味しかったな~。他にナスのヤムとか、お豆がいっぱい入ったカレーなど。
e0201926_02574759.jpg
e0201926_02575213.jpg

デザートは大好きなカオニャオ・マムアン。マンゴーが熟していたのと、もち米が美味しく炊けていたおかげで、とっても美味しいカオニャオ・マムアンでした。
e0201926_02575829.jpg

2日目>>>>>

この日もLEOビール。大きな結婚式があった日だったので、この日はアウトサイドの席だけの稼働です。
e0201926_02583526.jpg

イサーン料理中心のセットだったような?ガイヤーンとかソムタムとか。しっかり辛くて美味です。
e0201926_03003566.jpg
e0201926_03004437.jpg

そして、この日もまた大好きなカオニャオ・マムアンを。本当に美味しいです。また食べたいな~。
e0201926_03004806.jpg

ホテルのまわりに歩いて行けるレストランはないので、ホテルレストランは混雑していました。ホテルでのんびりと滞在するゲストが多いのだと思います。
サムイ島の中には美味しいレストランも多いので、ホテルから出掛けるのもおすすめ。フロントのコンシェルジュに行きたいレストランを予約してもらって、往復ホテル送迎で出掛けるのもいいと思います。
行き先に応じた料金表がエントランスに提示してありましたが、島内の白タクと同価格(もしくは安い)だったので、安心で確実なホテル送迎をお願いした方が余計な心配もトラブルもなくていいと思いました。

他にも曜日ごとに、ビーチカクテルパーティー&BBQ、タパス&ワインナイト、タイ料理ブッフェナイトなどが滞在月にありました。滞在中に、夜ビーチで映画鑑賞会があったけど、別の楽しみで出掛けてしまったので残念だったけど参加できず。
ホテルから配布されるニュースペーパーにいろいろなイベントがのっているので、毎日よくチェックすると楽しい思い出が作れると思います。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-16 03:44 | The Tongsai Bay
The Tongsai Bay / SPA
e0201926_01083710.jpg
トンサイベイの宿泊パッケージの中にプラナスパ1時間(タイマッサージorオイルマッサージ)/滞在中2回/2名がついていました。事前に朝到着後のチェックイン前にSPAの予約をしていたのですが、日本からの出発便の遅延で遅れたのでチェックイン翌日と別の日に予約変更。遅延がわかった段階で、すぐにトンサイベイにメールで連絡して変更しました。


プラナスパの場所は、メインプールから階段を上がった場所にあります。この看板が目印。
e0201926_01103138.jpg

そこから池の上を飛び石で渡ってSPAフロントに入ります。この池のところに、ものすごく蚊がいっぱいいるので刺されないように要注意。フロントは室内なので大丈夫です。
e0201926_01084611.jpg

ここでカウンセリングやオイルの種類を選んだり、SPA前におしぼりやパンダンリーフのお茶をもらいました。少し前に着いてしまっても、タイのタウン誌や雑誌があるので、それ見て時間つぶしもできます。
追加料金を支払えば、ハーブボールを使ったマッサージやパッケージメニューに変える事もできますが、私達は2回ともオイルマッサージにしました。
e0201926_01100991.jpg
e0201926_01084007.jpg
e0201926_01072154.jpg
e0201926_01071463.jpg

2回とも何年も勤務しているベテランスタッフでした。スコーンと落ちてしまった
・・・相性が良かったのかな?とっても上手でした。
サムイにはあちこち安いタイマッサージ屋さんがあるので、あえてオイルマッサージを選んで正解。
タイマッサージはしなかったので、そちらの腕はわかりません。

ホテルのSPAが上手なのはいいよね。すっぴんのままSPAに行けるし、そのまま部屋に戻ってシャワーあびれる。人気もあるので、チェックインしたらすぐに希望の時間を予約した方がいいようです。


続きます。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-14 01:31 | The Tongsai Bay
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin