人気ブログランキング |
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
Mulia Villas / 1bedroom Villa Ocean View #5110 (3)
e0201926_2212507.jpg

ムリアヴィラズでは寛ぐスペースがたくさんありました。
ベッドルームから出てすぐのところにあるこのサンベッドのふわっふわ具合いがとっても気持ち良くって、初日のアフタヌーンティーで赤ワインを数杯飲んだ後はここで日暮れまで撃沈。
未だかつてない寝心地の良さに感動したサンベッドでした。

プライベートプールの一部分が浅瀬になっていて、そこには濡れたまま寝転べるサンベッドがあります。角度を変えれる日除けもついているので、読書の時にいいかも?(今回はまったく本を読む気にならないくらいリラックスしてしまったので読んでいないのですが。。。)
e0201926_2230597.jpg


アウトサイドのリビングもとっても広いです。テーブルセットとソファがあって、ここでもお部屋同様wifiの電波がしっかり入ります。
日中はほとんどこちらにいました。夜使わない時や悪天候の時は、四方をシェードが下りるので雨が吹きこむ事はありません。
暑い時は天井にファンがあるので涼しくなります。
床の大半がコーティングしたフローリングなので、足が冷たくならず足裏も汚れにくいのが気に入りました。
e0201926_22353030.jpg
e0201926_22355713.jpg
e0201926_22363797.jpg


右奥に見えるグレーの小さな建物はバトラールーム。キッチンがあり、備品や掃除用具などがストックされているバックヤードです。
e0201926_22373536.jpg


プライベートプールにしては大きなサイズのプール。ハイドロテラピープールでジェット水流を楽しんだり、仰向けになってぷかぷか浮いてたり、競争したり、目いっぱい遊びました。
水温もちょうどいいし、水質がとてもいいのが何より。
意外と水深は浅く1,1mです。でもこのくらいの深さだと子供でも心配ないからいいのかも知れません。
e0201926_22522234.jpg
e0201926_22524261.jpg
e0201926_22532772.jpg
e0201926_22534659.jpg


濡れた水着を干すのに便利でした。夜はバトラーが雨に濡れない場所に移動してくれます。
ムリアバリではタオルやすべての衣類を、指定したこの物干し以外にかけないように書面で案内がきちんとありました。他にも室内外の家具や調度品にもかけないようにと具体的に書いてあります。
物干し以外にも、禁煙や喫煙についても具体的に案内があります。
いろいろな国からたくさんのゲストが来るホテルなので、禁止事項をきちんと明記されているのはいい事だと思いました。
e0201926_2364625.jpg


ヴィラの門もオフホワイトの爽やかなものでした。透かしになっているので、誰がいるのかわかるのが逆に安心でした。
e0201926_23701.jpg
e0201926_2372424.jpg


OPENしたばかりのホテルなのに植栽がちゃんと育っているのにも驚きました。尋ねたところ、ホテル専用の大きな植物園があって、そこで生育・管理をしているそうです。
ホテルの中のフランジパニの木も移植したものなのに大きな木で、花もいっぱい咲いていました。
e0201926_23123865.jpg
e0201926_23131919.jpg



ヴィラからバギーに乗ってビーチの方に行ってきます!


*2013年6月滞在時の情報です。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-30 23:16 | Mulia Villas
Mulia Villas / 1bedroom Villa Ocean View #5110 (2)
e0201926_10143966.jpg

ムリアヴィラズでのお楽しみのひとつが、このジャグジー。ヴィラのバスルームにはすべてこのジャグジーが完備されています。滞在中は毎日このジャグジーに入るのが楽しみでした。

三方をガラス窓に囲まれたバスルームは、昼間はとても明るく、夜は薄地のカーテンとガラス窓の間に白いロールスクリーンが下りるのでキャンドル(安全な電池式)の灯りだけでムーディーに変身します。
e0201926_1024145.jpg

e0201926_10245075.jpg
e0201926_1026388.jpg


とても大きなバスタブだから溜めるのに時間がかかるので、「ジャグジーを使いたい時はバトラーにお申し付けください」と事前に案内されていました。・・・という訳で、いつも時間を指定してバトラーにお願いしていて、プールで遊んで帰ってきた時や夜寝る前など、すぐ入れるように用意されていたのは大変便利でした。
e0201926_10314535.jpg


ジャグジーの横にあるトレイには、石鹸・ボディ用スポンジ・バスソルト・ジャグジーのリモコン・天井にあるファンのリモコンが置いてあります。ファンのリモコンは、ここのバスルームとアウトサイドのリビングのファンと両方に使います。
e0201926_10504874.jpg
e0201926_1051218.jpg


バスタブ正面にあるのはダブルシンクの洗面台。明るくて柔らかな色合いでコーディネートされた上品な空間です。収納がたっぷりあるので、物が散らばらずいつも整然と使えたのも気に入りました。
e0201926_10382994.jpg
e0201926_10384650.jpg
e0201926_1039752.jpg


真ん中にアメニティが入っている白い箱が置いてあります。箱の中身は、歯ブラシ・歯磨き粉(コルゲートでした)・デンタルフロス・マウスウォッシュ・綿棒・コットンパフ・サニタリーバック・コーム・爪やすり・ヘアゴム・シャワーキャップ・ヒゲソリ。
お水はムリアバリオリジナルのパッケージのものでした。
e0201926_10461333.jpg
e0201926_10463534.jpg


シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディミルク・石鹸は英国のAROMATHERAPY ASSOCIATES のもの。世界中の高級SPAや一流ホテルで使われているもので、このブランドを選ぶあたりさすが!と思いました。
AROMATHERAPY ASSOCIATES の精油のいい香りがバスルームいっぱいに広がるので、それだけでもかなり癒されます。
e0201926_11165333.jpg


シャワーブースは2つあります。こちらはバスルーム内にあるシャワーブース。
GROHEのレインシャワー・ボディシャワー・ハンディシャワーと3種類のシャワーが使えました。レインシャワーを使いながらのボディシャワーが使いやすかったです。
e0201926_11215671.jpg


アウトサイドでもシャワーができます。外のシャワーが大好きなので、いつもはアウトサイドにシャワーがあるとそこしか使わないのですが、バスルーム内のシャワーブースにあったボディシャワーが気持ちいいので、今回はバスルーム内のシャワーブースばかり使っていました。
ただ、ハンディシャワーはアウトサイドの方が好きなものだったのが残念。
e0201926_11261786.jpg


トイレはオールフリーです。バリ島内のホテルでは初めてなのでしょうか?部屋に限らず、ホテル内の他の施設にあったトイレもこのタイプでした。
e0201926_11281411.jpg


ベッドルームとバスルームの間にドレッサーがあります。高さもちょうど良くて使いやすいドレッサーでした。
e0201926_11312372.jpg


ドレッサーの反対側には広いクローゼットルームがあります。引き出しは、優しく押すと最後はゆっくり自動で閉まるタイプ。収納量もたっぷりです。
滅多にしないアンパッキングをバトラーにお願いしたのですが、ハンガーを増やして二人分きちんと分けてわかりやすいように収納してくれました。
e0201926_11382396.jpg


ムリアのふかふかのスリッパです。あんまりふかふか過ぎると転びそうになってしまうけど、ここのはちょうどいい柔らかさ。エアコンで冷えた大理石の冷たい床を歩く時にはスリッパは必需品です。
e0201926_11392277.jpg


こんなに肌触りがいいバスローブはなかなかないんじゃないか?って思うくらい気持ちよかったバスローブ。カシウエアの柔らかさとは違う何とも言えない質感です。
e0201926_11505462.jpg


アウトサイドのリビングとプライベートプールの紹介が続きます。


*2013年6月滞在時の情報です。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-30 11:51 | Mulia Villas
Mulia Villas / 1bedroom Villa Ocean View #5110 (1)
e0201926_11403121.jpg

Mulia Villas / 1bedroom Villa Ocean View #5110 のヴィラです。
天井はバリ建築のアランアラン(茅葺きの屋根)のように見える建築資材なので、トッケイの落とし物の心配がありません。
寝室・室内リビング・バスルームは気密性が高い建物になっていて、虫などの侵入がしにくく、室内の空調も安定しているので、そういう事が気になる人にはいいと思います。
私はどちらかというとファンさえあればOKな人なので、アウトサイドのリビングにいる事が多かったのですが、就寝時の微妙な温度調節ができたのが良かったです。
これだけの広い空間のエアコンなのに、室外機の音が全然気になりませんでした。

ベッドサイドには左右にキャビネットがあるので、主人と私とそれぞれの物を別々に収納していました。
読みかけの本やバックやカメラやサングラスなど、広い室内でも大事な物はここにまとめられるので、あちこちに散らばらなくて便利。
e0201926_1303086.jpg


今回滞在してみていちばん気に入ったのは、ベッドリネンの心地良さです。
厚みがあるのにしっとりすべすべで、肌触りが最高でした。
最初は正直「ん?」と思ってしまったこの絵。
部屋のカード式キーの絵もこのお坊さんの絵です。
でも滞在していくうちに、自分もこの絵のお坊さんのような間抜けな顔でリラックスしてしまいました。
最終日にベッドに寝転がりながらこの絵を眺めていて、この絵がとても好きになっていた事に気づいたという次第です。
e0201926_1381888.jpg


ベッド周りもとてもシンプル。余計なものは置いてありません。
この洋蘭が飾ってあるバリのホテルってめずらしいかな?
ホテルのエントランスやロビーやラウンジを含め、フラワーアレンジのセンスがとても良かったです。
e0201926_14534949.jpg
e0201926_13492816.jpg
e0201926_13494482.jpg


ベッドの反対側にはリビングがあります。
ゴールド・明るいブラウンでまとめられた上品な質感でした。
写真の左側はヴィラの入口、真ん中は写真では薄地のガーデンがかかってますがグリーンいっぱいの庭、右側にはプライベートプールがあり、明るいリビングでした。
写真では大きく見えませんが、じゅうぶん寝転がれる大きさのソファです。
e0201926_13581010.jpg
e0201926_1359860.jpg


ピントを外の景色に合わせてみました。シックな室内とは正反対の青い空とプールが素敵です。
e0201926_143139.jpg

e0201926_14351093.jpg


毎日食べた分が補充されるたっぷりのフルーツ。洋梨とブドウが甘くてとっても美味しかったです。
e0201926_1451045.jpg


ベッドとリビングの間に大型のTVと、キャビネットの中にセイフティボックス・ミニバー・冷蔵庫・DVDデッキなどがあります。
私達が日本人ゲストだったので、TVのチャンネルは最初からNHKプレミアムに設定してありました。さすが!
冷蔵庫の中身は有料ですが好みのものを揃えてもらうことができますし、グラスやコーヒーのカプセルの追加はもちろん、お茶のリーフの種類も好みのものを選ぶことができます。
e0201926_1471987.jpg
e0201926_1473828.jpg
e0201926_229620.jpg
e0201926_148196.jpg
e0201926_1483011.jpg
e0201926_149999.jpg
e0201926_1492253.jpg
e0201926_1494474.jpg


いつもお茶をバトラーに頼むことってほとんどないのですが、今回は本当にのんびりとしてしまって作る気がまったくおきない(笑)。
この電話にあるバトラーボタンを押すと5分もしないうちにヴィラにバトラーが来てくれるので、いつも作ってもらいました。
e0201926_14345254.jpg

e0201926_14355759.jpg


TVの反対側にはデスクがあります。ホテルディレクトリーや電話などはこちらに。
携帯電話やカメラなどの充電はここでしていました。
e0201926_14372847.jpg
e0201926_14375998.jpg


あとになってしまいましたが、ヴィラのドアを開けたところにあるエントランス。
ここから左側に行くとリビング-ベッドルームとつながっています。
ここから右側に行くとバスルームにつながっています。バスルームはベッドルームの方からも入れるので、建物の中をぐるっと一周まわれることになります。
e0201926_1441208.jpg
e0201926_14413856.jpg
e0201926_14435471.jpg


ここにあるお花のアレンジが気に入りました。葉っぱにラインストーンとパールのピンが刺してある!
e0201926_14461144.jpg
e0201926_14462569.jpg



長くなったので続きます。


*2013年6月滞在時の情報です。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-28 14:49 | Mulia Villas
Mulia Villas に宿泊しました
e0201926_2241322.jpg

ヌサドゥアにTHE MULIA, MULIA RESORT & VILLAS NUSA DUA – BALI(ザ・ムリア、ムリアリゾート&ヴィラス、ヌサドゥア-バリ)が2012年12月にOPENしました。
全室スイートのザ・ムリア、大型リゾートホテルのムリアリゾート、プライベートプール付きのムリアヴィラズの3タイプの宿泊施設が広大な30ヘクタールの敷地の中にあります。
その中で今回はムリアヴィラズに宿泊しました。

去年アマヌサに泊まった時すぐ横で大掛かりな工事をやっていて、アマヌサのスタッフに聞いたら「ムリアがバリ島にできるんだよ」と。
とてもホテルとは思えないスケールの工事にあの時はびっくりしました。
そしてその時の滞在中に少しだけ?騒音もあったので、今回はあの時のオトシマエつけに参上!←うそうそ(笑)
そういえば、あの時アマヌサから見えた大きな工場のような建物が、ムリアの倉庫だったという事にも驚き。
あれだけの部屋数(=ゲスト数)とレストランのスケールを考えたら、倉庫も想像をはるかに超えるくらいの大きさでした。

スケールの大きさに驚いた以上に驚いたのは、ムリアヴィラズ専用ゲートから中に入った時の印象が想像していたものとは全然違うものだった事。
ホテルの敷地いちばん上にあるエントランスは、オフホワイトでまとめられていて非常に上品かつ爽やかな空間でした。
もっと豪華絢爛なホテルだと思っていたので、色調をおさえた建物と内装のコーディネートが予想外でびっくり。
到着してすぐにレモンのような柑橘系のアロマを手のひらにつけてもらって、香りの挨拶からリゾートの幕開けです。
そこからまっすぐ視線をのばすと、ムリアバリの全貌が高台から見下ろせ、その先にはインド洋が広がっていました。
チェックインでここまで感動して鳥肌がたったのは久しぶり。
気持ちが高揚しすぎて、カメラを手に取るのも忘れていたし、かぶっていた帽子も忘れ(代理店の車の中に置き忘れ)、ポーンと何もかもが頭の中から抜けてしまうくらい。

フロントでチェックインの手続きをして、MULIA RIVILEGE(ムリアのポイントサービス/チェックイン時に入会すれば部屋でのインターネットが無料で使えます)の入会手続きもして、ひとつ下のフロアにあるLIVING ROOM(ムリアヴィラズ滞在ゲスト専用のラウンジ/朝食・アフタヌーンティーはこちらでいただきます)のソファでウエルカムドリンクをいただきました。
レモンとライチをミックスした爽やかなドリンク。
レモンの酸味にエキゾチックな香りが加わって大変おいしい飲み物でした。
e0201926_22531392.jpg


日本人ゲストリレーションのYさんから滞在中のリクエストや確認などをしてから、専用のバトラーのNovinさんと一緒に私達がこれから過ごすヴィラにバギーで向かいます。
ムリアヴィラズ専任のYさんとのおしゃべりは毎日の楽しみで、毎回話がはずんでいつまでも話をしていたのが滞在中の楽しい思い出です。

スケールの大きい広大な敷地の中にある3つのムリア、たくさんのプール、たくさんのレストラン、大きなチャペルや池、広いプライベートビーチ、バリ島でいちばん大きいホテル・・・だから、ヴィラから他の施設まで移動が大変かも?と思っていましたが、行きたい場所までバトラーがバギーを運転して、行った先でもお世話をしてくれるので、どこに行くのにも迷わず行けるのが楽でした。
チェックインしてすぐにバギーで回ったホテルツアーが、全体像を把握できたので良かったです。

私たちのヴィラには、NovinさんとDrusadiさんのお二人が交代でバトラーについていただきましたが、今まで泊まったどこのホテルよりも気配りと仕事ができるバトラーでした。
大抵のことは自分でできるので、いつもはあまりバトラーに用事を頼まないのですが、この二人はこちらが気兼ねを感じないように、用事や要望をさりげなく聞きだすのがとても上手なのです。
他にも5つ用事をお願いしたとしたら、先回りをしてその倍の10のことが返ってくるような、プラスアルファのサービスにも感銘しました。
ムリアヴィラズ内の上品な施設、ビーチ・プールの解放感いっぱいの明るさ、バラエティに富んだレストランやバー、過ごしやすい間取りと上質な空間のヴィラ・・・などのハードも大変気に入りましたが、それ以上に日本人ゲストリレーションのYさんやバトラーのサービスが何よりもの満足だったんだと、帰国してから何度も思い出します。

この二人のおかげで、滞在中の時間はすべてリラックスして徹底的にリゾートを楽しむことに没頭できたので、社会復帰するのがちょっと嫌になってしまうくらい(笑)ムリアの中でのんびりと楽しめたのだと思います。
ヴィラのベッドルームにある居眠りしているお坊さんの絵(この絵の由来は居眠りなどけっしてないお坊さんでも眠ってしまうくらいリラックスしてゆっくり休んで欲しい・・・というメッセージだそうです)を見ていて、暗示にかかったようにこの絵のようにゆっくり休めるムリアでした。
e0201926_2352562.jpg



宿泊した 1bedroom Villa Ocean View#5110 については次回からいたします。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-26 23:54 | Mulia Villas
グリーンフィールドバンガローの朝 sanpo
e0201926_1614833.jpg

毎晩早くに寝てしまうので、この日は4:30に目が覚めてしまいました。
まだ外は真っ暗なので、ベッドサイドの読書灯をつけて朝の読書。そして「とんび」で号泣。

毎朝日が出る瞬間に鳥達がいっせいに羽ばたいて鳴きだすことに感動。ウブドの朝っていいね。
e0201926_16163387.jpg


ここのテラスも好きだったなぁ。ここから見える田んぼも。
e0201926_16175744.jpg

e0201926_16183245.jpg


この日もテラスで朝食を食べました。
旦那様・・・ナシゴレン、フルーツサラダ、バリコピ
私・・・・・ベジタブルオムレツ&ブラウントースト、スイカジュース、バリコピ
ベジタブルオムレツは前に泊まった時よりもこっちの方が美味しかったです。
スイカジュースがどこで飲んでもとっても美味しい季節でした。
旦那様は部屋の冷蔵庫で冷やしてあったグレープフルーツジュースです。
e0201926_16214936.jpg
e0201926_16221046.jpg
e0201926_16223848.jpg
e0201926_16225760.jpg


朝のプールは静かだけど、レストランは8時ごろには満席になっていて賑やかでした。
e0201926_16252072.jpg
e0201926_16254479.jpg
e0201926_16264989.jpg


部屋にあった朝食のメニューです。
e0201926_16282149.jpg


この景色を眺めながらの朝食は美味しかったな~。
e0201926_16291069.jpg


お昼にチェックアウトですが、最後にもういっちょバイクで出掛けてきまーす。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 16:29 | Green Field Bungalow
何も予定もなく過ごした一日@ウブド sanpo
e0201926_1441576.jpg

旅行中に書いていた日記には「5:30起床」と書いてありました。はやっw
次に「暇なので夜行観覧車を読破」と。
次に「夜行観覧車はドラマよりも小説のストーリーの方が良かった」と。
グリーンフィールドバンガローは読書をしたくなるホテルです。
空が明るくなってきたら、インスタントコーヒーを淹れてテラスで田んぼを眺めながら飲みました。
今日の計画を立てるものの、脳内すべての機能がOFFになっていて、話が全然まとまらない。

8:00とりあえずテラスで朝食。
旦那様・・・ミーゴレン、フルーツサラダ・バリコピ
私・・・・・バナナパンケーキ、フルーツサラダ、バリコピ
昔のクレープっぽいパンケーキの方が好きだったな。でもフルーツはたっぷりなのはいいね。
ジュースはデルタ・デワタで買ってきたピンクグレープフルーツジュース。
フルーツジュースかフルーツサラダのどちらかを選ぶので、部屋のテラスで食べる時は冷蔵庫に冷やしてあるジュースを飲めるという作戦。
e0201926_14482680.jpg


少し涼しいので、バイクでウブドセントラルまで行って、バイクを置いてからジャランジャラン&ショッピング。
涼しいと思ったのはほんの少しだけで、日がさしてなくてもやっぱり暑かったウブド@2013年4月。
GAYAのジェラートが食べたいと思ったけど、置いてあったお店3か所回ったけどどこももう置いてません。
猛烈に暑くて不機嫌になる一歩手前?もしかしたら三歩先だったかも?にボレロで休憩でっす。
旦那様・・・いつものアイスコーヒー、私・・・ライムジュース
e0201926_14582248.jpg
e0201926_14574593.jpg
e0201926_14593279.jpg
e0201926_150043.jpg


歩き疲れた時にここのソファ席最強~。
e0201926_1524834.jpg


バイクを置いてある場所まで戻って、パッ・セダンに行ってナシチャンプルのランチ。
ナシチャンプル(2個)、コーラ、ファンタで合計Rp34,000
ひとり飲み物付きでRp16,000ってとこでした。(2013年4月の金額)
久しぶりに来たけど、ここのミンチのサテは美味しいな。
いつもいるワンコが食べ残しの骨が欲しくって、鼻でツンツン押してきます。かわええ~。
e0201926_1564924.jpg


目の前のアジアン・プロパシーで買い物してからグリーンフィールドバンガローに戻って、プールサイドでほげほげ。
e0201926_1512345.jpg


プールに飽きたら、プール横のラウンジでネットでほげほげ。
e0201926_1514125.jpg


ほげほげし過ぎて体がこったので、「どっかにマッサージに行こうぜ」と身支度してバイクで出掛けたものの、目の前のウブドウエルネスに飛び込み、そのままそこにはいっちゃいました。
バイクの意味まったくなかったのだけれども。。。
旦那様はバリニーズマッサージ(Rp150,000)、私はクリームバス(Rp150,000)
旦那様曰く「オイルがいいオイル使っているような気がして良かった」そうです。
私のクリームバスの効果はいまいちな感じでした。
クリームバスなのにメンズ登場なのもビビったし、肩と腕のマッサージの時に気持ちよくてぼんやりしていたら、サロンがはだけて胸がはみ出ていたのを目の前の鏡で気づいた時にはびっくりしたわ。
「お願い、教えてよ!」って(恥)
ま、ま、ここにはかわいいニャンコがいるので、猫好きさんにはいいかな。そこ?
今度行ったらバリニーズマッサージにしてみよっと。
e0201926_15243564.jpg

e0201926_15251228.jpg
e0201926_15253112.jpg
e0201926_15255857.jpg
e0201926_1527794.jpg
e0201926_15275130.jpg


そのまんま(すっぴんですんません)ご近所さんで何か食べてっちゃおうと歩いていて気がつくと、あたりは停電中。
停電でも食べれるとこあるかな~と探しながら歩いていて入ったのは、石窯ピザのマンマミーア!
お店はちょっと薄暗いけど通り側だったらまだ明るいから問題ないしね。
オーダーしたのは、イタリアンソーセージのピザとシーザーサラダ。
最初は何も考えずにビンタンビールを飲んでいたけど、途中でピザには合わないね~ってコーラにチェンジ。ALLでRp170,000ぐらいだったかな?
世界でいちばんピザが高い国は日本じゃないかって思うくらいの安さだぜよ。
コーラを飲む頃には電気もつくようになりました。
e0201926_15471273.jpg
e0201926_15474390.jpg
e0201926_1548012.jpg
e0201926_15481878.jpg
e0201926_15484178.jpg


この日ははしご酒はやめにして、カキアンでプリンを買ってグリーンフィールドバンガローに帰りました。
クリームバスをした後なので、私はバスタブにバスソルトを入れてのんびり浸かって、この日も早くに就寝。旅日記には「昨夜と同じ時間20:00過ぎに寝る」と書いてありました。
e0201926_1553977.jpg

Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 15:52 | バリ旅行記
ヌルスワルンからの影武者で呑んだくれ
e0201926_14105084.jpg

違うお店に行ってもよかったんだけどね。
せっかくウブドに泊まっているんだから、やっぱり行こう!ってことで、ヌリス・ワルンに行きました。
11時前に朝ごはん食べてから14時前にカキアンでクリームパフを食べたっきりなので、なんだか早くにお腹がすいちゃって、17時前に到着。
団体客がいなくて、ちょうど大量のスペアリブが茹で上がったタイミングだったので、オーダーしたらすぐに焼きたてが出てきました。
e0201926_14152959.jpg


付け合わせはいつものフレンチフライ。揚げたて熱々。
e0201926_14155249.jpg


私にはこの1皿が多いんだけど、がっつり食べたい旦那様の為にスペアリブのBBQはひとり1皿ずつのオーダー。
今回は旦那様のスペアリブがたまにあるハズレ(ゴムみたいな固いやつ)だったので、私の半分をあげたから結果オーライだったんだけど。
私の方はホロホロに骨離れがいい柔らかくて美味しいスペアリブでした。
スペアリブBBQ・・・・Rp90,000(1皿分)
ビンタンドラフト・・・Rp25,000(1杯分)
チップス(フレンチフライ)・・・Rp20,000(1皿分)  (2013年4月時の金額です)
ビンタンビール(瓶)がとっても高いのに驚いたけど、ドラフトの安さにホッとしましたw
e0201926_14193325.jpg


泊まっているグリーンフィールドバンガローからは少し離れているので、ここでがっつり飲むのはやめて、一度グリーンフィールドバンガローに戻ってバイクを置いてから、歩いて影武者に向かいます。
通りからはこの看板があるところを左の奥に入って行って右側にお店があります。
e0201926_14251542.jpg


ここではお酒のつまみをかるーくね。
つきだしはコーンとキャベツのお浸し、オーダーした胡麻和え・じゃこおろし・アラックコーク・アラックレモン。
e0201926_14284826.jpg


揚げ出し豆腐も美味しかったよ。
e0201926_14292437.jpg


コーヒー豆の香りがするブラック・アラックは旦那様のお気に入りに。
e0201926_14313367.jpg


居心地が良すぎて、ここではゆっくり呑んで語って笑って楽しい時間を過ごしました。
最後の〆にざるそばを食べて今夜はお開きです。
e0201926_14333726.jpg


歩いてグリーンフィールドバンガローに戻って、ラウンジでメールチェックしてから部屋に戻ってシャワー。
夜行観覧車の続きを読もうと思ったけど、アラックが効いてもう眠たいや。
ウブドは早寝早起き。もう寝ます。。。この時のメモには20:12とありました。早過ぎやろw
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 14:37 | バリ旅行記
カキアンからのレストゥでもみもみ
e0201926_1374279.jpg

グリーンフィールドの塩水プールで塩分取りすぎたので(うそ)、すぐ近くのカキアンのカフェで甘いものを食べたくなり、歩いてカキアンへ。
朝から本能のままに生きてい過ぎ感は否めないが、こーゆー風に気ままに過ごしたくってバリに行くのよ、おかーさん。

タバコを吸いたい旦那様だけの為に暑すぎるテラス席へ。
こんだけ暑いとアイスクリームとかかき氷の方がいいような気もするけど、初志貫徹な私はクリームパフいっときました。
数行前に気まま云々と書いていたはずなのに、初志貫徹なクリームパフってどうよ?
さすが安定のカキアン。クリームパフは大変おいしゅうございました。
e0201926_1337950.jpg


その後は、バイクで前の日に予約したレストゥにGO!
e0201926_13391347.jpg


去年行ってすっかりお気に入りのSPAです。
今回はアルジャナ氏のマッサージを旦那様のお譲りし、私はTriちゃんというスタッフに60分間のマッサージをお願いしました。
アルジャナ氏・・・Rp150,000
スタッフ・・・・・Rp120,000 (2013年4月時の金額です。時期によって変動があると思います。)
前はアルサナ氏のマッサージにメロメロでしたが、予約が全然取れないのでお弟子さんのアルジャナ氏のマッサージを試したところ、私(達)にはとても良かったので、ウブドに滞在するならここには必ず行きたいと思うマッサージです。

入口はサロンになっていて、奥にマッサージルームがあります。
特別な飾りもない普通の部屋だけど、清潔なので問題なし。
オイルでマッサージしたらそのまま着替えて帰るので、簡単な服装で行って、終わったらそのままホテルに戻ってシャワーを浴びて、しばらくゆっくり休んだ方がいいかもしれません。
今回旅行中の暇な時間に、ここでクリームバスをしようと思っていたのに、あっちゅう間に時間は過ぎていきました。(涙)次回は是非!
e0201926_1358429.jpg
e0201926_13582541.jpg


レストゥでふたりとも骨抜きになった後、デルタ・デワタで買い物して(ミネラルウォーターとビンタンとマンゴスチンと絵ハガキ)、グリーンフィールドバンガローに戻ってシャワーを浴びてお昼寝。
お腹がすくまでのんびりお昼寝しようっと。
Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 14:03 | バリ旅行記
プールでぷかぷか@グリーンフィールドバンガロー
e0201926_12414158.jpg

部屋数の割には小さめのプールだけど、ここに人がわさわさといることは滅多にないので、いつも静かでのんびりとしたプールです。
ヤシの木と田んぼを眺めながらぷかぷかと。あ~極楽極楽w

プールのまわりにバレや、屋根があるソファ席もあるので、焼きたくない人でもプールサイドでのんびり過ごせるし、
e0201926_1250568.jpg

e0201926_12462561.jpg
e0201926_12464122.jpg


思いっきり焼き焦げたい人(=うちの旦那様)にも、どちらでもHappyに過ごせるプールサイドです。
e0201926_1248164.jpg
e0201926_12493078.jpg


リノベーション前からあるこの門がとっても好きなの。
e0201926_12515529.jpg


「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし・・・」って思い出すナウシカの名場面。
ま、ま、あれは田んぼじゃーなかったですけどw
見事な黄金に染まった田んぼビューでした。
e0201926_12551874.jpg


子供用の浅瀬プールもあります。
ちびっこ達がいない時は、ここに浸かって読書するのがお気に入り。
ちなみに大人用のプールは180cmぐらい?けっこう深いです。
e0201926_1257312.jpg


素朴でこじんまりしているけど、静かで、田んぼが眺められて、まわりの庭もよくお手入れがされています。
プールの水はノンケミカルだし、ウブドらしい雰囲気が残っているので私のお気に入りのプールです。
e0201926_132596.jpg

Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 13:04 | Green Field Bungalow
レストランにて朝食@グリーンフィールドバンガロー
e0201926_12343730.jpg

田園をお散歩した後、バイクでグリーンフィールドバンガローに戻って遅い朝食を。(AM10:40)
朝食は11時までなのでギリギリセーフ(^^;
もう誰もいないレストランでのんびり過ごしました。
e0201926_12351252.jpg


ミーゴレンとナシゴレンをオーダーして、旦那様と仲良く半分こ。
今日のはちゃんと目玉焼きがのってます。
フルーツはボダッ・マリアでたくさん食べたので、ふたりともミックスジュースとバリコピにしました。
e0201926_12254762.jpg


朝食ですが、時間的には昼食かも?
朝急に思いついて出かけたお散歩からの遅い朝食、そしてのんびりとした時間。
あぁシアワセ♡
のんびりコーヒーを飲みながら、留守番の家族とLINEで近況報告をして、さてこの後はどうする?
お天気もいいので、プールで遊びましょうか。
e0201926_12335157.jpg

Top▲ | by travel_m_life | 2013-06-08 12:34 | Green Field Bungalow
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin