Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ウブドの田園をお散歩
e0201926_10242473.jpg

6:30に起きて身支度してから、朝食前に田んぼにハイキングに行くことにしました。
コーヒーだけ部屋のテラスで飲んで、ウブドの王宮近くまでバイクで行き、そこからカジェン通りを北上します。7:50にお散歩スタートです。
ウブドの市場の周辺は朝の買い出しの人達で賑わっていたけど、観光客が来る前のウブドの街並みはのんびりしてて清々しい朝でした。

ロスメンの看板がたくさんあるここを右に曲がります。この通り沿いには名前だけは聞いたことがあるようなロスメンがたくさんありました。
両脇に並んでいるペンジョールを見比べながらのんびりと進みます。
e0201926_10332085.jpg
e0201926_10334090.jpg
e0201926_10341697.jpg


猫ちゃんスラマッパギ~!声かけたらびっくりしちゃったかな?
e0201926_1035572.jpg


この辺りからだんだんと民家が少なくなって静かになってきました。
この塔を過ぎたら道が左にカーブになっていて、しばらく進むと狭い上り坂になります。
バイクでも来れなくはないけど、デコボコなので難儀するかも。
e0201926_10392365.jpg


坂を上りきるとまわりは一面田んぼです。小道の両側にヤシの木があってバリらしい素晴らしい景色が広がっていました。
たま~に後ろからバイクが通り過ぎたり、ワンコが歩いていたり、とにかくのんびりしてて気持ちがいい!
e0201926_10422060.jpg
e0201926_10425511.jpg


レンタル受付中の一軒家発見。「ここに住んだら何して過ごそっか~?」と、ふたりの妄想はこの空のように果てしなく続く。。。(笑)
e0201926_10452245.jpg


手作りの農機具発見!これはどうやって使うのだろうか?と、ふたりで熱い討論会。
e0201926_1047384.jpg


遠くに見えるはアグン山。気づくとふたりともアグン山に向かって手を合わせていました。
e0201926_10482514.jpg


いつか泊まってみたいな~と思っていたホテルも途中で見つけて、想像以上に素敵でした。
ゲストが朝食を召し上がっていたので見学も撮影も遠慮しましたが、本当にいつか泊まってみたいです。
気になるカフェ?レストラン?もありました。まわりは工事中だったので、ここにホテルができるのかなぁ?
e0201926_1052494.jpg


更に進むと大きな建物が建築中でした。看板にはホテルと書いてあったけど、ここの建築資材はどうやって運んだのかなぁ?
e0201926_10582756.jpg


まだまだ田んぼはしばらく続きます。2回だけ反対方向から人とすれ違いました。
まだ朝の8時台だったので、陽射しはそんなにきつくなくお散歩日和。
e0201926_1131491.jpg
e0201926_1134636.jpg


だんだん道幅が狭くなり、歩く歩幅ぐらいしかないような道になってきました。
そのうちに道がなくなり、小川の脇を進みます。
途中に崖があるので小さい子には大変かな。
崖のところには小さな滝がありました。マイナスイオン出てるかちら?
e0201926_1184522.jpg
e0201926_1194121.jpg


この小さな橋にところで左にUターンするような道に入ります。
e0201926_11103984.jpg


しばらく進むと小さなお店があるので、その右側の坂をのぼります。
お店のおじさんに「飲み物どうだい?」って聞かれたけど、「ごめんね~お腹いっぱい」ってウソしきました。ごめんね、おじさん。
e0201926_11122012.jpg
e0201926_11124481.jpg


この辺りには大きな犬が数匹いて、みんな人懐っこいので少しの間だけ私達と一緒にお散歩しました。
ハァハァ言ってるワンコの顔が笑っててかわいい!
右側の遠くにホテルのピタマハとレストランのインダスがちらっと見えました。
e0201926_11175342.jpg

e0201926_11191150.jpg


あひる達も田んぼで虫取りのお仕事で大忙しです。
e0201926_11184794.jpg


大回りして、目的地のボダッ・マリアが見えてきました。逆のルートからだと15分ぐらい歩けばここに到着できるけど、カジェン通りから大回りして行くのもとても楽しいハイキングでした。
e0201926_11205757.jpg

e0201926_11212774.jpg


ここからの景色もいいね~。一段下がったテラスのテーブルで休憩です。
e0201926_11242670.jpg
e0201926_11243922.jpg
e0201926_1125467.jpg


オーダーしたのは、スイカジュースとスィートトマトジュース、朝食メニューのフルーツサラダ(ブレッド抜きにしてもらいました)。
++スイカジュース Rp15,000
++スィートトマトジュース Rp28,000
++フルーツサラダ(ブレッド無)Rp35,000
e0201926_1129946.jpg


まだ早い時間だったので、私達を含めゲストは2組だけ。とても静かです。
e0201926_11322515.jpg
e0201926_11333129.jpg


喉も潤ったことだし、さぁ行きましょう!
e0201926_1135493.jpg


今度はこっちの方にも行きたいね。
e0201926_11382671.jpg


ヨガをしている人がたくさんいるホテルもありました。ここでヨガしたら気持ち良さそう~。
e0201926_11392643.jpg
e0201926_1139521.jpg
e0201926_11401024.jpg
e0201926_1140292.jpg


時間がなくて行けなかったSPA。今度は是非!
e0201926_114184.jpg
e0201926_11412324.jpg


この道を過ぎたらもうすぐ大きな通りに出ます。
e0201926_11421394.jpg


大きな通りに出ました。ここから行けば、さっきのボダッ・マリアまで歩いて10~15分ぐらいです。
e0201926_11432287.jpg


王宮近くに置いたバイクのところまで歩いてゴールです。この時で10:30でした。
まだ暑くない朝の時間帯に、田んぼをぐる~と一周お散歩して、美味しいフルーツとジュースを飲んで、心身ともにリフレッシュできた3時間でした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-17 11:47 | バリ旅行記
biah biah+ (ビアビアプラス)の夜
e0201926_110557.jpg

サンスパ2で揉まれた後は、小雨の中バイクでグリーンフィールドに戻り、バスタブにいい香りのバスソルトを入れたお風呂に入って、テラスのデイベッドで読書。
いつの間にかうとうとと寝てしまって、目が覚めたらすっかり薄暗くなっていました。
こういう風に時間を過ごしたくってバリに来ちゃうんだよね。

近所にたくさんレストランがあるので、「歩きながらお店を決めよう!」とぶらぶらとお店をのぞきながら近所を歩きました。
すぐ近くに新しくできた biah biah+(ビアビアプラス)があったので、迷わずここに入っちゃったからたいして歩いていないともw
外のテラスもお店の中もどちらもきれいで入りやすいお店です。
e0201926_1112471.jpg


まずはビンタンビールで乾杯。
e0201926_11124545.jpg


ガドガドうまし!なーんとなくガドガドって、清潔そうなお店じゃないとオーダーしずらいのは私だけでしょうか?
e0201926_11134032.jpg


アヤムゴレンクラパ。オイルがいいのかな?油っぽくなくて食べやすかったです。
e0201926_11161469.jpg


空芯菜と桜エビの炒め物。こういうのはビールがすすむよね。
e0201926_11174290.jpg


ウルタン(バリソーセージ)入りナシゴレン。
今回の旅では初心に戻ってナシゴレンにはまっていたのだけど、脂身も詰まってるウルタンが入っているこのナシゴレンが一番美味しかった~。
e0201926_11204674.jpg


wifiもフリーなので、ビンタンを追加しながらネットして長居してしまったよ。
帰りは、目の前のサークルKでマグナムアイスを買って帰りました。
お昼寝しちゃって目がさえていたので、シャワーを浴びた後はipadで007スカイフォールの続きを観てから寝ましたとさ。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-16 11:32 | バリ旅行記
サンスパ2へ
e0201926_10323417.jpg

マンガマドゥでインドネシア料理を食べたら、ポツポツと小雨が降ってきました。
プールはやめにして、午後はマッサージしに行くことにしました。
今回は毎日マッサージを受けるつもりでいたけど、ウブドではまったく予約していなかったので、まずは前回(2012年9月)行って気に入ったレストゥへ。
当日はやっぱりフルだったので翌日の予約を入れます@想定内
で、次はサンスパ2へ。
ここも前回気に入ったとこ。
フォーハンドでマッサージするグッドカルママッサージをしたかったんだけど、空いているスタッフが二人だけだったので、バリニーズマッサージ(Rp120,000/ひとり)にしました。
写真はウエルカムドリンク。

中庭が拡張工事をしていたけど、騒音はしませんでした。
ここはきちんと時間通りにマッサージするし、おしゃべりとかしないできっちり揉んでくれるから好き。
この日も強めでしっかりと揉み解されて気持ちよかったです。
e0201926_1038412.jpg


トリートメントルームで、着替え・マッサージ・シャワーができます。
貴重品とか入れるセイフティボックスはないので、身軽にして行った方がいいかも。
シャワーはしっかりお湯が出ました。
e0201926_10453610.jpg


マッサージが終わるとアンケートを記入して、ジンジャーティーとフルーツが出ます。
フルーツは、タマリロとマルキッサでした。
e0201926_10501655.jpg


パーキングはお店がある敷地を少し過ぎた右側にあります。
他の支店からスタッフを呼ぶことができるので、予約なしで飛び込みで行っちゃっても大丈夫なことが多いかな?
悶絶する程じゃないけれど、ウブド内で気軽にする街SPAとして気に入ってます。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-15 10:40 | バリ旅行記
マンガマドゥに行ってみた
e0201926_10483361.jpg

グリーンフィールドにはチェックイン前の11時に到着したんだけど、部屋の用意ができていたのでそのままチェックインさせてもらいました。
朝食は少しだけしか食べていなかったので、すっかり腹へり~な私達。
「観光客が行くようなきれいめワルンでミーゴレン食べたいね」って事でまずはお店選び。
鉄板カフェワヤンもいいけれど、お店の前にバイク置くのは難しそうだし~って事で、マンガマドゥに行きました。今まで行くタイミングがなくって、初めてのマンガマドゥです。

バイクはグリーンフィールドに直接レンタルの手配をしました。滞在中はずっと借りっぱなしで、返す時もチェックアウトの時にヘルメットとキーを返すだけだから、返却に行かなくてすむので楽ちん。
グリーンフィールド近くのGSで満タン入れて、プリアタンの方から上に上がって行きます。
この道をバイクで通るのがすごく好き。ウブドに来た~って感じがします。

昼過ぎにマンガマドゥに着いたけど、お店の中はすいていました。
3組いたけどみなさん日本人です。後から2組来たけど日本人でした。日本人に大人気です。
e0201926_1113644.jpg
e0201926_1115522.jpg


鶏と野菜の黒コショウ炒めはビンタンによく合うスパイシーさ。
鶏肉は骨付きのモモ肉をぶつ切りにしてあるところが私好み。
e0201926_11214517.jpg


ビンタンのアテにテンペゴレンもね。サンバルも美味しい!
e0201926_1183676.jpg


食べたかったミーゴレン・スペシャルも具だくさんで美味。
e0201926_1193671.jpg


昨夜の老大といい、今日のマンガマドゥといい、バリに来てから美味しいものしか口に入れてないぞ。これ以上ないしあわせ♪
お店もきれいだし、日本人に人気があるはずだわ。
のーんびりランチを食べた後は、ウブドの街中に出掛けます。
e0201926_1114999.jpg



ビンタン・ラージ・・・Rp30.000
鶏と野菜の黒コショウ炒め・・・Rp23,600
ミーゴレン・スペシャル・・・Rp25,000
テンペゴレン・・・Rp7,000
めずらしく手帳に金額が書いてあったので記念にのっけときます。
(2013年4月滞在時の金額)
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-14 11:20 | バリ旅行記
Green Field Hotel and Restaurant #501
e0201926_1047455.jpg

2013年4月のウブド滞在はグリーンフィールドバンガローでした。
Webサイトだと名前がグリーンフィールドホテル&レストランになっています。
上の写真はウエルカムドリンクのスイカジュース。
以前泊まった時にはなかった新館エリアの501号室に泊まりました。
meroさんが前に宿泊したお部屋です。
meroさんにお会いした時にいろいろ伺って、迷って迷って(笑)結局プールに近い501号室にしました。
meroさんその節はありがとうございました。

新館エリアはプールやレストランがある場所から奥になります。
この一番手前の建物の2階が501号室になります。
e0201926_115441.jpg


ここのレストラン周辺にはwifi(パスワード認証でフリーで利用できます)の電波があるのだけど、501号には電波は届かないので、インターネットを使いたい時は階段を下りて大きなソファに寝転んでネットをしていました。
e0201926_1163986.jpg


部屋に入ると右手に大きなデイベッドがあります。
滞在中はちょっとした荷物置き場にしていました。
e0201926_118259.jpg


部屋は2面ガラス窓なので、とても明るい部屋です。
ベッドはキングサイズで大きくマットレスもほどよい固さで、以前泊まったトゥルナよりも寝心地がいいベッドでした。
左右に電気スタンドがあるので、夜の読書に便利。
鳥のくちばしが刺さりそうだったので(笑)ちょっと角度をずらしました。
e0201926_11122496.jpg
e0201926_11124534.jpg
e0201926_1113635.jpg
e0201926_11133220.jpg


メイクする時はこっちの鏡を使いました。
ガルーダの置物を置いてある棚が使いやすそうだったので、ガルーダさんにはちょっとお引越しをしてもらってプチ模様替え。(写真は模様替え前の定位置です)
e0201926_11155558.jpg


木の机と棚も模様替え前の位置ですが、こちらも使いやすいように移動しちゃいました。
e0201926_11172858.jpg


グリーンフィールドに泊まりたい理由のひとつが田んぼビューの大きなテラス。
501号室よりももっと景観のいい部屋があるので、バーンと開けた景色が良かったら新館奥の方の部屋がいいと思います。
部屋にいる時はほとんどこのテラスにいました。
ここで読書しながら、うつらうつらとしていた時間は最高です。
e0201926_1122190.jpg

e0201926_1121384.jpg

e0201926_1119293.jpg

e0201926_11222749.jpg


滞在時はちょうど稲刈りが始まったところでした。
稲刈りをしているイブ達の小さな話し声や笑い声がうるさいとは思わず、逆にほのぼのとした居心地の良さでほんわかしました。
e0201926_11235376.jpg


部屋の入口左側に洗面台があります。奥行きが深いので、細々としたものがたくさん置けました。
e0201926_1128252.jpg


アメニティもあるけれど持参していた物を使いました。ドライヤーがあるのは嬉しい!
シャンプーとかの使い心地はあまりよくないけれど、グリーンフィールドの石鹸はとってもいい香りなので気に入っています。
e0201926_11321581.jpg


ミニバーのセットは、インスタントコーヒー・紅茶・大きなペットボトルのミネラルウォーターは1日1本届きます。
e0201926_11333826.jpg


良心的な金額の冷蔵庫の中身。
e0201926_11341735.jpg
e0201926_11344039.jpg


バスタブ横に大きな窓があるので昼間のバスタイムが楽しみでした。
夜はルーバーで閉じられるので安心です。
e0201926_11355747.jpg
e0201926_11361117.jpg


シャワーブースのお湯も、湯量が豊富だし排水もちゃんとしてて使いやすかったです。
水回りは、このあとのサヌールのホテルより使いやすかったかな。
タオル類は基本的には毎日の交換はできるだけ控えるような案内が書かれていました。
交換したいタオルだけ床に置いておけばOK。
e0201926_11373458.jpg


大きいクローゼットですが、棚がないのがちょっと不便。
meroさんのところで事前にわかっていたので、軽くてかさばらない布製の簡易ケースを持参しました。
e0201926_11422119.jpg


テラスからプールの方向が眺められます。プールの方からだとそんなに見えません。
e0201926_11453984.jpg


そんなに濃厚じゃないバリらしさと、田んぼやヤシの木の景色、冷蔵庫やクリーニングサービスの良心的な金額、歩いてSPAや食事や買い物に行けるロケーション、明るく気が利くスタッフ、以前のグリーンフィールドバンガローと比べたらだいぶ変わってしまったけど、出歩いたりぼんやりしたりと自由気ままにウブドで過ごしたい時にはここは自分にとってベストな場所だな~と改めて感じました。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-13 11:52 | Green Field Bungalow
クエストホテルトゥバン
e0201926_1441525.jpg

              外部写真はホテルサイトより拝借

夜遅く到着して遠くのホテルまで移動するのがめんどくさい&老大でお粥さん食べたかった&現地旅行代理店に立ち寄りたいって事で、上記3つの用事ができるトゥバンエリアの安いホテルに1泊しました。
ならばOPENしたばかりのホテルがいいな~といろいろ迷い、老大前のIbis Bali Kuta Hotel もいいかも~とも思ったんだけど、ベランダがあった方がいいのでクエストホテルトゥバンにしました。
値段が値段なので(1泊1部屋US$60前後位 / 2013年4月時)何もかもが完備されているホテルではないけれど、スタッフも好印象で水回りも安定してて清潔感があったので、またリピートしたいなと思いました。

部屋はいちばん下のカテゴリーのスーペリアです。
ちょっと小さめのツインベッドは、まだ新しいホテルなのでマットレスもへたってないしリネンも清潔なものでした。
バリにしては明るく、お天気続きだったせいもあるけど湿気や変な匂いもない部屋です。
e0201926_14582369.jpg


最近のホテルらしく壁付けの薄型TVのチャンネル数も多く(NHKもあったはず?)、特にいいと思ったのは空港にあるフライト情報が部屋からチェックできるので、最終日とかトランジットの時に便利だと思いました。
大きくないけどスーツケース置き場、鏡、電源、ミニバー、冷蔵庫もあります。
e0201926_1524750.jpg


ミニバーは、コーヒー・紅茶がフリーで、スナック・冷蔵庫内のドリンクは有料です。
マグカップやケトルの中もきれいでした。
e0201926_157823.jpg


ベッドルームとバスルームの間は透かしガラスになってますが、人影ぐらいであまりよく見えないので安心。
e0201926_15323857.jpg


バスルームには、荷物が置ける洗面台とトイレ、ガラスの壁向うに広めのシャワーブースがあります。
換気扇の音が大きいけど、バスルーム内の換気がいいので問題なし。
e0201926_1583514.jpg

e0201926_15342589.jpg


オリジナルのアメニティは、シャンプー・ボディソープ・歯ブラシセット・石鹸・コットン・綿棒がありました。
石鹸はいい香りだったけど、シャンプー・ボディソープは持参した方がいいかも。
寝るだけホテルこそありがたいのは歯ブラシセット。これは高得点。
e0201926_1591063.jpg


こちらもフリーのミネラルウオーター2本。
e0201926_1533453.jpg


まわりは民家が多いので羨望は期待できませんが、逆に静かなので寝るには最高の環境かも。
道路を渡ればペピート(スーパーマーケット)があるので、ちょっとした買い物ができます。
空港まで行く道も混雑するルートを通らずに行けるので、スムーズなら5分少々、時間がかかっても15分で到着すると思います。
遅い時間の到着日でもいいし、帰国日もここに荷物を置いて遊びに出掛けてシャワーを浴びて深夜便に乗る時に重宝しそう。

部屋代についていた朝食はバタバタしていたのでパスしようかと思ってたけど、ブッフェだからパパッと5分ぐらいですませました。
ホットミール(ナシゴレン・ミーゴレン・ブブル・チキンやビーフを使ったインドネシア料理数種類)、フルーツ、シリアル、パンやペストリー、パンケーキ、卵料理、ジュース数種類、ミルク、コーヒー、紅茶、などがありました。
フルーツ、トースト、ナシゴレン、グァバジュース、コーヒーをいただきましたが、なかなか美味しかったです。
(急いでいたので写真はありません)

ホテル敷地内にスターバックスができるような情報もありましたが、まだそこは工事中でした。
本当にスタバが???って思うような場所なので、このあと本当にできるかどうかわかりません。

クエストホテルトゥバンは安くて清潔で空港に近いので気に入ったけど、老大に行くならIbis Bali Kuta Hotel の方が目の前なので、そっちもまた迷うかも~。


+++トゥバンエリアですが便宜上タグを BALI++クタ にしてあります。


2013 5/12 追記 +++
滞在時(2013年4月)はフリーwifiでした。(パスワードはスタッフに聞いてください)
部屋からだとサクサク繋がる感じではないですが、廊下やレストランでは繋がりやすかったです。
とても縦長な建物なので、電波が届く場所にムラが出てしまうのはしょうがないかも知れません。



2013 9/8 追記 +++

外観写真を撮影してきました。クタエリアにいるタクシーの運転手に「クエストトゥバンへ」と言っても通じなかったので、すぐ近くにある「ペピートスーパーマーケットの近くのホテル」と言って、この看板を目印に行けばいいと思います。
e0201926_1513476.jpg
e0201926_1513276.jpg


前に泊まった時(2013年4月)よりも、グリーンがかなり育っていたのが印象的。
e0201926_15142551.jpg


朝食はこちらのレストランにて。遅くにチェックインしてバタバタしている翌朝でしたが、スペースも程よい大きさだし、出来上がっているものでさっと食べられるのが便利です。
わざわざ外に食べに行かなくても十分満足する朝食でした。
e0201926_15171994.jpg
e0201926_15173259.jpg
e0201926_15174735.jpg



ホテルの入口にスタバができるらしい?建物があるのですが、2013年6月に再訪した時にもまだ未完成でした。宿泊している分にはここの朝食で満足しているので不要だけど、このあたりに気軽にお茶できるお店がないので、あれば便利なのかな?
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-10 15:36 | Quest Hotel Tuban
まずは老大からでしょ
e0201926_1153093.jpg

KE629でデンパサール空港に到着後、トゥバンエリアにあるクエストトゥバンにチェックインして、荷物を部屋においてすぐに向かったのは、車で5分ぐらいのところにある老大。
お腹がすいていなくて機内食をほとんど残してしまったせいで腹へりな私達。
ま、ま、無事にバリに到着したことだし、祝杯をあげなくっちゃね。
・・・ってことで、現地時間午前1時に飲んで食べることに若干罪悪感を持ちながら、とりあえずビンタンで乾杯~。

こんな時間ですが、店内はほぼ満席。
次々に来るお客さんが、席がなくて帰ってしまうぐらいの混雑っぷり。
ビンタンだって、何度も何度も声かけてやっと持ってきてくれたぐらいだもん。
食事のオーダーも、猛烈に忙しそうなスタッフを強引につかまえてやっとこさオーダーしました。

ビンタンのアテに、さやえんどうと牛肉の炒め物。
メニューはブロッコリーだったんだけど、ブロッコリーが終わっちゃったのでさやえんどうにチェンジ。
e0201926_12481051.jpg

後から「待たせてごめんね~」って、ピーナッツを持ってきてくれました。

そして恋焦がれていた老大のお粥。前にしゃっちょさ~んと来た時に教えてもらって、すっかりお気に入りになった、牛そぼろと卵のお粥をオーダー。
e0201926_12522286.jpg


この生卵を混ぜてちょっと置くといいあんばいに火が通って美味しくなるのだ。
小皿にある辛いたれを混ぜても美味しいです。
こんな時間だけど思いきって老大に来て良かった~と思った安定のお粥。
e0201926_12543623.jpg


深夜なのでさくっと切り上げ、メータータクシーを老大で呼んでもらい、目の前のサークルKで飲み物を買ってからクエストトゥバンに戻りました。
チャンネルVの音楽を聴きながら、シャワー浴びて寝たのは午前2時半。
仁川空港経由だったけど、自宅からバリのホテルまでのドアtoドアで過去最短時間。
初日から美味しいものとビールいっぱいで大充実でした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-09 13:05 | バリ旅行記
ウブドのNEWホテル~?
e0201926_10274767.jpg

ウブド滞在中にジャラン・カジェンからボダッ・マリアを通るルートでお散歩をしました。
小さな橋のところでUターンをして、小さな坂を上がって歩き続けていたら、右手に建築中の大きな建物が。
イバの隣のグヌン・ルバ寺院をずっと進んだ尾根の左側ぐらいにある場所だったんだけど、この建築中の建物に通じるような大きな道ってあったっけ?

e0201926_10281834.jpg

よく見ると、4階建ての建物の下エリアにヴィラ風の建物もいくつかありました。
尾根の下には川が流れていて、寺院あたりの川ではよく沐浴している人がいたから、ちょっと心配になってしまいました。
こんなジャングルに包まれたこの場所はすっごく気持ち良さそうなんだけどね~。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-08 10:48 | バリ旅行記
タンジュンサリ / ガーデンシービューバンガロー#24(2)
e0201926_2012326.jpg

ガーデンシービューバンガローの水回りです。
ベッドの枕側にある壁向うがバスルームになります。
特に扉があるわけではないので気配や音がしますが、ぐるっと回りこまないと見えません。

バスタブはヴィレッジバンガローのものよりも容量が大きいので溜まるまでけっこう時間がかかりました。
中庭が見える大きなガラス窓からは空は見えないけれど、上に茂っているグリーンがいい味を出してました。
お湯の出も排水もバッチリです。熱いお湯はしっかり出ますが、シャワーと併用すると勢いが弱くなるので、バスタブにお湯を溜めてからシャワーを浴びるのがおすすめ。
e0201926_20221723.jpg
e0201926_2023649.jpg

e0201926_2026049.jpg

e0201926_21122991.jpg


バリでは外のシャワーが大好きなので、タンジュンサリではそれが楽しみでした。
e0201926_20242487.jpg
e0201926_20244480.jpg
e0201926_20253050.jpg


外のシャワーブース横にある扉。釘が打ちつけてあるので開きません。
e0201926_20281749.jpg


楽しみにしていた外のシャワーですが、ここでは1回だけしか使いませんでした。
扉の反対側にキッチンからの換気口があるので、部屋のテラスよりももっとダイレクトにキッチンからの排気があるので匂いが強いのと、換気扇の音がかなり大きいのが気になりました。
ちょうどキッチンの裏口になるのですが、人の気配があるのも気になりました。

昼間は木漏れ日を感じる明るいバスルームになり、夜のターンダウン時にはブラインドを閉めてくれるので、気にしないでバスルームを使えます。

バスタブの隣の扉を開けると、室内のシャワールームがあります。今回はこちらばかり使っていました。シャワーの水圧も外よりこちらの方が強かったので使いやすかったです。
e0201926_20361665.jpg
e0201926_20364955.jpg


トイレには扉がついています。。。が、閉めると若干閉塞感があって怖かったので、視界に入らないバスルームの隅にあるし~って事で扉を閉めずに使っちゃいました。
e0201926_20412280.jpg


トイレと外のシャワー出入口の間にある大きな棚。
バスタオルとバティックのポーチに入ったドライヤーがありました。
上の壁にある小窓にはミラーがはってあるのですが、一か所透かしになっていて外が見えていたのが気になって、滞在中はそこに紙を置いておきました。
e0201926_204213100.jpg


ジェンガラの容器に入った、シャンプーとコンディショナーとシャワージェル。
e0201926_21144411.jpg


洗面台もL型になっていて広いので、ふたりで同時に使っていても邪魔になりません。
e0201926_2114462.jpg
e0201926_2115451.jpg

e0201926_21291252.jpg
e0201926_2129435.jpg


アクアの入れ物もコップの蓋も、バリらしいアタのもの。
e0201926_21254295.jpg


ベッドルームからバスルームに移るコーナーにクローゼットがありました。
クローゼットはヴィレッジバンガローよりも広くて使いやすかったです。
e0201926_2126382.jpg
e0201926_21265879.jpg
e0201926_21273333.jpg


ジェンガラのキャンドルホルダーはクローゼットの横にありました。
e0201926_2128499.jpg


ビーチ・プール・レストラン・バーに近かったのが、やっぱり便利なガーデンシービューバンガローでした。
垣根からちらっと見えるプールやビーチの存在感は思っていたよりも大きかったです。
テラスからの景色は、一日中どの時間帯もタンジュンサリらしいリゾート感で溢れてました。
その2点はヴィレッジバンガローよりも大満足。
ただ、ヴィレッジバンガローにはない外の大きなテラスの居心地とアウトドアシャワーが、キッチンからの排気と換気扇の大きな音で快適度がかなり下がってしまったのは残念でした。
次回泊まるとしたらどうするか?
きっとどの部屋でもタンジュンサリを楽しめると思うので、再訪までのお楽しみです。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-05 21:37 | Tandjung Sari
タンジュンサリ / ガーデンシービューバンガロー#24(1)
e0201926_1533258.jpg

タンジュンサリに泊まるのは3回目。今回の旅行ではウブド(グリーンフィールドバンガロー)もサヌール(タンジュンサリ)もプールやレストランに近い部屋をリクエストしておきました。
タンジュンサリでは、ガーデンシービューバンガロー(#24)がいちばんプールに近いので部屋番号指定で予約。
観音開きの小さな門から中に入ります。

かわいいウサギのドントディスタブの札は使わなかったな~。
e0201926_14481650.jpg


テーブルセットとデイベッドがあるテラスでのんびりと寛げます。
e0201926_14502284.jpg
e0201926_14504836.jpg


垣根越しから遠くに海が見えました。
e0201926_14514657.jpg


天井にファンがあるので、暑い時期でも大丈夫です。
e0201926_14523698.jpg


テラスから門扉を眺めたところ。
門扉はあっても塀はありません。塀の代わりにグリーンが生い茂っているので人目は感じませんでした。
e0201926_15103243.jpg

e0201926_14545221.jpg


ガラス窓から部屋の様子は見えるけど、この窓は開閉できません。
でも、部屋からこのガラス窓の向うの景色がとても好きでした。
e0201926_14572987.jpg


ちょっと残念だったのは、このソファの壁向うにキッチンの換気口があって、壁の上部のすき間から調理中の匂いが流れてきました。
換気扇の音もかなり大きく響くので、そういうのに敏感なゲストには向いていない部屋だと思います。
e0201926_14594239.jpg


ただ一日中そんな感じっていうわけでもないので、日中ビーチやプールでのんびりしている私達はそんなに神経質にならずに過ごしていました。
e0201926_1582685.jpg


部屋に入るドア。思いっきりバリなドア。ロックも南京錠です。
e0201926_15364070.jpg


入口を入るとベッドルーム。リノベーションしたのかな?真っ白い壁がきれいな明るい部屋です。
タイルに模様がないせいなのか?コテコテのバリらしい家具や調度品がないせいなのか?ヴィレッジバンガローよりもタンジュンサリらしいアンティークな風情が少ないように感じました。むしろ清潔感があるので、部屋の中の居心地はこちらの方が好みです。
e0201926_1512134.jpg
e0201926_15122449.jpg
e0201926_15125046.jpg
e0201926_15132567.jpg
e0201926_1514212.jpg
e0201926_15141324.jpg
e0201926_15144127.jpg
e0201926_15151721.jpg


部屋の中にもテーブルセット。そしてウエルカムフルーツとウエルカムバックレター。
それまでのウエルカムバックの絵葉書ではありませんでした。
e0201926_15241357.jpg
e0201926_15243544.jpg


ミニバーと冷蔵庫があります。
e0201926_15251394.jpg
e0201926_15253285.jpg
e0201926_15261234.jpg


セクシーさはないけれど(笑)着ると意外と着やすいナイトウエア。
e0201926_15275366.jpg


タンジュンサリのゲスト着用率が非常に高いサロン。あと他に麦わら帽子もあります。
e0201926_15301666.jpg



続きます。。。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-05 15:38 | Tandjung Sari
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin