Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
kupu Kupu Jimbaran ++Muaya Duplex Suite (2)
e0201926_12304359.jpg

続いて、Muaya Duplex Suiteの1階部分です。

2階にはベッドルーム、1階にはバスルームとリビングがあります。
2階のベッドルームには夜寝る時にしか上がらなかったので、ほぼ日中はこの1階しか利用していませんでした。
プールに面した入口は大きなガラス戸なので、外からの視線が気になる時はレースのカーテンで閉めていれば部屋も明るいまま。
着替える時と出掛ける時以外はずっとオープンにしてました。(人通りがあまりなかったので)
このデイベッドは大人が寝れるぐらいの大きさ。
e0201926_12374661.jpg
e0201926_12385388.jpg



どん!と、部屋の中央にあるバスタブ。
ちゃんとカーテンで仕切る事ができるので、外からの視線は問題ないです。
気心が知れている間柄じゃないと、ちょっと気を使うかな?
私は外側のカーテンをちゃんと閉めて鍵もかけていたので、TV見ながらのんびりと浸かってました。
e0201926_1243234.jpg
e0201926_1244435.jpg
e0201926_12444757.jpg



洗面所あたりはシンプル。石をくりぬいたようなシンクと木の組み合わせ、けっこう気にいりました。
散らばりそうなものは下にある棚に置けるので、すっきりと使えます。
予備のタオルやトイレットペーパーやドライヤーなども棚に置いてあります。
この部屋のコンセントにはCタイプのプラグが必要なので、日本から持参する必要があります。
e0201926_12532741.jpg



右側にはトイレ。木の床だと足が冷たくならなくていいよね。
そう言えば、バティックのお洒落なスリッパがあったのですが、歩くとすぐ脱げちゃって歩きにくく使いにくかったので、絶対にスリッパ!って言う方は持参した方がいいと思います。
e0201926_1256554.jpg



左側にはシャワーブース。レインシャワーとハンドシャワー両方あります。
湯量も排水もまったくストレスなく使えました。
ゴールドのタイルが混ざってて、そこが個人的にすごく好きだった印象。
e0201926_12583865.jpg



ロクシタンのシャンプー・コンディショナー・ボディソープ@ultra rich
e0201926_12595132.jpg



クプクプ・ジンバランのロケーションは、フォーシーズンズ・ジンバランに入る角にあるシンバラン・コーナーというショッピングセンターの中にあります。
ホテル内部へは、他のお店からは直接行けないようになっているので安心でした。
雨が降ったりしても、建物の中でSPAや買い物や食事ができるのが便利。
裏に管理がちゃんとしているパーキングもあるので、レンタカーやレンタルバイクを使っている人にも便利です。
e0201926_13153644.jpg
e0201926_13155072.jpg
e0201926_1316063.jpg
e0201926_1316944.jpg
e0201926_13161925.jpg
e0201926_13162799.jpg
e0201926_13164520.jpg



クプクプ・ジンバランのホテル入口はびっくりするくらい小さなものですが、いつもスタッフと警備がいます。
徒歩10分弱・バイクで3分のところにあるビーチクラブにも、フロントに声かければバギーですぐに送迎してくれるので、ビーチクラブに行くのも簡単でした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-27 13:22 | Kupu Kupu Jimbaran
kupu Kupu Jimbaran ++Muaya Duplex Suite (1)
e0201926_9583012.jpg

バリ島ジンバランにあるクプクプ・ジンバランのムアヤ・デュプレックス・スイートに宿泊しました。
写真は建物の屋上にあるメイン・プールです。

今回の旅行でやりたい事を相談した時、「好きな時にいつでもプールで泳ぎたい」「移動手段はバイクでバリの空気を感じたい」「海を感じるホテル」・・・こんな旅にしたいと思いました。
クプクプ・ジンバランは海沿いにはないけど、すぐ近くにジンバラン・ビーチがあり、そこにビーチクラブもある。
部屋から出たら2,3歩でプール、バイクでも移動がしやすいロケーション、そして大好きなロクシタン・スパが同じホテル内でできる・・・・という事で、希望通りの滞在ができました。

きめ細やかな対応とは言い難いけど頼み事はすぐ対応してくれたし、雨がよけられるパーキングの管理はしっかりしていたし、人懐っこいスタッフは明るくて気持ちがよかったです。

メゾネットの部屋ってどうなんだろう?と、少し心配でしたが、2階の寝室は睡眠+電化製品の充電スペース、1階のリビングでMTV見たり飲みながらしゃべったり、収納は全部1階にまとめられるので、2フロアなのに荷物が散らばずアンパッキング・パッキングが楽ちんだった印象。
ここなら親子3人で泊まってもちょうどいいレイアウトだと思いました。
それにいちばんいいと思ったのは、ムアヤ・デュプレックス・スイートのカテゴリーのみ目の前がメインプールなので、好きな時にプールで気兼ねなく泳げて、プールサイドで寛げる事。
プールサイドのまわりのサンデッキがそんなに多くないので、他のカテゴリーの部屋だと使いづらいかな?って思いました。

そんなに大きくはないホテルなので、ここのプールも混雑する事なく泳げます。
一日中日当たりがいいプールなので、水温も高め(3月滞在時)で水深もちょうどいい深さです。
写真よりも大きく感じました。プールタオルはスタッフに言えば持ってきてくれます。
e0201926_10382830.jpg

e0201926_10423570.jpg

e0201926_10384694.jpg
e0201926_10391731.jpg
e0201926_10393279.jpg
e0201926_10395866.jpg
e0201926_10402862.jpg
e0201926_10404581.jpg



2階には天蓋付きのベッドがあります。マットもリネンも枕も気持ちいいものなのでよく寝れました。
e0201926_10462146.jpg

e0201926_1058244.jpg

e0201926_1059776.jpg
e0201926_10592152.jpg



ベッドの右側にドレッサーがあったけど、これは使わなかったな。
ベッドの背もたれのむこう側にある手すりの下が階段なので、小さいお子さんだと注意が必要かも知れません。
e0201926_1115951.jpg



ベッドの正面にもTV。1階と2階のどちらにもTVがありました。
必要ならDVDデッキも設置できるので、その時はバトラーに連絡します。
TVの下の台にちょうどいいコンセントがあったので、電化製品の充電するのに便利。
カーテンがあるけどここには窓がなく、おそらくTVのコード隠しだと思います。
e0201926_1145679.jpg



2階にはテラスがあります。ここで日焼けしたら、一日で真っ黒になりそう。
e0201926_119088.jpg



ちょっとした小物でバリらしさを感じました。
e0201926_1192879.jpg
e0201926_11956100.jpg
e0201926_1110515.jpg
e0201926_1110337.jpg
e0201926_11104953.jpg



バスルームや1階の様子は次回に続きます。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-15 08:20 | Kupu Kupu Jimbaran
JL725~GA414でバリにGO!なのだ
e0201926_11192655.jpg

JAL&ガルーダ航空のジャカルタ経由でバリに行ってきました。
この行き方も今回で3回目。まだディレイとか欠航とかの痛い思いをしていないので、けっこう気にいってます。
そのうち何かありそうで怖いんですけど。。。
直行便の方が便利なんだけど、JALのマイレージを貯めたいし、初回搭乗ボーナスマイルも欲しいし・・・って事で今回もJAL。安いしね!

いつものように成田のホテルに前泊なので、前の日に時間つぶしでイオンぶらぶらしてて、コーセーで雪肌精の化粧水を買いました。だって限定品の500mlスーパービックボトルがSALEになってたんですもの。
出発前に荷物増やしてどうするよ?なーんて聞こえない聞こえない。
他にも赤い数字の商品に惑わせられつつ、ムラスポでジャージ買ったり、お母様とお義母様に似合いそうな春物のカーディガンとか、何だよ全然赤い数字のもの買ってないじゃんかよ!なーんて聞こえない聞こえない。
とりあえず、旅立ち前のイオンは危険!ってここに覚書き。

いつもの駅前の居酒屋に行くのはもう面倒だったし、夕飯はちょい風邪気味でお酒は飲みたくなかったので、通りすがりのしゃぶしゃぶ屋さんであったかかいものを食べました。
バリに到着するまでの間ずっと加湿マスクしてたし、病院でもらった薬をちゃんと飲んでたので、知らないうちに風邪は治っていたもよう。旅行中は風邪はどっかに飛んでいっちゃってたね。


出発当日は、朝6時に起きて、7時に朝食、8時発の空港行きバスに乗って、成田空港第2ターミナルへ。
外国人も日本人もいっぱいだったからバスに乗りきれないひと多数。前日に予約してて良かったよ。
すんなりとチェックインしてから、家に忘れちゃったiPhoneの充電器と、まつ毛コームを買わなくちゃ。
欲しかったMACのは欠品中だったけど、MACのBA君が他のショップを探してくれて、結局シュウのを買いました。
ティファニーで欲しいものがあったのに、「えーー」って却下されがっくし↓↓

ほぼ満席の機内で、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」と「ワイルド7」と「ステキな金縛り」を途中まで観ました。
「ステキな金縛り」は途中までしか見れなかったけど、続きはGAで見れたからよかったわ。
機内食は、肉じゃが・お蕎麦・煮物・野菜スティックとお味噌汁。こういう和風煮物系の機内食っていいなぁ。
e0201926_1244094.jpg



この野菜ディップソースとドレッシングのケース、初めて見たなぁ。ドレッシングはよく振れるからこの形いいね。
e0201926_12454447.jpg



この日のハーゲンダッツのアイスはかっちかっちなり~。
e0201926_12463675.jpg



ここでちょっとびっくりな事が!
トイレから戻ったら、私の座席に誰かの荷物が置いてあったので、「ちょっとー!私の席を勝手に物置きにしないでくれる~」と、ちょいイラっとしながら荷物を手に取ったら、タイ人CAさんが「かわいいね~」って。
「えぇ~~こんな若くてキレイな子にかわいいって言われちゃってどうしましょう」って思い戸惑ってたら、また「かわいいね~」って二度も!
「おいおい、ちょい待て。荷物は何なん?」って言おうとしたところ、タイ人CAさんが間違いに気づき「やさしいね~」って言い直してきた。
ますます私は??????でいっぱい。
はっと横を見ると、得意顔した旦那様が親指で自分の方を指さしてる・・・・・・ってー事は!
「お前やるな~!さすがだな~!」と、旦那様の肩をバシバシ叩いた私。
さっき成田の免税店で欲しかったものを機内販売でこっそり買ってくれた優しい旦那様♪
この場合「かわいい」じゃなくて「やさしい」が正解よ>タイ人のかわいいCAちゃん、でもかわいいから許す。
こんなやり取りを、まわりにいたインドネシアに行かれるビジネスマンの冷たい視線ったら・・・・・ごめんなさい。
これがその「かわいい~」ブツ。私は小さいサイズにしたわよ、奥様がた~!
e0201926_13535590.jpg



ほぼ定刻通り(16:35頃)にジャカルタに到着。
VISA(US$25)を購入してから、入国審査の列に並びます。この日はとても混んでて長い列になっていました。
並んで待っていたら、「こちらでも入国審査ができますよ~」って、在住者やインドネシア人専用レーンを開放してくれたので、そこから入国したので楽ちんでした。
JALさんのサイトご参照~☆


荷物を受け取ったら、そのまま税関から外には出ずにまっすぐ進みます。
つきあたりの右側にある税関を通り、<ここからがポイント>外には出ずに、税関を出たらすぐを左に進みます。
そこにガルーダ航空のチェックインカウンターがあるので、Eチケットを見せてチェックインして荷物を預けたら手続き完了。
e0201926_136859.jpg



そのまま中に入って、ずっと直進して、つきあたりの広いホールを左折して、すぐにあるエスカレーターで2階に上がります。
2階にはスタバやインドネシア料理があるフードコートとかあるので、そこで時間をつぶして、搭乗時間近くになってから、搭乗券に印字してあるゲートに進めばOKです。
e0201926_1393662.jpg


この時はGAの時間変更が事前にJALからメールがきててわかっていたので(4時間半近くの待ち時間)、コーヒービーンでiPad使って映画観てました。
「M:i:III」をイヤホン使って観てたんだけど、途中で気づいたら後ろのテーブルにいたインドネシア人ぽいおじさんガン見しとったでw もうイーサンもびっくり!みたいな。
ここではパスワードを教えてもらえば、フリーWiFiが使えます。


アイスコーヒーでずっと座らせてくれてありがとう>コーヒービーンさん
アイスコーヒーの横にあるのはシロップとミルク。微妙なこの紙コップだと検○みたいよね。
e0201926_13224062.jpg



ガルーダ航空もほぼ定刻(20:55)に出発。ぎっちりと満席です。
上空まで上がったら、すぐに機内食。カレー風味の魚とターメリックライスだったけど、まぁまぁイケる味。
コーラはぬるかった・・・って言うより、なまあたたかかった。
e0201926_13291258.jpg



ほぼ定刻(23:40)通りにデンパサール空港に到着。
離れたところに到着してバスで移動し、国際線のバゲージクレーム横から建物の中に入ります。
荷物を受け取ったら、荷物検査はしないで、荷物検査の後ろ側を通って空港の外に出ました。
出た時までは以前のままだったので、空港の工事は感じなかったけど、今までの駐車場のところは建築中のスタバがあったりしてて、屋根つきの通路をずっと進んで駐車場まで歩きました。
2012年4月時点の駐車場はここ。
パトラ・バリ横にあった石油タンクの周辺の、牛がいた広いあの空き地です。
e0201926_13363333.jpg


時間が時間なんで、代理店の車であっというまに滞在先のクプクプ・ジンバランに到着。ステキなロビー!
e0201926_13373623.jpg



機内食を残したせいで小腹がすいちゃったから、保険で持っていてた赤いきつね(ミニサイズ)を食べて、簡単に荷物を出して、シャワーを浴びてから寝ました。やっぱり保険は大事だわさ。
どうか明日はいいお天気になりますように!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-14 14:00 | バリ旅行記
GA413~ジャカルタ経由~JL726で帰国
+++間が空いてしまいましたが、帰国便の事をUPし忘れてしまったので(汗)後から追加投稿します~

e0201926_91552100.jpg

アマヌサのチェックアウトの時に、スダップマラムのブレスレットとチョコクッキーをいただいて、ホテルカーで空港まで送ってもらいました。またね、アマヌサ~。


空港に到着すると、空港に待機しているアマヌサスタッフが、チェックイン手続きと国内線の2階まで荷物を運んでくれるので楽ちんです。
ここでは国内線の空港使用税を支払います。
国内線のラウンジチケットもアマヌサが用意してくれるし、重い荷物を運ばなくていいので、バリのアマンに泊まるなら旅行の始めよりも最終滞在先にした方がいいかも。


搭乗口のすぐ横にあるラウンジなので、30分ほどディレイしたけどガラス越しに様子がわかって便利。
お腹もすいていないので、ここでは紅茶飲みながら本を読んでいたはず。
ラウンジと言っても、食べたくなるような料理も飲み物もないし、雰囲気がわさわさしているので、どうしても絶対にラウンジに行きたい!!とは思えるような場所ではないかな。(あくまでも当社比で)
ただ、ネットができて、少しだけソフトな椅子に座れるのは便利でした。
e0201926_9372034.jpg
e0201926_9375547.jpg



ジャカルタまでの間に出た機内食。ビーフの煮込みだったけど、あまり食欲がわかず残しちゃった。
e0201926_9532144.jpg



ジャカルタのスカルノハッタ空港には国内線の方のゲートに到着したので、ターンテーブルからスーツケースを引きあげて国際線の方に移動します。
何故だか毎回、ターンテーブルの電光表示板での案内と、館内放送の案内と、荷物が出てくるターンテーブルの番号が違うのですが、館内放送の案内の方の正解率高し。

重いスーツケースを転がしながら国際線に移動する時、いったん外に出てしまうと、国際線の建物に入る時に再度荷物チェックするのがとっても面倒なので、いつも外には出ずに、国内線の2階に上がって国際線の建物(つながってます)に移動する方が全然楽ちんです。

国際線のチェックインカウンターで国際線の空港使用税と払い、出国カードを忘れずに用意して(搭乗口で渡します)、カードラウンジでネットとかして時間つぶし。
出発ゲートの手前で再度荷物チェックをして待合室で待つのですが、待合室の座席がとても少ないので、早めに行くのがおすすめ。

機内に入ったら後は寝るだけ。いつも離陸前には眠くなっちゃう人なので、機内食が配られる頃まで爆睡。
この時の機内食。朝食?って思っちゃうようなペンネと、あって嬉しいヤクルト2本。
e0201926_10421278.jpg


待ち時間が長い往路よりも、少ない復路の方があっという間に日本に戻れて気分的には楽ちんかな~。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-14 09:10 | バリ旅行記
ハイアットリージェンシー箱根++デラックスツイン&タタミルーム
e0201926_125274.jpg

まだ寒かった3月にハイアットリージェンシー箱根に友人達と集まりました。
今思い返すと、あんなにアホ炸裂な旅行もそうそうないな。。。と、詳細が書けないのが辛いとこw
それもこれも、この写真にあるラウンジ「リビングルーム」のカクテルタイムのせいよ!・・・と、人のせいにしてみたりする。


お部屋は、このツインベッドと畳があるデラックスツインルーム&タタミルームというカテゴリー。
e0201926_12581088.jpg

e0201926_13293899.jpg

e0201926_12582763.jpg



このテラスは、お仕置き部屋(ウソ)かわい子ちゃん専用喫煙VIPルームとなっておりました。
e0201926_1302672.jpg

e0201926_13321341.jpg



朝晩とも大浴場に行ったので、誰も入らなかった素敵なバスルーム。
e0201926_1323451.jpg



広いので使いやすかった洗面台。弱った足腰にはスツールが便利よね~奥さん。
e0201926_1334460.jpg



ミニバーには無料のコーヒーやいろんなお茶があって・・・・
e0201926_13255028.jpg



リカー類やスナックは有料ですが、カクテルタイムで飲んでレストランでディナー食べたら私たち、二度とこの扉を開ける事はございませんでした。
e0201926_13283556.jpg

e0201926_1329112.jpg



お得なキャンペーンで宿泊したので、ワインが1本用意されてます。これはそのまま予約してあるレストランに運んでもらいました。
e0201926_13404078.jpg



クローゼットの中に、丹前と浴衣が用意されてます。
そういえば、この丹前をモードに着こなしていた素敵な奥様もいらっしゃったわよね。
浴衣は色によって大きさが違うので要注意!間違えると、バカボンみたいになってしまう危険アイテム。
e0201926_13314637.jpg



小田原駅で集合して予約したホテルのシャトルバスで直行したから、あっという間にカクテルタイムです。
奥様ふたり大浴場に行かれたので、私は先にかわい子ちゃんとラウンジに行きました。
4:00~7:00までフリーフローでシャンパン・ワイン・ビール・ジュースがいただけるなんてすばらしいわ。
まだこんな明るい時間から飲めるなんてバチあたり者めが!なーんてな。
e0201926_13361592.jpg



たしか3月までは月替わりのシャンパンがあったのよね。ローラン・ペリエともうひとつ何だっけ?
e0201926_13433116.jpg



ミモザも作っていただきました。5:00頃には混雑していたけど、ディナーが始まる頃にはすいてきました。
・・・っていったい何時までそこで飲んでいたのさ!って、YOU! いいとこに気がついたね!
e0201926_13464686.jpg



あたりはすっかり夜になったので、一回部屋で着替えてから「ダイニングルーム」でディナーです。
e0201926_13481121.jpg



テーブルの上にはキャンドル。うっとり~。
e0201926_1350819.jpg



今宵のメニューはこちら。ここから、前菜とメインを選びました。
e0201926_13511529.jpg



アミューズは、ツナの・・・ツナの・・・んんーーー記憶なしです。
e0201926_13524469.jpg



前菜は、リードヴォーのフリット 野菜ロールとキノコのマリネ トマトヴィネグレット
e0201926_13544025.jpg



ここのパンはとってもおいしい。おしゃべりに夢中で、サーブされたの気がつきませんでした。
e0201926_1355372.jpg



鮟鱇のムニエル マッシュポテト添え バルサミコソース
e0201926_1402153.jpg



ニュージーランド産子羊のロースト ミニマムラタトゥイル添え プロバンスソース
e0201926_14172714.jpg



デザート・・・・・・・・・うーーん食べた記憶なし
ワインもたしかもう一本追加したよおな。。。
e0201926_1411633.jpg



ゆっくりとおしゃべりを楽しみながらディナーをいただき、部屋に戻って休憩してから大浴場に行きました。
がっつり汗をかいてお水いっぱい飲んだら、すっかりお酒がぬけちゃったみたい。
はっきり覚えてないけど、この部屋~大浴場~部屋までの間、なんだかすごく面白かったんだけど何だっけか?
タタミルームの方の和布団に入った途端すぐ寝てしまったよおな。


朝も大浴場にゆっくり入ったら、朝食のレストランが暑くて暑くて。汗がひかなかったよね。
どこかのブログで、「朝食の洋食が最近すごくレベルアップしてた」って書いてあったから、私は洋食にしたわよ。
しかも朝っぱらからこんなに!ワラ
e0201926_148134.jpg



パンがおいしいのよ。パンが!ちょっとハイジっちゃおうかと一瞬思ったけど、大人なのでやめました。
e0201926_1484532.jpg



これは隣の奥様の和食。お味噌汁にぐぐぐ~と惹かれたけど、私はどこかのブログのメッセージの通りにしたわ!
e0201926_14104566.jpg



近いけど泊まりではなかなか行かない箱根。
近いからもっと気軽に行ってもいいんじゃね?って私からの熱ーいラブコールでした。じゃ、またね!北條氏!
e0201926_14122573.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-13 14:20 | ハイアットリージェンシ箱根
リッツ・カールトン東京++デラックスルーム
e0201926_11345985.jpg

先日宿泊したリッツ・カールトン東京のデラックスルームです。
夜は六本木ヒルズのライトアップ、朝は遠くに富士山が見える部屋でした。


落ちついたベージュのトーンの部屋です。この色合いが気に入りました。
2月滞在時でもけっこう暑かったので、真夏の午後はかなり暑くなるのでしょうか?
e0201926_11384663.jpg



こんな感じで電動のシェードを降ろせばいいのかな。
e0201926_11395023.jpg



昼間から飲んでいたせいもあるけどw、1.2.3...ですぐ寝てしまった気持ちいいベッド。
朝ベッドから出るのが大変でした~。
e0201926_1142135.jpg



遊びに来た友人達を語らったのはここの机。ここですっかり根っこが生えてしまったよ。
e0201926_11435190.jpg



ここの壁がこれまた素敵で。和ですなぁ~。
e0201926_11443277.jpg



部屋全体の面積からだと、やけに広いバスルーム・・・・・・と、最初は思ったのですが、ふたりで使っても動線が邪魔にならず、非常に使いやすいバスルームでした。
e0201926_11463117.jpg



使いやすいシャワーブースと、トイレが角にあって、
e0201926_11515318.jpg
e0201926_11524657.jpg



洗面台は違う方向に2台。
e0201926_11532871.jpg



このTVは、
e0201926_11535882.jpg



このバスタブに浸かりながら見ます。バスソルトがあったので入れました。
e0201926_11545496.jpg



アメニティいろいろ
e0201926_11554239.jpg



ドライヤーはこの袋の中です。
e0201926_11562631.jpg



転びそうなくらいのぶ厚いふっかふかのスリッパ。
e0201926_11571139.jpg



冷蔵庫の中、グラス類、スナック、お茶のセット。お友達が遊びに来たので、カップは追加しました。
e0201926_11575330.jpg

e0201926_11585063.jpg
e0201926_1159369.jpg
e0201926_11591232.jpg
e0201926_11592325.jpg



夜遊んで帰ってきたらターンダウンが済んでいました。
e0201926_1213867.jpg



こんなものが置いてありましたが、1泊なのでお洗濯は家に帰ってから自分でやります。しくしく。。。
e0201926_1231377.jpg



ベッドサイドには、リッツラベルのお水とチョコレート。
チョコレートは帰りの車の中で私がひとりじめし、リッツラベルのお水は家のワンコ用のお水ホルダーに設置中(中身は水道水w)
e0201926_1251949.jpg



着やすかったナイトウエア。
e0201926_126947.jpg



美しい朝食は、45階にあるタワーズ・グリルにて。
洋食から和食までいろいろ用意されてます。
とっても美味しかった。前に泊まったペニンシュラよりもいいかも。
e0201926_1292696.jpg

e0201926_129565.jpg



「バーに行こう~行こう~」って前の晩にしつこく言われたけど、もう飲めなかったから断ったのを、ちょいと後悔してしまった素敵なバー。
e0201926_121223100.jpg



今度はちゃんと夜に会おうね>東京タワー!
e0201926_1213275.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-13 14:20 | リッツ・カールトン東京
アマヌサの思い出いろいろ
e0201926_10103063.jpg

アマヌサ最後の夜、バーでのんびり飲んでから部屋に戻ると、ベッドの上に包みが置いてあって、中を開けるとAMANJUNKIE Tシャツが入ってました。わーい!うれしー!
Tシャツの上に置いてあるのは、別の日のターンダウン時にベッドの上に置いてあったペーパークラフトの花です。


こんな感じで、ふたり分のTシャツが置いてありました。ちゃんとサイズ違いです。
e0201926_101525100.jpg



別の日には、バリのお菓子のダダールが置いてあったり。これ大好きなの。
e0201926_1017226.jpg



日本に帰ってきてから、毎日大活躍のペーパーナイフ。
e0201926_10183084.jpg



アマヌサのキーホルダー。日常使いには大きすぎるので、これは記念にとっておこっと。
e0201926_10194169.jpg



チェックアウトの時にもらうのはチョコチップ・クッキー。これは帰りの空港で食べたはず。
e0201926_1022219.jpg



チェックアウトの時にもうひとつ、チューベローズのブレスレットも。すごくいい香りです。
e0201926_1026184.jpg

e0201926_10235179.jpg



バーは夜だけじゃなくて、昼間もランチやお茶に利用しました。
アマヌサ滞在中は、バーの利用率がいちばん多いかも。それだけ居心地がいいって事です。
景色もいいし、風も通り抜けて、朝から夜までどの時間帯も素敵な場所でした。
e0201926_10311016.jpg

e0201926_10371345.jpg



ここでもウルワツ・ブリーズを。数回目あたりで、私がオーダーしようとすると先に「ウルワツ・ブリーズ?」ってにっこり笑顔で聞いてくるようになりました(笑)。
e0201926_10314736.jpg



軽くクラブハウス・サンドイッチをふたりでシェア。
e0201926_1035326.jpg



SPAは、スパスイート・ビーチクラブ・プールサイド・ヴィラのいずれかで楽しむ事ができます。
いつもチェックインしてからの予約で、ほぼ希望の時間で予約する事ができました。
水着のままスパスイートに行ってマッサージできるのが楽ちん。
e0201926_10415349.jpg
e0201926_10421792.jpg

e0201926_10431056.jpg

e0201926_10433539.jpg



いろいろなSPAメニューがあるけれど、アマヌサ・マッサージを。
レイキの師匠であるワルマナ氏が指導されたレイキのレベル2を習得したセラピストばかりなので、施術の腕前は安心です。この日もスコーンと落ちました。
マッサージが終わったら、ジンジャーティーを好きな場所でいただけます。
マッサージ後のぼんやりした顔でウロウロするのはちょっと・・・なので、ヴィラまで運んでもらいました。
e0201926_1050265.jpg



忘れないように覚書きを・・・・
エアコンのセンサーは、エアコン本体じゃなくリモコンが設置されている壁の所に埋め込まれているのをメモメモ。
これを知らなかったので、エアコン本体にピッピッをリモコンのボタンをいくら押しても反応がなかったから、リモコンの電池切れなのかと思ってしまった私。
e0201926_1056443.jpg



またこんな青い空の時期にアマヌサに行きたいな~。
e0201926_10573586.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-13 11:06 | Amanusa
アマヌサのメインプール
e0201926_9301289.jpg

ホテルのプールの中でいちばん好きかも?なアマヌサのメインプール。
がっつり泳げる大きさ、静かで人が少ない、メンテナンスがしっかりしている水質、プールサイドのバレ、日当たりの良さ、浅瀬で読書ができる・・・・こんなところが気にいってます。


海はビーチクラブで満足なので、プールからの海の景色は拘らないのかも。
むしろ、アマヌサのレストラン~ロビー~バーを下から見上げた時の建築物や、ヌサドゥア・エリアを上から見渡せる景色や、プールサイドに咲くオレンジ色のブーゲンビリアの方が魅力的に感じました。
e0201926_938201.jpg
e0201926_9384693.jpg
e0201926_9391430.jpg
e0201926_9394847.jpg
e0201926_9401019.jpg

e0201926_9461317.jpg

e0201926_9464750.jpg

e0201926_1003944.jpg



1月に滞在した時には咲いていなかったブーゲンビリアですが、9月に滞在した時には満開。すごくきれい!
e0201926_941612.jpg

e0201926_94266.jpg
e0201926_9424182.jpg
e0201926_943998.jpg
e0201926_94338100.jpg
e0201926_944621.jpg

e0201926_9443444.jpg
e0201926_9444946.jpg



寝転がる場所を決めると運んでくるのが、カットフルーツとお水とフィンガーボールとサンブロックローション。
お水はしょっちゅう冷たいお水に変えてくれるのがさすがアマン。
サンブロックローションの香りが好みのものじゃなかったので、これは使いませんでした。
e0201926_9555642.jpg



アマヌサに来たら必ずオーダーする「ウルワツブリーズ」ノンアルコールのとっても美味しいドリンクです。
奥に見えるのはアイスコーヒー。
e0201926_949239.jpg



アマヌサのチョコレート・ブラウニーとチョコチップ・クッキーも素朴な味で大好き。
e0201926_9504046.jpg



いつものアレは、スイートポテトチップスとスパイシーなフレーバーのナッツ。
e0201926_9522571.jpg



ビンタンとモヒートもいってみよう!いつも不思議に思うのは、「喉が渇いたな~。何かオーダーしようかな~。」って、顔をスタッフの方にむけた瞬間にサササッとこっちに向かって用件を伺いに来るところ。管理能力ハンパないです(笑)。
e0201926_9593582.jpg



1月に泊まった時にはけっこう混雑していたけど(アマヌサにしては)、他のホテルの混雑と比べたら全然すいています。泳ぐ人にも、プールサイドで静かに読書したい人にも、どちらでも満足ができる大人なプールでした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-13 11:05 | Amanusa
POOL SUITE DINNER ++アマヌサ
e0201926_1952428.jpg

アマヌサでは食事も特別なセッティングで楽しむ事ができます。
せっかくプールスイートに泊まっているので、プールスイートディナーをお願いしました。
夜暗くなってからだと、お料理がよく見えなくなってしまうので、ちょっと早めの6:00からスタートです。
カメラで写した写真をチェックしたら、この日のランチ的なものは、メインプールで出されたフルーツとスナックだけだったもよう・・・しっかりお腹をすかせて準備万端です!


外出先からヴィラに戻ると、プールには花が埋め尽くされてディナーの用意ができてました。
予想外だったのは旦那様の反応。こういうのにはクールかと思っていたら、喜びMAX(笑)。よかったわ~。
e0201926_19143259.jpg
e0201926_1914564.jpg
e0201926_19154017.jpg

e0201926_19161563.jpg



・・・・・・・・・!!そこでリンディックの音が鳴りだしました。
へっ?!どこやん?


ここやん!!(プールの左端に注目)
いつからそこにいたの?? 気配をまったく感じないうちにリンディックのおじさんスタンバイOK!
e0201926_19191640.jpg



ディナーのはじまりです。ワインはよく冷やしたこれにしたらしいです。
e0201926_19221045.jpg



「うぇる かむばっく ほぉむ」って、現れたのは前回と同じスタッフの方。
e0201926_19235858.jpg



ほかほかに温めてあるパンも美味しいけど、これでお腹がいっぱいになってしまうのでちょっとだけよ。
e0201926_19255717.jpg



ANTIPASTI PLATE (Selection of cold Italian entrees)
イタリアンの前菜いろいろのプレートです。海老が美味しかった~。
e0201926_19322430.jpg



GRILLED ROYAL TIGER PRAWN (with oliveoil,garlic&freshherbs)
メニューをシェフと相談して決める時、「いいロブスターがあります」との事だったので、ロブスターをシンプルな調理方法で・・・とお願いしたもの。
ぶりっぶりのロブスターを生かしたいい味つけで、すごく気にいった一品。
e0201926_19342991.jpg



INSALATA MISTA (Lemon mustard dressing)
いろいろな野菜のサラダもさっぱり味で。
e0201926_19361367.jpg



真っ黒で何が何だかわからなくなってしまいましたが・・・
PAN FRIED PORK MEDALLION (with ratatouille & demi-glace)
旦那様がとっても気にいっていた豚肉料理。焼き加減とソースが最高だったようです。
e0201926_19382858.jpg



DESSERT TASTING PLATE (Klepon,Putu Ayu,Es mangga)
デザートはインドネシアンで。
大好きなクレポン、アマヌサお得意のプトゥアユ(パンダンケーキ)、そして悶絶な美味しさのマンゴーソルベ。
外での食事で少し体が冷えてしまったので、アイリッシュコーヒーも。
前回のサプライズのサプライズお返しのバースデーケーキは(何のこっちゃ?)、暗闇から数人のスタッフの方々とともに登場。
前回は私へのサプライズとして、バースデーケーキが届いたのですが、今回は旦那様のお誕生日が近かったので、こっそりしこんでおりました。
バースデーケーキはチョコレートケーキ。ふたりでは食べきれないので、スタッフの皆さんにもおすそ分けしました。
e0201926_1941436.jpg



自分好みのものをフルオーダーしたので、どれもこれも美味しくて大変満足しました。
レストランからヴィラに運ばれる時間があると思ったので、冷たいものと少し冷めても味が落ちないような料理にして良かったのかも知れません。
参考までに、白ワイン1本(途中からスプリッツァにしたので氷と炭酸を追加)、EQUILのお水、上記の料理、食後のアイリッシュコーヒーとセッティング(セッティングがいくらとは明記されていませんでしたが)でRp5,000,000。料理や飲み物で金額は変わります。


大好きなイブにも再会できました。いつも笑わせてくれる明るくて楽しいイブです。
e0201926_19421427.jpg



翌朝のお楽しみは、このフラワープールで泳ぐ事!
お花のいい香りに包まれ、もしゃもしゃした質感を楽しみながらがっつりと泳ぎました。
e0201926_19473250.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-04-06 20:02 | Amanusa
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin