「ほっ」と。キャンペーン
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:BALI++チャンディダサ ( 6 ) タグの人気記事
Top▲ |
懐かしのクブバリにGO~!
e0201926_1232615.jpg


アンラプラからバイクに乗ってアリラ・マンギスまで戻る時、大きな黒い雨雲がどんどんこっちに近づいてきました。
「チャンディダサに戻る途中に山越えがあるから、きっとそこで雨に降られちゃうね~」って話しながら前に前に進みます。
案の定、山のてっぺんから下り始めた時にポツポツと雨が降り出しました。
急いで道路脇にバイクを止めて、デジカメをジプロックにしまい、日本から持ってきた携帯雨がっぱ@100円均一をはおって、チャンディダサに向かいます。

だけどこの大雨がはんぱねぇ~w
山からの下り坂なので、道路はまるで「川の流れのように」、コーナーは「鳴門の渦潮」、ごろごろと岩が落ちてくるので「常時落石注意」
でもね、走ってて一番大事だと思ったのは「大雨の時は追い越し絶対に禁止!!」 これが一番危なかった~。

超~安全運転で山を下り、なんとかチャンディダサまで戻ってきました。
クブバリを通り過ぎた瞬間、お腹がすいている事に気づいてUターンしてクブバリの中に入って行きます。
バイクのパーキングはお店の奥、バンガローの入り口の左側。

雨がっぱを着ていたとはいえ膝下はぐっちょり濡れているので「濡れているけど食事OK?」って聞いたら、「どうぞ~どうぞ~」って案内してくれてタオルまで持ってきてくれた優しいイブ。
前回来たのは7年ぐらい前だけどお店の雰囲気はそのままで、オープンのキッチンは相変わらずピカピカで気持ちのいいレストランです。
まだ5時前なので、レストランには私達だけ。
e0201926_1315536.jpg



まだまだ体調が本調子じゃないので、この日もノンアルコールなディナーです。
優しい味のコーンと蟹のスープ。ほぐした蟹の身がいっぱいでとっても美味。
e0201926_1318365.jpg



どこでも頼んでるんじゃ?なチャプチャイ。ここのは大好きなカリフラワーが入ってるバージョン。
e0201926_13195682.jpg



前回来た時にその美味しさに感動したビーフンゴレン。
見た目が地味なんだけど、抜群な火の通り具合且つ味がしみこんだビーフンは私がバリで最も好きな味のビーフンゴレン。クブバリに来たかった理由が、このビーフンゴレンが食べたかったからだもん。
e0201926_13241360.jpg



もう少し元気だったらビンタン飲みながら食事したかったけど、ずっと食べたかったビーフンゴレンを食べる事ができてよかった。
雨がまだポツポツ降っているので、また雨がっぱを着てアリラ・マンギスにバイクで戻ります。
こんなに早い時間にディナーが終わってしまったので、部屋に戻ってシャワーを浴びて、外のテラスにいるにゃんこに遊んでもらって過ごしました。
e0201926_1330564.jpg



部屋ではネットしたり(パスワード入力でフリーWifiが可能)本を読んだりとダラダラ過ごした夜。
「日本と変わんないじゃん」って思うかも知れないけど、波の音を聞きながら話もせず、ひたすらマイペースで過ごせる時間はやっぱりアリラ・マンギスな時間です。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-02-25 13:35 | バリ旅行記
アリラ・マンギス~プールとSPAでのんびり
e0201926_21253688.jpg


お腹いっぱいになった後は、部屋で水着に着替えてからプールへGO!なのだ。
大きなホテルの大きなプールもいいけれど、部屋の目の前がすぐプールってすごく楽だし、1階の部屋なのでテラス側のガラス扉から行き来がしやすいのもアリラ・マンギスのいいところ。


e0201926_21345349.jpg

この日はあいにくの曇り空だったけど、気温は高いしプールの水温もちょうどよくて気持ちいい~。アリラ・マンギスのプールで冷たかった事は今まで一度もないけど、ここのプールの階段のところで腰まで浸かって本を読むのがお気に入りなんだよね。
ってー事で、この時は飛行機で途中だったセカンド・バージンの続きを・・・・・なんだかシンガポールに行きたくなってしまう本だわw


バトミントンも大人気。何気にGパンギャランドゥーが上手くて、ちょっと見とれてしまったわ。ちょ、ちょ、ちょっとだけよ!
e0201926_21404763.jpg



ぼんやりしてたら、ミックスジュースがプールサイドにいるゲストに配られました。んまー!何これめっちゃ美味しいでないのー。
e0201926_2142467.jpg



そんなことしている間に、予約してたSPAのお時間よ。
3泊すると60分のマッサージが好きな時にできるので、日本から到着日翌日にできるように予約しておきました。
まず最初にあったかいジンジャーティーを飲んで、オイルを選んで海辺のマッサージ用のバレに行きます。
アリラのオイルって、奥行きがある香りでマッサージ後もベタベタしないから好きです。と言ってもシャワーは部屋で浴びるけどね。
e0201926_2145299.jpg



こんな風に海辺に2つのマッサージ専用のバレがあります。部屋のマッサージルームもあるけど、波音を聞きながらのマッサージって他でなかなかないから、ここでは海辺のこのバレでマッサージするのがおすすめ!
今回は左側のバレに案内されました。
e0201926_2150783.jpg



すだれがあるので人目は気にならないです。まわりは木で覆われてるし、敷地の隅にあるから人通りはまったくないので心配いりません。
着替えは右奥にある白い衝立の向こう側でするのだけど、いつも水着のままここに来るのでマッサージ台のところでちゃっちゃ~って脱いじゃう私。
e0201926_21543119.jpg



いつものように波の音を聞きながらいい気持ちでマッサージしてもらってたら、ザワザワ~と椰子の葉っぱがこすれる音がしたかと思ったら、ザァーと強い雨とゴロゴロを雷が。「そんなワイルドなロケーションの中でのマッサージもオツだねぇ~」なーんて思ってたら、急にゴォーーという強風が吹いて、バレの中にあった棚がバーーーンと倒れ、すだれもバタバタと舞い、まるで竜巻に巻き込まれたんじゃないか?ってぐらいの大嵐になってしまいました。
その時のスタッフは瞬時に私達の体をかばってくれたのが、ちょっとヒデキ感激。
テキパキと倒れた家具をバレの隅に運び、次に強風が吹いてもあぶなくないようにしてマッサージを続けました。
そんなこんだでバタバタしたせい?おかげ?で、いつものフェイシャルや他のメニューの営業もなくwいつもより大自然を体で感じたアリラ・マンギスのSPAでしたわ。


このままプールでのんびりしていたかったけど、ホテルのスタッフが「バイクの用意ができてますよ~」って何度も声をかけてくるので(私達が忘れちゃったと思って心配してた?)、ちょっとその辺までバイクで出掛けるとしますか。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-02-17 22:16 | Alila Manggis
アリラ・マンギス~Sea salt レストランで朝食①
e0201926_18523848.jpg


昨夜は早くから寝たっていうのに、翌朝はなかなかベットから起き上がれずにipodで音楽聴きながらぐだぐだとしていました。ちょっと体がだるいけど熱はないし、痛いところもないから、きっと体が疲れているんだわ。
寝てたらこのまま寝っぱなしになりそうだったので、思いきって起き上がってスーツケースから荷物を出して引き出しにしまったり、使いやすいように荷物整理をする事にしました。
こうやってアンパッキングしているうちに、だんだんと体がほぐれて頭もすっきりと。
レモングラスの香りのシャンプーとシャワージェルを使ってシャワーを浴びているうちに、アリラ・マンギス気分があがってテンションもあがってきたかな。
さぁーてと、ご飯を食べに行くぞ~!

8:30過ぎだったので、レストランはゲストで混み合っていました。さすがハイシーズン。入り口近くのプールが見える席に。
ちょっと曇り空だけど、雨季らしいムシムシして芝生からあがってくる草の香りがバリに来た~ってウキウキしてきます。
e0201926_1955829.jpg



ここからはフロントの様子もよく見えます。朝早くからアクティビティツアーに出掛ける人や、チェックアウトする人など、活気があるフロントです。
e0201926_1984299.jpg



高ーい天井。食事の途中からだんだん気温が上がってきたので、ファンが回りだしました。
e0201926_219725.jpg



レストランのまわりの池に咲いたロータス。池の中にいる魚も相変わらず元気いっぱい。
e0201926_21202081.jpg



この石の壁を見ても、「アリラ・マンギスに来たんだわ~」って感じます。
全体的な色のトーンや、建物や設備の素材、籐のイス・木のテーブル・アタのトレイ・ぽったりとした白い陶器などのナチュラルさ、それらがミックスされてアリラ・マンギスらしさになっています。
ナチュラルを優先し過ぎてメンテナンスが行き届いていないホテルもあるけれど、何年も前に来た時とほとんど同じ印象を残しつつ、水まわりやインターネットなどの設備は格段に向上して、いつ来てもまっ白い壁と美しい庭がゲストを待っているところが素晴らしいリゾートだと改めて思いました。
e0201926_21113089.jpg



バリに来て最初のジュースは、もちろんスイカ・ジュースだよね!この時期のスイカはどこでも甘くておいしいスイカでした。
いつもはコーヒーなんだけど、いちばん上の写真のように、この時はハーバルティー。レモングラス・ジンジャー・シナモンで淹れたハーバルティーにライムとハチミツを入れていただきます。クセが無くて飲みやすくてとっても美味しいです。
e0201926_21234220.jpg



ブレックファースト・ブレッドで選んだのは、ホワイト&ブラウントーストとマフィン。マフィンはニンジンのマフィンでしたが、とーっても美味しいマフィンです。アリラ・マンギスの朝食の中でもいちばん好きなのはこのマフィン!
トーストも、前回(2009年)に来た時は「あれれ~?」って思ったのですが、今回は外側パリッ中身しっとりでとても美味しいトーストでした。
本日のジャムは、サラックのジャムとマーマレード。フレッシュなジャムはいつも美味。
e0201926_21295486.jpg



私はカットフルーツ(バナナ・ぶどう・メロン・パパイヤ・スイカ・パイナップル・パッシュンフルーツ)
e0201926_21324947.jpg



旦那様はフルーツに、ホームメイドヨーグルトとハチミツをかけていただきます。
アリラ・マンギスのホームメイドヨーグルトは、水っぽくなく酸っぱすぎず濃厚で大好き。
e0201926_21342556.jpg



今回の旅行で私がはまったのが、このホームメイド・トーステッド・グラノーラ。
ココナツ・いろんなナッツ・いろいろなトロピカルドライフルーツがミックスされたグラノーラに、スライスしたバナナとホームメイドヨーグルトとハチミツをかけていただきます。
これは本当に美味しかったなぁ。
e0201926_21415761.jpg



旦那様はお約束の目玉焼き&ベーコン。いつでもどこに行っても目玉焼き。(笑)
e0201926_2145557.jpg



気持ち良すぎてこのままずっとここにいたいけど、この後にホテルのSPAを予約してるから、体を動かしてこのお腹いっぱいな体をなんとかしなくちゃ。
部屋に戻って水着に着替えたらプールに行くよ~!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-01-22 21:52 | Alila Manggis
アリラ・マンギス~Sea salt レストランでディナー
e0201926_21552775.jpg


アリラ・マンギスに向かう車内から「お腹がすいた~」と言っていた私達。早くアリラ・マンギスに到着したくて、機内で10:30頃食事したまま(ほとんど残してしまったしね)ランチを食べる事をすっかり忘れていたのでした。(笑)
なにしろ、チェックインしての最初の一声は「アフタヌーンティー終わっちゃった?」でしたもん。
その時の時刻は17:05・・・・・5分過ぎてて終わってました。


お部屋に案内してもらったら、荷物も開けずにそのままSea salt レストランに直行です~。
5時過ぎなので、まだこんなに明るいんです。お天気は雨上がりの曇り空って感じ。
e0201926_223401.jpg



でも、いつでもディナーがOKなように準備万端です。レストランから見えるプールがとってもきれい。
e0201926_2251045.jpg



「大丈夫かな~?」って恐る恐る病み上がりの最初のビンタン。
私はまだ心配だったので、写真に写ってる手前のグラスに入ってるこれだけ。もちろんこれは飲みかけじゃなくって、これから飲むビンタンです。
本当にひと口ビールを飲んだら、その後はEQUILのナチュラルにチェンジ。
いつものウンピンじゃなくって、普通のクルップでしたが美味しかったです。手前の小皿に入ってるケチャップマニスにチャベが入ってるソースをつけていただきます。
いつもだったら、アリラ・マンギスのサンバルがとっても美味しいのでそれをリクエストするのだけど、今回は体調がまだ不安だったのでやめました。
e0201926_22111718.jpg



今回の旅で食べたかったタフイシがちょうどあったので、ホテル仕様のお上品なタフイシをまずはチョイス。
本当は一緒についていた青い唐辛子と一緒に食べるみたいだけど、この時は余計なチャレンジ精神はやめて、あっさりとこのままでいただきました。あっさりしてて美味しかったなぁ。下にあるチャプチャイのような野菜炒めも美味。ひとりじゃ食べきれないので旦那様とシェアしましたが、けっこうボリューミーです。
e0201926_22143222.jpg



あったかくて胃に優しいものが食べたくてコーンスープ。フレーバーはインドネシア・テイストでしたが、ちょっと胃腸が弱っている時のコーンスープって胃にしみわたるよね~。
e0201926_22201135.jpg



旦那様はミーゴレンをつまみにビンタンを3本。もう治ったの???すごいなー。
アチャール(野菜の甘酢あえ)やアヤム(鶏)のサテもあったので、いいつまみになったもよう。
e0201926_22223342.jpg



昨年ここに泊まった時に仲良くなったスタッフとおしゃべりしたりしているうちに、すっかり夜になってライトアップされた敷地内が夜の装いに変化しています。
ちょっとしか飲んでないビンタンが効いて、なんだか眠くなっちゃった。
テラスにはにゃんこが「にゃーにゃー」とお腹をすかせて待っていました。
日本から持ってきたエビせんべいを数枚割ってあげたら満足したみたいで、テラスのつめたい床ですっかり寛いでいるにゃんこ。グルグル喉を鳴らして甘えてくるし、この人懐っこさたまらんかわゆい。
e0201926_22382459.jpg



部屋に戻ったら荷物をクローゼットにしまうつもりだったけど、シャワー浴びたら急に体がだるくなっちゃって、そのままベットにダウン。
荷物整理は明日にするね。ごめん先に寝るよ~。
完全復活したかと思ったけど、まだまだみたいだね。
それとも「這ってでもバリに行く」って決意して頑張ったから、ほっとしたのかな?
旅はまだ始まったばかり。明日からもっと楽しみたいから、今夜は無理しないで早く寝る事にしよっと。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-01-21 22:42 | Alila Manggis
Alila Manggis Superior #116 / アリラ・マンギス・スーペリア116号室 sanpo
e0201926_20431049.jpg

今回で3度目の滞在となったアリラ・マンギスです。
いつもスーペリアルームなので、今回予約する時に少し迷ったのですが、旦那様の「プールに気軽に行きたいし、2階のテラスは隣の部屋との境が透かしの木と布だからイヤ」・・・・・うーん言われてみたら確かに。
デイベッドに蚊帳を取りつけてそこで寝たい気持ちもあったのですが、今回もいつもと同様スーペリアルームにしました。
ちなみに1階のスーペリアルームの外のテラスは、お隣との境はしっかりとしたコンクリートの壁です。


ターンダウンされてない部屋は初めてなので(いつもは夜チェックイン)ちょっと嬉しい。
テラス側の壁にあった木製の四角い飾り棚が、白っぽい木枠の額縁の写真に変わっていました。
e0201926_2131819.jpg



コンパクトな空間なのにしっかり寛げるスペースのソファも、2009年10月滞在時にはオレンジ色のファブリックでしたが、2010年12月の今回は生成り色に変化しています。
その代わりに、生成り色だったクッションがオレンジ色になっていました。
TVもちゃんと薄型TVに変わっています。うつりは相変わらず・・・でした。NHKで小澤征爾の番組をやっていたのですが、途中から砂の嵐とともに画像が消えてしまいました。。。涙
e0201926_2103120.jpg



慣れてきたら最初に感じた「狭いっ」って思わなくなってきたような…。(笑)
シンプルなベットだけど、Ploh社のリネン、程よい固さのマット、フカフカの羽毛の枕が極上の眠りを誘ってくれます。
ベット両サイドに小さな台があって、それぞれのコンセントで携帯電話の充電ができ、壁側のライトも左右それぞれでON/OFFできるので、ひとりで夜遅くまで読書をする時に便利でした。
そうそう、ここのホテルは読書好きにはBESTなホテルだと思います。部屋のベット、部屋のソファ、外のテラスのデイベット、プールサイドのリクライニングチェアー、海辺のバレ、ロビーにある大きなソファ・・・・・・あちこちにゴロンと横になって本が読みやすいスペースがたくさんあります。
よく見たら、フットスローもオレンジ色のものから濃いベージュ色のものに変わってますね。
全体的にオレンジ色の配分が減って、以前よりナチュラルな印象のお部屋になっています。
e0201926_21191416.jpg



部屋の中よりも、ほとんど外のテラスのデイベットで過ごしてるくらいお気に入りの外のデイベットですが、ちゃんと写真を写していませんでした。(汗)この写真のガラス戸の向こうにぼんやりとデイベットがちっちゃく見えます。ここに部屋のベットの羽毛の枕を持ってきて、日本から持参したサロンをかけてのお昼寝も最高です。
e0201926_23154553.jpg



デイベットの他にもテーブルとイスがあるので、ルームサービスの食事やコーヒーを飲んだりする時はこちらの外のテラスでいただきます。(写真は2009年のもの)
e0201926_23192532.jpg



そしてこのお部屋はニャンコ付きのお部屋でした。(笑)日本から持ってきたエビせんべいが大好物のこの子は、お腹がすくとニャーニャーとやってきます。初対面なのに昔からのお友達のように人懐っこい子でした。
e0201926_23213698.jpg



何の変哲もないソファなんだけど、ここで横になって本を読む時に威力を発揮します。もちろんエキストラベットにも充分な大きさです。
e0201926_2120391.jpg



バリのホテルでお部屋にコーヒーとお茶が用意されているところがたくさんありますが、私はここのアリラ・マンギスのコーヒーが一番美味しいと思います。紅茶はセントレジスかな。
足りなくなったら電話ですぐに新しいコーヒーとアクアが追加できます。
もっと他にも・・・と言う方にもドリンクメニューからいろいろなものをリクエスト可能です。(有料)
e0201926_21241190.jpg



お茶はスリランカのDilmah。ここのペパーミント茶大好きなんです。
e0201926_2128758.jpg



コンパクトな冷蔵庫の中身もけっこう充実しています。瓶に入っているフルーツジュースが美味。
e0201926_21254653.jpg



セイフティボックスはこのタイプ。
e0201926_21302251.jpg



お部屋の中にある洗面所。意外と便利なので私は好きです。エアコンも効いているしね。(写真は2009年のもの)
e0201926_21343644.jpg



2010年もここは変わっていません。アリラオリジナルの石鹸やボディローションも健在です。
丸い容器の中はコットンと綿棒。コットンは小さいサイズなので使いにくいかも。
e0201926_22485610.jpg



シャワールームにある台の上に、シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・アリラオリジナルの石鹸があります。シャワーするのが楽しくなるいい香り。この台があると足を洗ったりする時に便利だし、半分の壁が大きなくもりガラスになっているので昼間は明るいシャワールームです。
e0201926_22505765.jpg



これって、いつからレインシャワー(TOTO製)になっていたのでしょう?以前の写真をチェックしましたが、ここまで写していなかったのでわかりませんが、最初に泊まった時はもっと小さなシャワーヘッドでした。
湯量も水圧も不自由なく安定したシャワーを浴びれます。水はけも問題ありませんでした。
e0201926_2251151.jpg



トイレもシャワールーム内にありますが、シャワーブースと壁で仕切られているので水がかかる事はありません。
e0201926_22513123.jpg



すごく重くて風量が微妙なドライヤー(笑)。アタの籠の中に入ってます。
e0201926_22514666.jpg



いろんな種類の部屋用スリッパがあるけれど、このタイプがいちばん好きなのです。このスリッパは、次のホテル(タンジュンサリ)でも引き続き大活躍でした。
e0201926_2252527.jpg



大きなクローゼットの中に、バスローブとリゾート内で使うのに便利な籠バックが入ってます。
このワッフル地のバスローブは、涼しいし軽くて着やすいのでお気に入りです。
e0201926_22522536.jpg



部屋にあった敷地見取り図。海から見て建物がこの角度になっていたのがびっくりしました。滞在する時に部屋のリクエストの参考にしてくださいまし。
e0201926_22524481.jpg



リピータープレゼントのアタのちっちゃなBOX。ALILAのリボンがかかるとこんなにお洒落さんになっちゃいます。
e0201926_2253443.jpg



2010年1月は、オベロイ・バリ、アマンダリのマデ・ウィジャヤ繋がりで旅行しましたが、今回はアリラ・マンギス、アマヌサとケリー・ヒル繋がりでホテルを選んでみました。なーんて、アーキテクチャな分野はまったく詳しくないので、ただそれだけです。(笑)
アリラ・マンギスのサンジーヴァGMは、ケリー・ヒルに多大な影響を与えたといわれるジェフリーバワなどの建築に造詣が深く、とてもシンプルにわかりやすくケリー・ヒルがデザインしたアリラ・マンギスについて説明をしてくれました。GMがスリランカご出身だったのでお詳しかったのでしょうか。
サンジーヴァGMは朝から夜遅くまで、いつもゲストの近くにいて話しかけていたのが印象的でした。フレンドリーで明るくてとても素敵なGMでした。


アリラ・マンギスでは、プールサイドで読書して暑くなったらプールにドボン、波の音を聞きながらマッサージ、退屈したらホテルでバイクを借りて東部エリアをドライブ、こんな感じで気ままに過ごせるのが気にいってます。
予定もたてずに気ままに過ごした数日間の思い出は次からUPいたします~。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-01-19 23:01 | Alila Manggis
TG431でデンパサールに飛びます~そしてチャンディダサへ
e0201926_20471164.jpg


朝5:00ぴったりにモーニングコールが鳴り、旦那様にインスタントコーヒーを作ってあげてから二度寝の私・・・・・っつか、奥さん、二度寝なんかしてるお時間はないですよー!
コーヒー作る時に鏡を見たら、昨日寝る前に作った巻き髪がちゃんとキープできてるのを発見したので、「あと15分ごろごろできるな。万が一寝ちゃっても起こしてくれる人がいるしぃ」って、0,003秒のうちに閃いちゃったんだよねー。
案の定、5:20に「起きろー!置いていくぞー!」って、絶対置いていく訳ないくせにw起こしてくれたんですけどね。

歯を磨いて、メイクして、着替えて、荷物をしまうだけなので、5:45には部屋を出てフロントのソファでシャトルバスの出発を待ちました。
アジア系は私達だけで、8人のゲストを乗せてスワンナプーム空港へ。
朝なので10分位で空港に到着です。
まだ朝の6時過ぎだけど、スワンナプーム空港はけっこう人がいました。
ここは人気の撮影スポットで、入れ替わり立ち替わり写真を撮る人でいっぱい。
e0201926_2151461.jpg



今度は「ちゃんと」来るからね~~>タイ~まったね~~
e0201926_2165844.jpg



いい加減、うちの家族に買うバリのお土産のネタも尽きてしまったので、空港のジムトンプソンであれやこれやとお土産はここで完了。
やるべき事を先にやっておくと後が楽ちんだもんね>夏休みの宿題は夏休み前からやっちゃう子

昨夜は機内食も残してしまったせいか?こんな時間だけどお腹がすいてしまったので、空港内のmango treeに行きました。
昨日まで胃腸炎で苦しんでいたのにスパイシーなタイ料理は若干の心配があったのですが、マイペンラーイだもんね。
暖かいウーロン茶と・・・・・・
e0201926_2114291.jpg



一昨年もここで同じものを食べてたよね~のトムヤム・ワンタンヌードル。まだ完全復活じゃなかったみたいで、完食ならず。
e0201926_21163373.jpg



この飛行機に乗るだよ~。お天気もいいだよ~。
e0201926_21172767.jpg



ここから下に行って時間まで待ちます。まだ人が集まる前だったからイスに座れたけど、遅く行くとイスがないので要注意。
イスに座ってNumber 769号を読んでたら、近くにいた若者(ロシア系若干イケメン20代)が私をガン見w
あーそっか、そっか、表紙が本田圭佑だもんね。YOU、サッカー好きなのね!
近くでは、小さな女の子がずっとヒップホップのダンスを踊ってたり、SAMSUNGのモニターから流れてるローリング・ストーンズのビデオと一緒にいろんな国の人が歌ってたり、搭乗が始まった時には「子どもと一緒に家族みんなで先に乗った方がいい」って知らない人に声かけてるおじさんがいたり、いろんな国から集まった人達がここでHappyな空気を作ってる事に、こっちまでほんわかした気分になりました。
e0201926_2130262.jpg



見事な快晴のフライトでした。最初はね。(笑) 
食後しばらくして乱気流にあった時は上下にすごく揺れて「キャー」って悲鳴があがるくらいで、CAさん達も慌てて「座って!座って!シートベルトをつけて!」って叫んでました。
あんなに大きな乱気流にあったのはひさしぶりです。実はちょっと怖くてビビってました。
e0201926_2143127.jpg



ベジタリアン食(ヨーロッパ式)の機内食(朝食)はこちら~。
野菜入りスクランブルエッグ、マッシュルーム・パプリカ・ズッキーニ・にんじんノソテー、パン、アップルパイ、ヨーグルト、フルーツ。
普通の機内食は、オムレツとソーセージだったけど、ヨーグルトやアップルパイはついていなかったような記憶。
2時間程前に食べたばっかりなので、フルーツとヨーグルトとあとは味見程度にちょこっとだけ。わりと美味しかったです。
e0201926_21475758.jpg



機内ではセカンド・バージンの続きを見てるうちに寝ちゃって、あっという間にデンパサール近くまでやってきました。


この島どこでしょう?
e0201926_21492940.jpg



ここの島きれい~!バリ島のすぐ近くだったけど、わかった人は教えてください~!
e0201926_21505999.jpg



バリに到着しました。さっきまで雨が降っていてやんだそうです。黒魔術効果でせうか?
e0201926_21522531.jpg



VISAを買う場所が変わっていて、今まであった所の左横にありました。まっすぐ歩いていたら見逃す危険あり。ま、ま、いっぱい人が並んでいるからわかるけどね~。
e0201926_21544574.jpg



まっすぐ行った先で入国。これは今まで通り。もしかして、これは入国するのに長い列になっても大丈夫なようにする為の措置?いやーーん
e0201926_21564837.jpg



曇ってますが雨もやんでいて、めっちゃ暑いバリです!
サダさんに会えて安心したところで、一路チャンディダサにGO!なのだ。
e0201926_21584147.jpg



空港からバイパスに入って早くも渋滞~?って思ったら、玉突き事故でした。
事故車を通り過ぎたらさくさくと進みます。
東部に行くバイパスも以前はスイスイ進んだのですが、あちこちで片側一車線になったりデコボコ道でなかなか前に進みません。
バリ島以外からの島のナンバーの車がたくさん反対車線に走ってました。


ゴア・ラワ寺院では何かのお祭り?人がいっぱいいました。
e0201926_224544.jpg



チャンディダサに向かっている途中で「あー忘れ物!!」って思い出したのは、旦那様のビーサン!
皮のスリッポンとスニーカーしかないよ、どうする?・・・って事で、通りすがりのお店へ。
整理整頓されててきれいなお店でしたよ。
生活雑貨がいっぱいで私も見たかったけど、私は荷物の見張り番なので車の中です。
え?サダさんは?ってお思いの方もいらっしゃるでしょうが、旦那様とサダさんは男同士仲良くお店にどんどん行ってしまいました~。あの二人はものすごく気が合うようなので、こんな時はいつも二人の世界にしてあげますw
Rp80,000でお買いあげ~。こんなローカルの人がはくようなのが欲しかったんだって。
e0201926_22121137.jpg



今日はあちこちで魚売りが出てました。けっこうバイクや車を止めて買っていく人が多し。
サダさんが「大晦日に大きな魚を塩で焼いてサンバルをつけて食べるのが楽しみ」って言っていたので、年の瀬はお魚が売れるのかな?
e0201926_22152321.jpg



お待ちかねのアリラ・マンギスに到着です!うーここで過ごす数日間が楽しみです!
e0201926_22165597.jpg



昼間のチェックインは初めて。顔にいい香りのスプレーをシュッシュとかけてもらって、ウエルカムドリンクをいただきます。
SPAの予約やバイクのレンタルの確認後、さぁ部屋に行きましょう!
e0201926_22203049.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-01-17 22:28 | バリ旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin