「ほっ」と。キャンペーン
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:BALI++サヌール ( 16 ) タグの人気記事
Top▲ |
Tandjung Sari #16 / タンジュンサリ・ヴィレッジバンガロー#16
e0201926_12504047.jpg
今回で4回目の滞在になるタンジュンサリは、ヴィレッジバンガローに泊まりました。
プールやレストランやビーチからは離れるし、タンブリンガン通りから50m程フロントまで歩いてから逆戻りするような行き方でしかヴィレッジバンガローに入れないのが不便のような気がします・・・が、実際はよく手入れされた庭や高いヤシの木が立ち並ぶ道を歩いていると、そんな細かい事なんかどうでもよくなってしまうのがタンジュンサリの不思議な魅力。

友人たちと隣通しになるように、部屋番号で指定していた部屋とは違ったNo.16の部屋に泊まりました。最初は正直「えー、何とかならないの?」って思ったけど、満室だからしょうがないね。
でも過ごすうちにこのNo.16のヴィレッジバンガローが気に入りました。
突き当たりなので他のゲストが通らないからプライベート感があり、庭も少し広めで南国の花がいっぱい咲いています。庭のバレで過ごす時間は静かでのんびりとできます。
e0201926_12505288.jpg
e0201926_12510299.jpg
e0201926_12510538.jpg
e0201926_12511869.jpg

ただ欠点もあり、この部屋はいちばん通りに近い場所にあるので(通りには面していません)、通りにあるスポーツバーが盛り上がっている夜は深夜までうるさいはず。ちょうど滞在中はウィークデーだったのと、私達も深夜遅くまで外出していたせいで全然気になりませんでした。
大きなゲームがある日や、週末や、大晦日は相当賑やかです。

バンガローの裏手をまわると隣のバンガローに行けるようになっていました。友人同士やファミリーに良さそうです。
e0201926_12512203.jpg

ヴィレッジバンガローは4つのバンガローで1棟になっています。No.16がある棟は、ついこの間までニュー・ヴィレッジバンガローというカテゴリーで少し料金も高かったのですが、全てのヴィレッジバンガローのリノベーションが終わったので同一料金に最近変わりました。
赤系や青系のアンティークタイルがヴィレッジバンガローの良さのひとつなんだけど、この棟は暖色系のシンプルなタイルが貼ってあります。タイルで部屋の雰囲気がかなり変わるので、好みがあるなら予約の時にリクエストした方がいいかも知れません。(私達のように確約ではありませんが)

この部屋はこんな感じですっきりとした印象。天井とベッドは低いタイプで、ベッドの置き方は壁に合わせてまっすぐ。逆に天井がアランアランでできた高いタイプだと、高さがあるベッドで斜めに置いてあります。
e0201926_13125611.jpg
e0201926_13130582.jpg
e0201926_13132434.jpg

外に居心地がいいバレがあるけれど、部屋の中にもずっとごろごろしていたくなるソファがあります。タンジュンサリのヴィレッジバンガローで好きなのが、このソファ。テーブルもあるけど、こっちのソファで過ごす時間の方が多いかな。このソファはエキストラベッドにもセットしてもらえます。
e0201926_13123727.jpg
e0201926_13122984.jpg

開けるのにちょっとしたコツがいる窓。カーテンではなく引き戸でもなく、折りたたんで開け閉めします。ターンダウン時に閉めてくれるので、朝起きたらまず最初にここを開ける事からスタート。
e0201926_13124828.jpg

クローゼットは見ためより意外と収納量があります。セイフティボックスはないので、スーツケースの中に入れて施錠するか、フロントで預かってもらいます。
e0201926_13130859.jpg

大きなバスタブは熱いお湯がたっぷり出ます。湯量もたっぷりなので、溜めるのに意外と時間がかかりません。明るい時間に入ると窓から見える空が気持ちいい。
e0201926_13133519.jpg
e0201926_13134055.jpg

ヴィレッジバンガローのトイレはドアがあるタイプと無いタイプがありますが、ここはあるタイプ。
e0201926_13134331.jpg

リノベーション時に昔からあったビデが撤去されてました。洗面所はシングルですが、高さもちょうど良くて不便は特に感じなかったです。毎日お水は補充されるので、歯を磨く時やうがいする時に使いました。ドライヤーもあります。コップと歯ブラシ用のジェンガラの入れ物がかわいい。
e0201926_13360770.jpg

ボディローション、ソーイングセット、綿棒などのアメニティはベッド横のドレッサーの上に。前にはなかったバリらしい入れ物にセットされていました。
e0201926_13361090.jpg

ヴィレッジバンガローに泊まった時の楽しみのひとつ、アウトサイドでのシャワー。大雨が降っていたら使えないけど外でのシャワーは気持ちがいいです。シャワーとコンディショナーが以前と違うものでした。髪の毛がキシキシせずに使えたので、特別なこだわりがなければホテルのものでもじゅうぶんかも。
e0201926_13362661.jpg

ソファの左横にある棚の下に冷蔵庫があります。新しい冷蔵庫ではないけど良く冷える冷蔵庫です。
e0201926_13363103.jpg

冷蔵庫の上にはケトルとカップがあり、インスタントコーヒーと紅茶がセットされています。ただ、タンジュンサリのバーで、すごく美味しいコーヒーが飲めるので部屋では飲まなかったなぁ。
e0201926_13363424.jpg
e0201926_14512776.jpg


部屋には青と黄色のサロンと、麦わら帽子、ナイトウエアが用意されています。サロンは洗いこんであるので柔らかくて体に巻きやすい。欲しければホテルのショップに売っています。
ナイトウエアの前身頃が2重になっているので透けないし、肌触りも気持ち良くてお気に入り。
e0201926_14505890.jpg

何度もリノベーションをしているけど、バリのホテルの中では老舗になる古いホテルです。
完璧なメンテナンスをしているわけではないので、バリ濃度も高めだし趣きがあるのだけど、古いものが苦手な人には抵抗がある質感なのは確か。
しかし、熱いお湯がいつでもたっぷり出て、排水もしっかりして、エアコンも冷蔵庫もよく冷え、部屋の清掃も早い時間に完了して、ターンダウンもきっちりセットして、敷地内の植栽もしっかり手入れされ、ホテル前のビーチはタンジュンサリだけの穏やかな時間が流れ、プールの水質管理もきちんとして、美味しいコーヒーと朝食がある。必要なものはちゃんと揃っています。
同じ価格帯でもっと豪華で大きなプールがあるホテルはバリの中にたくさんあると思うけど、ひたすらのんびりとした豊かな時間を過ごせる何かがタンジュンサリには備わっているのを改めて感じた今回の滞在でした。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-05 15:10 | Tandjung Sari
サヌールでぼんやりと
e0201926_09575157.jpg

新婚さんと一緒にハネムーンちうw
酔っぱらって本性だしたお義母さんのこと嫌いにならないでね(涙)>お嫁ちゃん
ウルワツのショーパブも楽しかったで。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-05-07 09:56 | 旅行中
タンジュンサリのガラディナー
e0201926_13530672.jpg
久しぶりにバリ島ネタです。それもかなり前の話なので、個人的な思い出の記録としてご覧ください。
2010年12月31日はサヌールにあるタンジュンサリに宿泊していました。大晦日のその夜はホテル主催のガラディナーがあります。
その年はギリギリまで催行するか否かホテル側からの案内がはっきりしない年でした。キッチン&レストランのリノベーション中だったので、通常のガラディナーができるかどうかを検討していたと聞きました。
結局この年は予約制のコース料理になっていて、財団でバリ舞踊を習っている子供たちによるダンス鑑賞&生ガムラン演奏を楽しみながらのディナー。
ダンスの後半から激しい土砂降りになり途中で中止になってしまって、一生懸命練習してきた子供たちがかわいそうでした。

各テーブルには予約したゲストの名前が書いてあるカードが置いてあります。タンジュンサリのオーナーのコレクションのオールド・バティックが贅沢に使われたテーブルウエアは圧巻。
e0201926_13533006.jpg
e0201926_13533900.jpg

e0201926_14123041.jpg
e0201926_13533643.jpg

いつもプールサイドで練習している子供たちの晴れ舞台が見れたのはとってもいい思い出になりました。
e0201926_13535793.jpg
e0201926_13540653.jpg
e0201926_13542613.jpg
e0201926_13543533.jpg

もう食べたものの記憶がはっきりしていないのですが、ゆっくり時間をかけてディナーを楽しんだことだけは確か。
e0201926_14134401.jpg
e0201926_14135027.jpg
e0201926_14135823.jpg
e0201926_14135497.jpg
e0201926_14140288.jpg
e0201926_14140621.jpg

カウントダウンまでここで楽しみたかったけど、大雨がすごくてバンガローに行く道がふくらはぎ位まで水がたまってしまったので、お気に入りのサンダルを脱いで裸足で部屋に戻りました。

部屋に戻ったらすぐにバスタブに熱いお湯をはって、しばらくはソファでごろごろしながらおしゃべり。
大雨でWiFiの電波が拾えません。お風呂に入ったら眠くなっちゃって、約束していたカウントダウンを待たずに夢の中。。。
e0201926_14190571.jpg

12時になったら大きな花火がドンドンあがっていた音が聞こえていたけど起きれなくて・・・
花火もけっこう遅くまで何度もあがっていました。道路を渡ったところにあるパブからもライブの演奏がずっと聞こえているので、大晦日の夜は覚悟して泊まった方がいいかも知れません。(笑)



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-27 14:26 | バリ旅行記
タンジュンサリ / ガーデンシービューバンガロー#24(2)
e0201926_2012326.jpg

ガーデンシービューバンガローの水回りです。
ベッドの枕側にある壁向うがバスルームになります。
特に扉があるわけではないので気配や音がしますが、ぐるっと回りこまないと見えません。

バスタブはヴィレッジバンガローのものよりも容量が大きいので溜まるまでけっこう時間がかかりました。
中庭が見える大きなガラス窓からは空は見えないけれど、上に茂っているグリーンがいい味を出してました。
お湯の出も排水もバッチリです。熱いお湯はしっかり出ますが、シャワーと併用すると勢いが弱くなるので、バスタブにお湯を溜めてからシャワーを浴びるのがおすすめ。
e0201926_20221723.jpg
e0201926_2023649.jpg

e0201926_2026049.jpg

e0201926_21122991.jpg


バリでは外のシャワーが大好きなので、タンジュンサリではそれが楽しみでした。
e0201926_20242487.jpg
e0201926_20244480.jpg
e0201926_20253050.jpg


外のシャワーブース横にある扉。釘が打ちつけてあるので開きません。
e0201926_20281749.jpg


楽しみにしていた外のシャワーですが、ここでは1回だけしか使いませんでした。
扉の反対側にキッチンからの換気口があるので、部屋のテラスよりももっとダイレクトにキッチンからの排気があるので匂いが強いのと、換気扇の音がかなり大きいのが気になりました。
ちょうどキッチンの裏口になるのですが、人の気配があるのも気になりました。

昼間は木漏れ日を感じる明るいバスルームになり、夜のターンダウン時にはブラインドを閉めてくれるので、気にしないでバスルームを使えます。

バスタブの隣の扉を開けると、室内のシャワールームがあります。今回はこちらばかり使っていました。シャワーの水圧も外よりこちらの方が強かったので使いやすかったです。
e0201926_20361665.jpg
e0201926_20364955.jpg


トイレには扉がついています。。。が、閉めると若干閉塞感があって怖かったので、視界に入らないバスルームの隅にあるし~って事で扉を閉めずに使っちゃいました。
e0201926_20412280.jpg


トイレと外のシャワー出入口の間にある大きな棚。
バスタオルとバティックのポーチに入ったドライヤーがありました。
上の壁にある小窓にはミラーがはってあるのですが、一か所透かしになっていて外が見えていたのが気になって、滞在中はそこに紙を置いておきました。
e0201926_204213100.jpg


ジェンガラの容器に入った、シャンプーとコンディショナーとシャワージェル。
e0201926_21144411.jpg


洗面台もL型になっていて広いので、ふたりで同時に使っていても邪魔になりません。
e0201926_2114462.jpg
e0201926_2115451.jpg

e0201926_21291252.jpg
e0201926_2129435.jpg


アクアの入れ物もコップの蓋も、バリらしいアタのもの。
e0201926_21254295.jpg


ベッドルームからバスルームに移るコーナーにクローゼットがありました。
クローゼットはヴィレッジバンガローよりも広くて使いやすかったです。
e0201926_2126382.jpg
e0201926_21265879.jpg
e0201926_21273333.jpg


ジェンガラのキャンドルホルダーはクローゼットの横にありました。
e0201926_2128499.jpg


ビーチ・プール・レストラン・バーに近かったのが、やっぱり便利なガーデンシービューバンガローでした。
垣根からちらっと見えるプールやビーチの存在感は思っていたよりも大きかったです。
テラスからの景色は、一日中どの時間帯もタンジュンサリらしいリゾート感で溢れてました。
その2点はヴィレッジバンガローよりも大満足。
ただ、ヴィレッジバンガローにはない外の大きなテラスの居心地とアウトドアシャワーが、キッチンからの排気と換気扇の大きな音で快適度がかなり下がってしまったのは残念でした。
次回泊まるとしたらどうするか?
きっとどの部屋でもタンジュンサリを楽しめると思うので、再訪までのお楽しみです。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-05 21:37 | Tandjung Sari
タンジュンサリ / ガーデンシービューバンガロー#24(1)
e0201926_1533258.jpg

タンジュンサリに泊まるのは3回目。今回の旅行ではウブド(グリーンフィールドバンガロー)もサヌール(タンジュンサリ)もプールやレストランに近い部屋をリクエストしておきました。
タンジュンサリでは、ガーデンシービューバンガロー(#24)がいちばんプールに近いので部屋番号指定で予約。
観音開きの小さな門から中に入ります。

かわいいウサギのドントディスタブの札は使わなかったな~。
e0201926_14481650.jpg


テーブルセットとデイベッドがあるテラスでのんびりと寛げます。
e0201926_14502284.jpg
e0201926_14504836.jpg


垣根越しから遠くに海が見えました。
e0201926_14514657.jpg


天井にファンがあるので、暑い時期でも大丈夫です。
e0201926_14523698.jpg


テラスから門扉を眺めたところ。
門扉はあっても塀はありません。塀の代わりにグリーンが生い茂っているので人目は感じませんでした。
e0201926_15103243.jpg

e0201926_14545221.jpg


ガラス窓から部屋の様子は見えるけど、この窓は開閉できません。
でも、部屋からこのガラス窓の向うの景色がとても好きでした。
e0201926_14572987.jpg


ちょっと残念だったのは、このソファの壁向うにキッチンの換気口があって、壁の上部のすき間から調理中の匂いが流れてきました。
換気扇の音もかなり大きく響くので、そういうのに敏感なゲストには向いていない部屋だと思います。
e0201926_14594239.jpg


ただ一日中そんな感じっていうわけでもないので、日中ビーチやプールでのんびりしている私達はそんなに神経質にならずに過ごしていました。
e0201926_1582685.jpg


部屋に入るドア。思いっきりバリなドア。ロックも南京錠です。
e0201926_15364070.jpg


入口を入るとベッドルーム。リノベーションしたのかな?真っ白い壁がきれいな明るい部屋です。
タイルに模様がないせいなのか?コテコテのバリらしい家具や調度品がないせいなのか?ヴィレッジバンガローよりもタンジュンサリらしいアンティークな風情が少ないように感じました。むしろ清潔感があるので、部屋の中の居心地はこちらの方が好みです。
e0201926_1512134.jpg
e0201926_15122449.jpg
e0201926_15125046.jpg
e0201926_15132567.jpg
e0201926_1514212.jpg
e0201926_15141324.jpg
e0201926_15144127.jpg
e0201926_15151721.jpg


部屋の中にもテーブルセット。そしてウエルカムフルーツとウエルカムバックレター。
それまでのウエルカムバックの絵葉書ではありませんでした。
e0201926_15241357.jpg
e0201926_15243544.jpg


ミニバーと冷蔵庫があります。
e0201926_15251394.jpg
e0201926_15253285.jpg
e0201926_15261234.jpg


セクシーさはないけれど(笑)着ると意外と着やすいナイトウエア。
e0201926_15275366.jpg


タンジュンサリのゲスト着用率が非常に高いサロン。あと他に麦わら帽子もあります。
e0201926_15301666.jpg



続きます。。。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-05-05 15:38 | Tandjung Sari
タンジュンサリの朝食(2013年4月滞在時)
e0201926_2143741.jpg

ビーチとヤシの木を眺めながらのんびりと朝食を食べるのが、タンジュンサリに泊まる理由のひとつ。
2年ぶりに泊まったら、朝食のメニューがだいぶ変わっていました。
聞いてみたら、最近新しいメニューに変わったそうです。

今回はどこに行っても今が旬のスイカジュースばっかり飲んでいたよおな?
バリではスイカジュースが美味しいって教えてくれたお兄さんを思い出しながら味わって飲みます。
e0201926_21105344.jpg


ベーカリーの中から、クロワッサンとチョコレートマフィンを選びました。
チョコレートマフィンの中にはオレンジピールが混ざっていてとても気に入りました。
この日はバターとイチゴジャムとオレンジマーマレード。
e0201926_233589.jpg


ビーフステーキ(80g)と目玉焼きのプレートは新しいメニューのもの。
これをメニューの中に見つけた旦那様大喜び。
小ぶりでS&Pで味付けしたシンプルな朝食らしいステーキです。
トースト・ハッシュポテト・ベイクドトマト・チリビーンズがついています。
e0201926_21204860.jpg


キッシュもいろいろ選べて、私はサーモンを。
グリーンサラダとトマトも一緒に。
今思い出してもまたこれが食べたい!って思うくらい美味しかった~。
e0201926_2123295.jpg


朝からゴージャスなテーブルです。
プレートにもタンジュンサリのお花の絵があるのがわかりますか?
タンジュンサリらしい素敵なお皿。
e0201926_2126532.jpg


タンジュンサリのナシゴレンは、ご飯がパラパラしていて油っぽくないので大好き。
ちょっとポーション少なめなので足りない人もいるんじゃないかな?
味も見た目ほど濃くないので、小皿のチャベいりのケチャップマニスを混ぜて調節します。
e0201926_21302779.jpg


デイリーでオーダーできるようになったナシクニン。
タフ(お豆腐)・テンペ・ココナッツ・アヤム(鶏)を使ったあまり辛くないバリ料理なので、朝食で食べるにはナシチャンプルよりも優しい味。
e0201926_2139573.jpg


リコッタチーズのパンケーキもいくつか選べたのでストロベリーに。
ふわふわして美味しいパンケーキですが、リコッタチーズの?と言われると思っていたのと少し違うような気がしないでもないけど、美味しいからいいのいいの。
e0201926_21425584.jpg


新しいメニューブック。(2013年4月情報)*クリックで大きくなります*
e0201926_21515815.jpg


いつまでものんびりコーヒーを飲んでいたくなるレストランです。
e0201926_2144427.jpg
e0201926_21442795.jpg
e0201926_21452775.jpg


またね、タンジュンサリ。
e0201926_222491.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2013-04-27 22:04 | Tandjung Sari
サヌールならお約束の~ごん太でラーメン
e0201926_10543462.jpg

サヌールのホテルをチェックアウトする前に、ハーディースの中から通りをはさんで目の前に移転したごん太でラーメンを食べなくてわ!昔懐かしい醤油味のラーメンとマスターと話をするのが、サヌールに滞在した楽しみのひとつでした。

遠くからでもよく目立つラーメンの旗と赤提灯が目印です。ごん太さんはいつも清潔ですが、新しいお店なのでピカピカでした。相変わらずマンガや本がいっぱいあります。今度来る時に借りて読んでみたい本がたくさんありました。
e0201926_10592765.jpg


いつもの醤油ラーメンと餃子をオーダー。バリでこれだけの味を出せるなんて素晴らしい!
最近は豚骨系のラーメンよりも醤油ラーメン派なんだけど、ごん太さんの醤油ラーメンのスープが大好きなんだわ~。
e0201926_1122079.jpg


マスターとのお話も楽しいし、ラーメンも美味しいし、今度は2号店でゆっくり飲みたいな。もちろんシメはラーメンで!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-12-13 11:09 | バリ旅行記
赤提灯にひかれて~漁師@サヌール
e0201926_10202443.jpg

プールで目いっぱい遊んで、SPAでがっつり揉まれて、ホテルの部屋でぐったりと寝た後は、ちょい胃もお疲れめなのでジャパーンな感じの居酒屋な気分。
ホテルから歩いて行ける「ここや」と「漁師」を迷って、小鉢メニューが多い「漁師」に行く事にしました。


まずはビンタンビールで乾杯~。設定モード間違えて変な色だけど気にしないでー。
e0201926_10432971.jpg



いきなりお味噌汁ww 疲れた胃にはやっぱりお味噌汁だよね。
いんげんの胡麻和えとおしんこも。
e0201926_10445690.jpg



旦那様オーダーの焼肉。小盛りなので、つまみにはちょうどいい量です。
e0201926_10462268.jpg



ポテトサラダも。マヨネーズが日本と違うからなのかなぁ?思った味と違うけど、これはこれでいいつまみです。
e0201926_104874.jpg



きんぴらごぼうが美味しかった!こんなのをチビチビとつまみながら~のビンタン追加で今宵も楽しい宴でっす。
e0201926_1049345.jpg



〆にはざるそば&天ぷら盛り合わせ。冷たいお蕎麦ってバリでものすごく食べたくなる一品です。
e0201926_10505176.jpg



左側のお座敷でのんびり飲みたかったけど残念ながら満席・・・って、テーブル席でものんびり飲んでいたのはどこの誰なんだよおw
ちぃっと蚊が多かったので、行く時には蚊よけローションをしっかり塗って、お店の子に蚊取り線香を足元につけてもらえば問題ないでしょう。
e0201926_10541556.jpg



漁師はどこの漁師も大好き!また来るね~!
e0201926_1055048.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-11-11 10:55 | バリ旅行記
プリサントリアンで過ごした午後
e0201926_032047.jpg

懐かしーいプリサントリアン前のビーチ。ここに来たのは8年ぐらい前だったかな。
初の姉妹旅でもあり、娘の初バリでもあり、とっても大切な思い出がいっぱいなプリサントリアンです。

オアシス・サヌールに足りないもの・・・・・・ビーチとSPA。
無いならある所に行けばいいっしょ!って事で、同じサヌールのあるプリサントリアンに行きました。
日本からCISさんで予約していたので、オアシス・サヌールにプリサントリアンからお迎えの車が来てくれたので楽ちん。
どうしてここのSPAにしたかって言うと、ホテルプールやビーチも利用可能だったから。
SPAの予約時間よりも3時間程早く迎えに来てもらって、のんびりとプールやビーチで過ごし、その後にSPAをしてホテルに送ってもらって~~の癒され度マックスなプランでした。
e0201926_0152465.jpg



まず最初にSPAフロントで受付をして、SPA内のロビーでウエルカムドリンク(オレンジジュース)をいただきます。なんか子供の頃に飲んだプラッシーみたいな味がしたんだったわ。
e0201926_0182938.jpg



ここがそのロビーなんだけど、ホテル内のSPAでこんなに人がいっぱいなのって珍しいと思うくらい大人気のSPAでした。インハウスゲストももちろんだけど、シーウォーカーとセットのプランで来てる団体や、ここのSPA目的で来てる外部からのゲストなど、予約なしじゃ無理な感じ。
e0201926_0234622.jpg



受付したらプールサイドで使うビーチタオルをもらってプールに行きます。
ただし、私達が使えるプールはSPA前のプールのみ。サンケンバーがある大きなプールはダメだそうです。
こっそり行ってもわからんじゃろーって思っても、私達の使うビーチタオルでバレてしまうのであった。。。
ちなみに写真に写ってる一番手前のベージュ色のクタクタタオルが、SPAしに来たけどプールもちょこっと貸してくだせーチームのもの。アウェイ感バリバリっす(汗)
e0201926_029133.jpg



でもね~ここのプールはこじんまりしてるけど、静かだし、人も少ないし、ホゲホゲできる浅瀬もあったりで居心地良かったから満足じゃ。
e0201926_0313835.jpg



この日はお天気が良かったので、まさにプール日和ビーチ日和。のーんびりとしたサヌールのビーチは大好き!
e0201926_033766.jpg



8年前に来た時は、遊歩道もなくこんな洒落たイスもなかったのよね。こんな素敵なビーチサイドだもん、プリサントリアンが人気でなかなか部屋が取れないのがよくわかります。
e0201926_035276.jpg



プールで泳いだり、日向ぼっこしたり、日陰で本を読んだりしているうちにお腹がすいてきちゃった。
本当はSPA前なので食事はしたくないんだけど、軽ーくピザを旦那様と半分こ。
この時はビンタンビールじゃなくってあったかいジンジャーティーにしたのは、ビーチからの風が強くなって濡れた体が冷えてしまったから。
ルッコラとモッツァレラのピザは薄焼きパリパリタイプだったけど(もっちり好きなんす)美味しかったよ。
e0201926_0411452.jpg



サヌールのビーチ沿いをズズズーーと通っている遊歩道。
e0201926_0444491.jpg



バンドも演奏しててリゾートな雰囲気でいっぱい。
e0201926_045913.jpg



風が強いからビニールの幕が張ってあるけど、のんびりと海を眺めながら食事ができる素敵なレストランです。
e0201926_0464140.jpg



食後もここでジンジャーティー飲みながらのんびりと過ごして、時間になったのでSPAに行きました。
ロビーに飾ってあったこれは全部スパイス(しょうがスライス・クローブ・ペッパー・コーン・ナツメグ・キャンドルナッツなど)で作ってあったもの。
e0201926_0492597.jpg



こちらがSPAルームです。外からの空気や光を感じる爽やかな部屋でした。
クローゼットやシャワーブースやバスタブもあるので、全部ここで済むのが便利。
ただ貴重品をしまうセイフティボックスがないので、大金などは持ち込まない方がいいのかも知れません。
私は最初の受付時にSPA料金を支払っておいたので、ちょこっとだけの小銭だけだったから平気だったけど、最終日のツアーとかだと心配になってしまうかも知れません。
e0201926_0555387.jpg



SPAメニューはいろいろあって悩んだけど、スクラブで時間をおいたりするのが嫌だったので、ボディビートというメニューにしました。
•シーソルト・フット・バス
•フット・リフレクソロジー
•バリニーズ・マッサージ
•ジンジャーティー
e0201926_0594746.jpg



絶品!って言う程ではなかったけど、がっつりプールで泳いだ後のマッサージは気持ちいいよね。
ま、ま、これも相性だと思うし、旦那様の方が相当気持ち良かったようで大満足してました。
海を眺めたりしながらプールや食事をしてから~のSPAって、そこのホテルに泊まっていないと出来ないけど、プリサントリアンのこのプランだったら海もプールもSPAも楽しめるので良かったと思いました。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-11-11 01:10 | バリ旅行記
サンデーマーケット@カフェバトゥジンバー
e0201926_11523189.jpg

ちょうど日曜日にサヌールに滞在していたので、この日は迷わずオアシス・サヌール目の前になるカフェ・バトゥジンバーでGO!
オアシス・サヌールで軽い朝食(フルーツ・ヨーグルト・ジュースのみ)を食べている時から盛況な様子が見えていたので、その時からサンデーマーケットでナシチャンプルをブンクスする気マンマン。


イブに「ブンクス1個とこっちのお菓子もね」って言えば作ってくれますが、けっこう順番通りじゃないので「あたしめっちゃお腹すいてるの。早くちょーだい」アピールをしないと、ずんずん後回しになってしまう危険ありw
ナシチャンプルだけでなく、この写真手前のオタオタ(葉っぱにくるんで焼いてあるやつ)とか、おかず1品大量買いとか何でもありな世界。
e0201926_1204135.jpg



魅力的なバリのお菓子もいっぱい!うーー今頃サヌールにいるならコレもっと食べたい~
e0201926_1221152.jpg

e0201926_1223664.jpg



・・・って事でブンクスしてきたのを、オアシス・サヌールの部屋でいただきます。目の前だからまだほっかほかだよ。
e0201926_1241264.jpg



1個目をパカッ!ナシチャンプルです。手前のテンペと野菜の煮込みとか、奥にあるモヤシのあえ物が美味しかったな。
大きなきゅうりの上にのってるのはサンバル。これもフレッシュで美味。
チキンとビーフのおかずもちょこっとつまんだけど、うーーん食べれなかったわ=お肉食べれない人
e0201926_12992.jpg



2個目はバリのお菓子。作りたてのクレポンは美味しいよね。丸いのはパンダン入りのケーキにクリームが入ってるもの。
e0201926_12102655.jpg



朝食が美味しいホテルに泊まってる時にはなかなか来れないカフェ・バトゥジンバーのサンデーマーケットだけど、朝食をパスしてもいいからここにはまた来たいな。特に美味しかったクレポンは買わなくちゃ~!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-11-05 12:21 | バリ旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin