「ほっ」と。キャンペーン
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:BALI++ウブド ( 27 ) タグの人気記事
Top▲ |
pignou di penyu / ピグニュー・ディ・プニュ / ウブド
e0201926_09391447.jpg
クブン・ビストロができる前はよく行ってた、ゴータマ通りのpignou di penyu。フランス人のマダムがやっている家庭的なレストランです。
カジュアル・フレンチのレストラン?と言うよりも、フランスの家庭料理をベースにちょっとアジアンにアレンジされた料理もあるレストラン。


半オープンエアのフロアには、ちゃんとクロスもナプキンもセットされたテーブル席ですが、ここはドレスコードもないカジュアルなお店なので、気軽な服装で大丈夫。むしろそんな人ばっかりです。
e0201926_09392211.jpg

雨が降っていなければ、外のテラスで夜風に当たりながらゆっくり飲むのも気持ちがいいです。
e0201926_09392699.jpg

たま~にすっごく塩辛い時があるので、煮込み系とパテ・ド・カンパーニュはチャレンジメニューかも?
いつも美味しいなぁ~と思うお気に入りは、サラダ・ニソワーズとフレンチ・ナシゴレンです。
サラダ・ニソワーズは、オリーブ、堅ゆでたまご・ツナ・アンチョビがはいった好きなタイプのもの。
フレンチ・ナシゴレンは、クリームを使ったリゾットのような味です。
どちらも量がとても多くひとりではとても食べきれないので、1皿ずつオーダーしてふたりでシェアしても満腹でした。
e0201926_09393196.jpg
e0201926_09393314.jpg

木の枝がじゃまして看板が見えにくいので、よく見ないと見逃しちゃうかも。ゴータマ通りから見るとこんな感じです。
e0201926_09394126.jpg

フレンチ・ナシゴレンはここしかない味なので、また食べに行ってみたいなと思います。お腹が空いている時に!(笑)


pignou di Penyu
Jl Goutama 5, Ubud, Bali
ランチ・ディナーともに営業
日曜日はお休みです


[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-24 23:50 | バリ旅行記
Kebun Bistro / クブンビストロ / ウブド
e0201926_01550666.jpg
ウブドでとっても好きなレストラン Kebun Bistro。何度か行った分の写真をまとめておきます。

ハノマン通りの真ん中ぐらいにあってお店の雰囲気が素敵なのと、気が利くスタッフの感じがいい。お洒落な内装だけど、お店はカジュアルで気取ってない雰囲気なので気楽に入れます。
エアコンが効いている室内と、半オープンな作りのパティオのようなところがあるので好きな方でどうぞ。
半オープンな方は喫煙可能ですが、まわりの状況次第って感じかな?フランス人が多い時だとスモーカー率高めです。
e0201926_01550926.jpg
e0201926_01565805.jpg
e0201926_01570441.jpg
e0201926_01570071.jpg
e0201926_02011126.jpg

このお店がいいところは、ちゃんと空調管理したワインセラーがある事。ワインの金額もバリにしては安めだと思います。
e0201926_02010609.jpg
e0201926_02063034.jpg

日替わりのグラスワインもあるので、さくっと1~2杯を軽くタパスと一緒に飲んで次の店へ~ってのもアリ。
e0201926_02091451.jpg
e0201926_02091626.jpg



暑ーい日はよく冷えたビンタンもアリです!

e0201926_02043778.jpg

でも個人的に好きなのはサングリア。フルーツやワインもそのたび違うので違いを楽しみます。
e0201926_02064542.jpg

e0201926_02055621.jpg



これまで何度か行ったけど、当日でもいいので予約した方がいいと思います。いつもほぼ満席なので、席が無くて帰ってしまう人が多いです。

e0201926_02005359.jpg




サラダ・ニソワーズ 
e0201926_02060159.jpg




グリルチキン
e0201926_02060509.jpg




フリットはベルギー風にマヨネーズとケチャップつけて食べます
e0201926_02061009.jpg




シンプルに焼いたチキンはサラダに追加するためにオーダーしたもの
e0201926_02064086.jpg




クラシックエスカルゴ
e0201926_02063624.jpg




マカロニチーズ♡これ大好き
e0201926_02065269.jpg




オニオングラタンスープ
e0201926_02065853.jpg




ファーマーズボード(チーズ・プロシュート・サラミ・パプリカのマリネ・オリーブ・バゲット)
e0201926_02082973.jpg



ここには2度バースデー当日に来たことがあるのですが、私が知らないうちにバースデーケーキを頼んでくれててびっくり・その1
いきなりお店のライトが暗くなって、お店の中にいた見ず知らずのお客様達がハッピーバースデーの歌を歌ってくれてびっくり・その2
私がトイレに行って席を外した時に旦那様がまわりの人にお願いしてくれた事も、それを一緒にやってくださった方々に感謝感激した夜でした。
e0201926_02070246.jpg



ウブドにあるビストロなので、スミニャックやクロボカンにあるような洗練されたお洒落ではないけれど、お店やスタッフの雰囲気があったかいのもここが気に入っている理由です。
ここで落ち着いてワインをがっつり飲むのもいいし、日が暮れたばかりの早い時間に来てタパスとグラスワインでサクッと飲んで2軒目は違うお店に行くのもいいし、お酒を自分の好きなペースで飲めるお店です。



Kubun Bistro
Jl Hanoman 44 Ubud,Bali, 80571
TEL : 361 479 2077



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-23 23:46 | バリ旅行記
MELTING WOK WARUNG / メルティング ウォッ ワルン / ウブド
e0201926_10493283.jpg
ウブドではいつもバイクをレンタルしているので目的地にサッと着くのはいいのだけど、寄り道しながら町歩きの方が本当は楽しい。
市場近くのノマドの前でバイクのエンジンを切って、ゴータマ通りにたくさん置いてあるバイクの横に置いてウブドの町をお散歩しました。

バイクを置いて歩いていると、レストゥ・スパのアルジャナさんが「おぉ~(笑顔)今日はマッサージどうだい?」って声をかけてきたけど、あいにく午前中にSPAしてきたばっかり。予約無しでアルジャナさんのマッサージができる貴重なタイミングだったのに残念。

「どこかでランチにしよーよー」と歩いていて目に止まったのが、メルティングウォッワルン。
いつも混んでいるのに、この日はガラガラ。レストゥ・スパといい、この日は空いている日みたいね。
e0201926_10493802.jpg
e0201926_10494125.jpg



まずはドリンク。ミントジュースとアイスカプチーノ。ガムシロップは別添えなのがいいね。

e0201926_10494996.jpg

Today's Special は黒板に書いてあります。メニューブックに書いてあるのと迷ったけど、今日のおすすめのポークカリーのライスと、同じポークカリーのヌードルをオーダーしました。
ラオス料理との事ですが、ココナッツミルクのカリーが大好きなのでとっても美味しかった~。
一緒についてきたアチャールもちょうどいい辛さで美味しかったです。
e0201926_10495332.jpg
e0201926_10495575.jpg

近くのテーブルの人が食べていたクレープも美味しそうだったんだけど、量が多いのでお腹いっぱい。次に行った時にクレープを食べよう!って思ってたのに、5月に行った時にはもう忘れてたw
次回(いつだ?まったく未定)ウブドに行ったら、クレープ食べに行かなくちゃ。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-21 11:14 | バリ旅行記
Pita Maha / SPA

e0201926_11254464.jpg

ピタマハに行ったら絶対にやりたかった事がピタマハのSPAでした。
15年前に泊まった時に、ここでSPAをしました。プールから見える景色を写真に撮ろうとして、カメラ(当時はフィルムカメラ)を持ってプールの中の浅瀬を歩いていたら、急に深いところでカメラごと沈んでしまったのです。当然カメラは水没で壊れて、せっかくの旅行の写真も撮れなかった苦い思い出がありました。
たぶんそれがあったから、「バリ島にまた行って写真を撮らないと!」と言う思いがリピーターの第一歩だったんじゃないかな~と思います。

当時はプライベートプール付きのスパヴィラは珍しく、街スパやビーチマッサージがとても安かったので、ピタマハのSPAは高い印象だったはず。
今は他の高級ホテルのSPAがかなり高額なものもあるせいか、ピタマハのSPAの金額が安く感じました。
Spa Escape Package
US$150++ / 120min / 2P
 *プライベートスパ内全施設の利用(プール・ジャグジー・サウナ・シャワー)
 *トラディショナルトリートメントのメニューの中からお好みをひとつ選ぶ
 *ジンジャーとジャスミンティーのハーバルドリンク
 *スパギフト
 *終了後テラスレストランにてコーヒー&ティー
 *ウブド内無料送迎
 *ふたり分の料金
ホテル内に一部屋しかないスパヴィラなので、日本から予約をしておきました。


SPA開始時間の30分前に「あと5分でお部屋に迎えにまいります」と部屋に電話が入り、スタッフが部屋まで迎えに来て一緒にスパルームに行きました。
私達の部屋からだと敷地の外れにあるスパルームまで階段を降ります。
e0201926_11242524.jpg


「写真を撮りましょう」とスタッフが声をかけてくださった時に、「前にここに来た時にカメラをプールに落としてしまって、その時の写真が無いんです。だから今日は防水カメラを持ってきたんですよ」と言ったら「バグース!」とみんなで大笑い。
ベッドの天蓋や配置、新しいバスルームなど、以前と変わった話も盛り上がりました。
室内と野外の好きな方でSPAができるので、野外でお願いしました。階段を降りて野外のバレに行きます。
e0201926_11243091.jpg

e0201926_11243638.jpg

旦那様の担当が創業当時からいるベテランスタッフで、私の担当は数年前からいる若い女性でした。
マッサージの力加減は普通でリクエストしましたが、他でやるマッサージと比べてかなり強めで丁寧なマッサージでした。予想以上に上手で気持ちいいマッサージに大満足。
e0201926_11244473.jpg

e0201926_11245008.jpg

e0201926_11251652.jpg


バレのまわりにいる豚の石造がとっても懐かしかった。やっぱりかわいいです。
e0201926_11245577.jpg

e0201926_11245819.jpg

e0201926_11250325.jpg

e0201926_11251071.jpg


好みのオイルを使ったバリニーズマッサージが終わるとシャワーを浴びて、水着に着替えてプライベートプールでのんびり過ごします。「1時間自由に使って下さい」と言われたので、サウナも入らずずっとプールやジャグジーで遊んでいました。

前に来た時は、渓谷の対岸の尾根にはあまり人がいなかったので、すっぽんぽんで泳いでも平気でしたが、今ではお散歩の人気コースなのでわりと人が通ります。思ってたよりも距離が近かったので、今は水着を着た方がいいかも。時間もわからないので、時計も持って行った方がいいです。

メインプールもいいけど、ピタマハでいちばんいい場所にあると思うのはこのSPAのプライベートプールなんじゃないかな?泳いでいる目の高さにジャングルが茂り、日の当たる森の中に包まれているような感覚。午後になると日陰になる位置なので、SPAの予約は午前中がおすすめ。
e0201926_11252161.jpg

e0201926_11270868.jpg

e0201926_11262118.jpg

e0201926_11270433.jpg

e0201926_11263128.jpg


上を見上げるとスパルーム。スパルームからもいい景色が眺めることができます。
e0201926_09541526.jpg


以前奥にあったフラワーバスは無くなり、その代わりに日光浴ができるデッキチェアが置いてありました。
e0201926_09542549.jpg


15年前、プールに沈んだ時に見えた水の中から上を見上げた画像を再現w 当時の悲しい気持ちを思い出す。今はもう悲しくないよ~。
e0201926_09550712.jpg


時間になったので上の部屋で着替えて部屋を出るとスタッフが外で待ってました。いただいたギフトはお香セットとピタマハのポロシャツです。前はキャップをもらったなぁ。
e0201926_11274224.jpg


テラスレストランでコーヒーか紅茶をいただける事になっていましたが、面倒なので私達の部屋まで持ってきてもらうようにお願いしました。「暑い暑い」って言ってたら「冷たいジュースにしましょうか?」とのお気遣いもさすがピタマハ。
e0201926_11275843.jpg


もっと早くに行けたんだけど、いろいろ遠回りをしたからこそ気づけたピタマハの良さ。今でも日本語を話せるスタッフがいるし、ベテランスタッフの物腰柔らかなサービスや、メンテナンスが行き届いた設備、長年手入れされてきた植栽、そしてこの場所で感じるいい気の流れ、それら全てがピタマハの居心地の良さに繋がっているのだと改めて感じた滞在でした。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-19 10:43 | Pitamaha
Pita Maha / 朝食
e0201926_11224276.jpg
ピタマハでの朝食は敷地の一番上にあるロビーと同じところにあるレストランでいただきます。
ルームサービスでもお願いできますが、レストランからの景色が素晴らしいので、頑張って階段を上がってレストランで朝食を食べることをおすすめします。


部屋を出たらこの階段を上がります。苔むした石がピタマハらしい風情。初めてここのピタマハに泊まった時はこの雰囲気が怖くて「帰りたい」って言ったのを思い出して、旦那様とその時と今の違いに大笑い。
e0201926_11215422.jpg
e0201926_11220166.jpg


昔はここにライブラリーとツアーデスクがあったはず。今ではアフタヌーンティーサービスをいただけるラウンジとビジネスセンターになっていました。
当時は小さな池が建物の中にあって、飛び石づたいにトイレに行くようになっていましたが、今ではその池はなく、そのままトイレに入れるようになっています。
e0201926_11232634.jpg
e0201926_11232919.jpg
e0201926_11280713.jpg

階段を上がると右手にロビー、左手にレストランがあります。スタッフから「スラマッパギ~」と声をかけられて席に案内されました。
e0201926_11223018.jpg
e0201926_11221381.jpg
e0201926_11221718.jpg

遠くにアグン山。ボダッマリアに向かう散歩道も見えます。初めてこのレストランから見たこの景色に感動した気持ちを思い出しました。
e0201926_11220656.jpg
e0201926_11220917.jpg
e0201926_11222050.jpg

この下にもレストランがあります。上の階と下の階とゲストを分けていて、賑やかなグループ客は下の階のレストランに案内していました。
e0201926_11222489.jpg

「マンゴーがありますよ」とスタッフに教えてもらったので、プルプルのマンゴージュースを!
e0201926_11231986.jpg

前に泊まった時に美味しかった思い出があるフレンチトーストは迷わずオーダー。やっぱり美味しい。
e0201926_11231437.jpg



フルーツサラダと追加のスイカジュースも。完熟の甘いフルーツがとても美味しかった~。

e0201926_11225444.jpg



ミーゴレンはホテルだとこんなに美しく。旦那様にはちょっと少なかったようですが。

e0201926_11230452.jpg



ここから景色を眺めながらゆっくりと朝食の時間を楽しみます。

e0201926_11224890.jpg

ナシゴレンにはとろーりと黄身がこぼれ落ちそうな目玉焼きがのっていました。サテもついています。
e0201926_11285047.jpg

バリに来たのならスイカジュースはお約束ですね!ここはフレッシュジュースが何杯でもおかわりOKです。
e0201926_11285818.jpg

ブブルアヤムもあります。お粥のトッピングとウコンたっぷりのスープは別添えで「自分の好みの量をお粥にかけて食べてください」と。
このスープが入っている器が懐かしい。初めて見た時に昭和のカレーライスを彷彿したのを思い出しました。
e0201926_11285688.jpg
e0201926_11291268.jpg

ここから見えるメインプールは渓谷と森に囲まれて本当に美しいです。昔と印象がほとんど変わりません。
e0201926_11223533.jpg

滞在中にホテルでオダランをやっていました。クバヤ姿のスタッフが素敵。お腹もいっぱいになったので、少し遠回りをして敷地内を見ながらヴィラに戻ります。
e0201926_11234020.jpg
e0201926_11234601.jpg
e0201926_11233464.jpg
e0201926_11234311.jpg

ホテル目の前のチャンプアン通りはこの15年でかなり変化がありましたが、ホテル前にある大きな石造は昔のまま。当時、夜は真っ暗なので歩いて行けるインダスまでの道さえ怖く感じたのだけど、今ではヌリスワルンのもっと先まで歩いて行けます。徒歩圏内で食事ができるお店がたくさん増えたのも便利になりました。
e0201926_11281251.jpg
e0201926_11281673.jpg

出掛けてヴィラに帰って来るとターンダウンが済んでます。ベッドの上にはデヴィスリのお守りが置いてありました。最初に泊まった時に、買おうかどうしようか迷った蚊取り線香入れは今はなく、その代わりに電子蚊取り器がセットされてます。当時はデジカメもiPhoneもこの世に存在してなかった時代ですから、ホテル内フリーWiFiがあり、夜のウブドのホテルの写真を残せるのが不思議な感じがしました。
e0201926_11282369.jpg
e0201926_11283445.jpg
e0201926_11282862.jpg



次は思い出深いSPAの記事です。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-18 12:50 | Pitamaha
Pita Maha / Pool Garden Villa / #201
e0201926_11173176.jpg
15年前、初めてのバリ島に来た時に泊まったピタマハにやっと再訪しました。あれから、たくさんのホテルに泊まりましたが、いちばん思い出がある大切なホテルです。私がバリ島が好きになったのは、このピタマハに泊まったからと言ってもいいくらい。

スタッフから「おかえりなさい」と声をかけられ、案内された部屋に行くと素晴らしい歓迎っぷりにとても感動しました。
e0201926_11203453.jpg
e0201926_11202958.jpg
e0201926_11205072.jpg

e0201926_11205360.jpg


以前泊まった時にはなかった天蓋。その後に天蓋付になったのですが、この形の天蓋がいちばん新しいスタイルとの事です。この形だと圧迫感がなくていい。
朝になると、トッケイの落し物が床に落ちているので、アランアランの天井には必要不可欠な天蓋です。
e0201926_11180070.jpg

e0201926_11174617.jpg

e0201926_11175649.jpg


一段下がったところにあるリビングのデイベッドはしっかり寝れるサイズ。
三面フルレングスの窓なのでとても明るいリビングです。
e0201926_11180858.jpg

e0201926_11181835.jpg

e0201926_11182381.jpg

e0201926_11182593.jpg

e0201926_11183242.jpg

e0201926_11184146.jpg

e0201926_11184525.jpg


以前はコーヒーメーカーがあったのですが、コーヒーはインスタントに変わっていました。
e0201926_11185340.jpg

e0201926_11185924.jpg

e0201926_11191133.jpg

e0201926_11190341.jpg



この2本だけチェックイン時にもらえるサービスのソフトドリンクです。
e0201926_11185040.jpg



セイフティボックスは縦長の大きなサイズ。
カメラやタブレットは入るけど、ノートパソコンは無理っぽいです。
e0201926_11191503.jpg



イスがあるドレッサーがあるのはやっぱり便利でした。特にシングルシンクなので余計に。
e0201926_11191943.jpg



スーツケースラックは以前と同じ場所。ベッドの横になります。
e0201926_11192372.jpg


昔のホテルなのでダブルシンクではありませんが、ドレッサーがあるので不便を感じませんでした。
しかも水回りはどこも古さを感じません。水回り全般をリノベーションして、尚且つ手入れが丁寧なんだと思います。
クローゼットの収納量も良かったでした。スリッパとバスローブとプールバッグが中に入ってます。
e0201926_11192742.jpg

e0201926_11193082.jpg

e0201926_11193779.jpg

e0201926_11194079.jpg


半野外のバスタブは以前のままなのかな?と思ってたら、雰囲気は変えずに手を加えてきれいに修正してあります。以前はお湯がしっかり出ないのが不便でしたが、今では熱いお湯がたっぷり出るようになりました。
e0201926_11194422.jpg

e0201926_11194748.jpg

e0201926_11195026.jpg


以前はハイビスカス型の石鹸だったと思うのですが、普通の石鹸に変わってしまいました。香りがちょっと私の好みじゃなかったので、ウブドの町に行ってKOUで石鹸を買ってきて使ったので問題なし。泡々ネットが置いてあったのはいいかも。
e0201926_11195569.jpg

e0201926_11200349.jpg

e0201926_11200049.jpg


部屋の外にあるテラスは日中のリビングとして使っていました。プールに入ったり、ここで休憩したり、外にこのスペースがあるのは快適です。
e0201926_11202131.jpg

e0201926_11204243.jpg

e0201926_11210009.jpg

e0201926_11205714.jpg


部屋のプールの大きさは平泳ぎで3カキくらいなので、そんなにおおきくありません。
メインプールがけっこう混雑していたので部屋のプールばかり入っていました。
部屋のプールでおしゃべりしながら景色を眺めてのんびりしている時間が楽しかったです。
e0201926_11241201.jpg

e0201926_11240917.jpg

e0201926_11235810.jpg

e0201926_11241681.jpg


芝生の上にも寛ぐ場所があるのだけど、蟻が多かったのでこっちは使わなかったな。
e0201926_11210617.jpg


この部屋はメインプール横のデュプレックスヴィラのお隣です。前にヴィラが無い渓谷ビューの景色がとてもいいヴィラでした。
特にきれいなのは夜明けの時間。朝靄からだんだんと空が明るくなっていく空は、ウブドらしい朝でとても清々しかったです。
e0201926_11213481.jpg

e0201926_11214052.jpg

e0201926_11214329.jpg

e0201926_11215051.jpg



・・・続きます。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-17 13:53 | Pitamaha
Kayu Manis Ubud / 1Bedroom Deluxe Private Villa / BILE(2)
e0201926_00120682.jpg
(1)からの続きです。今度は[BILE]のヴィラから外に出た画像になります。
カユマニス・ウブドの客室があるエリアはそんなに急な斜面ではないので、効率を考えたらバギーが通れる道を作った方がいいと思うのですが、フロントから各ヴィラへ続く道は石で作られているので荷物は担いで運んでくださいます。
ヴィラの塀には蔦系の植物が茂り、よく手入れされた南国らしい植物や木が敷地内全体を包み込んでいて、どこを切り取っても絵になる素敵な風景でした。

(1)と同じく写真だけのUPになります。

e0201926_23590945.jpg
e0201926_00132349.jpg
e0201926_00133164.jpg

e0201926_00134077.jpg
e0201926_00140588.jpg
e0201926_00141320.jpg

e0201926_00142116.jpg
e0201926_00143360.jpg
e0201926_00145026.jpg
e0201926_00154495.jpg
e0201926_00154830.jpg
e0201926_00162695.jpg

e0201926_00164335.jpg
e0201926_00164601.jpg
e0201926_00165196.jpg
e0201926_00171018.jpg
e0201926_00171800.jpg
e0201926_00182143.jpg
e0201926_00183072.jpg
e0201926_00183979.jpg

e0201926_00185252.jpg
e0201926_00185785.jpg

e0201926_00190613.jpg
e0201926_00214143.jpg
e0201926_00214849.jpg
e0201926_00231861.jpg
e0201926_00232300.jpg
e0201926_00223122.jpg
e0201926_00222266.jpg
e0201926_00222617.jpg
e0201926_00221924.jpg
e0201926_00233181.jpg
e0201926_00245886.jpg
e0201926_00233789.jpg
e0201926_00251579.jpg
e0201926_00250950.jpg
e0201926_00241400.jpg
e0201926_00243583.jpg
e0201926_00245104.jpg
e0201926_00253192.jpg
e0201926_00252835.jpg
e0201926_00253804.jpg

現地3泊のみの弾丸旅行だったけど、カユマニス・ウブドに3泊だけでも大満足した旅行でした。
アウトドアのリビングやバスルームですが、設備が整っているので快適に過ごす事が出来ます。
フリートランスポート、アフタヌーンティー、ミニバー無料、30分間のマッサージなどが部屋代に含まれていて、連泊特典なども宿泊数に応じてついてくるのも高ポイント。

バリだとUS$500位のプール付きヴィラでもサービスもセンスもいい素敵なホテルがたくさんあるので、他の南国リゾートを調べていくうちに「やっぱりバリにする?」ってなってしまうのが、いつものパターンです(笑)。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-14 00:34 | Kayumanis Ubud
Kayu Manis Ubud / 1Bedroom Deluxe Private Villa / BILE(1)
e0201926_21155456.jpg
かなり前に泊まった記録なので写真だけを2回に分けてUPします。

カユマニス系のヴィラに泊まるのは、カユマニス・ヌサドゥア以来の7年ぶり。
泊まってみて、日本人好みのツボを良く心得てるな~と改めて感じました。
特に日本人スタッフの手厚いサービスやお心配りには逆に申し訳なく思うくらい。
各ヴィラとも広い敷地にベッドルーム・リビング・バスルームがある建物とプールと庭があり、プライバシーを重視したいゲストが好みそうなお籠りアコモです。
宿泊した「BILE」は敷地の中でいちばん遠い場所にあるので、どこに行くのにも歩きます。
フロントに5分、レストランには10分弱ってとこでしょうか。
舗装されていない石の上なので、夜や雨の日はちょっと大変でした。
でもよく手入れされたグリーンの小道のお散歩はそうとう気持ちが良かったのを写真を見て思い出しました。

e0201926_21173471.jpg
e0201926_21173988.jpg
e0201926_21190845.jpg
e0201926_21191791.jpg
e0201926_21201032.jpg
e0201926_21203054.jpg
e0201926_21204759.jpg
e0201926_21205885.jpg
e0201926_21210699.jpg
e0201926_21213073.jpg
e0201926_01174451.jpg
e0201926_01174988.jpg
e0201926_01175753.jpg
e0201926_01180225.jpg
e0201926_01321629.jpg
e0201926_01322868.jpg
e0201926_01320642.jpg
e0201926_01214921.jpg
e0201926_01192129.jpg

e0201926_01194726.jpg
e0201926_01195858.jpg
e0201926_01201092.jpg
e0201926_01202188.jpg
e0201926_01233330.jpg

e0201926_01203035.jpg
e0201926_01230811.jpg
e0201926_01231722.jpg
e0201926_01241030.jpg
e0201926_01234827.jpg
e0201926_01240394.jpg
e0201926_01241741.jpg

e0201926_01242618.jpg
e0201926_01244609.jpg
e0201926_01253882.jpg
e0201926_01261090.jpg

e0201926_01255146.jpg
e0201926_01255635.jpg

e0201926_01262098.jpg
e0201926_01265367.jpg
e0201926_01271010.jpg
e0201926_01271839.jpg

e0201926_01272200.jpg
e0201926_01272942.jpg
e0201926_01273524.jpg

e0201926_01284410.jpg
e0201926_01290219.jpg

e0201926_01291457.jpg
e0201926_01294458.jpg
e0201926_01295410.jpg

e0201926_01295896.jpg
e0201926_01302243.jpg
e0201926_01303569.jpg
e0201926_01304553.jpg

e0201926_01304852.jpg
e0201926_01311778.jpg

e0201926_01312878.jpg
e0201926_01312314.jpg
e0201926_01313210.jpg
e0201926_01314422.jpg
e0201926_01321629.jpg
e0201926_01322868.jpg

(2)に続きます。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-13 01:40 | Kayumanis Ubud
The Chedi Club at Tanah Gajah Ubud / 1Bedroom Suite
e0201926_10475401.jpg
かなり前に泊まった記録なので写真だけUPします。
ライスフィールドビューのホテルだったら、ここが一番いいロケーションなのではないでしょうか。
ウブドの町からほんの少し離れているので静か、広大な敷地に20のスイート、バトラーと多くのスタッフ、とても美味しい食事、大きなプール、ウブド内フリートランスポート、スイート内にあるフリーのミニバーの充実、ホテルに籠ってのんびりと過ごすには申し分のないホテルです。
最近リノベーションを済ませたので、どのようにレベルアップしているのかも気になります。
ここにはいつか是非再訪したいと思っています。


e0201926_11043866.jpg
e0201926_11045023.jpg
e0201926_11050315.jpg
e0201926_11053870.jpg
e0201926_11053418.jpg
e0201926_11054826.jpg
e0201926_11055999.jpg
e0201926_11060442.jpg
e0201926_11065621.jpg
e0201926_11070011.jpg
e0201926_11070869.jpg
e0201926_11071627.jpg
e0201926_11073449.jpg
e0201926_11073907.jpg
e0201926_11074414.jpg
e0201926_11075902.jpg
e0201926_11080215.jpg
e0201926_11092793.jpg
e0201926_11093814.jpg
e0201926_11095246.jpg
e0201926_11100297.jpg

e0201926_11101230.jpg
e0201926_11113596.jpg
e0201926_11114870.jpg
e0201926_11121080.jpg
e0201926_11122395.jpg
e0201926_11122808.jpg
e0201926_11130457.jpg
e0201926_11130818.jpg

e0201926_11131725.jpg
e0201926_11132559.jpg
e0201926_11141118.jpg
e0201926_11153375.jpg
e0201926_11160701.jpg
e0201926_11161442.jpg
e0201926_11162347.jpg
e0201926_11165195.jpg
e0201926_11170122.jpg
e0201926_11171093.jpg
e0201926_11171636.jpg
e0201926_11173745.jpg
e0201926_11174988.jpg
e0201926_11174242.jpg
e0201926_11191575.jpg
e0201926_11195524.jpg
e0201926_11201762.jpg
e0201926_11212636.jpg
e0201926_11203553.jpg
e0201926_11222245.jpg
e0201926_11231119.jpg
e0201926_11232792.jpg
e0201926_11235002.jpg
e0201926_11235569.jpg
e0201926_11241166.jpg
e0201926_11240464.jpg
e0201926_11243152.jpg
e0201926_11244315.jpg
e0201926_11245670.jpg
e0201926_11250866.jpg
e0201926_11251667.jpg
e0201926_11252996.jpg
e0201926_11253950.jpg
e0201926_11254855.jpg
e0201926_11255653.jpg
e0201926_11260131.jpg
e0201926_11261921.jpg
e0201926_11270692.jpg
e0201926_11271674.jpg
e0201926_11273260.jpg
e0201926_11264532.jpg
e0201926_11270911.jpg
e0201926_11274036.jpg
e0201926_11274924.jpg
e0201926_11275952.jpg
e0201926_11280335.jpg
e0201926_11280826.jpg
e0201926_11281872.jpg
e0201926_11281264.jpg
e0201926_11282662.jpg
e0201926_11284883.jpg



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-12 11:34 | The Chedi Club
Green Field Hotel and Restaurant / Bale Semampai #523
e0201926_14423686.jpg
今回のウブドでの滞在先は少し悩みました。最初に迷ったアラムジワもテガルサリも満室かと思いきや、まさかの空室有り。
 *4人で2部屋隣通しの部屋
 *ウブド内トランスポートサービスがあるホテル
 *田んぼビュー
この3つの条件は上にあげたホテルにもあります。
調べていくと、グリーンフィールドの部屋が新しく増設され、大きなプールもできたのがわかり、最終的にグリーンフィールドを予約しました。


今まであったBale Semampai の部屋の先に新しい敷地が広がっていました。今まではレストランの先の部屋に行くのがちょっと面倒だったのですが、更にもっと進むと新しい2階建ての建物とプールとSPAルームがあります。
e0201926_14430586.jpg
e0201926_14431258.jpg
e0201926_14522435.jpg
e0201926_14522861.jpg

プールに向かうと目にする大きな金色の像にちょっとびっくりしますが、こういうのヨーロピアンは大好きですよね。インテリアは各部屋全部変えてあります。マネージャーと話をしていた姉から聞いたのですが、オーナーとマネージャーが自分達でバリ中をまわって選んできたインテリアだそうです。滞在中の客層は、会話を聞いているとフランス語を話しているゲストが多く、アジア系のゲストは比較的少なめです。

ライスフィールド・ビューの新しい部屋をリクエストしたら、予約の段階でNo.521とNo.523との回答。このプールのまわりにプールビューの部屋は少なく、田んぼ側はライスフィールド・ビューの部屋になっています。写真左側にある建物です。(滞在されていたので撮影は控えました)
e0201926_14432080.jpg

私達は、この目の前にある建物2階にある2部屋をブロックしました。
e0201926_14431737.jpg

1階にあるソファは部屋で入りにくいWiFiをひろう場所。
e0201926_14432598.jpg

この階段を上がると予約した2部屋があります。私達以外のゲストは使わない階段なので何となく安心。
e0201926_14432789.jpg

階段を上がると左右にドアがあり、ドアを開けるとテラスに出ます。どちらのドアも鍵がかかるので、このテラスで寝ちゃっても心配なし。
e0201926_14434224.jpg

ここからのウブドらしい景色が眺められます。もちろんサンセットもここから見れます。
e0201926_15084895.jpg
e0201926_15090504.jpg

この部屋は天蓋付のベッドでした。蚊の心配をせずにぐっすり寝れます。新しいので寝具もきれい。ベッドのマットはやや硬めです。
e0201926_15114560.jpg
e0201926_15115487.jpg
e0201926_15120446.jpg

冷蔵庫とミニバーはここ。アクアのルールが以前と変わって、チェックイン時に2本アクアが用意され、その後はレストラン前やロビー前にあるアクアのサーバーから自分で空のペットボトルに注ぎます。
e0201926_15152543.jpg
e0201926_15153187.jpg
e0201926_15153361.jpg
e0201926_15153602.jpg

この冷蔵庫がある窓際がいちばんWiFiの電波が強かったので、テラスに3つあったソファのうちの2つをここまで運び、ネットする時はここのソファを使ってました。ここから見える新しいプールサイドはWiFiの電波がちゃんとはいったので、プールビューの部屋のベランダならWiFiはよくはいると思います。
e0201926_15154197.jpg

シングルだけど、まわりに物を置けるのが便利だった洗面台。ただライトがすごく暗いので、ここでメイクは厳しいかな。
e0201926_15220071.jpg

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、石鹸、ドライヤー、綿棒、サニタリーバック、シャワーキャップ。シャンプー類はスーパーで買うか持参した方がいいかな。
e0201926_15220375.jpg

上に明かり取りがあるシャワールーム。レインシャワーとハンディシャワーが両方ついています。
前の部屋は下の隙間から水が漏れたけど、今度は壁なのでそれは大丈夫。熱いお湯が出るのに1~2分待つし、湯量もやや弱いけど、ギリギリ許容範囲内かな。
e0201926_15220786.jpg

バスタブ付でしたが使いませんでした。前の部屋のバスタブは横に窓があり田んぼを眺められたのでバスタブは前の方が良かったかな。
e0201926_15220977.jpg

朝食もルールが変わりました。以前はテラスで朝食が食べれるのが気に入っていたのですが、ホテルが大きくなってゲスト数が増えたのでレストランでブッフェになっていました。
日替わりのホットミール、バリスイーツ、フルーツ、ヨーグルト、シリアル、パン、ジュース、コーヒー、紅茶があり、卵料理とフレッシュジュースはオーダー制です。
e0201926_15493632.jpg
e0201926_15500818.jpg
e0201926_15494084.jpg

前の方が美味しかったんだけどね~。この景色を眺めながらだから、まいっか、ってなりました。
e0201926_15494953.jpg
e0201926_15501201.jpg

日本円で1部屋1万円台、ウブド内トランスポートサービス、ゆとりある敷地に広い部屋、歩いて行ける範囲にレストランやSPAがたくさん、ウブドの町中にあるホテルでは貴重な田んぼビュー、昔からずっといるスタッフ、欧米人が好きなちょっと個性的なセンスが苦手な人は多いと思うけど、やっぱりここはお気に入りのホテルです。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-11 00:01 | Green Field Bungalow
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin