Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:2014年7月タイ旅行記 ( 14 ) タグの人気記事
Top▲ |
2014年サムイ&バンコク旅行記(14)
e0201926_22220544.jpg
三姉妹でのサムイ&バンコク旅行最後の朝。住んでいる場所が全然違うので、SkypeやLINEでいっぱい会議して(9割は雑談だったけれども、だが)食べたい物食べて、行きたい所に行って、毎日朝起きてから夜寝るまでノンストップでおしゃべりして、お腹がよじれるくらい大笑いした楽しい数日間も今日でおしまい。でも涙は私達には似合わないので、まずは朝ご飯を食べよう!


今日も大好きなマンゴーから。少し曇っていたからリバーサイド側のテラスにしたよ。バナナとスイカも甘ーい。
e0201926_22282714.jpg

今日のインド風カレーはレンズマメと野菜。これ、これ、こういうの大好き。ヨーグルトもかけて食べました。奥にあるぼんやりしてるのは、昨日食べておいしかったローストハムだと思う。色気も何もなく1枚だけw
e0201926_22283353.jpg

フレンチトーストとワッフルは...でした。うー残念。ハニーコムをじょりじょり削ったのと一緒に。
e0201926_22283993.jpg

最終日だけど、三女はここでもう1泊するので部屋は最後まで使えます。バンコクでも最後に揉まれましょう!・・・どこで?・・・ペニンシュラのSPAと悩んだ挙句、昨日パラゴンのパンピューリで買い物した時にもらったお得なクーポンを使ってパンピューリのSPAに行く事にしました。このクーポンはこの時期限定のサービスだったみたい。昨日のうちに三女がゲイソンのパンピューリSPAに電話予約してくれたので、姉と私のふたりで揉まれに行ってきます。
ホテルボートで川を渡り、サパーンタークシン駅からBTSに乗ってパラゴンがあるチットロム駅へ。
e0201926_22413030.jpg

パラゴンB1Fのパンピューリはショップの横に新しくSPAルームができていたから前より予約が取りやすくなっていました。60分のオイルマッサージなのでオイルを選びます。レモングラスのオイルを選びました。
ツインのSPAルームは前よりも広くてモダンな雰囲気。トイレやシャワールームもあります。
マッサージ台はウォーマーで温度調節ができるようになっていて、マッサージ中も体が冷えないように厚手のタオルを体にかけてくれました。
私のマッサージ台の温度が高めだったので「エアコンの温度をもっと下げて」って途中でお願いしたら、長女は寒かったらしくマッサージ中は凍えていたという事件もありましたが(;'∀')、ここのオイルマッサージはやっぱり大好き。
マッサージが終わると、レモングラスティーとドライフルーツが出されてソファで休憩したらおしまい。
e0201926_22414575.jpg

終わったらちょうど三女もここに来ていたので、ここから近いパンピューリと同系列のnaraで三人最後の食事です。ここはメニューブックの辛いものにはチリでマークがされているのでわかりやすい。
私はパッタイにしたけど、長女と三女は何食べたっけ?ライチのスムージーもとってもおいしかったな。
e0201926_22552112.jpg
e0201926_22550668.jpg
e0201926_22551788.jpg
e0201926_22551483.jpg
e0201926_22550288.jpg
e0201926_22460177.jpg


ここのお店にはタイ料理のセットや調味料やタイのお菓子が売ってるので、最後のお土産追加投入。
そしてエラワン様にもお参りして、めんどくさいからタクシーでホテルの川向うのピアまで行ってもらってボートでホテルにもどりました。
e0201926_22590680.jpg
e0201926_22592877.jpg


ホテルに戻ったら急いでプールへ。ちょっとくもってるけどめちゃくちゃ暑い日だったので気持ちがいいよ。
意外とプールは空いていたのでのんびりできました。

e0201926_23020154.jpg
e0201926_23020492.jpg
e0201926_23021285.jpg
e0201926_23021725.jpg

パッキングに時間がかかりそーな私だけ先に部屋に戻って荷物をまとめてシャワーを浴び、そのうちに長女と三女が戻って来て順番にシャワーを浴びて、アフタヌーンティーで最後の名残を惜しみます。
タイタイプとトラディショナルタイプの2種類あるアフタヌーンティーでした。私はタイの方が好きかな?
e0201926_23083132.jpg

部屋に戻って少しだけ休憩してから部屋に荷物を取りに来てもらいます。帰りもホテルトランスポートを頼んでいたので、長女とふたりBMWに乗って空港へ。この時にホテルに残る三女が撮ってくれた写真がすごくいい感じなんだけど、これは3人の宝物にしようね。そしてまた新しい写真を撮ろう。

空港ではペニンシュラのスタッフが待機していて、この方が本当に素敵な笑顔でいい仕事をしてくださる方で、タイ旅行の最後がいい思い出で終わることができて本当に良かった。そして私達は七三分け萌えっちゅうこともここに覚書きもせねばw
さすが!なペニンシュラのスタッフのおかげで復路でしっかり休むことができて、翌朝羽田空港に到着。。。涙


e0201926_23242952.jpg

今年もまたいい旅ができて幸せでした。今年もたくさんのお笑いをありがとう♡



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-21 23:34 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(13)
e0201926_15170032.jpg



私が寝ている間に、長女と三女が予約してくれたTHANYING(Royal Thai Cuisine Restaurant) でディナーです。
ホテルボートでサパーン・タークシン駅まで行って、そこからBTSに乗ってスラサック駅を降り、
モードサトーンホテルからシーロム側の角を曲がります。
そこから100mぐらい歩いた左側の奥にあるタイ王宮料理のレストラン。

e0201926_15170533.jpg



奥に30mぐらい入るとお店が見えてきます。
店内に人がいたので撮影を控えましたが、アンティークな内装や家具が置いてある格調高い雰囲気でした。

e0201926_15172796.jpg

e0201926_15171261.jpg


メニューブックの装丁もかわいい。いろんなデザインのメニューブックがありました。
e0201926_15171899.jpg


まずはハイネケンで乾杯しましょう。ひさしぶりの氷なしビールかもw
e0201926_15332700.jpg


カリッと揚がって、中はエビのうまみがじゅわ~ときたトートマンクン。過去最強!
スイートチリソースが既製品みたいな甘味が強くなくさっぱりして美味しかったのも印象的。
e0201926_15334559.jpg


バンコクに来たら絶対食べたいもののひとつグリーンカレー。
三女が教えてくれた通り、フレッシュで質のいいココナッツミルクで作られたグリーンカレーは
限られた高級店しか食べられない正統派の味。
これを食べるためにバンコクに来たい!って思わせたグリーンカレーです。
(思い焦がれて本当にこのあと食べに行きました)
e0201926_15335826.jpg


殻を外してもらったプーパッポンカレー。
オイリーなプーパッポンカレーは苦手だけど、カニのうまみたっぷりでコクがあって美味しかったです。
もしかしてこの日はカレー三昧?w
e0201926_15341262.jpg


イカのガーリック焼き。ぷりっぷりのイカとカリッカリのガーリックの歯ごたえが絶妙。
e0201926_15342769.jpg


長女リクエストのトムカーガイ。
やっぱりココナッツミルクの美味しさが料理の差になっているな~と感じた美味しさです。
e0201926_15342062.jpg


もちろんビールも数本おかわりしていたので、デザートにはたどり着けず。。。
他のテーブルにまわっていたカオニャオ・マムアンがとっても美味しそうでした。
帰りも駅まで歩いて(徒歩5分もかからない?)BHS-ホテルボートでホテルに戻ります。
e0201926_15522745.jpg


そのまま部屋には戻らずにリバーサイドのバーに寄って行きましょう。
ちょっと蚊がいたけど、夜風が気持ちがいいバーです。
e0201926_15530556.jpg

e0201926_15530956.jpg


雨が降ってきた時の雨よけテントのロープも、こんなかわいいバッグに収納されてました。
e0201926_15531271.jpg


マンダリンオリエンタルとシャングリアを両方眺められるのがペニンシュラのいいところ。
マンダリンオリエンタルから見た景色よりも、ペニンシュラからの景色の方が魅力的でした。
目の前の川にはディナークルーズからの大音量が時々聞こえるけど、
それもまたバンコクらしい風情で好きです。
ペニンシュラらしいネーミングの美味しいカクテルだったはずなんだけど・・・
えーーと、忘れちゃった。
しっとりと大人の時間を楽しんで・・・な事がこの三人にできるはずもなく、
ここでもイスから転げ落ちそうになるくらいの爆笑ネタがあったはず。
e0201926_15533557.jpg

この日がバンコク最後の夜。明日の夜には空港にいかなければなりません。涙。。。






[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-13 09:00 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(12)
e0201926_14041518.jpg
ペニンシュラの朝~。部屋で朝のコーヒーを飲んでから、1階の川沿いにあるレストランに行って朝食を食べます。
エアコンが効いている室内席と川沿いのテラス席と好きな方を選べるので、あまり日が当たらないテラス席に座りました。日が当たらないテーブルでもかなり暑いです。(7月滞在時)
ここにはマンゴー専用のカウンターがあって、スタッフがその場でマンゴーをカットしてくれるという素敵なサービス♪完璧な熟され具合のすばらしいマンゴー、これだけで大満足。

もちろん他のフルーツもたくさん種類があって、どれも甘くて美味しかった。パイナップルだけはサムイの方が美味しかったかな?
e0201926_14101660.jpg

同じ川沿いのレストランでも、前に泊まったオリエンタルとは違った雰囲気。どちらもいい雰囲気ですね~。
e0201926_14112921.jpg

私達はこちらのテーブル席に。テーブル間がゆったりしているので、まわりが気になりませんでした。
e0201926_14113289.jpg

オーダーして調理する卵料理や、パンケーキやフレンチトースト、アジア料理やインド料理などは、外のキッチンで調理してました。パンやフルーツ、サラダ、チーズ、スープ類などは室内のブッフェ台にあります。
e0201926_14113509.jpg
エッグベネディクトの濃厚なオランデーズソースが美味。上にのっているのは焼き立てローストハム。
e0201926_14115578.jpg

インド料理のコーナーにあった日替わりのカレーが美味しくて、二日間ともカレーを食べました。
この日はほうれん草のカレーだったかな?イドゥリとドーサもあってインドの朝ご飯が楽しめます。
e0201926_14115954.jpg

食後の甘いものも忘れないよー。ここはハード系のパンよりも甘いデニッシュの方が美味しいように思いました。パンプティングも美味しかったです。
e0201926_14120296.jpg

朝食を食べたら部屋でちょっと休憩。まだお店がオープンするにはちょっと早い。
部屋からは去年泊まったマンダリンオリエンタルが見えます。ガラス越しなのでぼやけてますが。
e0201926_14253242.jpg

真ん中にある白いアパート?の下にペニンシュラ専用のピアがあるので、川向うにタクシーで出かける時とか戻ってくる時にはここのピアで乗り降りすれば便利。
e0201926_14262161.jpg

手前に民家が密集しているところにはピアがあって、大勢の学生がそこからオリエンタル横(オリエンタル専用ピアじゃない方)のピアに渡っていました。
その上はマンダリンオリエンタルのタイ料理レストラン・サラリムナームとオリエンタルSPAやジムが見えます。
その先にあるミレニアムヒルトンとの間にある工事中の土地に噂の高島屋ができるのでしょうか?
e0201926_14262589.jpg
このあとはサイアムパラゴンとかMBKに行って買い物です。サムイではまったく買い物をしなかったので、お買い物の神様降臨です。MBKでオナベの兄さんがやっているお店でTシャツまとめ買い。兄さんがすごく優しくて惚れてしまいそう。
荷物を持つ手がプルプルするぐらい(パンピューリを先に買うと重いねw今後は最後に買う事にする!)買い物してから~の、ランチはMKゴールド。ほとんど毎日タイ料理を食べていたので、この優しい味が胃にしみる~。
e0201926_14563197.jpg

荷物が重くて倒れそうだったので、ホテルにタクることにしました。
部屋に戻ってきたらマンゴスチン紛失事件wもあったけど、それも高級ホテルな対応で円満解決。
今日のおやつはこれ!う~~食べてない気がする!
e0201926_14443194.jpg
ちょっと疲れちゃったからベッドでお昼寝。起きたら美味しいあそこに突撃よん。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-12 15:06 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(11)
e0201926_13493055.jpg
だーいぶ間が空いちゃったけど、2014年7月のサムイ&バンコクの旅行記を続けます。
ペニンシュラにチェックインして、部屋で写真撮ったり荷物整理していたら、ちょうどバンコクに来ていたお友達が部屋に遊びに来ました。
トゥクトゥクぶっ飛ばしてホテルボートで川を渡ってきたところがバンコクらしい風情でいいよね。
乗っているボートを部屋から見下ろしながら、LINEで「船に乗った~?」とか「何色の服~?」とか「見えた見えた」とかのやり取りで盛り上がってた3204号室。
旅行中のテンションがハイレベルの私達につきあってくれてありがとう>M氏
あなたに会えてよかったbyコイズミキョーコ

バンコクに来たならディナーは外したくないねっ!って、iPadで検索。
「どーしてもガイヤーンが食べたい」ちゅう3人の心はひとつ・・・で、三女のおすすめのニッタヤ・ガイヤーン(Nittaya Kai Yang)へ!←タイ語でわからん(^^;
ペニンシュラのコンシェルジュに相談して、ピンクラオ店に予約&片道タクシー送迎手配をお願いしました。
タクシーを待っている時ドアマンに「ニッタヤ・ガイヤーンに行く」って話して待っていたら、三女が「あそこのガイヤーン美味しいよね」ってドアマン同士で話してたよ~って後で聞いて、タイ人に人気のレストランのようです。
ドアマンがちゃんとタクシーの運転手に場所を教えてたから安心。タクシーで30分ぐらいで到着。大きなニワトリの像が目印です。
e0201926_14293949.jpg
e0201926_14294805.jpg
e0201926_14312130.jpg

お店は大混雑だったけど、ちゃんと予約が入っていたのですぐにテーブルに座れました。お店の中はタイ人ファミリーがいっぱいです。
メニューブックがタイ語とほんの少しの英語、お店のスタッフ(高校生ぐらいのアルバイト?)に英語は全然通じないので、オーダーは三女に丸投げw
まずはビールでかんぱ~い。生野菜もこのタイミングで持ってきました。
e0201926_14342265.jpg
e0201926_14342592.jpg

お店の名物料理のガイヤーンは味がしっかり中まで染み込んでいてジューシー、そしてパリッと焼き上げた皮、最高です。揚げたガーリックと2種類のソースがついてきたけど、そのままでも十分。
この時のガイヤーンが美味しかった記憶で、次のバンコク旅行で食べた違うお店のガイヤーンが物足りなく感じてしまったほど。ちょっとアクセス悪いけど、またここのガイヤーンが食べたいです。
e0201926_14345645.jpg
e0201926_14345913.jpg

続いてナスのヤム。海老とひき肉も混ざっている優しいタイ~な味。
e0201926_14395887.jpg

これはレバーのヤムでしたっけ?ハーブがいっぱい入っていてこれも美味しかったなぁ。
e0201926_14401634.jpg

ソムタムは塩卵(カイケム)にしました。たぶん「辛くしないで」って頼んだはず?
e0201926_14405328.jpg

エアコンがギンギンで寒くなったので、辛くないひき肉と野菜と海藻のスープも頼みました。小さなアルミ鍋に入ってコンロで温めて持ってきてくれるから熱々のスープです。
e0201926_14405857.jpg

本当はすでにフルオーダーなんだけど、日本に帰る前にどーしても食べておきたいクンオップウンセン。
これってハズれると全然美味しくないチャレンジメニューだと思うけど、ここのはちゃんとパクチーの根っこが写真の右端にちょこんと乗ってて本格的なレシピで作ったぜ的な主張があるだけの美味しさ。
ちなみに今までで一番美味しかったのはプーケットのマイカオビーチで食べたここ★なんだけどね。
ニッタヤ・ガイヤーンのもとっても美味しかったです。
e0201926_14410183.jpg

お皿がチープだし広いお店もファミレスみたいな感じだけど料理の味は本格的。英語がほぼ通じないようなので、ここに来る時は「ゆびさし会話帳」が必要かと思います。
あとひとつ、郊外にある支店ばかりなのでアクセスが悪いのと人気店ゆえ混雑の心配が。。。ホテルのコンシェルジュに予約と送迎手配をお願いして行った方が安心ですし、短い旅程で無駄足の心配がないかな、と思いました。

帰りはお店の前の広い通りでタクシーを拾ってホテルに戻りました。今宵も美味しい料理と楽しい時間をありがとう。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-04 15:07 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(10)/Peninsula Bangkok/Grand Deluxe Suites/#3204
e0201926_01345743.jpg
バンコクに移動して泊まったのは、チャオプラヤー川に面しているペニンシュラ・バンコクです。
最初は賑やかなエリアのSAを予約したのですが、バンコクの情勢が不安定になり、その後こちらのホテルでお得なプロモーションが出たので変更しました。

この部屋は32階にあるグランドデラックススイート(3204号室)です。
キングサイズのベッドにエキストラベッド追加して予約。
サムイのホテルも、このペニンシュラバンコクも、ベッドルームとはドアで遮断されるリビングがあったのは便利でした。3人での宿泊でも、それぞれのペースで過ごす事ができるし、リビングに集まっておしゃべりもできます。
ペニンシュラには、ちょうどバンコクに来ていたお友達とここでゆっくり会う事ができたので、広いリビングがベッドルームとは別にあって良かったです。

リビングにはソファの他にテーブルがあります。お茶飲んだりお菓子を食べる時にテーブルがあると助かります。
e0201926_02041180.jpg

デスクもあるので、書きものや調べものをする時に便利。FAXもありました。
e0201926_02053765.png
e0201926_02052759.jpg
e0201926_02053052.jpg
TV、DVD、サラウンドシステムのスピーカー、NHKプレミアムも見れます。フリーWiFiもさくさく。
e0201926_02104397.jpg

ミニバー、冷蔵庫、グラス・カップ類はさすがペニンシュラな品揃え。とてもおいしい中国茶が用意されていて、足りなくなったら補充してもらえます。
e0201926_02134887.jpg
e0201926_02123313.jpg
リビング側にあるレストルーム。川を眺めながら。。。人数が多いのでトイレが2か所あるのは便利です。
e0201926_02153689.jpg
e0201926_02153805.jpg
e0201926_02154393.jpg

広いベッドルーム。リビングとはドア2枚先にあるので、音が気になりません。マットもリネンも上質なものなので、ぐっすり寝ることができました。
e0201926_02175687.jpg
e0201926_02180112.jpg
e0201926_02180642.jpg
e0201926_02181302.jpg
e0201926_02182317.jpg
e0201926_02182584.jpg
e0201926_02192601.jpg

ベッドルームにもTVと冷蔵庫とグラスが置いてあります。ドライヤーはドレッサーの引き出しの中。大きな金庫もあります。ドレッサーのところにあったコットン入れがとてもかわいいものでした。エアコンやライトのコントロールもベッドサイドにあります。
e0201926_02220809.jpg
e0201926_02221148.jpg
e0201926_02222043.jpg
e0201926_02222366.jpg
e0201926_02222688.jpg
e0201926_02221816.jpg


ベッドルームとバスルームの間にクローゼットがありました。写真のクローゼット以外にも引き出しとスーツケース置き場があります。3人で使ってもじゅうぶんな収納量。
新聞やメッセージ、シューズクリーニングのバトラーボックスも、クローゼットの隅にありました。
e0201926_02255096.jpg


バスルームは、バスタブ・シャワーブース・トイレ・ダブルシンクがあります。ちゃんとアメニティも3人分セットされてました。
e0201926_02280437.jpg
e0201926_02281609.jpg
e0201926_02293156.jpg
e0201926_02294104.jpg
e0201926_02295753.jpg

リビングの壁にあったエアコンやライトのコントロール。バトラーボタンもこちらです。
e0201926_02314237.jpg

フロアの見取り図。こうやって見ると、フロアに対しての客室数が少ないです。おかげで滞在中は静かで外部の気配をほとんど感じずに過ごす事が出来ました。エレベーターもあまり待たされることなくハイスピードでアップダウンするので、館内の移動のストレスもありませんでした。
e0201926_02314644.jpg

チャオプラヤ川沿いのホテルがマンダリンオリエンタルに続いてのペニンシュラバンコクですが、両方とも滞在してみて私はペニンシュラバンコクの方が気に入りました。
オリエンタルの方がにこやかで実に細やかな気配りで対応してくれましたし、全体的なサービスや質もとても上質なものです。・・・ですが、あまりにもビジターのゲストが多く、ロビーもレストランも車寄せもボートも混みあっていて落ち着かない印象でした。
ペニンシュラバンコクの中での時間は、高層階のビルディングのホテルなのに落ち着いた邸宅のような雰囲気があって、のんびりとリラックスできたと感じました。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-16 02:50 | Peninsula Bangkok
2014年サムイ&バンコク旅行記(9)
e0201926_00202449.jpg
サムイのホテルをチェックアウトの朝。今日もワンコが足元で寝ています。この子うちのマリたんに似ている顔をしているので一番お気に入りのワンコ。この日はいつも以上にホテルの人が犬をパチンコで追い払っていたけど、このワンコは意地でもどかなかった。ここなら守ってくれるってわかったのかな?


今日も同じようなものを選んでた朝食。フレッシュな生野菜がいつもあるのがいいね。タイ風お粥も食べたんだけど、この日のはスープ少なめで日本のお粥っぽかった。もっとスープ多めの方がいいんだけどな。
e0201926_00260261.jpg

前日の夕方に強い風が吹いてヤシの木が倒れてました。この場所だとどこからも重機が搬入できないから撤去が大変そう。レストランの屋根の一部も壊れてました。
e0201926_00283890.jpg

部屋に戻ってパッキングするものの、リゾート呆けしていてはかどらないし、頭の悪い事件勃発したりとかして、あっちゅう間にチェックアウトの時間だよ。
空港まではお寺のゲート近くの白タクを頼んでおきました。フィッシャーマンズヴィレッジに出かけた時のドライバー@妻帯者です。
この時はね、朝シャワーを浴びて(たぶん)すっごく清潔感いっぱいだったの彼。ヘアスタイルもきちんとしてて好青年そのもの。デニムのパンツの腰の落とし具合いが絶妙なところがいいし、白いコンバースのスニーカーは洗い立てってとこがニクイ。そのラルフの紺のYシャツはきっと勝負服だと思うわ。ズーレーのチャイニーズ(ホテルの人にそう思われてた疑惑)のオバサン3人の為にありがとう(号泣)。
シャイな私達は一緒に写真を撮ろうって言えずに空港でバイバイしました。チップははずんだわよ!

サムイ空港でチェックインしたら、予約していた飛行機は1時間のディレイとの事。
ひとつ前に空きがあるか聞いたけどダメでした。その代わりにひとり300バーツのクーポンをもらったので、時間つぶし暇つぶしにカフェでパニーニを食べました。飲み物はマナオソーダ。これが意外と高くてあとで驚いた。
e0201926_00435216.jpg

サムイの空港はチェックインしてからもこんな所でうろうろできます。年間を通して降水量が少ないサムイだからできるこの空港デザイン。ジムトンプソンのショップがありました。マッサージ屋さんもあったけど混んでた。
e0201926_00484348.jpg
e0201926_00484629.jpg

搭乗手続きをして中に入るとパンピューリのショップもあるし、バンコクエアウェイズのラウンジでWiFi使いながら簡単なスナックを食べてのんびりすることもできます。
飛行機のところまでかわいいトロリーに乗って行きます。この日は空いていました。
e0201926_00512108.jpg
e0201926_00512446.jpg

機内食はバンコクエアウェイズなのになんだかイケてないから写真に撮らなかったんだけど、珍しくいまいちの機内食にがっかり。密かに楽しみにしてたのよ、機内食。上から下がっているモニターでどっきりTV見てるうちに、あっという間にスワンナプーム空港に到着です。
空港には宿泊するペニンシュラバンコクのリムジンをお願いしていたので、空港のホテルスタッフに出迎えしてもらってからホテルに向かいます。BMWのセダンか大型のバンか選べたので、3人だからバンにしました。足置きもあって車内はひろびろ。冷たいお水とおしぼりをもらって、40分程でホテルに到着。
いい香りの小さなレイをもらって、チェックインはお部屋でします。
ウエルカムサービスのお茶やお菓子を食べながら、ひとまずお部屋でのんびりしましょう。
e0201926_01151815.jpg


ここまでのカテゴリーは「サムイ旅行記」でしたが、ここからのカテゴリーは「バンコク旅行記」で記録します。
このあとのタグは、引き続き「2014年7月タイ旅行記」と「タイ++バンコク」になります。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-15 01:16 | サムイ旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(8)
e0201926_01182853.jpg
サムイに来て思ったこと。海の向こうに岸や島があるのが南の島気分でいいな~と。水平線よりもこっちが好き。
時間差SPAをプールサイドで待ち合わせ。姉がSPAってる間に妹とジュース休憩。ココナッツのプルプルに惹かれて迷ったが、やっぱり黄色いフルーツが私を呼んでいるのよ。
e0201926_01235791.jpg

妹の順番になったら、今度は姉とふたりで海で遊ぶ。ええ歳こいて小学生のよおな海水浴してはしゃぐ▲▽歳・夏w
水中カメラのレンズについてた水滴が黒い影になっているのは気にしないでね。
そうそう、サリーサムイのビーチにもパラソルとビーチベッドが置いてあります。
プライベートビーチじゃないから、毎日2組くらい砂浜にシートを広げて寝転がっている人もいました。
海からボートで直接ホテルにチェックインした人もいたなぁ。お手伝いさん連れてたファミリーだったけど。
e0201926_01182853.jpg
e0201926_01264630.jpg
e0201926_01264217.jpg
e0201926_01264942.jpg
e0201926_01272029.jpg

妹がとろけた顔で戻ってきたので、3人で遅めのランチです。めんどくさかったからホテルのレストランにて。
ピザ1枚を3人でシェアしました。ピザはカプリチョーザだっけ?飲み物はYes!Coke!Yes!
レストランから眺めるビーチは本当にすてき。何度も言っちゃうけど。
e0201926_01334280.jpg
e0201926_01334701.jpg
e0201926_01335282.jpg

その後はまたプールサイドに戻ります。前日の豆吉&豆子のケンカも依然解決には程遠く、険悪な状態が続いていて、たぶんこの旅行中に別れちゃうんじゃないか?って3人でモヤモヤしてました。どうでもいいってか?
e0201926_01390297.jpg

部屋に戻ってシャワー浴びて、明日のチェックアウトに備えて荷物整理もしないとね。
ざっくり荷物整理して、暗くなってから昨日のランチを食べた「ソムタムがなんちゃら」っていうような名前のレストランに行きました。夜の方がけっこうお客さんがいます。外国人もいるけどローカルの人の方が多いかな?
このレストランって、ランチの時もそうだったけど、ちゃんとゲストごとにクロスを取り換えているのがすごいな~って思いました。高級なレストランでもないのにね、ちゃんとしてるよね。
e0201926_01474799.jpg



アウトサイドにもテーブルがあります。夜は暗いから、看板よりもたくさん点いてるライトが目印っぽい。

e0201926_01480638.jpg



今回の旅行でお気に入りになったLEO。瓶ビールに限るらしいんだけど、飲みやすくて美味しかったです。

e0201926_01481783.jpg

タイ南部料理の名物スープ。コクがあって辛くてエビとか卵焼きとがが入ってるスープ。名前わからんけど美味。
e0201926_01483444.jpg



ビールのお友達コームヤーンもお忘れなくってよ。ここのは臭みがないいいお肉を使っていると思われ。

e0201926_01484399.jpg

これってアヒルのラーブでしたっけ?こういうの食べると、日本に帰ったらミント植えなくちゃって思うけどすぐ忘れちゃう~。思い出したから植えないと。
e0201926_01485590.jpg



私たちの大好物の四角豆のヤム。ショリショリ感がクセになるおいしさ。

e0201926_01493457.jpg

姉と私が熱望したパイナップルチャーハン・シーフード。ひさしぶりにこれを食べたんだけど、パイナップルが美味しいせいなのか何なのか?今まで食べた中でいちばん美味しかったよー。私達がこれを食べだしたら、あちこちのテーブルで追加オーダーが入って、どこのテーブルも華やかになっていたのがウケたで。
e0201926_01492424.jpg

帰りに目の前のファミリーマートでマグナムアイス買って、食べ歩きしながらホテルに戻りました。
ホテルに戻ったら、フロントの人が「元気~?」って聞くから「元気~」って挨拶して、しばらく歩いて気がついたんだけど、今のインドネシア語だったよね?(笑) 
どうも私だけインドネシア人と思われてたもようw どんだけ日焼けして黒くなってんだって話。
姉と妹には「ニーハオ」と声かけられていたのはここだけの話ね。にやり(*‘∀‘)




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-14 02:10 | サムイ旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(7)
e0201926_18334160.jpg
朝起きて何よりも先にやった事、入口のドア開けてみた・・・昨夜のワンコがまだいる!(笑)
どんだけ忠犬なんだよー。でもそんなところがかわいい。
とりあえず顔を洗って、レストランに朝食を食べに行くとしますか!朝コーヒーはレストランにしちゃおう。

ワンコも一緒について来る。ますますかわええ~。でも途中でホテルの人に見つかって追い払われてたワンコ。
e0201926_18373823.jpg

今日はガーデン側の日が当たらないテーブルにしたよ。こっちもなかなかいい席。風が気持ちいい。
e0201926_18383674.jpg

レストランの真ん中にあるカウンターから好きなものを取りに行きます。まだこの時間はすいているね。
e0201926_18390036.jpg

カウンターのいちばん上にいくつかのフルーツが丸ごと置いてあったんだけど、その中にマンゴー見っけ!
「これを切ってくれますか?」って聞いたら、0,5秒ほど間を置いてw「OK!」と笑顔で言ってキッチンでカットしたのを持ってきてくれたのがコレ↓↓みんなで仲良く食べたよ。
e0201926_18480980.jpg

この日は、トースト・サラダ・チーズ・ベーコンを食べたもよう。パイナップルとチキンのサラダって、小さい頃よく食べたなーって、私のおばあちゃんがよく作ってくれた懐かしメニュー。そういえば最近作った事ないかも。
e0201926_18494496.jpg

甘いスイカとパイナップルも食べたよ。本当にここのフルーツはどれも甘い。あとはお水とオレンジジュースも。
e0201926_18554883.jpg

ミートボール入りのスープと、ライスとカレー味の炒めたミーもほんの少し。奥に見えるじゃがいもみたいなのはソルト&ペッパー入れ。たしかシックスセンシズサムイにもあるよね。行ったことないけどw
e0201926_18571427.jpg

ココナッツの手作りジャムが食べたくてチョコレートマフィンも。黄色いのはパイナップルのジャム。ここのホテルの手作りジャムはどれも美味しい。その中でもココナッツのジャムは最高に美味しい。興奮してピンボケね。
e0201926_19002089.jpg

今日もいい天気。プールサイドでのんびり&泳ぐ&おしゃべり←ほぼコレね!ひたすら楽しくて幸せな時間。
e0201926_19020646.jpg
e0201926_19024325.jpg
e0201926_19025022.jpg
e0201926_19031089.jpg

朝食の時にSPAのスタッフがテーブルに営業にきて、その時に各々好きなプランで予約しました。私のおススメのお姉さん指定(姉と妹)だったので時間差で3人分。いちばん最後の妹が終わった時に「もうこれで今日の仕事は終わりよ~」って言ってたって聞いて、連続でのマッサージに感謝っす。
私はフットマッサージを60分。昨日の上手なお姉さんじゃない若い女子でした。ほっそい女の子だったので最初「大丈夫かな?」と思ったけど、彼女の細くて力強い指がマッサージ棒でやってんじゃないか?って思うくらいツボにぎゅんぎゅんキテます。途中で薄目開けて見たから自指だったのは間違いない。気持ち良くて途中で落ちました。

それにしても、こんな素晴らしいロケーションのSPAってなかなかないよね。しかも上手いし。安いし。最高っす。
e0201926_19153701.jpg
e0201926_19154192.jpg
e0201926_19154497.jpg

終わって姉の所を見たら、足と足の間に子猫発見!しかも気持ちよさそうにスヤスヤ寝てる。
マッサージのお姉さんが目配せして「猫連れてって」ってアイコンタクトしてきたので、私は海を眺めながら猫と一緒にしばらく遊んでました。めっちゃ人懐っこい子猫だったので、遊んで馴れたら私の肩で寝てると言う。なんで肩なの?安定感ハンパなかったのか?たぶん、それな~(泣)。
e0201926_19143688.jpg
e0201926_19144519.jpg

子猫と一緒に海眺めてぼんやり。。。空に飛んでいるのはトンボ。引き続きのんびりとホテルの中で過ごしましょう。
e0201926_01101037.jpg






[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-13 01:11 | サムイ旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(6)
e0201926_22011120.jpg
プールサイドはウッドデッキなので、日が当たっていても何とか裸足で歩けるのがいい!コンクリートのプールサイドは熱くて裸足で歩けないからヤなのよ。本当はずっと裸足で歩いていたいんだけど、バンガローの小道のレンガは熱いし、砂浜も熱すぎて全然無理。熱すぎてアイランド・スリッパーのビーチサンダルの靴底がはがて壊れちゃったよ。(泣)
この写真↑↑の白い建物がビーチフロントヴィラになります。プール越しの海が見えるけど、こんな感じで窓から部屋の中が見えちゃう感じ。閉めてればいいけど、人目が気にならないなら海からの潮風が気持ちいいんじゃないかな?


スイカジュースとマンゴージュース美味しすぎる~。時期のせいなのか?ここのフルーツは甘くて美味。
e0201926_11294677.jpg

お腹がすいたからローカルなタイ料理をたべようZ!ってことで、ホテルの外を歩いてパトロールすることにした。
ホテルの敷地内もワンコが多かったけど、ホテル出たところにあるお寺にもワンコがたくさん。昼間は寝てるから大丈夫だけど、夜暗くなってから歩いているとゴミを漁ってたワンコはちょいと殺気立ってて危険な香りがした。用心にホテルの傘持っていた私達ぐっじょぶ!

ホテルから出てお寺の門を出ると小さなツアー受付のお店とか、マッサージ屋さんとか、飲み物やアイスやお菓子なんかを売っている小さなお店があります。
トリップアドバイザーのプレートが貼ってあるようないい感じのタイ料理レストランもあったんだけど、ちょいお値段お高めでした。
欧米人をターゲットにしてるんじゃ?的なレストランとか、夜しか開いてないコーヒーショップとか、イタリアンレストランとかが並んでいて、もう少し歩くとレンタルバイクやレンタカーのお店とか、ランドリーとか、怪しげピンク色ライトのマッサージ屋(うちらには関係ない系ね)とか、バービアが集まっている先が大通りです。ホテルから歩いて10分ぐらい。

大通りの角にはファミリーマートと、掘り出しもんがあるお土産物屋さんがあります。お土産物屋さんは後で行ったフィッシャーマンズヴィレッジよりも同じものが安いからおすすめ。

大きな通りを渡ったところにあるこの看板のお店に美味しいものレーダーがぴぴぴ。GO!しますw

+++後日追記+++
妹からの情報だと、このお店の名前はタイ語では「ソムタムともち米」てな名前で、英語名は「Chill out somtam」っちゅうイケメンな名前だったと言う。そんだけソムタム推しなのにソムタム食べてない私達って・・・もうっ!
e0201926_22233399.jpg

お店の中は予想外にきれいでびっくり。タイ語しかわからない人もいるけど、英語がわかる人もいるのでなんとかなるかな。お店の奥が大きな池があるせいか?通り抜ける風がひんやりとしてて気持ちよかったです。
e0201926_22254472.jpg

昼間なのでソーダです。ちゃんとグラスにマナオ(タイのライム)と氷を入れて持ってきてくれました。
e0201926_22270817.jpg

メニューブックを見たら、びっくりするくらい豊富なタイ料理がわんさか。主にタイ南部料理が中心ですが、食べたいな~と思うタイ料理が揃っているからすごい。しかも安いし。
ご飯プラスおかずっぽいものが食べたい気分だったので、3人ともホーリーバジル炒めみたいなの頼んだはず?姉は鶏で、妹はイカ、私は豚にしましたよ。野菜がシャキシャキしてていいあんばいの炒め方に惚れました。どれがどれだかわかるかな?みんなパクチーの根っこの香りがついたスープがつきます。
e0201926_22311153.jpg
e0201926_22313646.jpg
e0201926_22313918.jpg
e0201926_22314144.jpg

お店のスタッフもとっても感じがいいし、トイレもきれい(これ大事)。ここには違う日にまた行かなくちゃ!
妹は所要で先にホテルに戻って、私と姉はさっきのお土産物屋さんパトロールのち購入。
私が姉にお金を借りたせいで姉が欲しいものが買えず、せっかくタイ専用の携帯電話を用意したのに部屋に忘れて妹と離ればなれになり妹が暑い中私達を探すという、バチ当たりなことを姉と妹にしちゃった午後でちた。てへぺろ。

そしてこのあともクラゲのように海をどんぶらこ~どんぶらこ~と彷徨う妙齢女子ズでした。
私はすっかり日焼け慣れして痛くないからいいんだけど、姉にとっては限界オーバーの日焼けになっちゃったね。

夕方ちょいとカミナリが鳴って大雨が降ってきたので、その間は部屋でごろごろ。雨が止んだら出掛けるよ!


+++追記(この後のお出かけ写真がピンボケだらけでろくなのがないから↓に続けます!)

ホテルの門を出てから更にお寺の門を出たところにあるお店で白タクの手配をしました。お寺の住職(お店のお父さん疑惑)が「日本好きだからまけとくよ」と自らディスカウント宣言w
ホテルカーだとボプットまで片道500バーツだけど、ここのお店でもっと安く手配できました・・・って記憶なしwいくらだっけ?
しかもドライバー君の好青年(but妻帯者w)っぷりが私のツボにドキュン( *´艸`)したのは最終日のこと・・・その話はまた追々に。

・・・で、出かけた先はボプットにあるフィッシャーマンズヴィレッジ。この日(金曜日)はフリーマーケットをやっているので行ってみました。車で20分ぐらい?大通りから1か所曲がるだけなので、一度行けば覚えられるくらい簡単な道です。
帰りは「電話してくれれば迎えに行くよ」ってことでセブンイレブン横のミー屋さん前で降ろしてもらいました。ではLet's go!!!

人があまりいないエリアでのんびりしていたので、予想以上の人混みにびっくり。ホテルがあるエリアよりもリゾート価格ですが、雑多な雰囲気がお祭りっぽくて楽しかった。途中で黒い雲が空に広がってきたら、素早くビニールテントを広げたりお店の中に撤収したりしたので、いつもより屋台も少なかったと思います。雨が降ると道路が水たまりができるので、濡れてもいい靴を履いていくのがいいかも。
e0201926_10194168.jpg
e0201926_10254748.jpg
e0201926_10255186.jpg
ここでは屋台で食べたいもの買ってホテルに戻って部屋飲みするつもりだったので、1回さくっとパトロールしてから欲しいものを買って道を戻ります。フィッシャーマンズヴィレッジのゲート近くのタイ料理屋さんでソムタム買っておしまいにするつもりだったけど、めっちゃ混んでいて30分待ちって言われたからやめて、セブンイレブン横のミー屋さんでヌードル(バミー・ナーム・ルゥクチン)持ち帰ることにしました。
車を待っている間に、ここのセブンイレブンで紙皿とビール買ってきた妹ぐっじょぶ!

ホテルに戻るとフロントで寝てたワンコが美味しそうな匂いにつられて部屋までついて来る。キミかわいそうだけど、部屋には入れられないのよ。ごめんね~。
・・・で、買ってきたものは、タイソーセージ(酸っぱくない方)、串焼き(砂肝・チキン・ポーク)、ラザニア、バターコーン(バターのみ砂糖なし)、つみれ入りスープ麺(麺とスープは別にしてくれるので食べる時にかければオケ)、茹で落花生、カオニャオ、ビールはチャンエクスポート。ビールうまし!これ気に入ったよん。
部屋飲みはビールがすすむので、買ってきたビールが足りなくなったら部屋の冷蔵庫のシンハー(ニコニコ良心価格50バーツ)飲んで宴は続くよどこまでも。
e0201926_10455934.jpg

くぅーーんくぅーーんと鳴いているワンコには最後に残ったおかずをちょこっとあげて、ちゃんとパーチーのお片付けしてからシャワー浴びて寝たよ!



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-08 22:40 | サムイ旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(5)
e0201926_10464984.jpg
「朝だワン!」このホテルって犬嫌いの人にはちょっとキツいくらいのワンコーランド。吠えたり噛んだりしないおとなしい子ばかりなので、犬好きな私達にはむしろ大歓迎なホテルオプション。
いちおうホテルのスタッフがパチンコ使って犬を追い払っているんだけど、私たちの足元に来た犬には「大丈夫だからやめて」って言ってやめてもらったよ。
無理にご飯の催促もしないし、ほとんど足元で寝てるだけだもん。
e0201926_10550495.jpg


・・・で、朝ご飯いってみよう!ビーチ沿いにあるレストランで朝食を食べるんだけど、ビーチ側はけっこう日が当たって暑いので、反対側のガーデン側の方が涼しくていいかも。
そんなことを知らない初日だけビーチ側で「暑ーい」と言いながら食べたけど。しかも長話しちゃって2時間以上はいたと言う。
ブッフェで好きなものを好きなだけ。卵料理だけ専用カウンターでオーダーします。
フルーツ・生野菜・ヨーグルト・シリアル・ハムとかチーズ・パン・日替わりのタイ料理など、ホテルの価格帯からしたらバラエティに揃っていると思います。


ヨーグルト(瓶詰め)とグラノーラ(フルーツサラダのっけた)、メロンジュース、コーヒー。

e0201926_11022672.jpg



グラノーラのボウルにヨーグルトとはちみつをのっけてみたよ。ここのグラノーラおいしいっす。

e0201926_11022994.jpg



サラダとかハムとかパンとかもいっておこうね。野菜がフレッシュ。

e0201926_11064332.jpg



ポーチドエッグを頼んだら、トーストの上にのっかって下にはバルサミコ酢。これがよく合う。おいしい!

e0201926_11065602.jpg



お腹いっぱいだったんだけど、みんなおすすめのお粥とクイティオ炒めをほんの一口ずつ。おいしー!

e0201926_11065943.jpg

食後はプールでほげほげ。いちお本も持ってきてるけど、しゃべってばっかだから全然読まなかったYO!
この時の会話は「豆吉と豆子のケンカの原因について」
豆吉と豆子(ふたりとも仮称)はここのホテルゲストだったんだけど、昨日はあんなにラブラブだったのに、この日は朝食の時に豆子が来ない。
途中で豆吉が部屋に呼びに行ったんだけど、二人の様子は超絶険悪で、豆子は朝食をまったく食べず。
それでも豆吉はあれやこれやと豆子に気づかい、不機嫌な豆子を盛り上げようといろいろと策を練るが全て拒否。一生懸命な豆吉の献身ぶりに、おばちゃん達はそっと涙。。。
わがままな豆子に「どうなのよ!」って最初は怒りを覚えたけど、「そういう愛情表現も若い頃に合ったような気がする?」という話に変わり、どんどん話はそれていくのでした・・・と、どーでもいい話をここに覚書き。
e0201926_11234898.jpg
e0201926_11235711.jpg
e0201926_11241983.jpg
e0201926_11244178.jpg

昨日あんなに日焼けしたちゅうに、懲りずにまたもや海へ。学習能力の欠落はリゾートあるあるなの?
今回は某国の人達のようにラッシュガード着用してます。ダサいけど日焼けしたくないんだもん。
昨日よりも波が少しだけたっていたので、妹は波酔いして部屋に戻ってしまった。
私はシュノーケリングしたけど、細かい砂で濁っていて透明度はほとんどなし。水もきれいで魚もけっこういるんだけどね。
e0201926_11285713.jpg
e0201926_11291138.jpg



プールから少し離れたところにホテルSPAもあるよ。このロケーションでのマッサージ最高っす。

e0201926_11291690.jpg



そしてプールアゲイン。ここのプール静かだし景色もいいし本当に好きだわ~。

e0201926_11292843.jpg
e0201926_11293374.jpg



スケキヨ??

e0201926_11294051.jpg

ビーチにはたま~に衣類やタイ料理の行商のおばちゃんが来ます。おばちゃんからタイ料理を買おうと思ってお財布を部屋に取りに行って戻ってきたら、おばちゃん行方不明。
そのくらい非積極型の行商おばちゃんなので、しつこくて困るってことは皆無。

しゃーないから、お散歩がてらホテルの外をパトロール&ランチに行ってきまーす。





[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-08-01 11:38 | サムイ旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin