Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:2013年10月BALI旅行記 ( 16 ) タグの人気記事
Top▲ |
Mercure Bali Hervestland Bali / メルキュール・バリ・ハーベストランド・クタ
e0201926_11431303.jpg
メルキュール・・・と言っても、クタビーチにあるメルキュールクタではない方の、メルキュール・バリ・ハーベストランド・クタと言うホテルです。
バリから日本に帰国する時に、ガルーダインドネシア航空の国内線が欠航して翌日の便に振り替えられ、その時にガルーダが用意してくれたホテルがこちらでした。
最初にメルキュールと聞いて、「サヌールだったらいいなぁ~」と思ったのですが(笑)エコノミー席だとこちらのホテル(2013年10月当時)を使うようでした。


部屋は悪くないです。この部屋のカテゴリーはデラックスだったようなので広い部屋でした。
ムリアヴィラズ→アヤナリゾートのヴィラの次に泊まった後だったけど、気持ちが萎えるような部屋ではありませんでした。
フリーWiFiもさくさく繋がるし、シャワーの湯量も豊富、エアコンの効きもいい。清潔感もある。部屋も明るい。悪くないです。
e0201926_11431660.jpg
e0201926_11432371.jpg
e0201926_11432601.jpg
e0201926_11432919.jpg
e0201926_11440124.jpg
e0201926_11440400.jpg
e0201926_11435281.jpg
e0201926_11435685.jpg
e0201926_11433218.jpg
e0201926_11433552.jpg
e0201926_11433924.jpg
e0201926_11434276.jpg
e0201926_11434531.jpg
e0201926_11434978.jpg

しいて言えば、洗面所の蛇口の位置が悪いくらいでしょうか。ちょっと使いにくかったですが、そんなに不満でもない程度。不満が無いのは自分でお金を払ってないから?(笑)

写真が消えてしまって無いのですが、朝食もよくある普通のブッフェスタイルで、1階のオープンな作りのカフェで食べました。コーヒーとフルーツとヨーグルトとオムレツを食べた記憶有り。

そのカフェの横の一段上がったところにコンパクトだけどプールもありました。
クタのシンパンシウールから300m位空港方面に進んだ左手にあります。クタビーチとセントロ行きのシャトルバスもありました。
モルバリ・ギャレリアにも歩いて5分くらいで行けそうです。
深夜遅くに到着した日や最終日にここに荷物を置いて、クタエリアでショッピング&最後のディナー、ここでシャワーを浴びて空港に行くのにちょうどいいホテルだと思います。前に見た安い時は1泊1部屋3,000円位であったけど、今だと5,000円位みたい。
せっかくバリまで旅行に来たのなら、ここにずっと泊まるよりももっとバリらしいいいホテルがあるのでそちらをおすすめします。


おっと書き忘れるところでした。最大の難点は、近所にあるモスクからのコーランが大音量で響き渡る事。日中はバイパスの騒音でそんなに気にならないけど、早朝はびっくりして飛び起きました(笑)。異国情緒と取るか?騒音と取るか?
e0201926_12133104.jpg


最終日ここと近くの噂のマッサージ屋さんをセットで予約するのもいいかも~~と、ひらめきをここに覚書き。にやり。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-16 12:13 | Mercure Bali Harvest
ワルンヨシダに愛をこめて...

e0201926_10492472.jpg
最近のバリ旅行で欠かせないワルンヨシダ詣出w 美味しい料理が食べられるのはもちろんですが、気楽にゆっくりと飲めちゃう不思議な居心地の良さにすっかりはまってしまいました。これもそれも料理人であり大工でもありアーティストでもある吉田さんの魅力なのは間違いありません。
(上の写真の営業時間は変更ありなのでFacebookで確認してから行ってくださいね)

で、その吉田さん↓↓↓↓↓ サトシ(エンドウ家のご家族)にお豆さんを食べさせてあげている最中w 愛です!
e0201926_10500464.jpg
お店は吉田さんが作ったジャンクスタイルの素敵な内装と家具です。
いつ行っても清掃がしっかりしていて清潔感があるのもいいお店だな~と思うポイントです。
e0201926_10492911.jpg
e0201926_10510360.jpg
e0201926_10510946.jpg
ここでは旦那様と私の誕生日会をやっていただいたこともあります。
甘い物よりもアルコールが好きな私達用に素晴らしい誕生日ケーキを作ってくださいました。

レタスとチャーシューバージョン
e0201926_10484106.jpg
シュウマイバージョン
e0201926_10502110.jpg
私のいちばんのおすすめは吉田特製アヤムゴレン!肉汁たっぷりでジューシーに揚がっていて、ほぐしたチキンと付け合わせのサンバルマタと一緒に食べると最高です。
e0201926_10483424.jpg
黒板に本日のおすすめメニューが書いてあり、食べたもの↓↓↓は時期によってないこともあるので参考まで~。

イカと大根の煮物:イカが柔らかくて味もしっかり染み込んでいてすっごく美味しかった
e0201926_10482380.jpg


だし巻き卵:毎回食べてます

e0201926_10482880.jpg


砂肝のから揚げ:これもお約束メニュー。臭みはなくてどこのお店よりも美味しい砂肝でっす。

e0201926_10482648.jpg


ひたし豆:この時しかなかったメニューだけどビンタンがすすむいいツマミやんした。

e0201926_10500720.jpg


吉田特製ラーメン:とろっとろのチャーシューとさっぱりだけどコクがある醤油味のスープと麺のバランスが私好み

e0201926_10502781.jpg


ポテトサラダ:バリで美味しいポテトサラダってなかなか食べれなかったりするよね~。

e0201926_10504765.jpg


名前忘れちゃったけど冷奴の上にのってる麹みたいなのが美味しかった。

e0201926_10505467.jpg


スモークチーズ:これもおかわりしたよね?

e0201926_10511796.jpg


吉田勝郎w:吉田のカツロール!

e0201926_11283696.jpg
キャベツサラダ:道具がいい千切りキャベツは最高ね。自家製ソースも美味。奥に見えるはしゃっちょさ~んw
e0201926_10504559.jpg


もちろん明るい時間帯も窓から見える南国グリーンがいい感じです。しゃっちょさ~んアゲインw

e0201926_11294827.jpg

特製デトックスジュースも見た目はすごい色だけど美味しいですよ。味も中身もグリーンスムージーです。
(値段は2013年10月の時のものです)
e0201926_10481308.jpg
e0201926_10481196.jpg
若い女子達もこの雰囲気と料理をすっかり気に入ってました。うちの娘はここのコンセプトとデザインに影響されて、帰国後の課題制作にいいヒントをつかめたみたい。その節はいろいろありがとうございました。
e0201926_10470174.png
こちらに詳しくお店の情報がのってます。場所の参考にしてください。→ バリ島レストラン巡り

レギャンのホテルから20分くらい?昔はひどい渋滞だったバイパスも今では緩和されたので、事故とかお祭りとかなければスイスイと行けちゃいますが、ウルワツのケチャ渋滞の時間帯だけは避けてくださいね~。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-04-21 12:02 | バリ旅行記
Ananta Legian Hotel / アナンタレギャンホテル
e0201926_13513741.jpg

夜遅くにデンパサール空港に到着して、その日は寝るだけ。でも、翌日の午前中はレギャンエリアをうろうろしたいな~と思ったので、いつものトゥバンエリアに泊まるのはやめて、レギャンエリアに宿泊することにしました。たくさんあるホテルの中から、新しいホテル・まわりにお店が集まっている場所・口コミが良い・US$100以内・・・という条件に合ったAnanta Legian Hotel (アナンタレギャンホテル)を予約しました。CIBさんのレポート参考にしました~ありがとう。

チェックインした夜遅くなので暗い画像だけど、昼間は窓から日が入って明るい部屋でした・・・が、窓は開かないタイプでベランダもなし。ベッドの両サイドにはサイドテーブル・ライト・コンセントがあるので、寝る時に近くで携帯電話を充電できて便利。フリーWiFiもさくさく繋がります。
新しいホテルなので、ベッドマットがへたってないしリネンがきれいなのが気持ちがいいね。
e0201926_14163036.jpg
e0201926_14164212.jpg


小さいけどテーブル、TV,スーツケース置き場が、縦にすっきりと並んでいます。
e0201926_14192078.jpg
e0201926_14193785.jpg


湯沸しケトル、カップ、コーヒー紅茶セット、冷蔵庫あり。夜遅いチェックインだと冷蔵庫にビンタンが冷えてるのがうれしい。
e0201926_14233816.jpg

e0201926_14234990.jpg


入口に入ってすぐの鏡がクローゼットの扉です。
e0201926_14244017.jpg


セイフティボックス、スリッパ、ドライヤーが中に入ってました。
e0201926_14253516.jpg


きれいでシンプルなバスルーム。物がいろいろ置けるのが便利でした。
e0201926_14265110.jpg


アメニティも揃ってます。(フリーのアクア、歯ブラシセット、綿棒、いい香りの石鹸)
e0201926_1428926.jpg

e0201926_14281739.jpg


シャワーは温度が安定してて湯量も豊富でした。排水も問題ないです。レインシャワーとハンディシャワーの両方あるのが使いやすい。シャンプーは持参した方がいいかも。
e0201926_14294355.jpg


私たちの部屋はプールが見える真ん中だったけど、これを見ると窓の前が壁だったり、コネクティングの部屋だったり。
この見取り図はホテルの一画だけの部分で、実際はうなぎの寝床のような縦長の敷地に、真ん中にプールとロビー、それを囲むようにビルディングが建ってます。私たちの部屋はロビーから一番離れていて、階段を使って歩くと5分近くかかりました。
プールは日が当たって気持ちよさそう。プール三昧なら、1階のプールアクセスの部屋も使いやすそうに見えました。
e0201926_1436224.jpg
e0201926_14364038.jpg

e0201926_14413139.jpg


ブッフェスタイルの朝食は、ロビーから一段下がった場所にあります。エッグステーションもあって、けっこういろんな種類がありましたよ。
e0201926_14403747.jpg

e0201926_14404527.jpg
e0201926_14405425.jpg


場所はダブルシックス通りを海の方向に進み、カフェ・マルツァノを左折、ワルンアジアを越してすぐの狭い路地を右折するとホテルのエントランスに着きます。目の前のパドマウタラ通りは一方通行なので、小さなホテルの看板を見逃すと大回りしなくちゃならないからよく見てね。
近所には安くて美味しいワルンやレストラン、掘り出し物が見つかりそうなお店、安いフットリフレクソロジー、ビーチには歩いて5分くらい、到着翌日からレギャン界隈を歩いて楽しめるので、空港近くに泊まるよりいいかも!って思いました。ちなみに、深夜空港からここまでは車で20分ぐらいで到着。(深夜なので渋滞なし)
e0201926_1452864.jpg


スタッフが意外と(失礼)しっかりしていたので、余計なストレスを感じず滞在できたのも良かったです。泊まった時の客層は、大半が欧米人、アジア系は私達も含め2割程度。旅行中、SPA行ったり、観光したり、ショッピングしたりで外出してばかりだったら、ここのホテルだけでも十分バリを楽しめると思います。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-13 15:01 | Ananta Legian Hotel
Ayana Resort &Spa / Pool & Sunset
e0201926_10381763.jpg

アヤナリゾートでは、もちろんプール三昧。ビーチはムリアがあるゲゲルビーチでたくさん海で遊んだから、アヤナのプライベートビーチには行きませんでした。目の前に広がる大きなインド洋は昼間もいいけど、サンセットの時間はバリ島の中でもトップクラスの美しさです。

海は見えないけど、好きなのはクリフヴィラエリアにあるリバープールです。こちらだと人があまりいないので、静かに過ごすことができます。プールサイドカフェのH2Oからオーダーしたものを食べたり飲んだりしながら、浅瀬で寝転がったり、デッキチェアで本を読んだり、お昼過ぎまでここでのんびり過ごしました。
e0201926_10452689.jpg
e0201926_10454094.jpg
e0201926_10455643.jpg


夕方前にはオーシャンビーチプールに移動します。階段の手前まではバギーで移動だけど、長い階段を降りてキシックバー横の通路からオーシャンビーチプールへ。
ついでに今夜のディナーの予約をキシックバーに聞いてみたら既に予約でいっぱい。ここは事前予約した方がいいかも知れません。夕食をホテル内で食べたかったので、ここから本膳(和食レストラン)の予約をお願いしてからプールへ。
オーシャンビーチプールは人気のプールなので座れるか心配だったけど、ちょうどひとつだけデッキチェアが空いていたのでラッキー。
e0201926_10522842.jpg
e0201926_10525637.jpg
e0201926_10531732.jpg


この時間にここに来た目的はサンセット。ここから見るサンセットがきれいなので、ここからサンセットを楽しむことにしました。すぐ横に大人気のロックバーもあるのだけど、サンセット前の暑い時間に行列に並んで順番待ちするのが面倒なので、オーシャンビーチプールで過ごすことに。
同じように考える人も多いせいか、ここは早い時間から満席だったので、早めに来てのんびりしていた方がいいです。
あくまでもプールなので、水着を着ないでデッキチェアからサンセット見物をしようとすると断られます。必ずルームナンバーを聞かれるので宿泊ゲスト以外は断っていて、サンセットの時間が近づくと、ロックバーから勝手にプールエリアに入れないようにロープをはっていました。

ビンタンを飲みながら海を見て、暑くなったらプールで泳いで・・・その繰り返しを楽しみます。
e0201926_112818100.jpg

e0201926_11283613.jpg


サンセットが近づくと、デッキチェアで寝ころんでいた人達はみんなプールの中に入って、よく見えるプールの淵で日が沈むのを待ちます。マティーニをプールからオーダーして、グラスの中に日が沈む写真を撮るのをやっている人多し。私のミラーレスをプールの中に持ち込むのは怖いのでやめたけど、見せてもらったらうらやましいくらい素敵な画像でした。
太陽が沈んだ瞬間は、プールの中にいた人達同士でハイタッチ、ラブラブなカップルはキス&ハグ。とってもピースフルな瞬間でした。
e0201926_11194582.jpg



晴れている日は、青い空とプールと海、緑いっぱいの敷地、ブーゲンビリアの花が溢れている庭、どこもかしこも時間をかけて手入れをしてきた美しいホテルです。日本人スタッフもいて、日本語対応の物が多く、初めてのバリ旅行でも幅広い年齢層のゲストが楽しめる工夫がいっぱいありました。
e0201926_11342924.jpg
e0201926_11345687.jpg
e0201926_11351892.jpg
e0201926_1135364.jpg


またいつか君に会いたいよ!
e0201926_11361779.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-11 11:37 | Ayana Resort & Spa
Ayana Resort &Spa / Food etc...
e0201926_2234382.jpg

今回の旅行で、Ayana Resort &Spa(アヤナリゾート&スパ)は4か所めのホテル。毎晩遅くまで飲み、昼間はビーチかプールで遊んでいたせいで、以前泊まった時に気に入ったサミサミ(イタリアンレストラン)に行ける胃は持ち合わせておらず、和食ばかり食べていた印象・・・とは言っても、ビンタンは飲めちゃうのよね。

ヴィラに泊まると、朝食は2か所のレストランから選べます。泊まってた部屋から近かったのはpade(パディ)、歩いて行きました。ホテル棟のゲストと共有のブッフェ式です。
和食コーナーが充実しているので、ご飯とお味噌汁とお皿に好きなおかずをのせて定食風に。シバ漬けがとっても美味しかった記憶有り。
e0201926_22432111.jpg


池の上にあるテーブル席でのんびりと。この日は結婚式が多いので、ウェディングドレス姿の花嫁さんをここから何人も見かけました。手入れの行き届いた庭と、海の近くにいるのを感じさせる風に吹かれながらの素敵な朝食の時間です。
e0201926_22464761.jpg

e0201926_2247212.jpg
e0201926_22471584.jpg


この日のランチはプールサイドでスナックを食べただけだったもよう。。。ドリンクはラムコークとモヒートでっす。
e0201926_22485787.jpg
e0201926_22492079.jpg


プールサイドでごろごろしていたら、サービスでココナッツアイスクリームが届きました。
泳いでいる時にもフルーツが配られたんだけど、それは写真なし。リッツ時代に泊まった時、プールの真ん中にいる人にフルーツを渡すため、スタッフがプールの中に服を着たままフルーツを渡すのを見た時にはびっくりしました。
e0201926_22495319.jpg


和食の本膳にて。けっこう混雑しているので昼過ぎに電話で席だけ予約しました。
居酒屋的なメニューで軽く飲んで、ひとつの天ぷら盛り合わせを、お蕎麦で食べる人と、ご飯とお味噌汁で食べる人でシェア。
e0201926_2305033.jpg
e0201926_2311356.jpg
e0201926_2312999.jpg
e0201926_2314463.jpg
e0201926_2315749.jpg


もうひとつのDava(ダヴァ)はヴィラゲスト専用の朝食レストランです。こちらの方は人が少なくて静かでスタッフの気遣いもいいです。
今回の旅行の朝食は和食が多かったけど、こちらよりもムリアヴィラズの方が美味しかったかな。濃厚なスイカジュースと豪華なフルーツ盛り合わせは美味。プレーンヨーグルトはスモールサイズでオーダーしました。
e0201926_2374958.jpg
e0201926_23846.jpg
e0201926_2382551.jpg
e0201926_2383765.jpg


最終日はレイトチェックアウトをお願いしていたので、夕方までホテルでのんびりと。遅めのランチはプールサイドのH2O(エイチツーオー)でハンバーガーとパニーニを食べました。このリバープールとH2Oの組み合わせ大好きです。
e0201926_23125255.jpg
e0201926_2313897.jpg



昔は陸の孤島の印象だったけど、ジンバラン~ウルワツエリアにはたくさんのホテルやレストランが増えたので、アヤナリゾートから出掛けるのが大変ではなくなりました。ここからウルワツ通りのワルン吉田に出かけた時もそんなに遠い印象がなかったので、もっと近い丘の下のジンバランエリアにたくさんあるレストランにタクシーで出掛けてもいいと思います。次回があったなら、イタリアンのサミサミに再訪してみたいぞ!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-09 23:22 | Ayana Resort & Spa
Ayana Resort &Spa / 1Bed Room Ocean View Villa #2011
e0201926_21323446.jpg

予約していたRIMBA Jimbaran (Jimbaran Bay Suite)から変更してもらったのは、同じ系列ホテルのAyana Resort & Spa(アヤナリゾート&スパ)の1Bed Room Ocean View Villa (1ベッドルームオーシャンビューヴィラ)でした。ここのホテルには6年前、以前のリッツカールトン・バリ時代に泊まりました。リッツのライオンマークが無くなってアヤナリゾートになってからは初めてです。
以前泊まった2ベッドルームオーシャンフロントヴィラの様子はこちら→
スパ・オン・ザ・ロックの様子はこちら→

6年前はリノベーション直後でピカピカのヴィラだったけど、久しぶりに泊ったら清潔だけどいろいろな所で使用感を感じてしまいました。宿泊した後にこのヴィラはメンテナンスが入ったようです。
それでも、水回りやセットしてある気配りされた備品などの設備は完璧だし、WiFiの電波もさくさく繋がります。以前よりもスタッフの数が変わったのか?混雑していたのか?電話でお願いしたことの対応で、以前泊まった時よりも待たされる時間が多かったのが気になりました。
しかし、相変わらず親切で気配りができるバトラーやスタッフが多いので、ここのホテルのサービス力は相変わらず素晴らしかったです。

茅葺きの天井なので、ロマンティックな天蓋付きベッドは飾りと実用を兼ねてます。
e0201926_2159759.jpg


ベッドルームにもリビングルームにもどちらの部屋にもTVがありました。
e0201926_220395.jpg


ヴィラへの入り口はこのリビングルームに直接入ります。3面窓があるので昼間は明るいリビングルームです。
e0201926_223523.jpg


使いやすい大きなクローゼットルーム。引き出しもハンガーもたっぷり。ヴィラゲスト専用の籠バックはホテル内で使用可能ですが、持ち帰りは有料になります。
e0201926_2263556.jpg

e0201926_226437.jpg


クローゼットの前にはダブルシンクの広い洗面台。以前のアメニティがとても好きだったけど違うものに変わっていました。
e0201926_2271540.jpg
e0201926_2272669.jpg


広いバスルーム。チェックインのサービスでフラワーバスになっていたのですが、時間がたっていたみたいでお花がかなり萎れていたのが残念。
e0201926_2291741.jpg


すぐ横にシャワーブースとトイレがあります。ロクシタンのシャンプー・トリートメント・バスジェル、アヤナのロゴの石鹸はインティバリ製で使い心地かなりいいのでお気に入り。リッツのライオンマークがあった頃のタオルの方が厚くてフカフカだったように感じますが、これでもじゅうぶん大満足なフカフカのタオルでした。
e0201926_22104793.jpg
e0201926_22105733.jpg
e0201926_2211766.jpg
e0201926_22112414.jpg


バスルームのソファもだいぶくたびれてたけど健在。
e0201926_22181274.jpg


エスプレッソマシン、コーヒーや紅茶のセット、スナック類、こういうのはさすがアヤナリゾートなセットです。冷蔵庫の中身もぎっしり。コーヒー用のコーヒーフレッシュがちゃんと常備されていました。
e0201926_222002.jpg
e0201926_22201525.jpg
e0201926_22202954.jpg
e0201926_22203997.jpg


他には、写真に撮っていないけど部屋の外にはプライベートプールとバレと庭があります。プライベートプールは小さめなので、他の魅力的な大きなプールに行ってました。ヴィラのカテゴリーがもう一つ上のオーシャンフロントだとインド洋が見渡せられるのでバレにずっといたのですが、オーシャンビューだと海はほとんど見えないので、外のスペースはほとんど使わず。


アヤナリゾートの楽しみはバリらしさいっぱいの庭やバラエティに富んだプール。そしてなんといっても一番は美しいサンセットだと思います。急遽泊まることになって下準備は何もしていなかったのですが(もう一度やってみたかった岩SPAだけは予約が取れなくて残念)、何も予約していなくてもじゅうぶんアヤナリゾートを満喫できた数日間でした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-07 22:29 | Ayana Resort & Spa
Mulia Villas / Beach & Pool (2013年10月滞在時)
e0201926_12227100.jpg

2度目の滞在でいちばんの変化は、ムリアのプライベートビーチがとてもきれいになっていたことです。もともとブノアからヌサドゥアのビーチ沿いの中でもいちばんきれいなビーチでしたが、砂浜に混ざっていった小さなサンゴや石がほとんど無くなり、裸足で歩ける砂浜になっていました。オープン当初から炎天下の中で砂浜の石を取る作業をしていたのを見ていたのですが、こんなに早くきれいになるなんて!今でも作業は続いていたので、ますます美しいビーチになっていく事でしょう。
以前泊まった時のビーチとプールの様子はこちら→

サンゴがある場所まで遠浅になっているビーチ。波の具合いで透明度は変わるのはしょうがないけど、波が静かだと海の底まで見えるし、お魚もいっぱい泳いでいるのが見えて、本当に透明できれいでした。このエリアだけはベージュ色の砂浜なので余計に透明度が引き立ちます。プーケットにあった旧エヴァソンプーケットの沖にあったボン島並みの透明さだったので、この日は一日中ビーチで遊びました。
e0201926_12353023.jpg
e0201926_12355844.jpg
e0201926_12362969.jpg


ザ・ムリア側のビーチベッドはあまり人がいないので静かに過ごせます。スタッフはちゃんと配備していて部屋番号は必ず確認し、ホテルカテゴリーが違ったり宿泊ゲスト以外のビジターゲストがこのエリアに入れないように管理していたので、安心して寛ぐことができました。
e0201926_12432857.jpg
e0201926_12434817.jpg
e0201926_1244494.jpg
e0201926_12445091.jpg
e0201926_1245162.jpg


ザ・ムリア前のプールも大きくて寛ぐスペースがたっぷりあるから、静かでのんびり。プールの縁でぷかぷか浮きながら海を眺めているのが幸せな時間。ザ・ムリア1階のプールアクセスのお部屋にはプライベートプールがついていて、そこからもこのメインプールにアクセスできていいなと思いました。ザ・ムリアのオーシャンビューのお部屋はすべて禁煙ですが、1階の部屋なら部屋で吸えなくても外にある喫煙場所まで少し歩けば吸えます。>Kちゃんに私信
同じようにムリアヴィラズもオーシャンビューヴィラはすべて禁煙ルームで、喫煙できるのはガーデンビューヴィラのアウトサイドリビングになります。
e0201926_1249143.jpg
e0201926_12493056.jpg
e0201926_12495186.jpg
e0201926_12502177.jpg
e0201926_12503283.jpg
e0201926_12503293.jpg


いつも空いているカバナ。日陰になるので日焼けしたい人は不要かもね。WiFiサクサクだし人の気配を感じないので私はここが好きです。フルーツサテやソルベのサービスもありました。フルーツサテなんかお皿にてんこ盛りで持ってきてくれます。ドリンクやスナックも部屋づけでオーダーできるので楽ちん。
e0201926_1371114.jpg
e0201926_137336.jpg

e0201926_1381236.jpg
e0201926_1382095.jpg


今回はお天気がとても良かったし毎日海で泳いでいたので、いつもの日焼け止めが効かないくらいよく焼けました。ここに来る時は強めの日焼け止めの方がいいかも知れません。部屋のプールも大きくてハイドロテラピープールのジェット水流も楽しめるけど毎日ここで過ごしました。

そして・・・今まで1回も入ったことがないムリアヴィラズのメインプール。ロビー棟の下にあり高台にあるので、天気が良ければ一日中日が当たるプールです。
e0201926_13261944.jpg

e0201926_13263778.jpg


最終日にレイトチェックアウトしなくても、12時にチェックアウトしてからここかザ・ムリアのプールで午後を過ごし、夕方からホテルのSPAでマッサージしてからシャワーを浴び、いくつもあるホテルのダイニングから選んだ好みのレストランで夕食を食べ、ロビーの下の階にあるたくさんソファがあるリビングで本を読んだりインターネットして、最後までのんびりしてから空港に行くのもいいと思います。

e0201926_1326531.jpg

ムリアヴィラズロビー棟から見た眺め。実際のプールの下に続くヴィラは、写真ほどびっしり建っている感じではなく、かなりゆとりがある配置になっているので、まわりのヴィラの気配はあまり気になりません。
木がたくさんある場所の奥に見える建物はムリアリゾート。その向こうビーチが見えます。

ここは旅を楽しむ・・・と言うよりホテルを楽しむって感じです。広大な敷地の中の施設は数泊だけでは遊びきれないくらいの規模なのですが、あれもこれもやって忙しくしてしまうよりも、自分のペースで気ままにのんびり過ごした方が楽しめるリゾートだと思いました。
海を眺めて思いっきりプールで遊びたい!観光やショッピングよりもホテルの中で楽しみたい!こんなスタイルの旅行にはぴったりのホテルだと思います。むしろ、観光やショッピングがメインの旅行なら、ホテル敷地がものすごく広いので、ロビーやレストランに行くだけでも大変だからあまりおすすめしません。
同じようなタイプだとジンバランにあるアヤナリゾートがありますが、よりバリらしさと花いっぱいの庭園を楽しみたいならアヤナリゾートの方がいいと思うし、海を感じられて明るく開放的なのはムリアの方だと思います。この後アヤナリゾートに移動したので余計に比べてしまうのですが、ヴィラのバトラーやホテル内のスタッフもムリアの方が笑顔で良く気配りができて人数も多いなと感じました。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-04 14:03 | Mulia Villas
Mulia Villas / ヴィラでのプライベートBBQ
e0201926_20522831.jpg

この日は旦那様のお誕生日。ホテル内でお祝いしようと思っていくつかのプランで迷いました。いくつかのダイニングの中から選ぶのもいいし、ビーチ沿いのプライベートな場所でコース料理をいただく特別プランもいいなと思ったり。。。結局ラフな服装でもいいヴィラ内で食事をいだだく事にして、事前に予約した代理店経由でメニューと金額を教えてもらってプライベートBBQでお祝いすることにしました。

予約した時間の前はホテルの外に外出していて、戻ってきた時にはBBQの準備がしっかり整ってました。ヴィラの敷地内にはバトラールームがあり、そこで準備をしてテーブルまでサーブするようになっています。BBQコンロの下には板を置いて芝生が傷まないような配慮はさすが。我が家の大ざっぱBBQとはえらい違いです(笑)。
e0201926_2122033.jpg
e0201926_2123941.jpg
e0201926_212567.jpg


そう言えば、誕生日の朝にはこんなメッセージが庭にありました。こういうのは全部バトラーがこっそり仕込んでいるのです。(名前は加工して消してあります)
e0201926_214404.jpg


成田で買ってきたこの子も冷やしてもらいました。
e0201926_2171117.jpg


BBQの前になんかいろいろと運ばれてきます。これら以外にもどっさりのパンも!メインが来る前にお腹がいっぱいになること必須なので、ここはぐっと堪えて完食せずに残す作戦で。
e0201926_21163128.jpg
e0201926_2116478.jpg
e0201926_211716100.jpg


イケメンシェフがにこやかに焼いております。このパタパタするやつはサテを焼く時のアレと同じだよね。セントレジスに泊まった時もプライベートBBQをしたのですが、シェフにBBQを焼いてもらうにはプラス▲万円だったので、ムリアの方がうんとお得かな。セントレジスはガスだったけどムリアは炭火焼だったし、味も内容もムリアの方が良かったです。
e0201926_21184588.jpg


いつものバトラー君は日勤だったので、夜は別のバトラー君がお世話をしてくれました。話をしているうちに仲良くなって、彼はラルク好きだということが判明。「HONEYの♪乾いた~風を・・・の次の歌詞を知ってるか?」と聞かれ、たまったまうちの旦那様の十八番だったからwローマ字で歌詞を書いて教えてあげました。BBQシェフも交えて男3人でラルクのHONEYやBon JoviのLivin' On A Prayer歌って喜んでいるという(笑)。楽しかったみたいでよかったね。
e0201926_2132153.jpg


そろそろ焼き上がり?たくさん焼いているけど食べたい分だけ自分のお皿に取ればいいので、無理して全部食べなくても大丈夫です。
e0201926_2134389.jpg


いろいろなソースや調味料がテーブルにあるので、好きな味付けをしていただきます。
e0201926_21353964.jpg


まずはロブスターと野菜のグリルから。
e0201926_21362996.jpg


続いて海老。ロブスターよりもこっちの方がぷりっぷりで美味しかったかな。
e0201926_21372549.jpg


ローストポテトと野菜のグリル。葉っぱに包まれているのはご飯。他にもインゲンの炒め物や野菜サラダもあったけど、とてもそこまで食べれそうもないので手をつけませんでした。
e0201926_21375728.jpg


続いてポークリブ。ヌリスワルンのスペアリブに負けず劣らずの味。大きく見えるけどほとんど骨なので食べる部分は意外と少ないです。でも残しちゃったけどね。
e0201926_21394680.jpg


最後はビーフ。中はレアのいい焼き加減。これはおろしワサビと極上醤油で食べたかった~。この時はホースラディッシュとお醤油で食べました。横にあるコーンのバター焼きがなにげに美味。
e0201926_21451775.jpg


すっかりお腹はパンパンなんだけど続いてスイーツ祭り~。くるしい~。
e0201926_21485295.jpg
e0201926_2149141.jpg
e0201926_21491428.jpg


最後の大トリ登場~♪はっぴばーすでーとぅーゆー
e0201926_2150849.jpg


ホテルからバースデープレゼントのケーキ登場。(名前は加工して消してあります)苺とチョコレートのムースのまわりにマカロンが貼りついたかわいいケーキ。酸味がきいてとても美味しいケーキでした。この時はBBQでお腹がいっぱいだったので、ヴィラに戻って少しごろごろして、後からバトラー君に紅茶と一緒に用意してもらって食べました。こういう事ができるのがプライベートBBQのいいところです。
e0201926_21502745.jpg


BBQも当時(2013年10月)2種類あって、これは高い方のメニューです。金額はひとり1万円ぐらい。プラス税金とサービス料ですが、これだけの内容を自分達のペースでゆっくり食事して、そのまま部屋に戻れるから、タクシー使ってジンバランカフェでシーフードBBQを食べるよりもずっといいと思います。プライベートBBQは数日前までの事前予約が必要なので、スケジュールを考えて日本から予約をしていくのをおすすめします。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-02 22:11 | Mulia Villas
Mulia Villas / SOLEIL&スカイバーでの夜
e0201926_15122242.jpg

宿泊特典についていたSOLEIL(ソレイユ)のコースディナーを滞在中にいただきました。
この日は同じ宿泊特典にあるお腹がいっぱいになってしまうアフタヌーンティーサービスはもちろんパスしました。あのアフタヌーンティーを食べてしまったら夕飯はとても食べれそうにないので、この日はパスして正解。よくよく考えてみると、今回の旅行は毎晩夕食の予定がはいっていたので、1回もアフタヌーンティーティーを食べなかった...今となってはもったいないような気もするけど、その分毎晩夜を楽しめました。

ソレイユはビーチとプールが目の前にある地中海料理のレストランです。ムリアのオーナーが海外の某有名ホテルのメインシェフの料理の腕に目をつけて引き抜いてきた話を聞いてとても楽しみにしていました。ドリンクは別料金なのでワインリストからおすすめの白ワインを。
e0201926_1525298.jpg


ツナのタルタル ラグーソース
e0201926_15285478.jpg


蒸しアサリとイカのスープ 濃厚なボンゴレスープといった感じで大変おいしゅうございました。
e0201926_15294577.jpg


リコッタチーズとほうれん草のラビオリ
e0201926_15312149.jpg


ほうれん草とタレッジョチーズのリゾット しっかりアルデンテなリゾット美味!
e0201926_15325040.jpg


ブラックアンガスビーフのテンダーロインステーキ 朝のステーキであの美味しさなのでディナーのステーキの美味しさったら!
e0201926_15342391.jpg


マスカルポーネのパンナコッタ レモン風味 レモンの香りいっぱいの素晴らしいデザートでした。口直しのソルベもジェリーもレモンの酸っぱさが残っていてとても美味しかったです。
e0201926_15351965.jpg


写真はないけど、ソレイユのパンは朝食のパンとは全然違うものでとても美味しかったです。ソレイユ専用のものなのでしょうか?このパンが朝食に出てくればいいのにね、って話をしたのを思い出しました。すぐ近くにあるセントレジスのカユプティ、アマヌサのザ・レストラン、そして今回ムリアのソレイユが増えました。この3つがバリ島内で選んだ私が好きなホテルダイニングです。

昼間のプールも明るくて開放的で気持ちいいけど、夜ライトアップされたプールもロマンティックで素敵。お腹はいっぱいだけどもう少しこの場を楽しみたくて、ライトアップした景色を楽しみながらソレイユの上にあるスカイバーに行くことにしました。
e0201926_15403314.jpg

e0201926_15435848.jpg
e0201926_15441591.jpg
e0201926_15442966.jpg
e0201926_15445539.jpg
e0201926_1545748.jpg


これも宿泊特典。チェックインの時にもらったクーポンを出すと、いくつかのカクテルの中から好きなカクテルを1杯サービスしてくれます。ソレイユで軽く酔っていたので、この1杯がかなり効きました。かなり酔っぱらってて、どんなカクテルだったのか記憶にございません。
e0201926_1623235.jpg


潮風に吹かれながら酔いを少しだけさまし、スカイバーのスタッフにバギーを呼んでもらうと、バトラー君が席までお迎えに来てくれます。階段降りてすぐの所にバギーを駐車してくれたから、ほとんど歩かずヴィラまで戻りました。頼んでおいたジャグジーも用意してあるし、キャンドルの灯りもセットしてあるし、酔い覚ましのハーブティーも淹れてくれて至れり尽くせり。今宵も幸せな夜でございます。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-02 16:10 | Mulia Villas
Mulia Villas / Breakfast / 2013年10月滞在時
e0201926_1403953.jpg

ムリアヴィラズでの楽しみのひとつが朝食です。お部屋にルームサービスでのんびりもいいけど、ここではVilla専用レストランのLIVING ROOMで景色を眺めながら時間をかけてゆっくりと朝食を食べるのが気に入ってます。
前回はゆったりとした空間で静かに朝食を食べれたのが、この時は満席でLIVING ROOM内もわさわさした雰囲気。すぐには席が空かなくて、入口のソファ席でウェイティングしなければなりませんでした。さすがのムリア人気!・・・と思ったのですが、聞いてみるとThe Mulia(オーシャンフロントのスイートホテル棟)のゲストもこちらで朝食が食べれるようにサービスが変わったとの事。(2013年10月滞在時)そのせいなのか、後日The Muliaのレストラン「The Lounge」での朝食はがらがらで、こちらの方が静かでゆっくり朝食が食べれるくらい。LIVING ROOMでの静かな朝食が気に入っていただけに、この変更は今回いちばんがっかりした事でした。

パンのワゴンサービス。これだけで満足してしまうくらいたくさんの種類があります。食べてみたら以前と少しパンの味が違うような気がしました。
e0201926_14172115.jpg

e0201926_14204062.jpg


プレーンヨーグルトと好みのフルーツ。マンゴーはないと言うので、苺とスイカとパパイヤにしました。
e0201926_14211130.jpg


いつでもどこでも目玉焼きが好きな旦那様のもの。付け合わせはハッシュブラウンとマッシュルームとベーコン。
e0201926_14231097.jpg


ムリアのミーゴレンはスパイシーだから好きなんだそうです。
e0201926_14245884.jpg


私は和定食にしました。サーモンの塩焼き(塩じゃけじゃないです)、納豆、ポテトサラダ、かまぼこ、厚焼き玉子、おしんこ、ご飯、お味噌汁。今回の旅行では毎晩遅くまでお酒を飲んでいたので、飲んだ翌朝の日本の朝ごはんは助かります。
e0201926_14255264.jpg


トレイサービスの料理の中から選んでみました。お刺身が新鮮でとっても美味しいです。
e0201926_14301578.jpg


トレイで運んでくる料理いろいろ。お好きなものをお好きなだけどうぞ。
e0201926_14313849.jpg


翌日は少し早めにLIVING ROOMに行ったら、テラス席が空いていました。昨日は苦手なキムチのにおいが充満しててゆっくり朝食が食べれなかったので、外のテラス席で良かったです。この日もプレーンヨーグルトとフルーツ。のんびりし過ぎて食べたものの写真を撮ってないと言う。。。(笑)確かこの日は、ふたりとも和定食だったはず。
e0201926_1439341.jpg


次の日はThe Muliaの方のThe Loungeに行ってみました。吹き抜けの大きなガラスの向こうにはプールとビーチと青い空が見えて、景色はこちらの方がリゾート感いっぱいで気持ちがいいです。しかもテーブルはいっぱい空いているし静かだし。ゴールドなLIVING ROOMに対し、シルバーのThe Lounge。こっちの方が落ち着いていて私好み。
e0201926_1459436.jpg


ここでも同じようにパンのワゴンやトレイでのサービスがあります。
e0201926_14451596.jpg
e0201926_1445347.jpg


旦那様の好きなミニ和牛フィレミニョン・フォアグラ&卵添え
e0201926_1445515.jpg


シェアして食べたホワイトオムレツ。
e0201926_14483558.jpg


写真には撮らなかったけど和定食も。LIVING ROOMと同じメニューなのですが、調理しているレストランもシェフも違うせいか?できあがりの料理の見ためも味もまったく違うものでした。お迎えに来たバトラーにその話をしたら、ホテルカテゴリーによってシェフのスキルの差があるからだと。だとしたら、余計にVillasのゲストは今まで通りLIVING ROOMでゆっくりと朝食が食べられるような配慮が欲しいと思いました。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-02-02 14:59 | Mulia Villas
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin