Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
タグ:タイ++バンコク ( 31 ) タグの人気記事
Top▲ |
2014年10月サムイ&バンコク旅行記*7日目・最終日
e0201926_02385837.jpg
この日の夜の便で日本に帰ります。最終日は帰国してから疲れないようにのんびりと過ごしました。
予約時には16時までフリーレイトチェックアウトがついているプランでしたが、前の日にGMに相談して追加料金を支払って19:00までお部屋を使えるようにしました。
たまたま部屋が空いていたおかげでもあるけど、事前予約でレイトチェックアウトの金額を支払うよりもうんとお得な金額だったのはラッキー。


この日の朝食もブッフェから好きなものを。パンは旦那様と半分ずつ。トーストが美味しかったなぁ。
これだけでも↑↑じゅうぶん過ぎるくらいだけど、メニューからオムレツもオーダーしてました。
e0201926_02390925.jpg

遊びに来たニャンコ見たら、家でお留守番しているルピちゃんに会いたくなっちゃいました。そろそろ家が恋しくなってくる頃?
e0201926_02392492.jpg


食後は部屋で少しのんびりしてから、前の日に予約をしていた場所へBTSに乗って出掛けます。
soi1から大きな通りに出た所にある線路。この時間は電車が通らない時間らしく、線路沿いを歩いている人もけっこういました。
e0201926_02420793.jpg


予約をしていた時間までまだ余裕があったので、ビックCとかセントラルワールドをパトロール。日差しが強い暑い日だったので、エアコンが効いているショッピングモールしか行きたくないっちゅう話。
予約していたのはゲイソン地下のパンピューリスパ。
前の日に直接行って予約をしました。マッサージルームが増えてから以前より予約が入れやすくなったのはうれしい。
飲み物を飲んで使うオイルを選びます。大好きなレモングラス系のオイルにしました。このおしぼりもパンピューリのオイルがしていい香り。
e0201926_02421213.jpg


「マッサージ前に熱いシャワーを浴びた方が血流が良くなってモアベターよ♡」って、担当のおにーさん?おねーさん?がすすめてくれたので、マッサージルーム(ふたり用)のシャワールームで汗を流せたのが良かった。パンピューリ製品がずらっと用意されているので手ぶらでOK。
e0201926_02422086.jpg
e0201926_02424141.jpg


マッサージルームの室温とベッドは相変わらず暑め。「あなたは暑くないの?」っておにーさん?おねーさん?に聞いたら、この方がマッサージにはいいんだって。この時も「モアベターよ♡」ですよ♡
おにーさん?おねーさん?は旦那様の担当で、私の担当は前に来た時と同じ担当者。
終わってから旦那様が「すげーテクニシャンで一瞬で落ちた」ってw
終わってからのシャワーはオイルが浸透した方がいいとの事なので無し。パンピューリのオイルだとべたつかないからそんなに気になりません。マッサージ台の上にある箱はここで着替える時の貴重品入れ。着替えもシャワーもマッサージも同じ部屋でできるのがいいです。
e0201926_02424494.jpg

終了後のお茶とドライフルーツ。ゲイソンのショップでもお得に買えるキャンペーンをやっているし(内容は変わるけど)品揃えがいいから、サイアムパラゴンとうまく組み合わせて買い物するといいかも知れません。
e0201926_02424857.jpg

今回買ってきたいろいろ。ハンドクリームはここのがいちばん好きだな~。アイクリームも香りも良くて良かったです。
e0201926_02430576.jpg


ホテルに戻ってきたら荷物をパッキング。この部屋の特典についている美味しいアイスコーヒーをルームサービスで頼んで、途中で買ってきたチョコレートを食べながら、TVでMTVつけてのんびりと。
その間、旦那様にはプールで遊んでいてもらいます。

「早めの夕飯はどこ行こうか~?」といろいろ迷っていたけど、めんどくさくなっちゃってホテルのレストランでいいにしちゃう。「宿泊ゲスト以外もけっこうレストランに来ていたから美味しいんじゃない?」って期待通り、オーダーしたものは美味しかったです。ここのスペースの雰囲気もいいしね。
e0201926_02444431.jpg
e0201926_02445626.jpg
e0201926_02445956.jpg
e0201926_02450345.jpg
e0201926_02460525.jpg
e0201926_02461202.jpg
e0201926_02462104.jpg
e0201926_02464543.jpg

こじんまりとしたホテルだけど、このホテルの中だけで過ごしていてもビルのホテルと違って外気に当たる場所があるせいか、閉塞感を感じずに開放的にのんびりと過ごせたので、アドリブバンコクが気に入りました。
空港までのタクシーは事前に頼んでおいたので、時間になったら部屋にコールで案内がありGM自ら荷物を部屋からタクシーまで運んでくれました。もう私服だったからお仕事終わってたと思うんだけど、彼は本当によく気がつくし仕事ができるホテルマンだわ。
空港までの金額と航空会社を私とタクシーのドライバーの両方にきちんと確認をして、タクシーのドライバーに「安全運転で」と最後に声をかけたのも安心しました。

そんなに猛スピードも出さずに無事に空港に到着。復路の便の座席もアップグレードだったし、最終日は最後の最後まで「ありがたや~」な気分で終わることができました。


サムイ&バンコクの旅は、7月に女友達と、10月に旦那様と違うパターンで出掛けましたが、どっちも泊まるエリアを変えたのでまったく違う旅行でした。サムイのチルアウトソムタム、トンサイベイのマンゴー祭り、アドリブバンコクのスタッフ、バンコクのタンイン、ゲイソンのパンピューリスパのおにーさん?おねーさん?、お気に入りのものが増えたタイにまた行きたい~。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-07-17 04:11 | バンコク旅行記
2014年10月サムイ&バンコク旅行記*6日目
e0201926_23074710.jpg
バンコクももわぁ~とした天気だった。「海で遊ぶわけじゃないから雨降っても全然困らないし~」ってこの時は言ってたんだけどねぇ。。。
Ad Lib Bangkok の朝食はグリーンの壁が気持ちいい1階のレストランで食べます。
低層階のホテルだから、高層ビルのホテルみたいにバンコクのシティビューやリバービュー(きれいな川じゃないけどね)のような景観は望めないけど、こっちのグリーンの壁も爽やかでいいわ。


朝食は数種類のメニューから好きなものを選んで、サラダ・フルーツ・ヨーグルト・パン・チーズやハムを室内のカウンターから好きなだけ取りに行って、ジュース・コーヒー・紅茶はテーブルでオーダーします。
種類は少ないけど素材がいいものを揃えていて、スタッフがいつも美しく盛り付け直しているのもgood!
私が気に入ったのはパンケーキ。サムイのホテルよりも美味しかった~。
e0201926_23085422.jpg
e0201926_23084756.jpg
e0201926_23082867.jpg
e0201926_23083502.jpg
e0201926_23084280.jpg


この日は娘ちゃんから頼まれたものを買いにプラトゥナーム市場へ・・・の前にスーパーリッチで両替。
市場のごちゃごちゃして暑いところで、頼まれたマニアックなパーツ類を探すのってすごく大変。
1日の体力と英気と頭脳のほとんどを奪われたって感じw
「そんなの売ってるわけないじゃん」と思ってたありえない頼まれものもしっかり探し出して購入→ミッション完了。私すっごい優秀なバイヤーだと思うわ~。

この直後にバケツをひっくり返したような激しい大雨に見舞われて、しばらくあの大きな交差点から動けなくなるちゅう悲劇(涙)。
一瞬だけ雨が弱まった時に交差点を走って渡って、クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナムでランチを食べることにした。ピンクじゃない緑の方へ。
相席だったけどすぐ座れたので、スチームとフライのハーフ&ハーフをオーダー。(スープ付)
2種類のタレがついてくるけど、辛い方のタレが美味しかった。
相席してたのは日本人の若いカップルだったんだけど、親切に彼らがオーダーしたサテを数本「よかったらどうぞ~」と、うんと年下の若者に異国の地でサテをごちそうになる。ありがと~。
e0201926_23121933.jpg

この後はビックCやらセントラルワールドやらゲイソンやらでバイヤー活動をしてからの~~MR-FEETにて悶絶揉み揉みで堪え切れずにうめき声。
痛いのか?苦しいのか?もう2度と来るもんか~!って思うんだけど、翌朝起きた時の揉み返しのない軽い体に感動しちゃうので、勇気を出してきっとまた行くんだろーなー。痛いから効くんだって・・・って、確かにそうw
e0201926_23121211.jpg
e0201926_23121568.jpg



揉まれて軽くなったらザクロジュースで水分補給。おいちーよ!

e0201926_23120974.jpg



調子に乗ってトゥクトゥクに乗ってMBKにもいっちゃう。雨もやんだので気持ちいいよ。

e0201926_23122357.jpg



MBKの手前にあった自転車のレンタルサービス。パンパンって言うらしい→詳しくはこちら

e0201926_23122863.jpg

MBKでは7月に行った時に気になってたものと買い足りなかったものをさくっと買って、BTSに乗ってホテルに戻りました。ふぅ~~バイヤー活動今度こそ終了。おつかれー。


この日のディナーは楽しみにしていたThanying(タンイン)へ。予約必須のレストランはホテルのGMに頼んでテーブルを用意してもらいました。
e0201926_23162825.jpg
e0201926_23163150.jpg
e0201926_23164187.jpg

私は7月に続いて2度目だけど、ここにはどうしても旦那様を連れて来てあげたかったのだー。
e0201926_23172058.jpg
e0201926_23172370.jpg


テーブルに座るとすぐに下げられちゃうので、お隣のまだゲストが来る前のテーブルをパシャリ。タイらしさがいっぱいで素敵でしょう~。
e0201926_23192892.jpg




ここではLEOは封印w っつーか置いてないと思う。シンハーにしましたよ。

e0201926_23191140.jpg

とうもろこしのフリッター(トード・マン・カオポッド)の衣はカリッカリで、コーンだけ甘味と水分がじゅわ~とする揚げ方に感動。粉が違うの?それとも揚げ方?
e0201926_23193225.jpg



赤米もこんなに上品かつお洒落に出てきました。

e0201926_23193661.jpg


前にマンダリンオリエンタルでグリーンカレーを食べた時に「今までで一番美味しい」と言ってた翌年に早くも撤回しちゃう。タンインのグリーンカレーは絶品(当社比)です。
またこれを食べるためにバンコクに行きたい。丸い豆のような茄子とかが入ってないのも気に入った理由のひとつ。写真だとそんなに美味しそうに写ってなくてずびばぜん。。。
e0201926_23194055.jpg

レモングラスと海老のヤム。細かく切ったシャキシャキのレモングラスとハーブがさっぱりとしてるのに奥深い旨味も感じられました。これもまた食べたい一品です。
e0201926_23194349.jpg


鶏肉のパンダンリーフ包み揚げ(ガイホーバイトゥーイ)は普通だったかな。他が美味しすぎて霞んじゃったかも。
e0201926_23194897.jpg


今回もお腹いっぱいでデザートまでたどり着けませんでした。目の前を通り過ぎたカオニャオ・マムアン美味しそうだったんだけどなぁ。
お値段もサムイ帰りの私達にはびっくりするくらいの安さでしたが、バンコクにずっといたら高いって思うのかも知れませんが。ここは静かに美味しいタイ料理を楽しめるお気に入りのレストランです。

スラサック駅まで歩いてすぐなのでBTSに乗ってホテルに戻ります。雨に降られなくて良かったよ。
e0201926_23195411.jpg
e0201926_23195963.jpg

部屋に戻ってから恒例の夜のプールでクールダウン。このプールって明るい日中よりも夜の雰囲気の方が好きかも。昼間はわりと人がいます。フリーWiFi使えるし、レストランのものを内線電話でオーダーしてここで食事もできるし、こじんまりしてるけど少ないゲストの中で寛ぐにはじゅうぶんなスペースもあります。利用時間の制限もあるので、遅い時間だとライトも少なくなっちゃうけどね。
e0201926_23200724.jpg
e0201926_23201055.jpg
e0201926_23201512.jpg
e0201926_23202515.jpg

サムイではのんびり過ごしバンコクでは精力的に動いて、あっという間にこの日が最後の夜。満喫してきたから寂しくないよ~。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-07-12 02:39 | バンコク旅行記
2014年10月サムイ&バンコク旅行記*5日目
e0201926_02381295.jpg
今日でサムイ旅行が終わって、次の目的地のバンコクに移動します。チェックアウト前日の夜にはホテルで使った分の明細書が部屋に届いてました。お花がかわいいやん。


・・・・で、今朝もしっかり雨です。けっこう大振りだったけど、朝食を食べに行く頃にはいいお天気になりました。もわぁ~とした湿度もはんぱなかったけど。
e0201926_02384182.jpg

今日はこの後に荷物をまとめるだけなので、ゆっくり朝食を食べました。マンゴーも心置きなくいっぱい食べるのは忘れずに。トンサイベイのマンゴーはいい熟れ具合のものばかりで本当に美味しかった。マンゴー狙いでこのホテルに泊まるのもアリです!
e0201926_02385553.jpg
e0201926_02384629.jpg

朝のヌードルはセンヤイ(幅広麺)にしました。パクチーもいっぱいのせて食べる。これ大好き。
e0201926_02385844.jpg

最後の朝食には、バタークリームで「bon voyage & ○○」と書かれたお魚の形をしたパンを持ってきてくれます。持ってきた時に「また来年来てね」ってのもお約束ね。
e0201926_02385197.jpg

食後はロビー横にあるテラスでちょっとのんびり過ごしてました。ここの雰囲気もとってもいいのよ~。うちにもこんなテラスが欲しいわ。
e0201926_02391128.jpg
e0201926_02391458.jpg
e0201926_02391851.jpg
e0201926_02392302.jpg

敷地内のあちこちにある分別ごみ箱。部屋に置いてあるお水がペットボトルを使わずにガラス瓶だったり、不必要に防虫剤を散布し過ぎないホテルのポリシーに好感を持てました。
e0201926_02392627.jpg

見にくいけど、車の奥にあるのがホテルのショップです。サムイってお土産になるものがあまりないけど、センスや好みは置いておいて、ちょっとしたお土産ならここでも買えます。
e0201926_02393258.jpg

バイクや自動車もホテルでレンタルできたのが楽でした。若干アイドリング低めだったけど、メンテナンスされているので安心。ヘルメットの内側がちょっと汗臭かったので、天日干しして香水かけたらいいあんばいのクロエ臭なヘルメットのできあがり。
e0201926_02393617.jpg

往復ホテル送迎だったので、ホテルの車でサムイ空港まで送ってもらいます。10分ぐらい?近いです。
バンコクまでのバンコクエアウェイズの便は定刻通り。さっさと空港内のバンコクエアウェイズのラウンジへ。
フリーWiFiのパスワードは、ラウンジにいるやる気なさそうなお姉さん(たぶん娘くらいw)にボーディングチケットを見せると個々のパスワードを教えてくれます。
たいした食べ物がないけど、ここのポップコーンは何気に好きだったりする。最後にこんないいお天気。
e0201926_02483777.jpg

時間になってアナウンスで案内されたので、トロリーに乗って搭乗する機材まで行きます。ペイントがかわいいね。
e0201926_02484225.jpg
e0201926_02485359.jpg

たった1時間ちょいだけど、機内食も出ます。これがこの日のランチね。具をはさんでサンドイッチにしちゃた。ちゃったと食べてちゃっちゃと片付けるから、ゆっくり食べてるとすぐに片づけに来ちゃうよ。
e0201926_02491095.jpg


バンコクの空港に到着。混雑もしてなかったのでスムーズに外に出れました。
バンコクで泊まるホテルに空港送迎をメールで頼んでいたのですが、人がすいている時間帯だったのでスタッフをすぐに発見。
地図でホテルの場所はわかってたけど、新しいホテルだからタクシーの運転手は知らないと思うし、時間帯で変わるバンコクの交通事情が微妙だったのでホテルに送迎を頼んだのだけど、ホテルに着くまでヒヤヒヤしなくてすむのは気が楽でした。

そして空港から1時間程で Ad Lib Bangkok に到着。ラウンジのソファでウェルカムドリンクを飲みながらチェックイン手続き。
いろいろな特典がついているパッケージだったのでそこもチェック。
HP上の特典が、宿泊するまでにころころ変わっていたので、予約時の特典内容をプリントアウトしてきて良かった。スタッフも把握しきれてない様子だったので、こちら側でしっかり主張しないと特典がもらえないんじゃないかな?って思いました。
それでも言えばスムーズに対応してくれるし、臨機応変な対応もしっかりできるし、ホテルスタッフの質は大満足です。
e0201926_02491749.jpg


部屋に案内してもらい荷物をまとめてから、BTSに乗って出掛けましょう。ホテルのトゥクトゥクに乗って、プルンチット駅まで送ってもらえるのが楽ちん。
この時のバンコクは暑くて暑くて… ずっと前にパタヤで熱中症で倒れた時みたいになる前に、駅でジュースを買って飲んじゃう。バンコクはあちこちで美味しいフレッシュジュースが買えるのがいいね。
e0201926_02492469.jpg


サイアムパラゴンでパトロール&マーキングをすませ、お腹すいちゃってるから早めにラチャテーウィー駅近くのジェーゴーイへ。外のテーブルにもけっこう人がいたから、満席か?って心配したけど、二人なら中でも座れるテーブルがあってホッとしました。写真は帰りに撮ったからもう暗くなってるけどいつも大人気のお店。タバコを吸いたくなって外の人がいない所に行った旦那様には、スタッフがプラスチックの椅子を持ってきてくれたんだってー。タイ語しか通じない若いスタッフが多いけど、いつも感じがいいです。
e0201926_02494156.jpg

今回何本目なのか???のLEO。まずは無事にバンコクに到着を祝って乾杯~。ええ感じの泡立ち具合い。
e0201926_02493563.jpg

サムイのソムタムが不完全燃焼だったので、ソムタム・カイケムを「少し辛い」でオーダーしました。これこれ、この味を求めていたのよ。
e0201926_02495098.jpg


ガイヤーンとコームヤーンと迷ったあげくガイヤーンにしました。おいしかったけど、この前に行ったニッタヤ・ガイヤーン の方が好きかも知れません。
e0201926_02495495.jpg

葉っぱもんも迷って、カイラン菜にしました。斜め切りにした茎がシャキシャキで美味しいです。
e0201926_02495934.jpg


チムチュムは土鍋じゃないけど、あんまり気にならない。具はシーフードにしたんだっけ?具よりもお鍋の中の春雨がいちばん好きだったりする~。タレもあまり辛くないのが好みでした。
e0201926_02500628.jpg
e0201926_02501013.jpg


BTSに乗ってホテルに戻る前に、セントラル・エンバシーに寄って娘ちゃんの頼まれものを探しに行ったけど日本より高いから娘ちゃんのオーダーは拒否ることに。
地階にあるタイに来たなら買って帰りたい食料品コーナーのお買いものの方がよっぽど楽しいわよ。
e0201926_02501859.jpg


ホテルに戻ったら、まずはプールでクールダウン。部屋に戻って水着に着替えたら、1分でプールに行けちゃう気軽さがいいです。海もヤシの木も夜景もないプールだけど、水質もいいし誰もいないので夜のプール気に入りました。
e0201926_02504619.jpg


かなーりこじんまりとしているけど、いちおうジムも。行かなかったけどねー。ここに人がいるのを見てないわ。
e0201926_02502471.jpg

部屋は新しいし機能的なので、サムイにいる時よりも快適でした。冷たいアイスコーヒーを部屋に持ってきてもらって@特典サービス、久しぶりにTV見ながらのんびり過ごしたバンコク初日の夜。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-07-11 12:13 | サムイ旅行記
マンダリンオリエンタルバンコクで過ごした2泊3日弾丸旅行
e0201926_11155761.jpg
「週末にちょこっと海外旅行に行っちゃおう!」と姉とふたりで行ったバンコク弾丸旅行の旅行記です。だいぶ時間が経ってしまったけど、3日間でもじゅうぶん楽しめた記録を残しておきます。

羽田発のJAL便でバンコクに到着し、ホテルの送迎車に乗って着いたのはマンダリンオリエンタルホテル。とにかく短い期間の旅なので、余計な気をつかわずにのんびりしたくてこのホテルを選びました。
e0201926_11164299.jpg

前年に泊まったのでチェックインも部屋で簡単に済ませ、ボートに乗ってまずはサイアムパラゴンでお買い物。エラワン詣出&ゲイソンにも行ったもよう(記憶なし)。
e0201926_11201531.jpg
e0201926_11202802.jpg
e0201926_11203221.jpg

日本からコリを溜めに溜めてきた私達はサイアムスクエアのSoi5にあるSiam Relaxに揉まれに行く。
フット&ネック&ショルダー&ヘッド全部揉んでもらった記憶有り。
マッサージ終わってすぐBTS~ホテルボートで帰ったんだけど、夕飯食べるの忘れてた事件①
今回は一緒に旅行に行かなかった妹と3人でLINEでチャットしながら、サイアムパラゴンで買ってきたトムヤムクン味のポッキーを夕飯代わりという荒行?苦行?な初日の夜でした。

寝る前に姉の一言「ここって意外と掃除がなってないわね」も忘れずに覚書き。


朝食付きのプランにしていなかったけど、ここの朝食はとっても美味しいから楽しみなの。
ハンバーグは忘れずに。スイカも♡の形よ~らぶりぃ。
そう言えば、ちょっとした有名人もすぐ横にいたわよね。ワニもいたわよねw事件②
e0201926_11170941.jpg



週末と言えば?JJでしょ。ボートに乗って出かけます。いいお天気=暑い=BBAには辛い

e0201926_11172218.jpg

暑くてJJに行ってもフラフラ→休憩したいあのカフェが見つからない→体に悪そうなドリンクでがまん
e0201926_11180474.jpg

ホテルに戻ったら、美味しいケーキとコーヒーでお口直し。オーサーズラウンジはウェディングパーティーで貸し切りだったからロビーカフェにてうっとりな午後を過ごす。
e0201926_11181968.jpg

部屋に戻ったらマンゴーが用意されてた♪嬉しい♪ 部屋の写真は全然撮ってないけどマンゴーは写す。
e0201926_11183487.jpg

モーレツに暑いのでプールにGOです。パッと見は淀んでいるような色だけど違うの、タイルの色なの。週末だったけど人がいなくてのんびりできました。
e0201926_11184992.jpg
e0201926_11185453.jpg
e0201926_11191694.jpg
e0201926_11193182.jpg

急にスコールが降ってきたけど、ここなら濡れないのでそのままここで寛いじゃう。ビールも飲んじゃう。
e0201926_11193797.jpg

前の年に食べたサテが美味しかったからミックスサテをオーダー。これがこの日のランチ@ふたり分。
e0201926_11194856.jpg

雨が小降りになったらプールスタッフがココナッツアイスクリームを配りにやって来ました。美味しすぎる。若者は目の前の水着姿の妙齢女子ズに怯えて手がぶるぶる震えてるしw
e0201926_11200085.jpg
e0201926_11200448.jpg
e0201926_11200955.jpg

この日はしばらく強いスコールが続いたので、部屋に戻ってシャワー浴びてベッドでごろごろ。
でも、このまま部屋にいてももったいないので、ネットで検索して近くの評判のいいマッサージ屋さんに行きました。
マッサージねーちゃんが片手でスマホ(LINEに夢中w)しながらのナデナデマッサージの後はまさかのチップ要求という最悪なマッサージに衝撃。キャッシャーにいたオーナーにクレームという事件③ tripadviserの高評価レビューを信用した私達がばかでした↓↓ もう誰も信じない!(うそ)

テンションも低くなったので夕飯も近くですませちゃう=バンコクに来てまさかのイタリアンレストラン
この日はビール飲めればそれで良しな気分。写真を撮る気もおきずw

部屋に戻ったら、この部屋に毎日落ちているゴミの正体がわかる。ってか犯人は姉だったと言うww
姉が前日に言った「ここって意外と掃除がなってないわね」って、、、、アナタデスカラ(小声)
南国の高級ホテルで姉のサンダル崩壊&笑い過ぎて腹筋崩壊という事件④
この時は笑い過ぎて、腹筋と頬っぺたが痛くて痛くてたまらん夜でした。ガチで、っていうやつw


今日は近所のジョーク・プリンスっちゅう美味しいお粥屋さんに行くあるよ。昨日のヘタクソマッサージのお店のすぐ近くあるよ。
e0201926_11204320.jpg



壁にメニューが書いてあるね。何て書いてあるのかわたしさっぱりわからないあるよ。

e0201926_11205855.jpg



でも大丈夫あるね。これ指さしOKあるね。

e0201926_11210300.jpg

テーブルでオーダーして待っていると運んでくれたあるね。ジョーク好きだからここに来てよかたあるね。
e0201926_11213083.jpg



ホテルに戻る。今日もパーリィみたいね。

e0201926_11214191.jpg

そう言えば、帰り道に姉はテーラーに行って服をオーダーしてました@本日チェックアウトの最終日
「大丈夫間に合います」の言葉通り、夕方には完成してました。すご過ぎる。
最後の日でも部屋はきちんと清掃してあってフルーツも補充してあるのが、マンダリンオリエンタルの素晴らしいところ。
e0201926_11214513.jpg


荷物は部屋に置いたままチェックアウトして、予約をしていたノルマンディでランチです。朝食をお粥さんで簡単に済ませたのはここに来るため。ホテルで朝食を食べてたらここでランチするのは無理だと思ったの。大正解。
e0201926_11220102.jpg

相変わらず茶色い川ビューだけど、ノルマンディにいる気分は相当気持ちいい。行き交うボートとかずっと眺めてても全然飽きない。
e0201926_11220821.jpg
e0201926_11221484.jpg



メニューを控えていなかったので、食べたものを写真でずらずらっと。おいしゅうございました。

e0201926_11222521.jpg
e0201926_11223133.jpg
e0201926_11223674.jpg
e0201926_11224039.jpg
e0201926_11224392.jpg

デザートはワゴンの中から好きなものをふたつチョイス。おにーさんがお絵かきしてくれるサービス付き。
そう言えば私のお友達がタイプ♡って言ってたわ。思ってたよりもソースがあっさりとしてて甘過ぎず美味しかった印象。お花の模様が美しい~。
e0201926_11224808.jpg
e0201926_11225311.jpg
e0201926_11225753.jpg
e0201926_11230307.jpg

ラストのコーヒーにマカロンがつきます。ケーキを2個も食べた後だから全部食べきれなくて残してたら、さっきのおにーさんがお土産に持たせてくれました。中を開けたら6個も入ってたわよ。さすがノルマンディさん、気前がいいわね。
e0201926_11231722.jpg
エレベーターまでお見送りをしてくださいました。カーペットではカモフラージュできてたけど、絶賛崩壊中の姉のサンダルの破片がエレベーター前の大理石の上にポツポツと・・・ヘンデルとグレーテルみたいじゃない~恥ずいわぁ~という事件その⑤
e0201926_11232171.jpg

マンダリンオリエンタルの日本人ゲストリレーションにお願いして、リーディングルームの案内をしてもらいました。
e0201926_11232835.jpg
e0201926_11233293.jpg
e0201926_11233621.jpg
e0201926_11233993.jpg

パーリィーが終わってゲストが引いた後のオーサーズラウンジ。お花がとってもきれいでした。
e0201926_11240585.jpg
e0201926_11240709.jpg
e0201926_11241657.jpg
e0201926_11242594.jpg
e0201926_11244133.jpg
e0201926_11243571.jpg
e0201926_11245662.jpg



美しい廊下に破損片を散らかさないように、すり足でゆっくりと歩いた姉との思い出

e0201926_11251747.jpg

食後は近くのO.Pプレイス~THAI HOME INDUSTRIESなどを徘徊&ショッピング。
マンダリンオリエンタルに戻ったら、予約をしていたSPAに行くためボートに乗って対岸に渡ります。ふたりともタイマッサージのセットメニューにしていたので、同じ部屋で施術でした。
ロビーでスリッパに履き替えてさっぱりとした飲み物を飲みながら、オーダーフォームに記入をして時間まで待ちます。担当者が呼びに来てマッサージルームに案内してくれました。
e0201926_11253074.jpg
e0201926_11253369.jpg

お部屋は上質なタイの古いお屋敷の中みたいな感じ。音楽はタイっぽい静かなヒーリング系の音楽だったかと?覚えているのはすこーーんと海の底まで落ちていくような感覚。脳の中まで癒されました。
e0201926_11254306.jpg
空調はリクエスト通りやや暑めだったので、施術する方は暑くて大変だったのかも知れません。身体にかけたのも薄いデュベだったのが気持ち良かったです。(これは好みがあるかも知れないけど)
タイマッサージはバンコクの街中でもっと安くて上手な所がいっぱいあるけれど、五感がとろけたマッサージに大満足しました。
e0201926_11254742.jpg
e0201926_11255306.jpg
e0201926_11255710.jpg
e0201926_11260176.jpg
シャワールームはそのままスチームサウナルームにもなります。スチームサウナと同時に浴びるシャワーも気持ち良かった。シャワーとサウナは、マッサージの時間には含まれていないので、マッサージの後のスケジュールは余裕をもっていた方がいいと思います。
最後に美味しいお茶とタイのお菓子をいただいて終了。


テーラーに服をオーダーした姉は先にSPAを出て、私はシャワーを浴びてからボート乗り場に行ったのですが、ちょうどチャオプラヤ川にクルージングディナー船が行き交う時間帯。週末ともあっていつもより船が多く、いつまでたってもマンダリンオリエンタルのボートが渡れません。
20分ぐらい待ってやっとホテル棟がある対岸に渡ったら、姉がなかなか来ない私を探していたという事件⑥ 姉心配かけてすまん。

予約をしてたのは、ザ・ヴェランダの川沿いのテーブル席だったはずなのに、案内されたのはザ・リバーサイド・テラスの川沿いのテーブル席。
ザ・ヴェランダだとアラカルト、ザ・リバーサイド・テラスはグリル・ブッフェです。
時間もないし、ブッフェの方がすぐ食事ができていいかも~って思って、案内されたままザ・リバーサイド・テラスのテーブル席に座りました。
夜はライトアップされてホテルボートもきれいです。
e0201926_11261949.jpg



今夜のフライトなのでビールは飲みません。ローストビーフが美味しかったわ。

e0201926_11261665.jpg
e0201926_11262643.jpg

チェックアウトの時に部屋に残してきた荷物が、ホテルの車のトランクの中にちゃんと入っているか?のチェックをしてからホテルの車で空港に向かいます。値段はちょっとするけど、空港までの安心感と空港に行ってからのサービスがいいからすごく楽なのよ。
前に泊まった時の空港スタッフは○△□▽だったけど、この時の空港スタッフはちゃんとしているスタッフでした。(でもこの後に行ったペニンシュラの空港スタッフが最も優秀だったわ)
ラウンジに知ってる人がいるから行くのはやめにして、空港で最後のお買い物をして、こそこそっと機内に入ってすぐ寝たら、あっちゅう間に日本の領土内。和食が残ってて良かったよ。
e0201926_11263081.jpg

急な思いつきで行った3日間のバンコク弾丸旅行だったけど、ここ何十年もあんなに爆笑した事がなかった楽しい旅でした。マンダリンオリエンタルに泊まって優雅で豊かな時間を過ごし、いっぱい揉まれて、いっぱいお買い物をして、ちょこっと怒ってw
いつも一緒に楽しい旅をありがとう!おねーたま♡ また行こうね!三女も一緒にね!




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-20 15:20 | バンコク旅行記
Ad Lib Bangkok / Extra plush rooms / アドリブバンコク<2>
e0201926_09090539.jpg
アドリブバンコクのホテルフロントは小さなカウンターだけで、レストランのキャッシャーと兼用になっています。室内には大きなソファが並んでいて、テーブル席で食事ができました。
ホテルのラウンジ的な要素とビジターゲストが利用できるレストランが同じ空間の中に共存しているのですが、ゆったりとした配置やグリーンを多用したデザインのおかげでじゅうぶんリラックスできます。



特にエクストラブラッシュルームのゲストには宿泊特典のコーヒー&ティーフリーサービスがあるので、ここでゆっくりPCを使ったり、書きものをしたり、お友達と待ち合わせしたり、読書したりと、ラウンジとして活用できます。
e0201926_09093628.jpg
e0201926_09093465.jpg
e0201926_09094405.jpg
e0201926_09094220.jpg


毎日遊びに来てた猫ちゃん。人に近づいては来ないけど、遠くからこっちの様子を伺って見てるところがかわいい。カメラを構えたら逃げちゃいました。
e0201926_09095451.jpg

ここでお店の調べものをiPhoneでしてて、画面を見せながらホテルから予約をお願いしてる時に「これiPhone6プラスじゃね?」ってスタッフ達がどわっと集まってきて、一瞬警戒しちゃったけど、単なるガジェット好きが大勢いただけで、宿泊当時に発売したばかりのiPhone6が珍しかったみたい。
スペックが日本と違うのを教えてもらって(持っている私より詳しい)、満席だったレストランの予約もGMの顔で(さすが!)するっと完了。なかなかやります、ここ。



朝食もここのレストランで食べます。いくつかのモーニング・セットメニューと、パン・フルーツ・野菜・ハム・チーズ・ヨーグルトなどはブッフェテーブルから好きなだけ自分で取りに行くタイプの朝食。
ブッフェは日替わりになっていて、生ハムとチーズが美味しかったな。
e0201926_09384713.jpg
e0201926_09384433.jpg

セットメニューも、メインに好きなものつけ合わせを2つ選べます。
2種類でもいいし、好きなのを2つでもOK。
バラエティに何でもあるわけじゃないけど、クオリティは高い。とても美味しい朝食でした。大満足。特にパンケーキが気に入りました。
e0201926_09390285.jpg
e0201926_09390572.jpg
e0201926_09393540.jpg
e0201926_09391261.jpg
e0201926_09395327.jpg
e0201926_09401160.jpg

最終日にはここで食事をしてから空港に向かいました。バーガーのバンズはベリー系のフレーバーだったけど意外とパテと合っていて美味しかったです。
パスタとズッパフンギは本日のメニューから。パスタはタイ風のアレンジをしたペスカトーレ。ズッパはおかわりしたいくらいの美味しさ。
e0201926_09594955.jpg
e0201926_09595258.jpg
e0201926_09595954.jpg
e0201926_10000672.jpg


コの字型の建物の真ん中にある最上階にプールがあります。
ケミカルな香りがしない塩水プールでした。何度か水質チェックをやっていて、水の中で目を開けてもきれいだったプールです。
部屋からはすぐにプールに行けるので便利でした。
夜帰ってきた時はまずはプールに飛び込んでクールダウン。
大きなホテルだとプールにたどり着くまでにいろんな人に会ってしまうのがイヤなんだけど、ここのホテルなら安心。ライトアップされた夜もきれいです。
e0201926_10004457.jpg
e0201926_10010572.jpg
e0201926_10012373.jpg
e0201926_10011503.jpg

プールサイドの雰囲気もおしゃれ。くつろぐ場所がいっぱいあります。ここは喫煙可でした。部屋のパスワードのままWiFiも使えます。ここお気に入りの場所でした。
e0201926_10005562.jpg
e0201926_10021733.jpg
e0201926_10021083.jpg
e0201926_10015907.jpg

病院を下から眺めるようになっていますが、病院なので夜は電気がほとんどついてません。まわりの建物や視線とかは気にならなかった印象。
e0201926_10014342.jpg
e0201926_10014576.jpg


同じフロアにジムもあります。こじんまりとしたホテルですが、パブリックエリアがわりと充実しているので、意外とのんびりと過ごすこともできそう。
OPENしたばかりと言うのもあるけれど、頻繁に清掃している姿を見かけるので、ホテル内はいつもきれいでした。
e0201926_10022595.jpg


最終日は追加料金なしで16:00まで利用できるプランだったけど、現地で追加料金を支払って19:00まで部屋を利用できるようにお願いしました。
この時に空港までのタクシーの手配もお願いしたのですが、ちゃんとドライバーに航空会社と便名を伝えて、高速料込みの金額をドライバーと私達に確認してからナンバーと控えて送り出してくれたのも安心。

プルンチット駅の手前までホテル専用のトゥクトゥクで送迎してくれるサービスもあります。この時は8:00~20:00迄のサービスでしたが、暑い時間帯に出かける時に便利なサービスです。
降りる時に「帰りも駅から電話して」って言われたけど、帰りはsoi1の様子を見ながら歩いて帰ってました。マッサージ屋さんと屋台がある通りで、怪しいお店とかないから平気。コンビニも数件あるし、ホテル近くのイタリアンレストランが何となく美味しそうな気がして気になっていたんだけど、食べる機会がなかったのが残念。次回は是非行ってみなくちゃ。

出掛けて帰ってきても、大きなドアを開けてお迎えしてくれるし、挨拶もきちんとしている。
時にはフレンドリーな対応もできる。短い滞在だったし、出掛けてばかりだったのに、ここのホテルのスタッフの顔は今でもちゃんと記憶に残っているくらい。サービス面も大満足でした。
安いプランで泊まれたのはラッキーだったけど、もう少し価格が上がっても許せるくらいのハード面とソフト面両方とも優れているホテルだと思います。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-22 11:03 | Ad Lib Bangkok
Ad Lib Bangkok / Extra plush rooms / アドリブバンコク<1>
e0201926_15274748.jpg
Ad Lib Bangkok(アドリブバンコク)は、BTSプルンチット駅から徒歩10分程のホテルです。
スクンビットsoi1をバムルンラート病院方向に進んで行き、途中を右折した奥にあるこじんまりとしたホテルでした。
ナナ駅からも行けるけど、プルンチット駅の方が近いかな。こっちの方が治安的にもいいと思います。

大きなバンヤンツリーの木があって、その奥がパーキング、階段を数段上がるとホテルフロントとレストラン&バーがあります。ちょっとお洒落してレストランに来るタイ人で毎晩賑わってました。
e0201926_15353355.jpg
e0201926_15353883.jpg
e0201926_15354353.jpg
ウエルカムドリンクを飲みながらチェックイン。直前にメールで空港送迎をホテルにお願いしていましたが、ちゃんと手配が通っていてスムーズに空港からホテルまで来れました。
e0201926_15433548.jpg

泊まったのはExtra plush rooms (エクストラブラッシュルーム)。
Plush rooms と同じ広さですが、いくつかの特典がついています。
オープニングプロモーションで50%OFFのプランがあった時期なのでお得に宿泊できました。

<エクストラブラッシュルームの特典内容>
・インターネット無料WiFiアクセス
・ランドリー1室3枚(毎日)
・ミニバー無料(毎日)
・BTS1日パス券(1室1枚)、
・バーからフレッシュコーヒー&紅茶サービス(部屋でもお店でも利用可能)
・DVDプレーヤー、液晶テレビ、ケーブルチャンネル
・無料ボトル飲料水
・モバイルフォン貸し出し(データ付、1日100バーツ)
・モーニングコールサービス
・空き室状況によってアーリーチェックイン&レイトチェックアウト無料
 (宿泊当時のプランだと16:00までレイトチェックアウト無料でした)

フリーWiFiの速度はノーストレスでいつでもインターネットが使えました。
ランドリーは毎朝9時くらいにお願いすれば夜までには出来上がります。
BTSの1Dayパス券は一室1枚だけなので、もうひとりはいつものラビットカードにチャージして利用。
部屋の冷蔵庫のフリーの飲み物よりも、バーから美味しいillyのコーヒーやアイスティーをルームサービスやプールサイドで飲めるのが嬉しいサービス。
モバイルフォンは外出先でネット検索したい時や、部屋で動画を見る時に便利でした。


部屋はプールが見える最上階をメールでリクエストしておきました。シンプルな内装かつ機能的なデザイン、明るくて風通しのいい部屋です。このホテルは窓が開くのも高ポイント。低層階だからだと思うけど、バンコクで窓が開くホテルは少ないので貴重だと思います。
e0201926_16101953.jpg
e0201926_16102792.jpg
e0201926_16104220.jpg
e0201926_16105304.jpg
e0201926_01360497.jpg

もうひとつ気に入ったのは床がフローリングなところ。バンコクの高級ホテルでさえ床の絨毯にシミはあります。
清掃の時間に部屋に戻ってきたら、ちゃんとモップで床をきれいに拭いているところでした。
特別上質な材料を使っていないのに、部屋の設えがしっかりしていて、かなり清潔だったのが予想以上に気に入ったところです。ベッドのマットやリネンの質感も良かったです。
コンパクトなスペースにソファやテーブルがあるのも居心地がいいところ。
バスルームの収納は少ないけれど、窓側のところに引き出しがあるので、両方使ってなんとか収納できるかな。収納はちょっと工夫が必要でした。
e0201926_16105816.jpg
e0201926_16105649.jpg

ミニバーとか冷蔵庫はここにまとまっています。お水はアドリブホテルオリジナルのもの。
コンセントや電源もここにまとめてあるので、荷物が散らばらずに充電ができるのが使いやすかったです。
e0201926_16143342.jpg
e0201926_16144058.jpg
e0201926_16143771.jpg

部屋を入ってすぐ横にあるバスルーム。セイフティボックスが大きいのはうれしいけど、ここの収納力はあまりありません。ハンガーを追加で持ってきてもらって、必要な衣類は吊るしちゃいました。
スーツケースラックがあるけれど、サイズが大きいスーツケースは置けません。
バスローブは南国で着やすいワッフル地のもの。
ホテルの名前が入っている傘が、よくある重くて大きなものではなく、軽くてコンパクトなものなのが逆に使いやすいと思いました。
e0201926_00532420.jpg

コンパクトなシンクまわりだけど、意外と使いやすかったです。私物をカウンターの上に置いて使ってました。歯ブラシ・ブラシ・コットン・シャワーキャプ・サニタリーバック・MALIN+GOETZのソープとボディクリームがありました。
e0201926_00532967.jpg
e0201926_00533615.jpg
e0201926_00534379.jpg


アメニティはNYのMALIN+GOETZのもの。おっしゃれー。こういうところが安っぽくない理由です。
もしかしたら、エクストラブラッシュルームだけかも知れません。
e0201926_00534654.jpg

シャワーは湯量も排水も申し分なし。排水口からの臭いとかもありません。ガラス戸なので水はねの心配もなし。
安いホテルは水回りにアラがあるのですが、ここはそういう問題を感じませんでした。
e0201926_00534866.jpg

意外としっかりとした造りの部屋にいい意味で予想を裏切られました。仲良しのふたりだったら同室でも大丈夫なんじゃないかな?シャワールームのすりガラスの反対側はベッドですが、人影がぼんやり写る程度なので気にならないと思います。
すべての部屋は禁煙ですが、レストラン&バーのアウトサイド席・プールサイドのラウンジ・喫煙フロア廊下にある灰皿のところ・・・などは喫煙OKでした。


続きます。。。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-12-22 01:23 | Ad Lib Bangkok
2014年サムイ&バンコク旅行記(14)
e0201926_22220544.jpg
三姉妹でのサムイ&バンコク旅行最後の朝。住んでいる場所が全然違うので、SkypeやLINEでいっぱい会議して(9割は雑談だったけれども、だが)食べたい物食べて、行きたい所に行って、毎日朝起きてから夜寝るまでノンストップでおしゃべりして、お腹がよじれるくらい大笑いした楽しい数日間も今日でおしまい。でも涙は私達には似合わないので、まずは朝ご飯を食べよう!


今日も大好きなマンゴーから。少し曇っていたからリバーサイド側のテラスにしたよ。バナナとスイカも甘ーい。
e0201926_22282714.jpg

今日のインド風カレーはレンズマメと野菜。これ、これ、こういうの大好き。ヨーグルトもかけて食べました。奥にあるぼんやりしてるのは、昨日食べておいしかったローストハムだと思う。色気も何もなく1枚だけw
e0201926_22283353.jpg

フレンチトーストとワッフルは...でした。うー残念。ハニーコムをじょりじょり削ったのと一緒に。
e0201926_22283993.jpg

最終日だけど、三女はここでもう1泊するので部屋は最後まで使えます。バンコクでも最後に揉まれましょう!・・・どこで?・・・ペニンシュラのSPAと悩んだ挙句、昨日パラゴンのパンピューリで買い物した時にもらったお得なクーポンを使ってパンピューリのSPAに行く事にしました。このクーポンはこの時期限定のサービスだったみたい。昨日のうちに三女がゲイソンのパンピューリSPAに電話予約してくれたので、姉と私のふたりで揉まれに行ってきます。
ホテルボートで川を渡り、サパーンタークシン駅からBTSに乗ってパラゴンがあるチットロム駅へ。
e0201926_22413030.jpg

パラゴンB1Fのパンピューリはショップの横に新しくSPAルームができていたから前より予約が取りやすくなっていました。60分のオイルマッサージなのでオイルを選びます。レモングラスのオイルを選びました。
ツインのSPAルームは前よりも広くてモダンな雰囲気。トイレやシャワールームもあります。
マッサージ台はウォーマーで温度調節ができるようになっていて、マッサージ中も体が冷えないように厚手のタオルを体にかけてくれました。
私のマッサージ台の温度が高めだったので「エアコンの温度をもっと下げて」って途中でお願いしたら、長女は寒かったらしくマッサージ中は凍えていたという事件もありましたが(;'∀')、ここのオイルマッサージはやっぱり大好き。
マッサージが終わると、レモングラスティーとドライフルーツが出されてソファで休憩したらおしまい。
e0201926_22414575.jpg

終わったらちょうど三女もここに来ていたので、ここから近いパンピューリと同系列のnaraで三人最後の食事です。ここはメニューブックの辛いものにはチリでマークがされているのでわかりやすい。
私はパッタイにしたけど、長女と三女は何食べたっけ?ライチのスムージーもとってもおいしかったな。
e0201926_22552112.jpg
e0201926_22550668.jpg
e0201926_22551788.jpg
e0201926_22551483.jpg
e0201926_22550288.jpg
e0201926_22460177.jpg


ここのお店にはタイ料理のセットや調味料やタイのお菓子が売ってるので、最後のお土産追加投入。
そしてエラワン様にもお参りして、めんどくさいからタクシーでホテルの川向うのピアまで行ってもらってボートでホテルにもどりました。
e0201926_22590680.jpg
e0201926_22592877.jpg


ホテルに戻ったら急いでプールへ。ちょっとくもってるけどめちゃくちゃ暑い日だったので気持ちがいいよ。
意外とプールは空いていたのでのんびりできました。

e0201926_23020154.jpg
e0201926_23020492.jpg
e0201926_23021285.jpg
e0201926_23021725.jpg

パッキングに時間がかかりそーな私だけ先に部屋に戻って荷物をまとめてシャワーを浴び、そのうちに長女と三女が戻って来て順番にシャワーを浴びて、アフタヌーンティーで最後の名残を惜しみます。
タイタイプとトラディショナルタイプの2種類あるアフタヌーンティーでした。私はタイの方が好きかな?
e0201926_23083132.jpg

部屋に戻って少しだけ休憩してから部屋に荷物を取りに来てもらいます。帰りもホテルトランスポートを頼んでいたので、長女とふたりBMWに乗って空港へ。この時にホテルに残る三女が撮ってくれた写真がすごくいい感じなんだけど、これは3人の宝物にしようね。そしてまた新しい写真を撮ろう。

空港ではペニンシュラのスタッフが待機していて、この方が本当に素敵な笑顔でいい仕事をしてくださる方で、タイ旅行の最後がいい思い出で終わることができて本当に良かった。そして私達は七三分け萌えっちゅうこともここに覚書きもせねばw
さすが!なペニンシュラのスタッフのおかげで復路でしっかり休むことができて、翌朝羽田空港に到着。。。涙


e0201926_23242952.jpg

今年もまたいい旅ができて幸せでした。今年もたくさんのお笑いをありがとう♡



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-21 23:34 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(13)
e0201926_15170032.jpg



私が寝ている間に、長女と三女が予約してくれたTHANYING(Royal Thai Cuisine Restaurant) でディナーです。
ホテルボートでサパーン・タークシン駅まで行って、そこからBTSに乗ってスラサック駅を降り、
モードサトーンホテルからシーロム側の角を曲がります。
そこから100mぐらい歩いた左側の奥にあるタイ王宮料理のレストラン。

e0201926_15170533.jpg



奥に30mぐらい入るとお店が見えてきます。
店内に人がいたので撮影を控えましたが、アンティークな内装や家具が置いてある格調高い雰囲気でした。

e0201926_15172796.jpg

e0201926_15171261.jpg


メニューブックの装丁もかわいい。いろんなデザインのメニューブックがありました。
e0201926_15171899.jpg


まずはハイネケンで乾杯しましょう。ひさしぶりの氷なしビールかもw
e0201926_15332700.jpg


カリッと揚がって、中はエビのうまみがじゅわ~ときたトートマンクン。過去最強!
スイートチリソースが既製品みたいな甘味が強くなくさっぱりして美味しかったのも印象的。
e0201926_15334559.jpg


バンコクに来たら絶対食べたいもののひとつグリーンカレー。
三女が教えてくれた通り、フレッシュで質のいいココナッツミルクで作られたグリーンカレーは
限られた高級店しか食べられない正統派の味。
これを食べるためにバンコクに来たい!って思わせたグリーンカレーです。
(思い焦がれて本当にこのあと食べに行きました)
e0201926_15335826.jpg


殻を外してもらったプーパッポンカレー。
オイリーなプーパッポンカレーは苦手だけど、カニのうまみたっぷりでコクがあって美味しかったです。
もしかしてこの日はカレー三昧?w
e0201926_15341262.jpg


イカのガーリック焼き。ぷりっぷりのイカとカリッカリのガーリックの歯ごたえが絶妙。
e0201926_15342769.jpg


長女リクエストのトムカーガイ。
やっぱりココナッツミルクの美味しさが料理の差になっているな~と感じた美味しさです。
e0201926_15342062.jpg


もちろんビールも数本おかわりしていたので、デザートにはたどり着けず。。。
他のテーブルにまわっていたカオニャオ・マムアンがとっても美味しそうでした。
帰りも駅まで歩いて(徒歩5分もかからない?)BHS-ホテルボートでホテルに戻ります。
e0201926_15522745.jpg


そのまま部屋には戻らずにリバーサイドのバーに寄って行きましょう。
ちょっと蚊がいたけど、夜風が気持ちがいいバーです。
e0201926_15530556.jpg

e0201926_15530956.jpg


雨が降ってきた時の雨よけテントのロープも、こんなかわいいバッグに収納されてました。
e0201926_15531271.jpg


マンダリンオリエンタルとシャングリアを両方眺められるのがペニンシュラのいいところ。
マンダリンオリエンタルから見た景色よりも、ペニンシュラからの景色の方が魅力的でした。
目の前の川にはディナークルーズからの大音量が時々聞こえるけど、
それもまたバンコクらしい風情で好きです。
ペニンシュラらしいネーミングの美味しいカクテルだったはずなんだけど・・・
えーーと、忘れちゃった。
しっとりと大人の時間を楽しんで・・・な事がこの三人にできるはずもなく、
ここでもイスから転げ落ちそうになるくらいの爆笑ネタがあったはず。
e0201926_15533557.jpg

この日がバンコク最後の夜。明日の夜には空港にいかなければなりません。涙。。。






[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-13 09:00 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(12)
e0201926_14041518.jpg
ペニンシュラの朝~。部屋で朝のコーヒーを飲んでから、1階の川沿いにあるレストランに行って朝食を食べます。
エアコンが効いている室内席と川沿いのテラス席と好きな方を選べるので、あまり日が当たらないテラス席に座りました。日が当たらないテーブルでもかなり暑いです。(7月滞在時)
ここにはマンゴー専用のカウンターがあって、スタッフがその場でマンゴーをカットしてくれるという素敵なサービス♪完璧な熟され具合のすばらしいマンゴー、これだけで大満足。

もちろん他のフルーツもたくさん種類があって、どれも甘くて美味しかった。パイナップルだけはサムイの方が美味しかったかな?
e0201926_14101660.jpg

同じ川沿いのレストランでも、前に泊まったオリエンタルとは違った雰囲気。どちらもいい雰囲気ですね~。
e0201926_14112921.jpg

私達はこちらのテーブル席に。テーブル間がゆったりしているので、まわりが気になりませんでした。
e0201926_14113289.jpg

オーダーして調理する卵料理や、パンケーキやフレンチトースト、アジア料理やインド料理などは、外のキッチンで調理してました。パンやフルーツ、サラダ、チーズ、スープ類などは室内のブッフェ台にあります。
e0201926_14113509.jpg
エッグベネディクトの濃厚なオランデーズソースが美味。上にのっているのは焼き立てローストハム。
e0201926_14115578.jpg

インド料理のコーナーにあった日替わりのカレーが美味しくて、二日間ともカレーを食べました。
この日はほうれん草のカレーだったかな?イドゥリとドーサもあってインドの朝ご飯が楽しめます。
e0201926_14115954.jpg

食後の甘いものも忘れないよー。ここはハード系のパンよりも甘いデニッシュの方が美味しいように思いました。パンプティングも美味しかったです。
e0201926_14120296.jpg

朝食を食べたら部屋でちょっと休憩。まだお店がオープンするにはちょっと早い。
部屋からは去年泊まったマンダリンオリエンタルが見えます。ガラス越しなのでぼやけてますが。
e0201926_14253242.jpg

真ん中にある白いアパート?の下にペニンシュラ専用のピアがあるので、川向うにタクシーで出かける時とか戻ってくる時にはここのピアで乗り降りすれば便利。
e0201926_14262161.jpg

手前に民家が密集しているところにはピアがあって、大勢の学生がそこからオリエンタル横(オリエンタル専用ピアじゃない方)のピアに渡っていました。
その上はマンダリンオリエンタルのタイ料理レストラン・サラリムナームとオリエンタルSPAやジムが見えます。
その先にあるミレニアムヒルトンとの間にある工事中の土地に噂の高島屋ができるのでしょうか?
e0201926_14262589.jpg
このあとはサイアムパラゴンとかMBKに行って買い物です。サムイではまったく買い物をしなかったので、お買い物の神様降臨です。MBKでオナベの兄さんがやっているお店でTシャツまとめ買い。兄さんがすごく優しくて惚れてしまいそう。
荷物を持つ手がプルプルするぐらい(パンピューリを先に買うと重いねw今後は最後に買う事にする!)買い物してから~の、ランチはMKゴールド。ほとんど毎日タイ料理を食べていたので、この優しい味が胃にしみる~。
e0201926_14563197.jpg

荷物が重くて倒れそうだったので、ホテルにタクることにしました。
部屋に戻ってきたらマンゴスチン紛失事件wもあったけど、それも高級ホテルな対応で円満解決。
今日のおやつはこれ!う~~食べてない気がする!
e0201926_14443194.jpg
ちょっと疲れちゃったからベッドでお昼寝。起きたら美味しいあそこに突撃よん。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-12 15:06 | バンコク旅行記
2014年サムイ&バンコク旅行記(11)
e0201926_13493055.jpg
だーいぶ間が空いちゃったけど、2014年7月のサムイ&バンコクの旅行記を続けます。
ペニンシュラにチェックインして、部屋で写真撮ったり荷物整理していたら、ちょうどバンコクに来ていたお友達が部屋に遊びに来ました。
トゥクトゥクぶっ飛ばしてホテルボートで川を渡ってきたところがバンコクらしい風情でいいよね。
乗っているボートを部屋から見下ろしながら、LINEで「船に乗った~?」とか「何色の服~?」とか「見えた見えた」とかのやり取りで盛り上がってた3204号室。
旅行中のテンションがハイレベルの私達につきあってくれてありがとう>M氏
あなたに会えてよかったbyコイズミキョーコ

バンコクに来たならディナーは外したくないねっ!って、iPadで検索。
「どーしてもガイヤーンが食べたい」ちゅう3人の心はひとつ・・・で、三女のおすすめのニッタヤ・ガイヤーン(Nittaya Kai Yang)へ!←タイ語でわからん(^^;
ペニンシュラのコンシェルジュに相談して、ピンクラオ店に予約&片道タクシー送迎手配をお願いしました。
タクシーを待っている時ドアマンに「ニッタヤ・ガイヤーンに行く」って話して待っていたら、三女が「あそこのガイヤーン美味しいよね」ってドアマン同士で話してたよ~って後で聞いて、タイ人に人気のレストランのようです。
ドアマンがちゃんとタクシーの運転手に場所を教えてたから安心。タクシーで30分ぐらいで到着。大きなニワトリの像が目印です。
e0201926_14293949.jpg
e0201926_14294805.jpg
e0201926_14312130.jpg

お店は大混雑だったけど、ちゃんと予約が入っていたのですぐにテーブルに座れました。お店の中はタイ人ファミリーがいっぱいです。
メニューブックがタイ語とほんの少しの英語、お店のスタッフ(高校生ぐらいのアルバイト?)に英語は全然通じないので、オーダーは三女に丸投げw
まずはビールでかんぱ~い。生野菜もこのタイミングで持ってきました。
e0201926_14342265.jpg
e0201926_14342592.jpg

お店の名物料理のガイヤーンは味がしっかり中まで染み込んでいてジューシー、そしてパリッと焼き上げた皮、最高です。揚げたガーリックと2種類のソースがついてきたけど、そのままでも十分。
この時のガイヤーンが美味しかった記憶で、次のバンコク旅行で食べた違うお店のガイヤーンが物足りなく感じてしまったほど。ちょっとアクセス悪いけど、またここのガイヤーンが食べたいです。
e0201926_14345645.jpg
e0201926_14345913.jpg

続いてナスのヤム。海老とひき肉も混ざっている優しいタイ~な味。
e0201926_14395887.jpg

これはレバーのヤムでしたっけ?ハーブがいっぱい入っていてこれも美味しかったなぁ。
e0201926_14401634.jpg

ソムタムは塩卵(カイケム)にしました。たぶん「辛くしないで」って頼んだはず?
e0201926_14405328.jpg

エアコンがギンギンで寒くなったので、辛くないひき肉と野菜と海藻のスープも頼みました。小さなアルミ鍋に入ってコンロで温めて持ってきてくれるから熱々のスープです。
e0201926_14405857.jpg

本当はすでにフルオーダーなんだけど、日本に帰る前にどーしても食べておきたいクンオップウンセン。
これってハズれると全然美味しくないチャレンジメニューだと思うけど、ここのはちゃんとパクチーの根っこが写真の右端にちょこんと乗ってて本格的なレシピで作ったぜ的な主張があるだけの美味しさ。
ちなみに今までで一番美味しかったのはプーケットのマイカオビーチで食べたここ★なんだけどね。
ニッタヤ・ガイヤーンのもとっても美味しかったです。
e0201926_14410183.jpg

お皿がチープだし広いお店もファミレスみたいな感じだけど料理の味は本格的。英語がほぼ通じないようなので、ここに来る時は「ゆびさし会話帳」が必要かと思います。
あとひとつ、郊外にある支店ばかりなのでアクセスが悪いのと人気店ゆえ混雑の心配が。。。ホテルのコンシェルジュに予約と送迎手配をお願いして行った方が安心ですし、短い旅程で無駄足の心配がないかな、と思いました。

帰りはお店の前の広い通りでタクシーを拾ってホテルに戻りました。今宵も美味しい料理と楽しい時間をありがとう。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2014-11-04 15:07 | バンコク旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin