Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
リッツ・カールトン東京++デラックスルーム#4722
e0201926_15400158.jpg
久しぶりにリッツカールトン東京に宿泊しました。前回クラブデラックスに泊まった時にクラブフロアの内容に満足しなかったので、最初に泊まった時と同じデラックスルームを予約。今回は旦那様の強い希望で喫煙ルームにしました。(ホテル内で喫煙可能なのは、45階のバーとミッドタウン地下の喫煙ルーム)
廊下にも空気清浄機が設置してあるので、エレベーター降りた時から部屋の中まで特にタバコの香りを感じることもなく、滞在中に部屋で吸った煙も強力な空気清浄機があるので、部屋の方がバーの喫煙場所よりもずっとタバコのにおいを感じずに過ごせました。


窓から見えるのは六本木ヒルズと遠くに小さく見える富士山。日が暮れる時の夕日とその後のピンク色に染まった空がきれいに見えるこの方向が好きです。以前泊まった時に気になっていた夏の午後の陽ざしですが、部屋の奥まで日が差さないのであまり暑くなりませんでした。
窓際にあるソファはこの後に向きを外側に変えて、サンセットの空や夜景を眺める特等席になります。
e0201926_15400625.jpg
e0201926_15401683.jpg
e0201926_15405720.jpg
e0201926_15405527.jpg


喫煙ルームだったからなのか?以前泊まったデラックスルーム(禁煙)にセットされていたベッドスカートとベッドライナーとクッションはありません。部屋のクロスやベッドヘッドも違うものでした。
以前の柔らかい色調と比べてモダンな雰囲気の部屋ですが、ファブリックが少なめなのは喫煙ルームの特性から言ったら好ましい事だと思います。全体的な印象もこちらの方が好み。
e0201926_15401052.jpg
e0201926_15401422.jpg
e0201926_15402032.jpg
e0201926_15402202.jpg
e0201926_15402588.jpg
e0201926_15415078.jpg
e0201926_15415214.jpg

他の家具のレイアウトは他のデラックスルームと同じです。久しぶりに泊まって思ったのは、ひとつひとつの家具のサイズが大きく天井も高いので、一般的なホテルのレイアウトと同じようですが、かなりの広さを感じました。
e0201926_15403037.jpg
e0201926_15403397.jpg
e0201926_15403585.jpg
e0201926_15404218.jpg
e0201926_15404435.jpg
e0201926_15404717.jpg

ミニバーの紅茶とエスプレッソは無料ですが、スナック類と冷蔵庫の中のものは有料です。昼間エスプレッソと紅茶とミネラルウォーターを飲んだのですが、ターンダウン時にそれぞれ補充がしてあり、アイスペールにも氷がちゃんと入ってました。
e0201926_15410155.jpg
e0201926_15410994.jpg
e0201926_15410404.jpg
e0201926_15410670.jpg
e0201926_15411482.jpg

動線がいいので使いやすいバスルーム。ターンダウン時にはシャワーブースからバスタブまでをバスマットを数枚置いてくれるので、シャワーしてからそのままバスタブに行きやすかったです。
アメニティのアスプレイも新しいシリーズのものに変わってました。ボディローションが前よりこっくり濃度が濃くなったように思います。
e0201926_15411792.jpg
e0201926_15411993.jpg
e0201926_15414538.jpg
e0201926_15413268.jpg
e0201926_15413402.jpg
e0201926_15413268.jpg
e0201926_15412412.jpg
e0201926_02530632.jpg
e0201926_15412803.jpg

夕飯は外に出て、ホテルに戻ってきたのが10時過ぎ。ホテルからいただいたシャンパンを部屋で飲もうかと思ってたのですが、冷やし忘れてしまったので45階のザ・バーに行くことにしました。
この日はとても空いていて、水路を渡った先にあるペアシートが空いていたのはラッキー。
ここだけ他から少し離れていて、ソファ席で夜景を眺めながらゆっくりできるので、一度ここに座りたかったのです。
旦那様はラムコーク、私は工芸茶を使ったカクテル。オリエンタルな花の香りが夏らしい美味しいカクテルでした。3種類のチャームはミックスナッツ・おかき・オリーブ。ジャズの生演奏を聴きながら、スカイツリーを眺め、バーには12時頃までゆっくりと過ごせたのがいい思い出です。
暗すぎて全然いい写真が撮れなかったのですが・・・
e0201926_15415817.jpg

部屋に戻ってきてから枕元に置いてあるチョコレートと一緒にエスプレッソを夜景を見ながら飲んで、ゆっくりとバスタイム。この日はけっこう遅くまで起きていました。
e0201926_15420121.jpg

朝食は45階にあるタワーズにて。今春からタワーズグリルからタワーズに名前もメニューも新しく変わったとのこと。
この日はウェイティングに数組待つくらい混雑していたので、アジュール45も解放してそちらのテーブルに案内されました。お台場方面の景色を眺めながら、のんびりと好きなものだけいただきます。
特に素晴らしかったのが、こちらのテーブルの担当だったホテルマンの対応です。サービスのタイミングが絶妙だったのはもちろん、会話の入り方と引き方のタイミング、その会話の中からのサプライズ、もう一つ先のひと声とサービスに「さすが」と感動し、改めてこのホテルに宿泊して良かったと思いました。

以前と比べてほんの少しメニューの種類は減ったような印象ですが、たまご料理やフレンチトーストなどのメインメニューはオーダー式になったので、お皿を持ってカウンター前で並ぶ手間が省けたのはとてもいいと思います。この中からシェフおすすめメニューのパーフェクトエッグを選びました。
半熟卵を、マッシュポテトやコーンなどが入った優しい味のソースと一緒に食べる、今まで味わった事がないたまご料理で、これがとても美味しくて大変気に入りました。
美味しい朝食とこの空間に引き込まれてしまったので、写真は食べる前のこの1枚だけ。
パーフェクトエッグ以外では、ヨーグルトとマフィンが特に美味しかったです。
e0201926_15420477.jpg

部屋には置いてないリッツスペシャルブレンドの紅茶も無くてはならない大好きなもの。カップの中の紅茶が無くなると、すぐに同じリッツスペシャルブレンドの紅茶が注がれて、帰り際には「ご自宅でどうぞお召し上がりください」と手渡してくれました。
e0201926_15420943.jpg


食後はもう少し部屋でのんびり過ごしてからチェックアウトです。車はチェックイン時に1階エントランスでキーをつけたままバレーサービスで預けたので、チェックアウトの際に控えのチケットを見せてから1階エントランスに車をまわしてもらいました。
1階のカフェ&デリで紅茶とマフィンを買ってからエントランスに向かったので、荷物はホテルのフロントに預けて1階のエントランスで受け取り用意された車へ。車のシートに座ってシートベルトをかけ、ドアマンが車のドアを閉める時に「よろしければお帰りの道でお召し上がりください」とリッツのタブレットをサッと渡すタイミングにも「さすが」と唸る、最後の最後までリッツのおもてなしに感動した滞在でした。

都心のホテルに1泊するだけだったら、快適に寝るだけのホテルでもじゅうぶん満足できます。
今回はホテルに滞在している時間を楽しむ1泊だったので、リッツカールトン東京のもうひとつ先にあるサービスに触れられて、心も体もリフレッシュできパワーも充電された滞在に大満足しました。
e0201926_15421228.jpg

ザ・リッツカールトン東京
 東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン
・都営大江戸線:8番出口より地下通路直結
・東京メトロ日比谷線:4a出口側から地下通路を経由し、8番出口より地下通路直結
・東京メトロ千代田線:3番出口より徒歩約3分

>>>後日追記(2015年10月)
上記に掲載したお部屋は2015年に改装したお部屋との事です。喫煙ルームだけでなく、禁煙ルームも同じような内装に変わりました。


[PR]
Top▲ | # by travel_m_life | 2015-07-25 02:33 | リッツ・カールトン東京
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin