「ほっ」と。キャンペーン
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
カテゴリ:Pitamaha( 3 )
Top▲ |
Pita Maha / SPA

e0201926_11254464.jpg

ピタマハに行ったら絶対にやりたかった事がピタマハのSPAでした。
15年前に泊まった時に、ここでSPAをしました。プールから見える景色を写真に撮ろうとして、カメラ(当時はフィルムカメラ)を持ってプールの中の浅瀬を歩いていたら、急に深いところでカメラごと沈んでしまったのです。当然カメラは水没で壊れて、せっかくの旅行の写真も撮れなかった苦い思い出がありました。
たぶんそれがあったから、「バリ島にまた行って写真を撮らないと!」と言う思いがリピーターの第一歩だったんじゃないかな~と思います。

当時はプライベートプール付きのスパヴィラは珍しく、街スパやビーチマッサージがとても安かったので、ピタマハのSPAは高い印象だったはず。
今は他の高級ホテルのSPAがかなり高額なものもあるせいか、ピタマハのSPAの金額が安く感じました。
Spa Escape Package
US$150++ / 120min / 2P
 *プライベートスパ内全施設の利用(プール・ジャグジー・サウナ・シャワー)
 *トラディショナルトリートメントのメニューの中からお好みをひとつ選ぶ
 *ジンジャーとジャスミンティーのハーバルドリンク
 *スパギフト
 *終了後テラスレストランにてコーヒー&ティー
 *ウブド内無料送迎
 *ふたり分の料金
ホテル内に一部屋しかないスパヴィラなので、日本から予約をしておきました。


SPA開始時間の30分前に「あと5分でお部屋に迎えにまいります」と部屋に電話が入り、スタッフが部屋まで迎えに来て一緒にスパルームに行きました。
私達の部屋からだと敷地の外れにあるスパルームまで階段を降ります。
e0201926_11242524.jpg


「写真を撮りましょう」とスタッフが声をかけてくださった時に、「前にここに来た時にカメラをプールに落としてしまって、その時の写真が無いんです。だから今日は防水カメラを持ってきたんですよ」と言ったら「バグース!」とみんなで大笑い。
ベッドの天蓋や配置、新しいバスルームなど、以前と変わった話も盛り上がりました。
室内と野外の好きな方でSPAができるので、野外でお願いしました。階段を降りて野外のバレに行きます。
e0201926_11243091.jpg

e0201926_11243638.jpg

旦那様の担当が創業当時からいるベテランスタッフで、私の担当は数年前からいる若い女性でした。
マッサージの力加減は普通でリクエストしましたが、他でやるマッサージと比べてかなり強めで丁寧なマッサージでした。予想以上に上手で気持ちいいマッサージに大満足。
e0201926_11244473.jpg

e0201926_11245008.jpg

e0201926_11251652.jpg


バレのまわりにいる豚の石造がとっても懐かしかった。やっぱりかわいいです。
e0201926_11245577.jpg

e0201926_11245819.jpg

e0201926_11250325.jpg

e0201926_11251071.jpg


好みのオイルを使ったバリニーズマッサージが終わるとシャワーを浴びて、水着に着替えてプライベートプールでのんびり過ごします。「1時間自由に使って下さい」と言われたので、サウナも入らずずっとプールやジャグジーで遊んでいました。

前に来た時は、渓谷の対岸の尾根にはあまり人がいなかったので、すっぽんぽんで泳いでも平気でしたが、今ではお散歩の人気コースなのでわりと人が通ります。思ってたよりも距離が近かったので、今は水着を着た方がいいかも。時間もわからないので、時計も持って行った方がいいです。

メインプールもいいけど、ピタマハでいちばんいい場所にあると思うのはこのSPAのプライベートプールなんじゃないかな?泳いでいる目の高さにジャングルが茂り、日の当たる森の中に包まれているような感覚。午後になると日陰になる位置なので、SPAの予約は午前中がおすすめ。
e0201926_11252161.jpg

e0201926_11270868.jpg

e0201926_11262118.jpg

e0201926_11270433.jpg

e0201926_11263128.jpg


上を見上げるとスパルーム。スパルームからもいい景色が眺めることができます。
e0201926_09541526.jpg


以前奥にあったフラワーバスは無くなり、その代わりに日光浴ができるデッキチェアが置いてありました。
e0201926_09542549.jpg


15年前、プールに沈んだ時に見えた水の中から上を見上げた画像を再現w 当時の悲しい気持ちを思い出す。今はもう悲しくないよ~。
e0201926_09550712.jpg


時間になったので上の部屋で着替えて部屋を出るとスタッフが外で待ってました。いただいたギフトはお香セットとピタマハのポロシャツです。前はキャップをもらったなぁ。
e0201926_11274224.jpg


テラスレストランでコーヒーか紅茶をいただける事になっていましたが、面倒なので私達の部屋まで持ってきてもらうようにお願いしました。「暑い暑い」って言ってたら「冷たいジュースにしましょうか?」とのお気遣いもさすがピタマハ。
e0201926_11275843.jpg


もっと早くに行けたんだけど、いろいろ遠回りをしたからこそ気づけたピタマハの良さ。今でも日本語を話せるスタッフがいるし、ベテランスタッフの物腰柔らかなサービスや、メンテナンスが行き届いた設備、長年手入れされてきた植栽、そしてこの場所で感じるいい気の流れ、それら全てがピタマハの居心地の良さに繋がっているのだと改めて感じた滞在でした。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-19 10:43 | Pitamaha
Pita Maha / 朝食
e0201926_11224276.jpg
ピタマハでの朝食は敷地の一番上にあるロビーと同じところにあるレストランでいただきます。
ルームサービスでもお願いできますが、レストランからの景色が素晴らしいので、頑張って階段を上がってレストランで朝食を食べることをおすすめします。


部屋を出たらこの階段を上がります。苔むした石がピタマハらしい風情。初めてここのピタマハに泊まった時はこの雰囲気が怖くて「帰りたい」って言ったのを思い出して、旦那様とその時と今の違いに大笑い。
e0201926_11215422.jpg
e0201926_11220166.jpg


昔はここにライブラリーとツアーデスクがあったはず。今ではアフタヌーンティーサービスをいただけるラウンジとビジネスセンターになっていました。
当時は小さな池が建物の中にあって、飛び石づたいにトイレに行くようになっていましたが、今ではその池はなく、そのままトイレに入れるようになっています。
e0201926_11232634.jpg
e0201926_11232919.jpg
e0201926_11280713.jpg

階段を上がると右手にロビー、左手にレストランがあります。スタッフから「スラマッパギ~」と声をかけられて席に案内されました。
e0201926_11223018.jpg
e0201926_11221381.jpg
e0201926_11221718.jpg

遠くにアグン山。ボダッマリアに向かう散歩道も見えます。初めてこのレストランから見たこの景色に感動した気持ちを思い出しました。
e0201926_11220656.jpg
e0201926_11220917.jpg
e0201926_11222050.jpg

この下にもレストランがあります。上の階と下の階とゲストを分けていて、賑やかなグループ客は下の階のレストランに案内していました。
e0201926_11222489.jpg

「マンゴーがありますよ」とスタッフに教えてもらったので、プルプルのマンゴージュースを!
e0201926_11231986.jpg

前に泊まった時に美味しかった思い出があるフレンチトーストは迷わずオーダー。やっぱり美味しい。
e0201926_11231437.jpg



フルーツサラダと追加のスイカジュースも。完熟の甘いフルーツがとても美味しかった~。

e0201926_11225444.jpg



ミーゴレンはホテルだとこんなに美しく。旦那様にはちょっと少なかったようですが。

e0201926_11230452.jpg



ここから景色を眺めながらゆっくりと朝食の時間を楽しみます。

e0201926_11224890.jpg

ナシゴレンにはとろーりと黄身がこぼれ落ちそうな目玉焼きがのっていました。サテもついています。
e0201926_11285047.jpg

バリに来たのならスイカジュースはお約束ですね!ここはフレッシュジュースが何杯でもおかわりOKです。
e0201926_11285818.jpg

ブブルアヤムもあります。お粥のトッピングとウコンたっぷりのスープは別添えで「自分の好みの量をお粥にかけて食べてください」と。
このスープが入っている器が懐かしい。初めて見た時に昭和のカレーライスを彷彿したのを思い出しました。
e0201926_11285688.jpg
e0201926_11291268.jpg

ここから見えるメインプールは渓谷と森に囲まれて本当に美しいです。昔と印象がほとんど変わりません。
e0201926_11223533.jpg

滞在中にホテルでオダランをやっていました。クバヤ姿のスタッフが素敵。お腹もいっぱいになったので、少し遠回りをして敷地内を見ながらヴィラに戻ります。
e0201926_11234020.jpg
e0201926_11234601.jpg
e0201926_11233464.jpg
e0201926_11234311.jpg

ホテル目の前のチャンプアン通りはこの15年でかなり変化がありましたが、ホテル前にある大きな石造は昔のまま。当時、夜は真っ暗なので歩いて行けるインダスまでの道さえ怖く感じたのだけど、今ではヌリスワルンのもっと先まで歩いて行けます。徒歩圏内で食事ができるお店がたくさん増えたのも便利になりました。
e0201926_11281251.jpg
e0201926_11281673.jpg

出掛けてヴィラに帰って来るとターンダウンが済んでます。ベッドの上にはデヴィスリのお守りが置いてありました。最初に泊まった時に、買おうかどうしようか迷った蚊取り線香入れは今はなく、その代わりに電子蚊取り器がセットされてます。当時はデジカメもiPhoneもこの世に存在してなかった時代ですから、ホテル内フリーWiFiがあり、夜のウブドのホテルの写真を残せるのが不思議な感じがしました。
e0201926_11282369.jpg
e0201926_11283445.jpg
e0201926_11282862.jpg



次は思い出深いSPAの記事です。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-18 12:50 | Pitamaha
Pita Maha / Pool Garden Villa / #201
e0201926_11173176.jpg
15年前、初めてのバリ島に来た時に泊まったピタマハにやっと再訪しました。あれから、たくさんのホテルに泊まりましたが、いちばん思い出がある大切なホテルです。私がバリ島が好きになったのは、このピタマハに泊まったからと言ってもいいくらい。

スタッフから「おかえりなさい」と声をかけられ、案内された部屋に行くと素晴らしい歓迎っぷりにとても感動しました。
e0201926_11203453.jpg
e0201926_11202958.jpg
e0201926_11205072.jpg

e0201926_11205360.jpg


以前泊まった時にはなかった天蓋。その後に天蓋付になったのですが、この形の天蓋がいちばん新しいスタイルとの事です。この形だと圧迫感がなくていい。
朝になると、トッケイの落し物が床に落ちているので、アランアランの天井には必要不可欠な天蓋です。
e0201926_11180070.jpg

e0201926_11174617.jpg

e0201926_11175649.jpg


一段下がったところにあるリビングのデイベッドはしっかり寝れるサイズ。
三面フルレングスの窓なのでとても明るいリビングです。
e0201926_11180858.jpg

e0201926_11181835.jpg

e0201926_11182381.jpg

e0201926_11182593.jpg

e0201926_11183242.jpg

e0201926_11184146.jpg

e0201926_11184525.jpg


以前はコーヒーメーカーがあったのですが、コーヒーはインスタントに変わっていました。
e0201926_11185340.jpg

e0201926_11185924.jpg

e0201926_11191133.jpg

e0201926_11190341.jpg



この2本だけチェックイン時にもらえるサービスのソフトドリンクです。
e0201926_11185040.jpg



セイフティボックスは縦長の大きなサイズ。
カメラやタブレットは入るけど、ノートパソコンは無理っぽいです。
e0201926_11191503.jpg



イスがあるドレッサーがあるのはやっぱり便利でした。特にシングルシンクなので余計に。
e0201926_11191943.jpg



スーツケースラックは以前と同じ場所。ベッドの横になります。
e0201926_11192372.jpg


昔のホテルなのでダブルシンクではありませんが、ドレッサーがあるので不便を感じませんでした。
しかも水回りはどこも古さを感じません。水回り全般をリノベーションして、尚且つ手入れが丁寧なんだと思います。
クローゼットの収納量も良かったでした。スリッパとバスローブとプールバッグが中に入ってます。
e0201926_11192742.jpg

e0201926_11193082.jpg

e0201926_11193779.jpg

e0201926_11194079.jpg


半野外のバスタブは以前のままなのかな?と思ってたら、雰囲気は変えずに手を加えてきれいに修正してあります。以前はお湯がしっかり出ないのが不便でしたが、今では熱いお湯がたっぷり出るようになりました。
e0201926_11194422.jpg

e0201926_11194748.jpg

e0201926_11195026.jpg


以前はハイビスカス型の石鹸だったと思うのですが、普通の石鹸に変わってしまいました。香りがちょっと私の好みじゃなかったので、ウブドの町に行ってKOUで石鹸を買ってきて使ったので問題なし。泡々ネットが置いてあったのはいいかも。
e0201926_11195569.jpg

e0201926_11200349.jpg

e0201926_11200049.jpg


部屋の外にあるテラスは日中のリビングとして使っていました。プールに入ったり、ここで休憩したり、外にこのスペースがあるのは快適です。
e0201926_11202131.jpg

e0201926_11204243.jpg

e0201926_11210009.jpg

e0201926_11205714.jpg


部屋のプールの大きさは平泳ぎで3カキくらいなので、そんなにおおきくありません。
メインプールがけっこう混雑していたので部屋のプールばかり入っていました。
部屋のプールでおしゃべりしながら景色を眺めてのんびりしている時間が楽しかったです。
e0201926_11241201.jpg

e0201926_11240917.jpg

e0201926_11235810.jpg

e0201926_11241681.jpg


芝生の上にも寛ぐ場所があるのだけど、蟻が多かったのでこっちは使わなかったな。
e0201926_11210617.jpg


この部屋はメインプール横のデュプレックスヴィラのお隣です。前にヴィラが無い渓谷ビューの景色がとてもいいヴィラでした。
特にきれいなのは夜明けの時間。朝靄からだんだんと空が明るくなっていく空は、ウブドらしい朝でとても清々しかったです。
e0201926_11213481.jpg

e0201926_11214052.jpg

e0201926_11214329.jpg

e0201926_11215051.jpg



・・・続きます。



[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-17 13:53 | Pitamaha
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin