Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
カテゴリ:The St. Regis Bali( 4 )
Top▲ |
The St. Regis Bali Resort++Restaurant/KayuPuti
e0201926_22421410.jpg


セントレジス・バリのビーチ側にあるイタリアン・レストランのKayuPuti(カユ・プティ)です。
海を感じられて、外のDJブースからの音楽が聞こえるこのアウトサイドいちばん右側のテーブル席が、何となく居心地が良くて好きなので、いつもこのテーブルを指定して予約をしています。
以前よりライトが明るくなっているように感じました。


最初にミモザを頼んで、アンティパストは炙ったスモークサーモンとフルーツのソース。
カユ・プティのスモークサーモンは本当に美味。大好き。
e0201926_22525371.jpg



いろんなシーズニングで焼いたパン。ほかほかに温めてあります。
e0201926_2254428.jpg



バリでこれだけのお刺身を出せるレストランもそんなにないかも・・・って思いました。ガリはいらないけどね。(笑)
この日の盛り合わせは、タスマニアサーモン、キハダマグロ、ハマチ、ホタテ、甘エビ。
e0201926_2257865.jpg



以前も同じものをオーダーしたような?オーストラリアンラムのメダリオン。
レアだけど上手に火が通ってる見事な焼き上がりです。
以前いただいた時よりも濃厚なグレイビーソースで、今回の方が美味しかったように感じました。
e0201926_22581618.jpg



これも以前いただいた時に大絶賛した、海老のグリルとブラックライスとシイタケのリゾット、レモングラスのカプチーノ仕立てのソース。
このブラックライスのリゾット風がとっても美味しくて大好きなんです。
イタリアンのリゾットのカロナローリ米のような、煮崩れない少し歯ごたえのあるブラックライスを、こうやってイタリアンに仕上げているのがバリらしさも感じられるいい一品だと思います。
e0201926_2364524.jpg



白ワインはグラスで。ちょっと疲れていたのかなぁ?この1杯で酔っちゃいました。(笑)
e0201926_23833100.jpg



デザートに食べたのは・・・・・・んーー?記憶にない。(汗)
たぶん、フォンダン・ショコラを食べたような?? 
セントレジスのメインダイニングなのに、そんなフレンドリーなサービスでいいの?なーんて固い事は言わないでwここでは、そんな彼らのあたたかいおもてなしの心とサービスを素直に感じて、ゆる~いバリの夜と美味な食事を楽しむべし!
ここにもOPEN当初からほとんど同じスタッフが揃っているのもスゴイ事だよね。
とっても美味しくて楽しいディナーなんて人生の中で何千回もないと思うけど、少なくともここのカユ・プティでは美味しくて楽しいディナーをいただけるので、これからもずっとここには来たいと思います。

楽し過ぎたみたいで、この夜の写真は笑いでいっぱいのいい写真ばかりでした。やっぱりセントレジス・バリには笑いの魔物がいるんだって、確信しました!(笑)
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2010-12-13 23:34 | The St. Regis Bali
The St. Regis Bali Resort++Restaurant/Boneka
e0201926_14504356.jpg


滞在中の数日間に、セントレジス・バリでいただいた朝食です。
なんとなくオーダーしたものと、ブッフェで取ってきたものが赤い色にまとまっていました。(笑)
モーニングバージョンのバリーマリーと、苺のフレッシュジュースと、フルーツ。


まずは大好きな牡蠣のグラタン。レモンをたっぷり絞っていただきます。
e0201926_14565919.jpg



「いかがですか~」って目の前に出されちゃったら断る理由はないよね・・・のエッグヌーベル
e0201926_1458176.jpg



パリパリの焼き立てクロワッサン。セントレジスのクロワッサン大好きです。
e0201926_14593615.jpg



巻き寿司は、鮪とサーモンときゅうり。
e0201926_1502638.jpg



ローストポークの皮がクリスピーでサクサクして美味しかった。チャイニーズっぽいソースと一緒にいただきます。
お皿の端っこに、スモークサーモンとディルものっていますね。
e0201926_1524465.jpg



エッグベネディクト。固からず緩からずのソースがさすが。グリーンアスパラに巻かれた生ハムが美味でした。
e0201926_155480.jpg



「ボネカに行ったら私の分も食べてね」との指令があったw、クロワッサンのフレンチトースト。これ本当に美味しいんです。
e0201926_1564688.jpg



セントレジス・アイスティーも飲まなくちゃ!
e0201926_15105540.jpg



ローストチキンをカットしてもらって、インドネシアコーナーのご飯とチャプチャイをよそってもらって、定食風な盛り付け。
e0201926_15125145.jpg



ホワイトエッグのオムレツ。クセがあるソーセージは好きな人と苦手な人がいるだろうな。私はけっこう好き。
e0201926_15144653.jpg



ミックスベリーのスムージーです。
e0201926_15195545.jpg



そしてまたフルーツも。
e0201926_1521065.jpg



スペシャルオーダーのワッフル・メイプルシロップがけ。チョコやフルーツソースたっぷりのワッフルしかなかったので、シンプルなワッフルを作ってもらいました。セントレジス・バリのワッフルは、外側がサクッとしてて中身がふんわりでとっても大好き。
e0201926_15234790.jpg



バリのホテルの中でもセントレジス・バリの朝食は、メニューの種類やブッフェの種類がどこよりも充実しています。何度もここで朝食をいただいておりますが、未だ全種類を制覇できてません・・・と言うよりも、あまりにも種類が多いので最初から制覇する気がないのかも。
もちろん、OPEN当初からのスタッフが揃っている事や、ゲストへの気配りやサービスも行き届いているのもボネカの素晴らしさだと思います。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2010-12-03 15:25 | The St. Regis Bali
The St. Regis Bali Resort++Beach
e0201926_911972.jpg


セントレジス・バリでいちばんしたかった事は、一日中このビーチでのんびりと過ごす事でした。
おかげ様で天気に恵まれていたので、すっかり日に焼けてしまったけど、何も予定を入れずに過ごした時間はセントレジス・バリでのいちばんのいい思い出です。


ふわっふわの大きなクッションと分厚いマットは、これ以上の極上が思いつかないくらいの居心地の良さ。
好きな場所にタオルをセットしてもらったら、後は自分達のペースで寛ぎます。
e0201926_995565.jpg



あと必要なものは、この空と・・・・・
e0201926_9111015.jpg



ヌサドゥアの青いビーチと白い砂浜と・・・・・
e0201926_912692.jpg



南国リゾートにはかかせない椰子の木と・・・・・
e0201926_9125840.jpg



もちろん!お約束のビールも大事よね。
e0201926_9142651.jpg



運動会の赤組VS白組みたいだけど、赤いパラソルがセントレジス・バリのもので、白いパラソルがゲゲルビーチのパラソル。左側の白い旗が立っている所はThe Baleのもの。
e0201926_9171857.jpg



ちょろっと海藻も浮いてるけど、バリにしてはキレイなビーチなので、けっこう海で遊んでいる人も多いです。
e0201926_9194745.jpg



波はとても静か。沖にはサーフィンのポイントもあるので、ジュクンに乗って沖までいくサーファーもいました。
e0201926_9285694.jpg



人の足跡とわんこの足跡が並んでてかわいいね。このビーチをずっと進むとアマヌサのビーチがあります。
e0201926_9214792.jpg



朝早い時間はまだ誰もいません。ずら~と並んでいるビーチベットも前より増えているようでした。
e0201926_923245.jpg



この写真も朝早い時間なので逆光ですが、ビーチベットの後ろにあるこんもりと茂った小さな木。この木の成長が毎回の楽しみのひとつ。
e0201926_9255035.jpg



ちなみにOPEN当初(2008年11月)だと、まだこんなに小さな木でした。ビーチベットの数や椰子の木も全然違いますね。
e0201926_9273531.jpg



モータースポーツの騒音がない静かなビーチで読書したりお昼寝したり、ときどきプールでクールダウンしながら一日中ここでのんびりと過ごす休暇。
こんな過ごし方をしたい為に、セントレジス・バリに何度も行きたくなるのかも知れません。
e0201926_9361763.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2010-12-03 09:38 | The St. Regis Bali
The St. Regis Bali Resort++Room/St.Regis Suite
e0201926_13362521.jpg


バリでいちばんリピートしている大好きなセントレジス・バリ。(今までの滞在した記録は★こちら~
今回は、St.Regis Suiteのツインベッドで予約しました。


たったひとつだけリクエストしたレモン追加のフルーツとGMからのレター。
e0201926_13434728.jpg



ツインベッドでも十分な大きさのベッド。極上の肌触りのシーツをしっかり堪能したかったので、ここは一糸まとわぬ姿にてw
e0201926_13494632.jpg



いつまでも美しいデスクまわり。素晴らしい。
e0201926_13525072.jpg



お買い物の神様の名残がちょっと見えておりますが、使いやすいクローゼット。
e0201926_13544772.jpg



TVやオーディオ類はまとめてこちらです。
e0201926_1357627.jpg



いつもはこのポプリの香りがお部屋に充満しているのだけど、この部屋はあまり香りが感じられませんでした。
e0201926_13581412.jpg



ミニバーのグラスが美しいのは貴重な事なんだって、改めて感じた今回の旅なのです。(笑)
e0201926_1403937.jpg



冷蔵庫の中身。EQUILとレモンのドリンクを作ってよく飲みました。ビタミンC補給の為だったのですが、この時はそんなの追いつかないくらい日焼けし過ぎてしまいました。
e0201926_1471256.jpg



滞在中に飲みきれないくらいEQUILとアクアが引き出しの中にびっしり並んでいます。
e0201926_1491330.jpg



とても美味しいTWGの紅茶の事をすっかり忘れていて、飲まなかったのが残念!
e0201926_1410327.jpg



最上階だったので見晴らしと風通りがとてもよく気持ちのいいテラスでした。
e0201926_14142235.jpg
e0201926_14143841.jpg



ヴィラよりもスイート棟の方のバスルームが明るいし使いやすいので好きなのです。
e0201926_14162595.jpg

e0201926_14211188.jpg



特にこのバスタブだと、浸かりながらTVが見れるけど、ヴィラだと広すぎて距離があるので見ずらいのです。
なーんて贅沢な悩みだな。
e0201926_14203298.jpg



明るいうちに窓のシェードを開いて外の景色を眺めながらのバスタイムは、スイート棟しかできない楽しみ。
e0201926_14195745.jpg



アメニティはこんな感じ。蚊よけのローションと、マウスウォッシュと、シャワーキャップくらいかな?使うのは。
シャワーキャップは本来の使い方じゃなくて、スーツケースに入れる靴をシャワーキャップで包んでからシューズ入れにしまうようにしています。南国の旅行の時のカジュアルなサンダルとかしまうのに便利。
e0201926_1426646.jpg



たっぷりで安定した湯量と、不安にならない排水のシャワールーム。
この写真で気がついたのだけど、シャワーヘッドがヴィラとスイートと違いました。
ヴィラの大きなシャワーヘッドの方が好きだわ。このペンシルタイプのヘッド苦手なんですわ・・・
e0201926_14284617.jpg



ミントとシトラスフラワーの香りが爽やかなREMÈDEのシャンプーとコンディショナーとボディソープ。
e0201926_1434985.jpg



お部屋に入る前にマットが置いてあるのも何気にポイントUP。あまり道路事情がよくないバリで歩いた靴で部屋の中を歩くのって抵抗があるのですが、少しでも靴底の汚れがこれで落ちてくれればいいのだけど・・・って私気にしすぎ?
e0201926_14392783.jpg



部屋の外を出るとこんな眺め。遠ーくに海が見えます。
e0201926_14405912.jpg



ちなみに夜の画像も。前はピンク・グリーン・ブルーの3色に色が変化したテントですが、この時はいつもブルーになっていて色の変化はありませんでした。前の色が変化するのよりもこっちの方が落ち着いていて、こっちの方が好きだな。
e0201926_14432731.jpg



セントレジス・バリの様子まだまだ続きます。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2010-11-28 14:47 | The St. Regis Bali
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin