「ほっ」と。キャンペーン
Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
カテゴリ:Loy La Long Hotel( 5 )
Top▲ |
Loy La Long の朝食(2日目と3日目)
e0201926_11411427.jpg

Loy La Long の朝食は毎朝日替わりなので楽しみ。
キッチンに行って「今日の朝ごはんは何~?」って聞いたら、オリジナルのフライドエッグと言ってました。


このフライパン、きれいに目玉焼きがはがれて使いやすそうだったので欲しかったんだけど、買うのを忘れてしまったよ。
e0201926_11491394.jpg



スイカとリンゴは食後に持ってきてくれました。
e0201926_1148331.jpg



いろんな調味料がこのバスケットにはいっています。
e0201926_11503215.jpg



コーヒーはインスタントを自分で作ります。オレンジジュースは自分でグラスに入れます。
でも、ゆったりと時間をかけて食べるここの朝食の満足度はかなり高いものでした。
e0201926_11541486.jpg



***ここから後日追記


3日目の朝食です。スクランブルエッグとサラダとトースト。この日はお友達も一緒に食べました。
e0201926_13422322.jpg



こんな景色を眺めながらぼんやりしていると、お尻に根っこが生えちゃってどこにも出掛けたくなくなっちゃうけどね~。
e0201926_11561025.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-11-16 11:56 | Loy La Long Hotel
Loy La Long の朝食(1日目)
e0201926_10125028.jpg

キッチン前のカウンターで、自分で用意したインスタントコーヒーとオレンジジュース。
目の前にはチャオプラヤー川が流れています。
朝食が運ばれてくるまで、ぼんやり川を眺めて待っているんだけど、これがまったく飽きない楽しい時間でした。


いろんなものが流れてきます。もちろんゴミも。ええっーー!と驚く物もあります~(^^;
毎朝ホテイアオイが上流からいっぱい流れてきました。そのホテイアオイを回収するボートも朝の光景。
魚もたくさん水面を飛び跳ねてます。
いろんなボートもたくさん行ったり来たり。
大きなボートとかスピード出してるボートの後には、大きな波がこっちに来るのでちょいとスリリングだったり。
何時間もここでぼんやりできる・・・むしろ、ぼんやりしていたくなる場所でした。
e0201926_10223685.jpg



「ご飯ですよ~~」と、朝食が運ばれてきました。食べましょう!
e0201926_1025921.jpg



朝食は日替わりです。この日は、ミートボール(豚肉)入りのジョーク(お粥)と・・・
e0201926_10464775.jpg



トースト&バター&ジャムでした。
e0201926_10475676.jpg



ジョークは、毎日食べたいくらいとっても美味しかったなぁ。
トーストはこの場合、食後のデザート的なスタンスで。
豪華なメニューじゃないけど、家庭的な素朴な朝食をリバーサイドでのんびり食べているだけで贅沢な時間でした。
e0201926_10521777.jpg

[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-12 10:52 | Loy La Long Hotel
Loy La Long Hotel / Public Area
e0201926_0424315.jpg

Lou La Long でいちばん居心地のいいのは、共同スペースにあるテラスでした。
たまに川を行き交うボートからも「そこは家?カフェ?ホテル?何?」みたいな視線があるけれど、ここのテラスから眺める川の様子は何時間見てても飽きなくて楽しかった~。


壁に飾ってあるのは、タイの映画にここのホテルが使われていたシーンです。
e0201926_047216.jpg



このシーンが好き!
e0201926_0474542.jpg



テラスの真正面はこんな景色。一日に何回も大きくて長いコンテナ船が通り過ぎます。
e0201926_051588.jpg



テラスのタイルの上に直接座ってもいいし、▲クッションに寝転がってもいいし、イスに座ってもいいし、自由なスタイルで寛いでいいんです。
ただ共有スペースなので、ゲスト同士で譲り合ってひとりじめしないようにした方がいいかも。
たった7部屋の小さなホテルだから、私が滞在中はあまり他のゲストとぶつからず、自由に使えましたが。
e0201926_0574465.jpg
e0201926_0574814.jpg



イスの反対側の壁には手描きの絵が描いてあります。
洪水のヤワラーの町?みんな楽しそうに見えます。
e0201926_059155.jpg
e0201926_0593815.jpg



こうやって私たちの部屋を覗くと、思ってたよりも川との高低差があってちょっぴり安心。
e0201926_125683.jpg



リビングも非常に居心地のいい空間になっていました。
右に見えるテーブルだとネットがよく繋がるから人気があったんだ~と知ったのは、チェックアウト後w
e0201926_141716.jpg
e0201926_15883.jpg
e0201926_191635.jpg
e0201926_116543.jpg
e0201926_1162128.jpg
e0201926_1163926.jpg
e0201926_1165474.jpg



このリビングの右側にライブラリーがあります。
中央のスタンにかかっている洋服はここのオリジナルで販売中~。
e0201926_183276.jpg
e0201926_185314.jpg



このリビング右奥にキッチンがあります。コカコーラの冷蔵庫の中のドリンク類はここで買えます。
e0201926_1143319.jpg



このカウンターの上に、ポットに入ったお湯・インスタントコーヒーやティーパックがいつも常備してあり、朝はお水・オレンジジュース・牛乳・シリアル(箱入り)が置かれました。
朝食の時は、ドリンクだけセルフで、朝食は日替わりなので数だけ言ってテーブルにつけば持ってきてくれます。
e0201926_1215938.jpg
e0201926_123218.jpg
e0201926_123224.jpg
e0201926_1233813.jpg
e0201926_141315.jpg



そのキッチン前のカウンターから先にあるポーチで靴を脱いで上に上がります。
玄関はこの左奥。オートロックなので、ゲストしか中に入れないようになっています。
e0201926_1264516.jpg
e0201926_127239.jpg
e0201926_1275420.jpg



2階のゲストルームにはここの階段から。
2階にもテラスとリビング(広い部屋に大きなテーブル)があります。
2階は風が吹き抜けて気持ち良かったです。
e0201926_1323530.jpg
e0201926_133847.jpg



川沿いの地を生かして、パブリックなスペースは窓を開け放して、水面から吹いてくるひんやりとした風がとても気持ち良かった。
他のホテルに泊まっていた友人達と、お腹が痛くなるくらい大爆笑したのもいい思い出です。
なーんて、大爆笑の原因は私の大・大・大失態のせいだったよね。本当にごめんなさい~。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-12 01:42 | Loy La Long Hotel
Loy La Longの最初の朝
e0201926_013059.jpg

窓の外からボートの音がして、大きなボートが通り過ぎるとけっこう大きな波がたつのでザブーンという音がしました。
窓の向こうにはチャオプラヤー川がすぐ手の届くところに流れています。
朝食は8時からなので、朝起きてしばらくの間ずっと川を眺めてぼんやりしてました。


窓から見ると、こんな近くに川が流れています。
お世辞にもきれいとは言えない茶色い川のどこがいいのか???だよね~。
でも、この川をボケ~と眺めてると体の中のリズムがこの川のようにのんびりとリラックスしてきて、普段の忙しい生活で忘れてしまっているおだやかで優しい時間を感じていました。
そんな事をひばり姐さんもずっと前に歌っていたよね。
e0201926_0213220.jpg



向こう岸には、ガイドブックに紹介されていない仏塔があります。でも、この仏塔を見るたびタイにいるんだな~ってしみじみ感じて、毎朝お祈りしたくなっちゃう仏塔です。
e0201926_025120.jpg



タタミルームの日当たりが良かったので、ついついクッションを並べて干してしまうのは悲しい主婦の性でしょうか(涙)
e0201926_0272185.jpg



続いてお気に入りの▲も干しましょうね♪
e0201926_0284466.jpg



隣のキッチンから物音がしてるから、朝ごはんを食べに行こ~!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-12 00:39 | Loy La Long Hotel
Loy La Long Hotel / #1 Green Room
e0201926_2235845.jpg

バンコクに到着して最初に滞在したのは、Loy La Long Hotelです。
バンコクでは、チャオプラヤー川沿いのホテルに泊まりたくて、この後のホテルと2ヶ所ともリバービューの部屋でのんびりとした時間を過ごせました。
Loy La Long Hotel との出会いは、ネットサーフィンをしていて偶然見つけたかわいいサイトがここのホテルでした。
ほんわかとしたイラストと、個性的な部屋、美味しそうな料理の写真に一目惚れ。
直メールで予約をして(その時の対応が優しくてそこにも惚れた!)、地図をダウンロードしてタクシーで行ってみたけど、目印のお寺から先がまったくわからず、結局samsara cafe の方に聞いて、お寺の中にズンズンと入って行くと、民家と民家の間の路地の先にありました!
夜遅くだったので、お寺の駐車場にいる犬に激しく吠えられてビビりまくりな私。
ちょうどいいタイミングでこの境内の住人が帰ってきたので、その彼と一緒に奥に歩きながら犬にもお世辞つかってwホテルに無事到着。

オートロック式の入り口からピンポーンとチャイムを鳴らすと、中から出てきたのがCさん(オーナー)。
重いスーツケースをよいしょよいしょと一緒に運んで、とりあえず予約したGreen Roomへ。
ブラウンのバスタオルがハートになっていて、その中にはガイドブックやボート乗り場がのっている地図があります。
「チェックイン手続きは?」「パスポート見せるの?」・・・・・これらはまったく不要(^^;
部屋の設備と、DVDの場所を教えてもらって、これから3泊この部屋でお世話になりまーす。


ベッドの右側の白っぽい木のドアがこの部屋の入口。
中からは数か所にかんぬき鍵でロックして、外からは南京錠でロックします。
強力なエアコン、WiFi(部屋の中にパスワードが書いてあるカードあり)、冷蔵庫、セイフティボックス(鍵式)、TV、DVDなどもあり。
e0201926_22594850.jpg



もっとグリーンな部屋かと思ってたけど、意外とウッディな部屋でした。
ベッド横の窓からはチャオプラヤー川が眺められます。
e0201926_2315737.jpg



ベッドの真ん前には、川を眺められるタタミルーム!すばらしー!
右側のこんもりとした布の塊は、タイならではの▲とか、クッションとか。
生地が、定番なアジアンな柄ではなく、キッチュなプリントなところが私好み。
ここのタタミルームの中が何となく不思議な気持ち良さがあって、妹(腹違い)と深~くいろんな話ができたのが、いい思い出です。
e0201926_238341.jpg



壁に掛けてあるTVと、その下につながっているDVD。ライブラリーにいろんなDVDやCDがあるので、好きに使っていいんだけど、他の部屋のゲスト達も好きな音楽や映画をそれぞれの部屋で聞いているので、多少は音が聞こえてきます。
ここだと「んーもう!もっと静かにしてよ!(プン)」とか思えず、「2階のお兄ちゃんまだ起きてるんだなー」とか「今日は部屋でのんびりしてんだなー」とか、そんな感じ。
e0201926_23125286.jpg



上の写真の端っこに少し見えているのがバスルーム。
ええっ~~~、何か牢屋みたい・・・・・・って実はちょっぴり心配してたポイントでした。
実際、ベッドルームから見ると確かに牢屋のようにも見えなくもない。。。でも、それはこの鉄格子の所だけ。
e0201926_2315548.jpg



中に入ると、内側から木のドアで全部閉めることができます・・・が、そうすると暑いです。
「昼間はボートから室内がほとんど見えなかったよ~」との目撃談を直接聞いたので、日中はそのまま使用し、夜は川側の窓のカーテンを閉めてバスルームを使いました。
手描きの壁の絵や、アンティーク風にペイントした木の板や、アンティークな蛇口やバスタブとか、アーティスティックなバスルームです。
e0201926_23201426.jpg



このバスルームの主役のライト。スチールでできています。
e0201926_23224840.jpg



バスタブもあったけど、シャワーだけ使用。
高い位置にシャワーをかけるフックがあればな~って思ったけど、その不便さが帳消しになるくらいの良さが他であったから、私は気にならなかったかな。2階の別の部屋のシャワールームは使いやすそうでした。
e0201926_2332015.jpg
e0201926_2334139.jpg



バスタブの排水口には、こんなお花が置いてありました。これが良く似合うバスタブなんだな~。
e0201926_23332369.jpg



シャンプー、コンディショナー、バスジェルも素敵な容器に入っています。
プーケットのホテルのアメニティが私に合わなかったので、スーパーマーケットで買ってきたものを使ってたけど、ここのは大丈夫。
e0201926_23355760.jpg



これイミテーションじゃありません。ちゃんとした生花を飾ってあるところがいいね。
e0201926_23365888.jpg



洗面台とトイレ。トイレで使用した紙は流さずにゴミ箱に捨てます。
鏡の下に長い棚があるので、ここで使うものは棚に置きました。
e0201926_23403620.jpg



ここで使ったパウダーがすっきりして気持ち良かったので、このあとスーパーマーケットで購入。
細かい私物とか、この箱の中に入れて使ってました。
e0201926_23421052.jpg



バスルームとタタミルームの間の通路。
真ん中は川が見える窓だけど、人目が気になるので持参したサロンをはしごにかけておきました。
窓の左側のドアがバスルームの入り口。
手前の小さな白い箱が冷蔵庫。
e0201926_2345966.jpg



この部屋にある唯一の収納スペース。
いつもスーツケースの中に入れる洋服は大判風呂敷とサロンを使うのですが、この棚に直接洋服をしまうのは何となくためらったので、風呂敷とかサロンを敷いて、その上に洋服をしまいました。
セイフティボックスもあります。
e0201926_23482055.jpg



到着した夜の撮影なので雰囲気が出過ぎてしまっているけど、実際は壁の2面が窓なので(つまりコーナースイート?)明るい部屋です。
室料が他の部屋よりも高い分、部屋もかなり広いし、WiFiの電波も入りやすいし(まったく何故かダメな時間帯もありましたが)、冷蔵庫もあるので(外で買ってきたマナオージュースを冷やしておける!)、部屋で寛ぐ時間が多い人はこの#1 Green Room がおすすめ。
「部屋はシャワー浴びて寝るだけでいいよ~。寛ぐ時は1階の共同リビングで過ごすよ~。」って思ったら他の部屋で充分です。
4人以内のグループだったら、ドミトリーも楽しそう~って思いました。


この部屋も満足したけど、もっともっと居心地が良かった共同リビングや朝食などは、旅行記の中で紹介します。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-12 00:02 | Loy La Long Hotel
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin