Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
カテゴリ:プーケット旅行記( 5 )
Top▲ |
PG278でバンコクへ
+++写真がほとんどないのですが、旅行の記録としてUPします+++

ルネサンスプーケットはバンコク行きの便の時間にあわせてレイトチェックアウトをしていたので、最終日ものんびりと過ごせたのが良かった。
空港までの足も、ホテルで頼んだワンボックスカーで4人一緒に向かいます。

プーケット国際空港に到着して、バンコクエアウエイズのカウンターでチェックイン。
ここに来て初めて知ったのは、同じ便でもバンコクで降りる人(そこから国内線も含む)と、バンコクの空港を経由して国際線に乗る人とでは、ここから先はまったく別々でした。(2012年7月時点/時期によって状況が変わるかも知れないので、その都度確認をおすすめします)
つまり、バンコクエアウェイズの空港ラウンジも別々ってこと。
最後にゆっくりお別れしたかったのに。。。涙(ごめんね~)
国内線の方のラウンジでWiFiのパスワードを教えてもらって(これも個々違うパスワードになってました)メールで連絡をとりあえて良かったけど、これは予想外でした。
ちなみに、プーケットの国内線のラウンジは10人も座ればいっぱいになってしまうような部屋で、コーヒーとジュース、サンドイッチとパイのようなものぐらいしかないので、ここでお腹をふくらませるようなものはないかも。


でもバンコクエアウエイズには機内食がありますから~。
この時は、ソーセージご飯。ブッ! ワイルドだろぉ。(もう古いね)
でも美味しかったよ~。
ビールが飲みたくなるようなメニューだけど、お水にしたんだっけ?
e0201926_1252110.jpg



で、ほぼ定刻に出発&到着できたんだけど、機内から降りた所から国際線に乗る人とは別々になってしまうので、降りた所でもたついてしまった私達。
でもここでお別れしなくちゃ、もう会えないからね。
プーケットで一緒に夏を過ごせて楽しかったよ~。ありがと~。と、ここでお別れ。


バンコクで降りる私達は、そこから空港内をバスで移動して、ターンテーブルで荷物を受け取って、空港の外に出ました。
機内から見た時、高速が混雑してたけど、疲れてたし荷物もあるし3人いるから・・・って事でタクシー乗り場へ・・・・・・って、めっちゃ混雑してるんですけど!
愛想がいいドライバーのピンクのタクシーに乗ったら、「ガソリンがないから給油してもいい~?」って、もうエンプティランプが点灯してるやーん。
せっかく高速走ってるのに、給油するためにわざわざ降りて、ガソリンスタンド過ぎちゃったから逆走して∑(・∀・|||)!!
高速に乗ったらまた渋滞して、渋滞抜けて走っても料金所でまた渋滞してて、んーもう!って不機嫌になりそうになった時、スル~と料金所を通り抜けた。
えー何?って思ったら、タクシーのお兄ちゃん「イージーパス!(ドヤ顔で)」と、タイのETCのようなものを得意気に指さして自慢してきたw


そこからは私たちも何となくテンションがあがって友人のホテルまで楽しくドライブ。
何とかさんって言う人の大きな像があるロータリーでは、その何とかさんの歌をカーステレオから流して歌ってくれる大サービスっぷりでした。
最初はちょいとムッとしちゃったけど、楽しいバンコク入りができたのも彼のおかげ。


バンコクから合流する友人とも会えたので、とりあえずビールでも飲みに行こ~♪
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-01 09:00 | プーケット旅行記
タートルビレッジにお出掛け
e0201926_23431197.jpg

とっても充実していたプーケットの4日間だったけど、よくよくチェックしてみたら、夕飯に近所のシーフードレストランに出掛けたのと、昼間に1回これまた近所のタートルビレッジに出掛けたぐらいで、あとはずっとホテル内で籠っていたのにびっくり。
ま、ま、朝から夜までずっと姉妹&少しだけ旦那玉としゃべりまくっていたから、ぼけ~としてたのではないので、内容が濃い4日間だったわけで。。。


そのタートルビレッジも、地下にスーパーマーケット、1階にアイスクリーム屋とコーヒーショップ、2階にパブとジュエリーショップとタイ雑貨のお店があったぐらいしか覚えてないわー。
そして、私たちが行ったのは、2階のパブと地下のスーパーマーケットだけ。
そうそう、スーパーマーケットには、プーケットで是非とも買いたかったレモングラスハウスの商品がちょこっとだけ売ってたのがポイント高し。


けっこうきれいなお店です。ドラフトビアもあるしね♪ 
e0201926_23564266.jpg



ハイネケンのドラフトの人と、コーラの人とで乾杯。
e0201926_23575740.jpg



こじんまりとしているようで実はとってもビッグサイズだったハンバーガー。
e0201926_23594388.jpg



食べても食べても、なかなか量が減らないたっぷりのパッタイ。美味しかったよ。
e0201926_01493.jpg



いちばん美味しかったのは、こちらのガッパオ。
e0201926_041880.jpg



エアコンが良く効いたパブでゆっくり飲んで食べて、ちょこっと買い物して、ルネサンスのバギーが来るマリオットまで食後の運動をかねて歩いて戻ります。
e0201926_07127.jpg
e0201926_07846.jpg


写真で見ると爽やかなプーケットのようだけど、この時は熱中症で倒れそうなくらいな暑さ。
歩いているだけで体力を消耗してしまったので、午後はおとなしく部屋でお昼寝でっす。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-09-01 07:00 | プーケット旅行記
Krua Parichart +++ マイカオビーチ
e0201926_11184533.jpg

ルネサンスプーケットのホテルスタッフに近所のおすすめを聞いて来たのが、ホテル目の前の池づたいに歩いて10分ぐらいにあるKrua Parichartというレストラン。
どローカルなお店なので、もしかしたら「無理」って思う人もいるかも知れませんが、ここで食べたシーフード美味しかった~。調理する前に見せてもらった魚も、ピチピチで新鮮!「どうだ~」って感じのドヤ顔で持ってきてくれたご主人が自慢するだけの事はある新鮮さでした。


お店の外観はこんな感じ。バンブーで簡単に作った建物ですが、これがまたいい味で。
e0201926_1126814.jpg



まわりにも同じようなお店が数店あります。美味しいものに鼻が効く妹にパトロールしてもらい、このお店に決定しました。あとから見たら、この時にはお店のお母さんと子ども達がさりげなくウエルカムなアピールをしていた事に気づきまして、これまたこの家族愛に泣ける~。
私たちが食事中も、英語が話せるお兄ちゃんが、接客しながら妹に勉強を教えている姿にキュンとしてもうたよ、おばちゃん。
あまりにも気に入ったので、2晩ともこちらでディナーを。ホテルのバギーも空いてたら送迎できるので楽ちんだしね。
e0201926_11272078.jpg



オーダーを妹にまかせっきりだったので、間違っていたらすみません。。。
確か、ソムタムはなかったので、青パパイヤのサラダだったかと?
e0201926_11325283.jpg



海の近くなので、せっかくだからグンパオを。1kgで頼んだらこんなにいっぱい!おそらく1kg以上あると思われ。炭火で焼いてあって香ばしくて美味しかったんだけど、量が多くて残してしまいました。今なら食べれるのに~。
e0201926_11344335.jpg



祝タイ旅行!を記念して、プーパッポンカリーもね。オイリーじゃなくって、かなりレベル高い味です。
e0201926_11362388.jpg



地味な写真になっちゃったけど、イカのガーリック揚げ。イカが柔らかくてプリプリ。
e0201926_1138249.jpg



お魚の蒸しもの・レモンソース。これがいちばん美味しかったなぁ。この魚型のお皿もかわいい!
e0201926_11384963.jpg



翌日はまだ明るい時間に再来店。お父さんもお母さんもうれしそう!
これは何だっけ?チキンだったと思うのですが、このソースがすごく美味しかった記憶あり。具材よりもソースの方が印象に残るってどんな・・・?(笑) もちろん、褒め言葉です!
e0201926_11413182.jpg



これは、エビと春雨の蒸しもの。クンオップウンセンって言うのかな?エビの旨味がしみ込んだ春雨がたまりません。
e0201926_11451323.jpg



トムヤムクンもいかないとね。澄んだスープのトムヤムクンです。
e0201926_11462291.jpg



イカの蒸しもの・レモンソース。 前日は魚がレモンソースだったけど、この日はイカにしてみました。
このお店のレモンソース・シリーズ、とても気に入りました。
e0201926_11475017.jpg



この日の魚が大きすぎたので、半分でお願いして揚げてもらいました。辛いソースをつけて食べます。
e0201926_114982.jpg



お口直しに、揚げたカシューナッツも。これまたビールがすすむ味。
e0201926_11495950.jpg



ガイドブックにも、ネット情報サイトにものっていないけど、安くて美味しいお店に出会えて良かった。
途中でビールが足りなくなって、買いに行ってくれたお父さんありがとう~!!
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-08-26 09:24 | プーケット旅行記
JL717~PG279 でプーケットにGO!
e0201926_13444996.jpg

ホテルのシャトルバスに乗って、成田空港第2ターミナルには7:15頃に到着。
そのままチェックインして、まずは薬局で抗菌目薬を購入。旅行だっちゅうに今朝から目がものもらいだよ↓↓
マメに点眼したおかげで、プーケット到着した頃には治っていてよかったー。


お久しぶりーねーのシルバーインテグラル。たまには使わないとね、って事で使ってみた。
e0201926_14172240.jpg



ただイミグレが激混みで、セキリュティチェックの方まで長蛇の列。
自動化ゲートの登録は8時からだし、並ぶしかないか。。。と思ってたら、目の前がチカチカとして目まいが。
朝礼の時に貧血で倒れてしまう子(もしくは満員の電車でも同じく)は、いくつになっても朝が弱っちい。
今回の場合は、単なるお腹がすき過ぎただけなんですけどね。(てへぺろ)
そういう時に限って、列の前方には見た目日本人なアジアの方々が書類未記入だったりして、私のハラスキはもお限界よぉ~。
やっぱり保険のパンは持つべき友と、痛いほど保険のパンの有難さを身を持って感じました。


バンコク行きのJL717はアドミラルズクラブを使うような事がHPに記載されていたけど、チェックイン時にサクララウンジを案内されたのでサクララウンジへ。
とりまwパンとスープとリンゴジュース。だって、もうパンの事で頭がいっぱいだったのよう。
このあと、明太子ご飯とお味噌汁を食べて、下に移動。
JALさんバンコクまでよろしくね~って、乾杯。。。なーんて、朝からそんなに飲めないから一杯だけ。
e0201926_14164960.jpg



一杯だけだけど朝から飲んじゃったせいか?疲れか?機内に入ってから猛烈に眠い。
ウエルカムドリンクもオレンジジュースにして、ぼんやりとした頭のまま機内食を食べて、食後に歯を磨いて映画を見つつもすぐ眠りに落ち、気がついたら到着1時間前(笑)。
ノンアルコール、ノンチーズ、ひたすら寝ていたエグゼクティブクラスの旅でした~。
CAさんが「よろしければ・・・」って、おにぎりとジャン・ポール・エヴァンのチョコレートを包んで持ってきてくれて、冷茶を飲んでいたらあっという間に着陸態勢に。バンコク近っ!
和食と洋食とデザートとアイスコーヒー。デザートのパンプティングおいしかったよ。
e0201926_14411844.jpg
e0201926_14413096.jpg
e0201926_1442562.jpg



スワンナプーム国際空港に到着したら、国内線の出発ゲートに歩いて向かいます。
定刻通りだったので、もうひとつ前のプーケット行きでも間にあったんだけど、予約した時は万が一を考えてふたつ後の便を予約してました → ☆Bangkok Airways
荷物はそのまま成田からスル―でプーケットまで行くので楽ちん。
時間がたっぷりあったので空港で両替して、コンコースD(全長909m)を歩き、つきあたり右側の国際線乗り継ぎカウンターで発券して、パスポートコントロールを抜けて国内線のあるコンコースに向かいます。
搭乗口のすぐ手前にバンコクエアウエイズのラウンジがあるので、搭乗券を見せるとWiFiのIDを記入してくれるのでネット使う事ができました。
ここでプーケット合流チームとfringでチャットして連絡取りあって、互いの無事を確認。
e0201926_1593429.jpg
e0201926_1593827.jpg



このラウンジにあるのは、コーヒー・紅茶・コーラ・オレンジジュース・水などの飲み物。水がいちばん人気。
葉っぱに包まれたもの(中身不明)・サンドイッチ・ミートパイ・マフィン・ポップコーンなどの食べ物がありました。
私たちはCAさんにもらった包みにはいっていた、おにぎりとチョコ、ポップコーンとお水だけもらって、iPadで映画鑑賞。
プーケットに行く前の予習として、ウン十年ぶりにでかぷりお様の「ビーチ」観たんだけど、予想外に良かった。
映画の作りはやっぱり雑だったんだけど、身にしみるいいセリフがいっぱいあって、原作すごく良かったのね~って驚き。
この映画を見た当時は、まだまだお子ちゃまだったのね>自分


PG279は定刻より少し早く出発。ほぼ満席でした。
機内でもビーチの続きを見てたらあっという間にプーケット。
機内食もしっかり出ました。カオニャオとガイヤーンと生インゲンという素敵な機内食。しかも美味。
バンコクエアウエイズ素晴らし過ぎ!
e0201926_15212712.jpg



機内はタイ料理の匂いを充満させながら、夜のプーケット国際航空に到着。
私たちの場合は、荷物はインターナショナルのターンテーブルから出てくるので、ドメスティックの所を出てしばらく進み、インターナショナルの方に入りなおして荷物を受け取ります。
タクシーのカウンターに行く前に、営業熱心なドライバーさんに声をかけられて、「車を見てから」って見に行ったらT○Y○TAの新車だったから500バーツでお願いしました。
もっと安く行けるようなので、この金額は適正価格ではないみたいだけど、許容範囲内の金額だったからOK。


空港から車で15分ほどでホテルに到着です。
プーケットのホテルは、マイカオビーチに2010年9月にOPENしたRenaissance Phuket Resort and Spa / ルネサンス プーケット リゾート & スパ 。
海を眺めながら静かにぼんやりと過ごすには、もってこいのいいリゾートでした。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-08-07 15:34 | プーケット旅行記
まずは成田で前泊から~
e0201926_1232815.jpg

今年の夏休みは、いつもの旦那様と、途中で姉妹(腹違いw)やかわい子ちゃんとの合流旅でした。
行き先はプーケット~バンコク。出発前2カ月ほど激ハードだったので、事前の下調べもほとんどせずの行き当たりばったりの旅行でしたが、むちゃくちゃ笑って、美味しいものしか口にしない、幸福&口福な旅行ができました。
それもこれも、デキる姉と、むちゃ詳しい妹ちゃんと、アローイなかわい子ちゃんのおかげです。ありがと~!
3月のバリ旅行記ももうちょい残ってますが、さくっとタイ旅行記を先に残します。すんません~


成田に前泊した日も朝からいろんな用事でバタバタしてて、お昼前から慌ててスーツケースに荷物を突っ込んで慌しく出発。
現地に着いてスーツケースを開けて一番びっくりしたのは、出かける前に取りこんだ洗濯物の山がそのままスーツケースに入ってた事。。。^^;
どうりで荷物がやたら多いと思ったわ。他にもサイズが小さくなって着れなくなった水着も3着もあったよ、おい!
そんなおっちょこちょいなパッキングをして、まずは羽田空港近くのパーキングへ。
国際線のターミナルまで送迎してもらって、そのままシャトルバスで成田空港へ。
成田に着いたら、ホテルのシャトルバスでホテル日航成田に向かいます。
今回は成田発~羽田着なので、いつもよりもちょいと面倒だけど、帰りは羽田からなので楽だった~。


着いたのが夜だったのでフロントは混雑していたけど、スムーズにチェックイン。
お部屋は「コンセプトツイン」にしました。
サイトには、
抑えきれないモチベーション
躍動的な色使い
「おしゃべり」を大事にしたいから
デスクなんていらない 最高の気分で出発
・・・とあります。
ま、ま、日本を発つ前にしておかなければならないメール送信で忙しかったので、要デスク・不要おしゃべりな夜だったんですけど、この部屋を特性を理解して予約したのは私ですから、不満はナッシング!旅立つ前のウキウキでご機嫌な夜でした。
e0201926_1385961.jpg
e0201926_139618.jpg



窓の外は空港が見渡せるし、朝になって見たらすぐ下のトンネルから電車が出てきました。
電車好きのR君に泊まらせてあげたいよ~。
無料WiFiってのもいいし、空気清浄機もあるし、部屋着のパジャマも着やすいし、部屋は狭いけど、スーツケースを広げられる台があるので便利だし、けっこう気に入りました。
狭い分荷物が散らからなくて出発前にはむしろ好都合かも。


部屋は狭いけど、バスルームは部屋の割に広いので使いやすいです。
明るくて清潔なのも◎。
e0201926_13153391.jpg
e0201926_13154080.jpg



トイレは同じバスルーム内だけど、少し離れているので水はねとか気にしなくてよかった。
この籐の荷物置きもなにげに便利。
e0201926_13171046.jpg



湯沸かしポットと、お茶セット(コーヒーはなし)もあります。
冷蔵庫の中は空っぽだったので、必要なものを1階のコンビニで買ってきました。
アルコール類もいろいろあったので、梅酒サワーで日本としばしのお別れを。
e0201926_13185173.jpg



夜は「ホテルのガーデンバーベキューでキリンフローズン生を飲もうぜ!」って言ってたけど、体が冷えちゃって寒いし、なんか疲れちゃったので、ホテル前のラーメン屋さんでギョーザとキムチをつまみにビール飲んで、〆にラーメン食べてよしにしちゃった。
っつーか、旅立ち前にビールとギョーザとラーメン食べての日航成田・・・アリです。気に入りました。
空港の夜景を眺めながら、ホテルのコンビニで買った貝ひもとスーパードライをちんたら飲んで、コピー通りの「抑えきれないモチベーション  躍動的な色使い  おしゃべりを大事にしたいから  デスクなんていらない  最高の気分で出発 」な夜を過ごせましたよん。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2012-08-07 13:40 | プーケット旅行記
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin