Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
カテゴリ:The Oasis Lagoon( 2 )
Top▲ |
オアシス・ラグーン・サヌールの朝食
e0201926_10481342.jpg

The Oasis Lagoon (オアシス・ラグーン・サヌール)の朝食いろいろです。
通り沿いから階段で上がったところにあるレストランでの朝食はブッフェスタイルでした。
卵料理+パンケーキ+ワッフルをリクエストで作ってくれるコーナーもあるので、焼きたてのパンケーキやワッフルを食べれるのがいいな。

写真はそのワッフル(超ビックサイズw)、バリコピ、オレンジジュース(タンクから注ぎます)、バリでおなじみのフルーツヨーグルト。


ブッフェから、チャプチャイ、ローストポテト、トマト、チーズ、ナシプティ、野菜スープ(インドネシアンテイスト)などを取って来ました。
さみし~お皿になってしまったのは、お肉料理のインドネシアンやベーコンやソーセージばかりで食べれるものがなかったの。
好き嫌いばっか言っててごめんなさいm(_ _)m
お肉が好きな人には食べるものがいろいろあります。
ただバリコピの香りがまったくしなくて焦げくさかったのが残念。
朝のんびりバリコピを飲むのが楽しみなので、もう少しおいしいバリコピだといいのにな~。
e0201926_10551534.jpg



翌日はフルーツがいっぱいあったので、がっつりとフルーツを。
どれも甘くておいしいフルーツばかりでした。
バリで食べるメロンって固くて甘くないのが多いのに、このメロンは熟して甘かったです。
前日のバリコピの件があるのでこの日は紅茶にしたのですが、ティーパックではなくリーフでいれたものなのに香りがしなくて茶粉だらけでこれも残念。
e0201926_1112277.jpg



ブブルを食べました。たくさん飲んだ翌朝のブブルって美味しいよね。
e0201926_119293.jpg



翌々日もフルーツ、フルーツヨーグルト、オレンジジュース、バリコピを。
乾季の終わりなのに毎日甘くておいしいフルーツが食べれて良かったです。
リベンジのコーヒーですが、この日もやっぱり・・・でした。
・・・って事で、この後に目の前にあるカフェ・バトゥジンバーでお口直しのコーヒータイム。
ちょうど日曜日だったので、サンデーマーケットがやっていたから、そこでナシチャンプルを買って部屋で食べました。
e0201926_1284470.jpg



朝食のラインナップ(2011年9月滞在時)
+++ インドネシア料理(ナシゴレン・ミーゴレン・ブブル・日替わりスープ・日替わりのおかず数種類)
+++ ウエスタン料理(ベーコン・ソーセージ・ローストポテト・チリビーンズ)
+++ パン(トースト・マフィン・クロワッサン・ペストリー)
+++ コールドカッツ類(トマト・きゅうり・チーズ・ハム・サラミ)
+++ その他(フルーツヨーグルト・プチフール数種類・フルーツ)
+++ エッグコーナー(パンケーキ・ワッフル・お好みの卵料理)
+++ 飲み物(バリコピ・紅茶・オレンジジュース・グァバジュース・ミルク)


喫煙・禁煙の分煙はしていませんでしたが、屋根だけのオープンな建物で蓮池のロータスや目の前の通りを眺めながらのんびりとしたレストランです。
朝からがっつりと食べたい人も満足できるくらいいろいろなメニューがありました。
バリコピと紅茶がおいしくなかったし、料理もすごくおいしいってわけじゃないけど、それが特に不満と思わなかったのは何故なんだろう??って、ずっと考えてました。
「スラマッパギ~」「グッモーニン」と笑顔で出迎えて、「どこの席がいい?」とか「明日はセレモニーだよ。来る?」とか話しかけて、テキパキと仕事をしているフロアスタッフが気持ち良かったせいかも知れません。

朝食の時しか利用しなかったけど、ここのレストランは朝から夜までけっこう人で賑わっているレストランでした。
もしかして絶品メニューがあったのでしょうか?くぅーーそこまでチェックしてなかった。がっくし。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-09-29 12:41 | The Oasis Lagoon
The Oasis Lagoon / オアシス・ラグーン・サヌール / デラックスルーム
e0201926_18543914.jpg

2011年の1月サヌール滞在時に工事中だった時から気になっていた建物がホテル(しかもオアシス!)だとわかったのは帰国後のことでした。
いつもと同じホテルじゃなくて、ちょっと目新しいホテルに泊まってみたかったのでオアシス・ラグーン・サヌールに宿泊しました。
惹かれた一番の理由はロケーションの良さ。
サヌールのメイン通りのにダナウタンブリンガン通りにあって、ハーディスの隣。
まわりにもお店がたくさん集まっている場所です。
ビーチには面してませんが歩いて行ける距離だし、どこにも行きやすく、どこからでも帰りやすい(サヌールのハーディスって言えば知らない人はいないもんね)から、サヌール内をあちこち自由に行動したい人には大便利なホテルです。

上の写真はロビーから客室棟方向を眺めたところ。
同じような建物が数棟建っており、1階はラグーンプールが敷地内いっぱいに覆われていました。


同じプールを別方向から。
左上の円形プールは浅瀬ですが、それ以外は深めのプールです。
水質はかなり良く、いつも気持ちよく泳ぐ事ができました。
1階のプールアクセスだと、部屋からプールにドボンとできるし日焼けも出来て便利かな?と思っていたけど、実際に使っているゲストは、部屋の中が丸見えになってしまうせいか、いつもガラス戸の内側にある木の扉を閉めきっていたので、部屋の中が暗かったんじゃないか?と思います。
e0201926_19113061.jpg

e0201926_19155761.jpg



奥にある建物の方だとロビーからの視線がないので1階の部屋でもいいかも知れません。
日当たりはないけれど、プールもこっちの方が人目がない分泳ぎやすいかな?
日焼けしたい方は上の写真の方がしっかり日が当たります。
e0201926_19144995.jpg

e0201926_19154026.jpg



外の通りから見たオアシス・ラグーン。
この日はちょうどソフト・オープンのセレモニーをやっていたので、バリらしい飾り付けがしてありますが、いつもはもっとすっきりとしています。
e0201926_21402376.jpg



通りからロータリーを抜けて階段を上がるとロビーになります。
みんな笑顔で声をかけてくるし、頼んだ事や問い合わせにもテキパキと処理をしていて安心感があったフロントスタッフでした。
滞在当時は、ロビーとレストランのみフリーwifi 接続可能との事だったので、ロビーにはネットする人がけっこういました。
とは言っても、ロビーに近い部屋だったので部屋でもフリーwifi が利用できたし、ベランダに座ってノート広げているゲストもけっこういて、夜になるとあちこちの暗いベランダがデスクトップの青白く光っていたなぁ。
お向かいのカフェ・バトゥジンバーでお茶してても、オアシス・ラグーンのwifi が使えたのにはびっくりしたけどね。
e0201926_2151121.jpg



さっきのプールはロビーから一段下がったところにあるので、ロビーからの視線はあまり気になりませんでした。
このカジュアルさがレギャンにあるロカ・レギャンっぽくていいな~って思いました。
e0201926_21553516.jpg



部屋はこんな長い廊下で繋がっています。右側のコンクリート壁はハーディスかな?
上を見上げると、ポリカの屋根のようなもので覆われているので、この上から何かが落ちてくるような事はないと思いますが。。。
ここは通り過ぎるだけの場所なので、右側のコンクリート壁は特に気になりませんでした。
e0201926_2211257.jpg



部屋の中です。シングルベッドを2台くっつけてダブル仕様になっていました。
新しいホテルなので、なにもかも新品で気持ちがいいです。
左右それぞれに読書灯もあるし、古木を使ったシンプルなインテリアは清潔感があって好きなタイプの部屋です。
e0201926_22122660.jpg



左にある丸いぽっこりとしたソファの座り心地が良くて気にいりましたが、残念ながら一脚だけです。
ベランダの方がwifi 電波が入るので、このソファをベランダに出して使っていたら、同じように外に置いて使っているゲストが数人いらっしゃいました。
e0201926_2219657.jpg



ソファから入り口を眺めたところ。
シャワールームもガラスで透けて見えますが、部屋側からブラインドで閉める事もできます。
右側の通路とシャワールームの間にクローゼット。
クローゼットの収納量は少ないのですが、セイフティボックスもあるので安心。
e0201926_22222374.jpg



ベッドの反対側に、カウンターテーブル・TV・スーツケース置き場・からっぽの冷蔵庫・ミニバーがあります。
ミニバーには毎日ミネラルウォーターが2本置かれていました。
インスタントコーヒーとティーパックもあったけど、コーヒーが飲みたくなったら目の前のバトゥジンバーに部屋から1分で行けちゃうので部屋では飲みませんでした。
TVの映りはとても良かったです。NHKプレミアムもありました。
ただ間接照明しかないので、ここでのデスクワークは少し暗いかも知れません。
e0201926_22271012.jpg



外からの光はベランダ側の大きなガラス窓です。内側には木の扉がありました。
ほとんどの部屋が目の前に別の部屋かロビーか壁になってしまいます。
あまり気にせず、ベランダに座ってネットしたり本を読んでいたりしている人ばかりでした。
e0201926_22314983.jpg



特に気に入ったのはバスルーム。
新しいせいもありますが、清掃も毎日しっかり行き届いていて清潔で気持ち良かったです。
e0201926_2236466.jpg

e0201926_22404016.jpg



バリの場合、新しいホテルでも施工がいい加減で不具合があったりするホテルもあるのですが、ここはしっかりと取り付けられていて、湯量も豊富で排水もまったく問題がありませんでした。
e0201926_2240776.jpg



アメニティは、石鹸・歯ブラシ・ボディローション・シャワーキャップ・綿棒・コットン、シャワーブースにシャンプー・ボディソープがありました。
e0201926_2392360.jpg



部屋にあったバティック柄のスリッパ。とても履きやすかったです。
e0201926_22493276.jpg



古木で作られたちょっと変わっているベランダ。
部屋の床よりも一段高くなっていて、部屋から見ると小上がりのお座敷っぽい感じです。
ここにそのまま座っている人もいたし、部屋の中のソファの置いて使ってたり、みんな自由に寛いでいたのがここでした。
e0201926_23551121.jpg




+++ 良かったところ
+ 明るくシンプルな内装で新しいから清潔できれい
+ 設備や施工もしっかりしてて清掃も行き届いていた
+ 安定して豊富な湯量としっかりした排水
+ フリーwifi が使える(2011年9月時ではロビーに近い部屋だと使えていたようです)
+ プールの水質がいい 
+ ダナウタンブリンガン通リ沿い中央の便利な場所にある


+++ おしい!ところ
+ 部屋の中に寛げるスペースが少ない(ソファがもう少し大きいといいのにな~)
+ プールサイドの寛ぐスペースが少ない(まぁ、この規模のホテルなので許容範囲ですけど)
+ レストランのコーヒーと紅茶がまずい(お向かいのバトゥジンバールに行けば美味しいコーヒー飲めるから、まいっか)



他にもファミリールームやプライベートプール付きのカバナなど、いろんなタイプの部屋がありますが、基本はこのデラックスルームにプラスαされている作りになっているようです。
ビーチ沿いでもっとプールが広いUS$100以下のホテルがたくさんあるサヌールなので、US$100位のこのホテルが少しだけ高く感じるところもありますが、清潔で快適な水周りと気持ちいいベッドの優先順位が高い方にはこちらのオアシス・ラグーンでも気にいると思います。
海でのんびり過ごしたかったらビーチで過ごせる方法がたくさんあるサヌールだから、きれいな部屋のオアシスに泊まりSPAやビーチは他の場所で・・・といった感じでホテル内に籠らず行動的に過ごすにはいいホテルだと感じました。

朝食の様子は次の記事にUPしますね。
[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2011-09-19 23:55 | The Oasis Lagoon
| ページトップ |


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin