Top

NO TRAVEL +++++ NO LIFE ++++++
by tomo_tant
ブログパーツ
  • このブログに掲載されているすべての写真・画像・文章を無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
Tandjung Sari #16 / タンジュンサリ・ヴィレッジバンガロー#16
e0201926_12504047.jpg
今回で4回目の滞在になるタンジュンサリは、ヴィレッジバンガローに泊まりました。
プールやレストランやビーチからは離れるし、タンブリンガン通りから50m程フロントまで歩いてから逆戻りするような行き方でしかヴィレッジバンガローに入れないのが不便のような気がします・・・が、実際はよく手入れされた庭や高いヤシの木が立ち並ぶ道を歩いていると、そんな細かい事なんかどうでもよくなってしまうのがタンジュンサリの不思議な魅力。

友人たちと隣通しになるように、部屋番号で指定していた部屋とは違ったNo.16の部屋に泊まりました。最初は正直「えー、何とかならないの?」って思ったけど、満室だからしょうがないね。
でも過ごすうちにこのNo.16のヴィレッジバンガローが気に入りました。
突き当たりなので他のゲストが通らないからプライベート感があり、庭も少し広めで南国の花がいっぱい咲いています。庭のバレで過ごす時間は静かでのんびりとできます。
e0201926_12505288.jpg
e0201926_12510299.jpg
e0201926_12510538.jpg
e0201926_12511869.jpg

ただ欠点もあり、この部屋はいちばん通りに近い場所にあるので(通りには面していません)、通りにあるスポーツバーが盛り上がっている夜は深夜までうるさいはず。ちょうど滞在中はウィークデーだったのと、私達も深夜遅くまで外出していたせいで全然気になりませんでした。
大きなゲームがある日や、週末や、大晦日は相当賑やかです。

バンガローの裏手をまわると隣のバンガローに行けるようになっていました。友人同士やファミリーに良さそうです。
e0201926_12512203.jpg

ヴィレッジバンガローは4つのバンガローで1棟になっています。No.16がある棟は、ついこの間までニュー・ヴィレッジバンガローというカテゴリーで少し料金も高かったのですが、全てのヴィレッジバンガローのリノベーションが終わったので同一料金に最近変わりました。
赤系や青系のアンティークタイルがヴィレッジバンガローの良さのひとつなんだけど、この棟は暖色系のシンプルなタイルが貼ってあります。タイルで部屋の雰囲気がかなり変わるので、好みがあるなら予約の時にリクエストした方がいいかも知れません。(私達のように確約ではありませんが)

この部屋はこんな感じですっきりとした印象。天井とベッドは低いタイプで、ベッドの置き方は壁に合わせてまっすぐ。逆に天井がアランアランでできた高いタイプだと、高さがあるベッドで斜めに置いてあります。
e0201926_13125611.jpg
e0201926_13130582.jpg
e0201926_13132434.jpg

外に居心地がいいバレがあるけれど、部屋の中にもずっとごろごろしていたくなるソファがあります。タンジュンサリのヴィレッジバンガローで好きなのが、このソファ。テーブルもあるけど、こっちのソファで過ごす時間の方が多いかな。このソファはエキストラベッドにもセットしてもらえます。
e0201926_13123727.jpg
e0201926_13122984.jpg

開けるのにちょっとしたコツがいる窓。カーテンではなく引き戸でもなく、折りたたんで開け閉めします。ターンダウン時に閉めてくれるので、朝起きたらまず最初にここを開ける事からスタート。
e0201926_13124828.jpg

クローゼットは見ためより意外と収納量があります。セイフティボックスはないので、スーツケースの中に入れて施錠するか、フロントで預かってもらいます。
e0201926_13130859.jpg

大きなバスタブは熱いお湯がたっぷり出ます。湯量もたっぷりなので、溜めるのに意外と時間がかかりません。明るい時間に入ると窓から見える空が気持ちいい。
e0201926_13133519.jpg
e0201926_13134055.jpg

ヴィレッジバンガローのトイレはドアがあるタイプと無いタイプがありますが、ここはあるタイプ。
e0201926_13134331.jpg

リノベーション時に昔からあったビデが撤去されてました。洗面所はシングルですが、高さもちょうど良くて不便は特に感じなかったです。毎日お水は補充されるので、歯を磨く時やうがいする時に使いました。ドライヤーもあります。コップと歯ブラシ用のジェンガラの入れ物がかわいい。
e0201926_13360770.jpg

ボディローション、ソーイングセット、綿棒などのアメニティはベッド横のドレッサーの上に。前にはなかったバリらしい入れ物にセットされていました。
e0201926_13361090.jpg

ヴィレッジバンガローに泊まった時の楽しみのひとつ、アウトサイドでのシャワー。大雨が降っていたら使えないけど外でのシャワーは気持ちがいいです。シャワーとコンディショナーが以前と違うものでした。髪の毛がキシキシせずに使えたので、特別なこだわりがなければホテルのものでもじゅうぶんかも。
e0201926_13362661.jpg

ソファの左横にある棚の下に冷蔵庫があります。新しい冷蔵庫ではないけど良く冷える冷蔵庫です。
e0201926_13363103.jpg

冷蔵庫の上にはケトルとカップがあり、インスタントコーヒーと紅茶がセットされています。ただ、タンジュンサリのバーで、すごく美味しいコーヒーが飲めるので部屋では飲まなかったなぁ。
e0201926_13363424.jpg
e0201926_14512776.jpg


部屋には青と黄色のサロンと、麦わら帽子、ナイトウエアが用意されています。サロンは洗いこんであるので柔らかくて体に巻きやすい。欲しければホテルのショップに売っています。
ナイトウエアの前身頃が2重になっているので透けないし、肌触りも気持ち良くてお気に入り。
e0201926_14505890.jpg

何度もリノベーションをしているけど、バリのホテルの中では老舗になる古いホテルです。
完璧なメンテナンスをしているわけではないので、バリ濃度も高めだし趣きがあるのだけど、古いものが苦手な人には抵抗がある質感なのは確か。
しかし、熱いお湯がいつでもたっぷり出て、排水もしっかりして、エアコンも冷蔵庫もよく冷え、部屋の清掃も早い時間に完了して、ターンダウンもきっちりセットして、敷地内の植栽もしっかり手入れされ、ホテル前のビーチはタンジュンサリだけの穏やかな時間が流れ、プールの水質管理もきちんとして、美味しいコーヒーと朝食がある。必要なものはちゃんと揃っています。
同じ価格帯でもっと豪華で大きなプールがあるホテルはバリの中にたくさんあると思うけど、ひたすらのんびりとした豊かな時間を過ごせる何かがタンジュンサリには備わっているのを改めて感じた今回の滞在でした。




[PR]
Top▲ | by travel_m_life | 2015-06-05 15:10 | Tandjung Sari
<< W Retreat & Spa... | ページトップ | 2015年5月BALI*9日目... >>


検索
カテゴリ
タグ
記事ランキング
その他のジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin